学易有丘会トップページ九星トップページカンタン!自分でできる無料易占い易学入門易経詳解古事記と易学 古事記・日本書紀は易を乱数表として利用した暗号文書だった!聖書は易学〜聖書の作者は古代中国の易学者だった!ブログ〜折に触れ、あれこれ書いてます。コアランの音楽演奏動画など

Eメール聖書は易学〜聖書の作者は古代中国の易学者だった!〜

ごあいさつ もくじ 次のページ

☆☆☆ごあいさつ☆☆☆

☆『聖書と易学〜キリスト教二千年の封印を解く』という本

 平成17年、私は(株)五月書房から『聖書と易学〜キリスト教二千年の封印を解く』という本を出版した。名義はコアラン/koalanではなく、本名の水上薫とした。発売の頃は、週刊文春などいくつかの雑誌で紹介され、いくつかの書店では、写真(隣接する書籍はボカしています)のように、平積みで置いていただいた。
 大雑把な内容は次のとおり。
 東方の三博士、処女懐胎、ユダヤ暦元年と天地創造、ノアの箱舟、出エジプト、「過ぎ越し」、十字架刑…というイエスの神聖性を高揚させる数々の物語は易学の論理で組み立てられた神話であった。しかもそれらが西暦元年を含めて中国の辛酉革命理論を介して構造的につながっていた…。

 ところが発売元の(株)五月書房が平成27年12月に倒産してしまいまい、この本も廃刊となった。五月書房は戦後まもなく創業の歴史ある出版社だったのだが、インターネットの普及とともに本がなかなか売れない時代となり、ついに力尽きたのだ。そんなわけで、現在は中古しか流通していない。平成30年9月現在、Amazonでは\8,900なんていう高値で売っている。流通量がとても少ないからだろうが、驚いた。そこで、タイトルを『聖書は易学〜聖書の作者は古代中国の易学者だった!」と変えるとともに、本には書かかったことも加え、構成も手直しして、ここに掲載することにした。

 これから述べるのは、いわゆる論文ではない。言うなれば易と日常的に接している者による、キリスト教の『聖書』の読書感想文といったところだ。ただし、よくある聖書関連の書物のように、キリスト教の信仰告白をしたり、キリスト教文化を賛美しているといった性格のものではない。無神論の立場で客観的に、易の理論と聖書神話との共通点を探りながら、『聖書』という書物の成立とキリスト教という宗教の成り立ちについて、考察を加えたものである。したがって、信仰を持たれている方からすれば、不届きに思われる理屈をこねている場合も、多々あるかもしれない。もっとも、
 「聖書の作者は古代中国の易学者だった!」
というタイトルからして、不愉快な話だろう。
 しかし事実は事実。どうか、眉を顰めるのではなく、信じない人間の思考回路を知る手がかりとして、ご笑覧いただきたい。

 かつて、まだ昭和の頃、私よりやや年長のイギリス人と知り合った。彼はキリスト教が嫌いで、キリスト教世界とは異質な日本に興味を持ち、日本文化を勉強するために来日したとのこと。彼は数年間日本で暮らした後に仕事の都合で帰国したが、その彼がこんなことを言っていた。
 「この世の中は、誰かが得をすれば、必ず誰かが損をする。キリスト教や西洋文化にひたすら憧れていれば、西洋だけが得をし、日本を含むアジア・アフリカといった国々は、将来必ず損をする。オトコとオンナの関係と同じように、憧れてばかりいたら、結局は都合よく利用されて捨てられるだけだ。後で泣いても、誰も助けてはくれない。大切なのは西洋から憧れられる日本になること。そのためには日本の日本らしさをアピールして、日本は西洋ではない、という誇りを持つこと。欧米にはキリスト教が嫌いな人が実はかなり多くいる。しかし教会が政府・大学・大企業と結びついているから、建前としてキリスト教徒のふりをしなければいけない。そんな人たちにとっては日本がキリスト教文化の模倣に終始するのではなく、非キリスト教国として世界にアピールしてくれるほうが、どんなにか嬉しい……。」
 易を始めたのもその頃であって、やがて時代は平成となり、数年経った頃、たまたま『聖書』の中に不審な点を見つけ、それを糸口にいろいろと調べた結果が、これから述べることである。

