[ 事件 index / 無限回廊 top page ]

犯罪関連統計資料

 主に凶悪犯罪に関連した統計資料。


[ index ]

刑法犯・・・・ 認知件数 / 検挙件数 / 検挙人数 / 検挙率
 
裁判確定人数
 
傍聴希望者数

 

[ 凡例 ]

刑法犯・・・特に断りのない限り、道路上の交通事故に係る危険運転致死傷、業務上(重)過失致傷及び自動車運転過失致死傷を除いた「刑法」に規定する罪並びに、「爆発物取締罰則」、「決闘罪ニ関スル件」、「暴力行為等処罰ニ関スル法律」、「盗犯等ノ防止及処分ニ関スル法律」、「航空機の強取等の処罰に関する法律」、「火炎びんの使用等の処罰に関する法律」、「航空の危険を生じさせる行為等の処罰に関する法律」、「人質による強要行為等の処罰に関する法律」、「流通食品への毒物の混入等の防止に関する特別措置法」、「サリン等による人身被害の防止に関する法律」、「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律」、「公職にある者等のあっせん行為による利得等の処罰に関する法律」及び「公衆等脅迫目的の犯罪行為のための資金等の提供等の処罰に関する法律」に規定する罪。

凶悪犯・・・殺人、強盗、放火、強制性交等(刑法の一部が平成29年7月13日に改正され、「強姦」の罪名、構成要件等が改められたことに伴い、「強姦」を「強制性交等」に変更した)。

罪種別のカウント方法・・・例えば「強盗殺人」の場合のように複数の罪種による事犯の場合は、その中で最も法定刑の重い罪種のみがカウントされるので、この場合は「殺人」のみのカウントとなり「強盗」はカウントされない。また、「殺人」には「殺人未遂罪」も含まれるが、「殺人予備罪」は含まれない。他の「未遂罪」「予備罪」が規定されている罪種についても同様。

検挙件数・・・当該年以前の認知事件の検挙も含む。

検挙率=検挙件数÷当該年の認知件数×100(小数点以下第2位を四捨五入)。

参考文献・・・
『平成11年版 警察白書』(大蔵省印刷局/警察庁編/1999)
『平成12年版 警察白書』(大蔵省印刷局/警察庁編/2000)

『平成13年版 警察白書』(財務省印刷局/警察庁編/2001)
『平成14年版 警察白書』(財務省印刷局/警察庁編/2002)
『平成15年版 警察白書』(ぎょうせい/警察庁編/2003)
『平成16年版 警察白書』(ぎょうせい/警察庁編/2004)
『平成17年版 警察白書』(ぎょうせい/警察庁編/2005)
『平成18年版 警察白書』(ぎょうせい/警察庁編/2006)
『平成19年版 警察白書』(ぎょうせい/警察庁編/2007)
『平成20年版 警察白書』(ぎょうせい/警察庁編/2008)
『平成21年版 警察白書』(ぎょうせい/警察庁編/2009)
『平成22年版 警察白書』(ぎょうせい/警察庁編/2010)
『平成23年版 警察白書』(佐伯印刷/警察庁編/2011)
『平成24年版 警察白書』(ぎょうせい/国家公安委員会・警察庁編/2012)
『平成25年版 警察白書』(日経印刷/国家公安委員会・警察庁編/2013)
『平成26年版 警察白書』(ぎょうせい/国家公安委員会・警察庁編/2014)
『平成27年版 警察白書』(日経印刷/国家公安委員会・警察庁編/2015)
『平成28年版 警察白書』(日経印刷/国家公安委員会・警察庁編/2016)
『平成29年版 警察白書』(日経印刷/国家公安委員会・警察庁編/2017)
『平成15年版 犯罪白書』(国立印刷局/法務省法務総合研究所編/2003)

『平成24年版 犯罪白書』(日経印刷/法務省法務総合研究所編/2012)
『平成25年版 犯罪白書』(日経印刷/法務省法務総合研究[編/2013)

『毎日新聞(2000年3月22日付/2000年5月23日付/2000年6月27日付/2000年7月4日付/2000年8月10日付/2000年12月13日付/2001年6月28日付/2001年7月11日付/2001年12月27日付/2002年1月22日付/2002年2月5日付/2002年3月14日付/2002年6月6日付/2002年6月26日付/12月10日付/2002年12月11日付/2003年2月12日付/2003年3月5日付/2003年7月10日付/2003年8月28日付/2003年10月29日付/2003年11月18日付/2004年2月19日付/2004年2月27日付/2004年3月30日付/2004年9月14日付/2005年3月10日付/2005年6月28日付/2005年7月4日付/2006年1月17日付/2006年3月22日付/2006年3月27日付/2006年3月30日付/2006年5月29日付/2006年6月5日付/2006年6月9日付/2006年6月13日付/2006年6月20日付/2006年6月27日付/2006年9月1日付/2006年9月4日付/2006年9月15日付/2007年9月12日付/2008年2月25日付/2008年3月19日付/2008年4月22日付/2008年5月26日付/2008年6月17日付/2008年7月25日付/2009年4月8日付/2009年4月21日付/2009年5月19日付/2009年10月21日付/2009年10月23日付/2009年10月27日付/2009年11月2日付/2009年11月9日付/2009年11月17日付/2009年11月24日付/2009年11月26日付/2009年11月27日付/2009年12月12日付/2010年1月4日付/2010年1月28日付/2010年9月3日付/2010年9月17日付/2011年2月18日付/2011年3月14日付/2011年3月24日付/2011年3月31日付/2011年4月18日付/2011年4月26日付/2012年1月10日付/2012年1月18日付/2012年2月15日付/2012年2月20日付/2012年4月13日付/2014年5月17日付/2014年8月28日付/2015年10月28日付//2015年2月2日付/2016年5月31日付/2016年6月24日付/2016年7月5日付/2016年8月31日付/2016年11月19日付/2016年11月29日付/2016年12月19日付/2018年7月6日付/2018年11月29日付/2019年9月2日付/2020年1月8日付/2020年1月31日付/2020年2月6日付/2020年3月30日付/2020年8月3日付/2020年12月3日付/2023年1月15日付/2023年9月5日付/2023年9月19日付/2023年10月20日付/2023年11月3日付/2023年11月18日付/2023年11月21日付/2024年1月25日付)
『デイリースポーツ』(2020年8月18日付)
『日刊スポーツ』(2024年2月9日付)


参考サイト・・・警察庁 / 法務省

 

刑法犯認知件数

刑法犯認知件数 (単位:件) / 警察庁統計  参考サイト・・・警察庁

  平成
6年
平成
7年
平成
8年
平成
9年
平成
10年
平成
11年
平成
12年
平成
13年
平成
14年
平成
15年
平成
16年
平成
17年
平成
18年
平成
19年
平成
20年
平成
21年
平成
22年
平成
23年
平成
24年
平成
25年
平成
26年
平成
27年
平成
28年
平成
29年
平成
30年
平成31年
令和元年
令和
2年
令和
3年
令和
4年
総数 1784432 1782944 1812119 1899564 2033546 2165626 2443470 2735612 2853739 2790136 2562767 2269293 2050850 1908836 1826833 1714001 1604205 1502802 1403270 1314140 1212163 1098969 996120 915042 817338 748559 614231 568104 601331 総数 
凶悪犯 総数 7320 6768 7010 7684 8253 9087 10567 11967 12567 13658 13064 11360 10124 9051 8581 8314 7576 6996 6961 6757 6453 5618 5130 4840 4900 4706 4444 4149 4437 総数 凶悪犯
殺人 1279 1281 1218 1282 1388 1265 1391 1340 1396 1452 1419 1392 1309 1199 1301 1096 1067 1052 1032 938 1054 933  895 920 915 950 929 874 853 殺人
強盗 2684 2277 2463 2809 3426 4237 5173 6393 6984 7664 7295 5988 5108 4567 4300 4536 4052 3698 3693 3324 3056 2426 2332 1852 1787 1511 1397 1138 1148 強盗
放火 1741 1710 1846 1936 1566 1728 1743 2006 1830 2070 2174 1904 1759 1519 1449 1350 1213 1121 1078 1086 1093 1092 914 959 891 840 786 749 781 放火
強制性交等 1616 1500 1483 1657 1873 1857 2260 2228 2357 2472 2176 2076 1948 1766 1592 1417 1293 1193 1265 1409 1250 1167 989 1109 1307 1405 1332 1388 1655 強制性交等

 