このページのトップへ
 次のページ
T イエスの誕生年=西暦元年は、 易学の論理で「革命の年」に設定された

もくじ

〇ごあいさつ

T イエスの誕生年=西暦元年は、 易学の論理で「革命の年」に設定された
@『古事記』『日本書紀』のトリックと西暦元年
 Aまるで説明がつかないローマの見解 B史上初の西暦元年成立論となるか C旧約と新約の要点

U 「東方の三博士」の話には、易学に根ざした九星の論理が貫徹していた!
@九星という年回りを確定する技術
 A方位を限定明記する怪しさ B易学のストーリー構成力を借りて

V 聖母マリアの処女懐胎物語は、司馬遷『史記』のコピーである〜中国文化の影響は易学以外にも見いだせる〜
@多くの人から疑われていた
 A『史記』解釈上の新発見か B墨子の思想はキリスト教と似ている

W 「ユダヤ暦元年」算出根拠は、まさに易学そのものに依っている〜易学の卦を絶妙に展開して文章化している〜
@ユダヤ暦元年を算出する糸口
 A中国人編集アドバイザーを想定すると B徹底的に易学で組み立てられている C序次24地雷復を絶妙に展開して D易学とは何か

X 天地創造の六日間は、序次1〜14と完全に合致している〜『聖書』全体を易学で読み解くべきことを示唆〜
@読み解いて拍子抜けする
 Aアダム930歳の出どころ B一度に三つのメッセージ

Y ノアの箱舟神話は、「新しい時代の始まり」を告げていた〜洪水神話の易学的構成〜
@ノアの家族構成が示すもの
 A絶妙な連動性

Z 太祖たちからイエスにつながる系譜は、十字架そのものを暗示している〜アダムたちの法外な長寿の秘密〜
@太祖たちの法外な長寿
 A重大な秘密が仕掛けられていた

[ 「過ぎ越しの祭」も「出エジプト」も易学的に構成されている〜十字架はイエスの処刑を意味していない〜
@「出エジプト記」は易学で加工されている
 A海が二つに分かれる卦 B十字架は宗教支配の理想的な姿を象徴

\ イエス処刑に至る『聖書』の記述は、『易経』の丸写しであった〜『聖書』は西暦300年代に書かれた〜
@「ペトロが三度拒むと鶏が鳴いた」の卦
 Aすべてがフィクションであった B『聖書』は西暦300年代に書かれた

エピローグ
@なぜ『聖書』を偽作したのか
 Aみなさまからいただいたメッセージ

蛇足〜なぜ私は『聖書』に興味を持ったのか
@母と共益商社とGHQ
 Aキリスト教会に通ってみたら…… B「イマジン」が教えてくれた反キリスト教精神 C男尊女卑は神が決めた! Dオー・マイ・ゴッドの意味〜人間は神の奴隷? E「プリズナーNO.6」〜キリスト教信者は囚人と同じだ! F私の曾祖父は易者だった G人を救うのは真理ではなく、真実だ!


学易有丘会トップページ九星トップページカンタン!自分でできる無料易占い易学入門易経詳解古事記と易学 古事記・日本書紀は易を乱数表として利用した暗号文書だった!聖書は易学〜聖書の作者は古代中国の易学者だった!ブログ〜折に触れ、あれこれ書いてます。コアランの音楽演奏動画など
最終更新日:平成30年10月15日 学易有丘会
Copyright Heisei-12th〜30th(2660〜2678)  (C)2000〜2018 GakuEki-UQkai