刑法犯検挙件数

刑法犯検挙件数 (単位:件) / 警察庁統計  参考サイト・・・警察庁

  平成
6年
平成
7年
平成
8年
平成
9年
平成
10年
平成
11年
平成
12年
平成
13年
平成
14年
平成
15年
平成
16年
平成
17年
平成
18年
平成
19年
平成
20年
平成
21年
平成
22年
平成
23年
平成
24年
平成
25年
平成
26年
平成
27年
平成
28年
平成
29年
平成
30年
平成31年
令和元年
令和
2年
令和
3年
令和
4年
総数 767844 753174 753881 759609 772282 731284 576771 542115 592359 648319 667620 649503 640657 605358 573392 544699  497356  462535 437610 394121 370568 357484 337066 327081 309409 294206 279185 264485 250350 総数
凶悪犯 総数 6411 6173 6237 6733 6991 6859 7175 7320 7604 8238 7924 7418 7125 6461 6229 6073 5503 5287 5368 5128 5101 4777 4435 4193 4337 4240 4268 4007 3922 総数 凶悪犯
殺人 1225 1236 1197 1225 1356 1219 1322 1261 1336 1366 1342 1345 1267 1157 1237 1074 1029 1029 963 950 1010 938 901 930 886 945 913 883 817 殺人
強盗 2100 1882 1974 2232 2614 2813 2941 3115 3566 3855 3666 3269 3061 2790 2612 2923 2516 2385 2486 2236 2154 1915 1878 1521 1559 1326  1358 1130 1060 強盗
放火 1606 1645 1749 1804 1369 1458 1372 1540 1234 1448 1513 1361 1337 1120 1054 913 895 880 822 779 837 810 686 715 702 658 700 664 644 放火
強制性交等 1480 1410 1317 1472 1652 1369 1540 1404 1468 1569 1403 1443 1460 1394 1326 1163 1063 993 1097 1163 1100 1114 970 1027 1190 1311 1297 1330 1401 強制性交等

 

刑法犯検挙人数

刑法犯検挙人数 (単位:人) / 警察庁統計  参考サイト・・・警察庁

  平成
6年
平成
7年
平成
8年
平成
9年
平成
10年
平成
11年
平成
12年
平成
13年
平成
14年
平成
15年
平成
16年
平成
17年
平成
18年
平成
19年
平成
20年
平成
21年
平成
22年
平成
23年
平成
24年
 平成
25年
平成
26年
平成
27年
平成
28年
平成
29年
平成
30年
平成31年
令和元年
令和
2年
令和
3年 
令和
4年
総数 307965 293252 295584 313573 324263 315355 309649 325292 347558 379602 389027 386955 384250 365577 339752 332888 322620 305631 287021 262486 251115 239355 226376 215003 206094 192607 182582 175041 169409 総数
凶悪犯 総数 5526 5309 5459 6633 6949 7217 7488 7490 7726 8362 7519 7047 6459 5923 5634 5654 5021 4786 4779 4647 4580 4409 4252 4067 4193 4225 4291 4093 3978 総数 凶悪犯
殺人 1275 1295 1242 1284 1365 1313 1416 1334 1405 1456 1391 1338 1241 1161 1211 1036 999  971 899 906 967 913 816 874 836 924 878 848  785 殺人
強盗 2375 2169 2390 3152 3379 3762 3797 4096 4151 4698 4154 3844 3335 2985 2813 3069 2568 2431 2430 2255 2096 1972 1984 1704 1732 1604 1654 1460 1322 強盗
放火 718 685 710 749 693 750 789 783 815 866 867 791 825 764 659 631 651 616 592 549 598 591 577 579 537 519 582 534 532 放火
強制性交等 1161 1160 1117 1448 1512 1392 1486 1277 1355 1342 1107 1074 1058 1013 951 918 803 768 858 937 919 933 875 910 1088 1178 1177 1251 1339 強制性交等

 

刑法犯検挙率

刑法犯検挙率 (単位:%) / 警察庁統計  参考サイト・・・警察庁

  平成
6年
平成
7年
平成
8年
平成
9年
平成
10年
平成
11年
平成
12年
平成
13年
平成
14年
平成
15年
平成
16年
平成
17年
平成
18年
平成
19年
平成
20年
平成
21年
平成
22年
平成
23年
平成
24年
 平成
25年
平成
26年
平成
27年
平成
28年
平成
29年
平成
30年
平成31年
令和元年
令和
2年
令和
3年
令和
4年
 
総数 43.0 42.2 40.6 40.0 38.0 33.8 23.6 19.8 20.8 23.2 26.1 28.6 31.2 31.7 31.4 31.8 31.0  30.8 31.2 30.0 30.6 32.5 33.8 35.7 37.9 39.3 45.5 46.6 41.6 総数
凶悪犯 殺人 95.8 96.5 98.3 95.6 97.7 96.4 95.0 94.1 95.7 94.1 94.6 96.6 96.8 96.5 95.1 98.0 96.4  97.8 93.3 101.3 95.8 100.5 100.7 101.1 96.8 99.5 98.3 101.0 95.8 殺人 凶悪犯
強盗 78.2 82.7 80.1 79.5 96.3 66.4 56.9 48.7 51.1 50.3 50.3 54.6 59.9 61.1 60.7 64.4 62.1 64.5 67.3 67.3 70.5 78.9 80.5 82.1 87.2 87.8 97.2 99.3 92.3 強盗
放火 92.2 96.2 94.7 93.2 87.4 84.4 78.7 76.8 67.4 70.0 69.6 71.5 76.0 73.7 72.7 67.6 73.8 78.5  76.3 71.7 76.6 74.2 75.1 74.6 78.8 78.3 89.1 88.7 82.5 放火
強制性交等 91.6 94.2 88.8 88.8 88.2 73.7 68.1 63.0 62.3 63.5 64.5 69.5 74.9 78.9 83.3 82.1 82.2 83.2 86.7 82.5 88.0 95.5 98.1 92.6 91.0 93.3 97.4 95.8 84.7 強制性交等
刑法犯における平成13年(2001年)の検挙率19.8%は、昭和21年(1946年)からの統計で過去最低を記録しており、
当時の他の先進国並みに低くなったが、その後、30%台に上昇。
殺人事犯における検挙率は95%前後の高い水準を維持し続けている。

裁判確定人数

裁判確定人数 / 検察統計年報  参考サイト・・・法務省

  総数 有罪 無罪
死刑 無期懲役 有期懲役
(うち全部執行猶予付き)
有期禁錮
(うち全部執行猶予付き)
罰金 拘留 科料
平成 6年 1140353 35 55510(33684) 2634(2485) 1077740 43 3759 58
平成 7年 1031716 35 56781(34470) 2376(2225) 967512 34 4406 52
平成 8年 1073227 34 59773(36980) 2446(2289) 1005684 64 4708 45
平成 9年 1099567 32 61886(38706) 2321(2181) 1030612 69 4167 58
平成10年 1076327 45 63576(40034) 2350(2251) 1006000 69 3757 57
平成11年 1090701 48 67067(42039) 2613(2464) 1016822 81 3514 59
平成12年 986914 59 73184(45117) 2887(2708) 906947 81 3141 46
平成13年 967136 68 75582(46523) 3003(2805) 884088 71 3713 44
平成14年 924374 82 80201(49250) 3510(3277) 837144 77 2752 73
平成15年 877070  2  117 84900(52772) 4017(3763) 784515 38 2774 80
平成16年 837528 14  115 85815(52856) 4215(4001) 743553 51 3014 94
平成17年  782471 11  134 85020(51446) 3904(3655) 689972 26 2829 66
平成18年 738240 21 135 80802(47085) 3696(3459) 650141 21 2868 82
平成19年 615387  23 91 74395(43271) 3547(3336) 533949  13 2842  117
平成20年 530293  10 57 70830(41213) 3367(3179) 453065 2507 84
平成21年  503245 17 88 68543(39776) 3362(3169) 427600 16 3086 75
平成22年 473226 49 64865(37242) 3351(3203) 401382 3067 86
平成23年 432050 22 46 59851(33843) 3229(3111) 365474 2964 77
平成24年 408936 10 38 58215(32855) 3227(3122) 344121 2868 82
平成25年 365291 38 52725(29463) 3174(3058) 306316 2559 122
平成26年 337794 28 52557(30155) 3124(3051) 279221  4 2417  116
平成27年 333755 27 53710(31620) 3141(3068) 274199 2247 88
平成28年 320488 15 51824(30837) 3193(3137) 263099 1962 104
平成29年 299320 18 49167(29266) 3065(2997) 244701 1919 130
平成30年 275901 25 47607(28831) 3159(3099) 222841 1834 123
平成31年
令和 元年
245537  16 46086(28044) 3076(3021) 194404 1556 96
令和 2年 221057 19 44232(27163) 2738(2691) 172326 1366 76
令和 3年 213315 18 43556(26905) 2670(2624) 165276 1390 94
令和 4年 200572 10 38910(24069) 2630(2580) 157394 1231 60

総数・・・免訴、公訴棄却、管轄違い及び刑の免除を含む。
懲役・・・監獄に拘置して労働(刑務作業)を強制する。
禁錮・・・監獄に拘置するが、労働(刑務作業)を強制しない。政治犯や過失犯罪といった「非破廉恥犯」に科せられる。ほとんどの禁錮囚が「請願労働」を行なうため、懲役刑との差は実質的にはない。
罰金・・・1万円以上の財産を払う。ただし、減刑する場合は1万円以下になることがある。
拘留・・・1日以上30日未満とし、拘留場に拘置する。刑務作業は科せられない。
科料・・・1000円以上1万円未満の財産を払う。

上の表より平成30年(2018年)の統計で、この1年間で裁判によって確定した人数は27万5901人で、そのうち「無罪」が確定した人数は123人。ということは123÷27万5901×100=0.04・・・%が「無罪率」となり、非常に低い。これは裁判にかけられたらほぼ間違いなく有罪になるということを意味しており、逆に言えば、有罪になりそうもない事件は起訴しないとも言える。

傍聴希望者数

傍聴希望者数

世間の注目を集めた事件の裁判では傍聴希望者が多くなることが予想されるため、報道陣向けの傍聴席は予め用意されているものの数に制限があるので、マスコミは一般の傍聴席を確保しようとアルバイトを雇い、その抽選のために行列に並ばせる方法をとっている。テレビ局は事件によっては300人くらいのアルバイトを雇うこともあると言われているが、1999年(平成7年)5月13日の和歌山毒カレー事件(被告人・林真須美/現姓・稲垣)の和歌山地裁での初公判では、大阪のテレビ局が約700人のアルバイトを送り込んだという(傍聴希望者数は計5220人になった)。
和歌山毒カレー殺人事件・・・1998年(平成10年)7月25日、和歌山市園部(そのべ)で、自治会の夏祭りが催され、会場で出されたカレーライスを食べた人々が激しい吐き気と腹痛に襲われ、翌26日に4人が死亡した。この事件に関連した詐欺事件で元生命保険会社外務員の林眞須美(現姓・稲垣/以下同/当時37歳)と夫で元白蟻駆除業者の林健治(当時53歳)が逮捕された。12月9日、眞須美がカレー鍋に亜ヒ酸を投入したとして殺人と殺人未遂容疑で再逮捕された。12月29日、眞須美は和歌山地裁に起訴され、1999年(平成11年)5月13日、初公判が開かれた。保険金詐欺については認めたものの、殺人と殺人未遂容疑については、前面否認した。2000年(平成12年)10月20日、林健治に保険金詐欺で懲役6年の刑が下った。2002年(平成14年)12月11日、和歌山地裁は林眞須美に対し、求刑通り死刑を言い渡した。弁護側は即日、控訴した。6月28日、大阪高裁は林眞須美に対し控訴を棄却した。即日上告。2009年(平成21年)4月21日、最高裁で上告棄却。被告側は判決内容に誤りがあるとして訂正を申し立てていたが、5月18日、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は棄却する決定を出した。これにより、林眞須美の死刑が確定した。
傍聴席は報道陣向けの他、犯罪被害者やその遺族にも優先的に確保されている。犯罪で被害に遭った人の保護と権利の回復を目的として、犯罪被害者等の権利利益の保護を図るための刑事手続に付随する措置に関する法律(犯罪被害者保護法)が、2000年(平成12年)5月19日に公布、11月1日に施行されたが、これによって、犯罪の被害者やその遺族は裁判の傍聴席を優先的に確保され、判決が確定する前であっても裁判の記録を見たり、コピーできるようになった。
同時に、刑事訴訟法も改正されたが、改正点は被害者の精神的負担を和らげるのが主な目的で、被告人(加害者)のいる法廷で不安や緊張を感じるおそれがあるときに、それを和らげるために付添い人を付けることやビデオカメラを使って別室で証言すること(ビデオ・リンク方式)を認めた(刑事訴訟法157条の4)。「刑事訴訟法157条の4」には「傍聴」について規定されていないが、2003年(平成15年)8月28日、大阪地裁での大阪池田小児童殺傷事件(被告人=宅間守/現姓・吉岡)の判決公判では、一部の遺族の要望を受け、別室に設けたモニターカメラで傍聴できるようにした。大阪地裁が法廷外での傍聴を全国で初めて認めた例となった。
大阪池田小児童殺傷事件・・・2001年(平成13年)6月8日午前10時15分ごろ、大阪府池田市の大阪教育大付属小学校に元伊丹市職員の宅間守(現姓・吉岡/当時37歳)が刃物を持って乱入し、教室などで1、2年の児童などを次々と刺し、1年の男児1人、2年の女児7人の計8人が胸や腹を刺されて死亡、児童13人と教師2人が重軽傷を負った。2003年(平成15年)8月28日、大阪地裁で死刑判決。9月10日、弁護士側は判決を不服として控訴。9月26日、宅間自身が控訴を取り下げ、死刑が確定。2004年(平成16年)9月14日、大阪拘置所で死刑が執行された。死刑確定からわずか1年という異例の執行となった。40歳だった。
被告人
(50音順)
事件 裁判所 初公判 第2回公判 判決公判 備考
青葉真司  「京アニ」放火殺人事件
2019.7.18(殺害&逮捕) 
京都地裁 500人

2023.9.5
  409人

2024.1.25
初公判当日、京都地裁は多数の傍聴希望者が見込まれることを踏まえ、秩序を維持するため、傍聴希望者に整理番号のついたリストバンド型の整理券を交付。外すと無効になるというルールを設け、当選した場合はさらにもう一枚、傍聴券としてリストバンドを巻くことで、本人以外には傍聴券を譲渡できないようにした。

2024.1.25 京都地裁で死刑判決。

関連書籍・・・『ルポ 京アニを燃やした男』(第三書館/日野百草/2019) / 『京アニ事件』(平凡社新書/津堅信之/2020)
ASKA
(本名・宮崎重明)
覚醒剤取締法違反(所持、使用)など
2014.5.17(逮捕)
東京地裁 2646人

2014.8.28 
1074人

2014.9.12

(第2回公判=判決公判)
2014.9.12 東京地裁で懲役3年・執行猶予4年の判決が下り刑が確定。

2016.11.28 執行猶予期間中、覚醒剤取締法違反の容疑で再逮捕。

2016.12.19 不起訴処分。
新井浩文
(本名・朴慶培 [パク・キョンベ] )
強制性交罪
2019.2.1(逮捕)
東京地裁  532人

2019.9.2
  2019.12.2 東京地裁で懲役5年の判決。

2020.11.17 東京高裁で懲役4年の判決。

1審判決後、300万円の慰謝料を払って和解が成立。女性の許しは得られなかったが、「賠償の措置を講じたことが認められる。刑期を1年減じるのが相当である」とした。

2020.12.1 上告期限のこの日まで弁護側、検察側ともに上告せず、翌日、懲役4年が確定。
頂き女子りりちゃん
(本名・渡辺真衣) 
詐欺罪&詐欺幇助の罪
2023.8.23(逮捕)
名古屋地裁  110人以上

2023.11.2
200人以上

2023.12.6
   
 市川猿之助
(本名・喜熨斗[きのし]孝彦)
自殺幇助の罪
2023.5.18(遺体発見)
東京地裁   1033人

2023.10.20
 2023.11.17

(第2回公判=判決公判)
2023.11.17 東京地裁で懲役3年・執行猶予5年の判決。

11.20 確定。
伊藤リオン 歌舞伎俳優市川海老蔵暴行事件
2010.11.25
(暴行)
2010.12.10(逮捕)
東京地裁 992人

2011.2.18
. . 2011.3.14 東京地裁で懲役1年4ヶ月の判決。

弁護側が即日控訴したが、後に控訴を取り下げて刑が確定。


関連書籍・・・『いびつな絆 関東連合の真実』(宝島社/工藤明男/2013) / 『関東連合 六本木アウトローの正体』(ちくま新書/久田将義/2013) / 『不良録 関東連合元リーダーの告白』(双葉社/石元太一/2012)
上田(うえた)美由紀  鳥取連続不審死事件
2009.11.2(逮捕)
鳥取地裁  1115人

2012.9.25
    2012.12.4 鳥取地裁で死刑判決。

2014.3.20 広島高裁松江支部で控訴棄却。

2017.7.27 最高裁で上告棄却で死刑確定。


2023.1.14 搬送先の病院で死亡。食事を喉に詰まらせたことによる事故死。49歳だった。
 植松聖(さとし) 相模原障害者施設殺傷事件
2016.7.26(殺害&逮捕)
横浜地裁  1944人

2020.1.8
約500人

2020.1.10
  2020.3.16 横浜地裁で死刑判決。

2020.3.27 弁護人が控訴。

2020.3.30 植松本人が控訴取り下げ、死刑確定。
押尾学 麻薬取締法違反
2009.8.3(逮捕)
東京地裁 2232人

2009.10.23
1202人

2009.11.2


(第2回公判=判決公判)
2009.11.2 東京地裁で懲役1年6ヶ月・執行猶予5年の判決が下り確定。
保護責任者遺棄事件

2009.12.7
(死亡した女性への
麻薬譲渡容疑で再逮捕)

2010.1.4
(死亡した女性に対する
保護責任者遺棄致死容疑で再逮捕)
1554人

2010.9.3
1319人

2010.9.17
2010.9.17 東京地裁で懲役2年6ヶ月の判決。

2011.4.18 東京高裁で控訴棄却。

2012.2.13 最高裁で上告棄却で懲役2年6ヶ月が確定。
ガーシー
(本名・東谷義和)
暴力行為等処罰法違反(常習的脅迫)、
強要、名誉毀損、威力業務妨害
2023.6.4(逮捕)
東京地裁 560人

2023.9.19
  2024.3.14  
筧(かけひ)千佐子 近畿連続青酸死事件
2007.12〜2013.12(殺害)
2014.11.19(逮捕)
京都地裁 614人

2017.6.26
 
  566人

2017.11.7 
2017.11.7 京都地裁で死刑判決。

2019.5.24 大阪高裁で控訴棄却。

2021.6.29 最高裁で上告棄却で死刑確定。
加藤智大 秋葉原無差別殺傷事件
2008.6.8(殺害&逮捕)
東京地裁 769人

2010.1.28
. . 2011.3.24 東京地裁で死刑判決。

2012.9.12 東京高裁で控訴棄却。

2015.2.2 最高裁で上告棄却で死刑確定。

関連書籍・・・『アキハバラ発 〈00年代〉への問い』(岩波書店/大沢真幸[編]・森達也ほか[著]/2008) / 『アベンジャー型犯罪 秋葉原事件は警告する』(文春新書/岡田尊司/2009)[アベンジャー(avenger) は英語で復讐者、報復者という意味] / 『「誰でもよかった殺人」が起こる理由』(日本標準ブックレット/加納寛子/2009)/ 『秋葉原事件 加藤智大の奇跡』(朝日新聞出版/中島岳志/2011)/ 『「孤独」から考える秋葉原無差別殺傷事件 (Psycho Critique15) 』(批評社/芹沢俊介&高岡健/2011)

加藤智大の著書・・・ 『解 (Psycho Critique 17)』(批評社/2012)
/ 『東拘永夜抄』(批評社/2001)
/ 『殺人予防』(批評社/2001)

この事件をモチーフに『RIVER リバー』(DVD/監督・廣木隆一/主演・蓮佛美沙子/2012)という作品が制作された


2022.7.26 東京拘置所で死刑執行。39歳だった。
木嶋佳苗
(現姓・井上)
首都圏連続不審死事件
2009.9.25(逮捕)
さいたま地裁   663人

2012.1.10
  1330人

2012.4.13
2012.4.13 さいたま地裁で死刑判決。

2014.3.12 東京高裁で控訴棄却。

2017.4.14 最高裁で上告棄却で死刑確定。
清原和博 覚醒剤取締法違反(所持、使用)
2016.2.2(逮捕)
東京地裁 3769人

2016.5.17
1713人

2016.5.31


(第2回公判=判決公判)
2016.5.31 東京地裁で懲役2年6ヶ月・執行猶予4年の判決が下り確定。
小泉毅 元厚生事務次官ら連続殺傷事件
2008.11.17・18(殺害等)
2008.11.23(逮捕)
さいたま地裁 367人

2009.11.26
. , 2010.3.30 さいたま地裁で死刑判決。

2011.12.26 東京高裁で控訴棄却。


2014.6.13 最高裁で上告棄却で死刑確定。
小番一騎
(こづかい・いっき)
男性弁護士の性器切断事件
2015.8.13(傷害&逮捕)
東京地裁 149人

2015.10.28 
 250人超

2015.11.26
2016.7.5 東京地裁で懲役4年6ヶ月の判決。

2017.2.14 東京高裁で控訴棄却で懲役4年6ヶ月が確定。
小林光弘 弘前武富士放火殺人事件
2001.5.8(殺害)
2002.3.4(逮捕)
青森地裁 350人

2002.6.6
  524人

2003.2.12
2003.2.12 青森地裁で死刑判決。

2004.2.19 仙台高裁で控訴棄却。

2007.3.27 最高裁で上告棄却で死刑確定。

2014.8.29 仙台拘置所で死刑執行。56歳だった。
酒井法子 覚醒剤取締法違反(所持、使用)
2009.8.8(逮捕)
東京地裁 6615人

2009.10.26
3030人

2009.11.9


(第2回公判=判決公判)
初公判では傍聴席20席に対し希望者が6615人で、倍率では過去最高の330.75倍

2009.11.9 東京地裁で懲役1年6ヶ月・執行猶予3年の判決が下り確定。

関連書籍・・・『酒井法子 隠された素顔』(イースト・プレス/梨本勝/2009) / 『贖罪』(朝日新聞出版/酒井法子/2010)
佐藤宜行 新潟少女監禁事件
2000.1.28(発覚)
新潟地裁 2274人

2000.5.23
約900人

2000.6.27
1260人

2002.1.22
2002.1.22 新潟地裁で懲役14年の判決。

2002.12.10 東京高裁で懲役11年の判決。

2003.7.10 最高裁で懲役14年が確定。

2017頃、自室で倒れているのが発見された。検視により病死が確認されたが、病名は不明。50代半ばだった。
 沢尻エリカ 麻薬取締法違反(所持)
2019.11.19(逮捕)
東京地裁  2229人

2020.1.31 
2020.2.6

(第2回公判=判決公判)
2020.2.6 東京地裁で懲役1年6ヶ月・執行猶予3年の判決が下り確定。
城尾哲弥 長崎市長射殺事件
2007.4.17(殺害)
長崎地裁     1134人

2008.5.26
2008.5.26 長崎地裁で死刑判決。

2009.9.29 福岡高裁で無期懲役判決。

2012.1.16 最高裁で検察、弁護側双方の上告を棄却で無期懲役が確定。

2020.1.22 大阪医療刑務所で死亡。72歳だった。

関連書籍・・・『検証・長崎市長射殺事件 断て! 暴力』(長崎新聞社/長崎新聞社報道部/2008)
菅家利和 足利事件
1990.5.13(遺体発見)
宇都宮地裁
(再審)
972人

2009.10.21
. . 2010.3.26 宇都宮地裁で無罪判決となり確定。

関連書籍・・・『幼稚園バス運転手は幼女を殺したか』(草思社/小林篤/2001) / 『冤罪 ある日、私は犯人にされた』(朝日新聞出版/菅家利和/2009)
 高知東生
(たかち・のぼる)
(本名・大崎丈二)
覚せい剤取締法違反(使用、所持)
2016.6.24(逮捕)
東京地裁 1198人

2016.8.31
2016.9.15

(第2回公判=判決公判)
2016.9.15 東京地裁で懲役2年・執行猶予4年の判決が下り確定。
高橋弘二 ライフスペース事件
1999.11.11(遺体発見)
千葉地裁 317人

2000.7.4
     2002.2.5 千葉地裁で懲役15年の判決。

2003.6.26 東京高裁で懲役7年の判決。

2005.7.4 最高裁で上告棄却で懲役7年が確定。
宅間守
(現姓・吉岡)
大阪池田小児童殺傷事件
2001.6.8(殺害&逮捕)
大阪地裁 1320人

2001.12.27
  2107人

2003.8.28
2003.8.28 大阪地裁で死刑判決。

弁護側が控訴。

2003.9.26 控訴を取り下げ、死刑が確定。

2004.9.14 大阪拘置所で死刑執行。40歳だった。
田中角栄 ロッキード事件
1976.7.27(逮捕)
東京地裁     3904人

1983.10.12
1983.10.12 東京地裁で懲役4年・追徴金5億円の判決。

1987.7.29 東京高裁で控訴棄却。

弁護側が上告。

1993.12.17 被告人・田中の死亡により公訴棄却。
中川智正 1995.3.20(地下鉄サリン事件等)

オウム真理教
東京地裁 4158人

1995.10.24
    2003.10.29 東京地裁で死刑判決。

2007.7.13 東京高裁で控訴棄却。

2011.11.18 最高裁で上告棄却で死刑確定。

2018.3.14 東京拘置所から広島拘置所へ移送。

2018.7.6 広島拘置所で死刑執行。55歳だった。 
 袴田巌 袴田事件
1966.6.30(遺体発見)
1966.8.18(逮捕)
静岡地裁
(再審)
280人

2023.10.27
     
畠山鈴香 秋田児童連続殺人事件
2006.4.10/5.18(遺体発見)
秋田地裁 2509人

2007.9.12
   2978人

2008.3.19
2008.3.19 秋田地裁で無期懲役判決。

2009.3.25 仙台高裁秋田支部で控訴棄却。

2009.4.8 弁護側が上告。


2009.5.18 上告を取り下げ無期懲役が確定。

関連書籍・・・『秋田連続児童殺害事件 警察はなぜ事件を隠蔽したのか』(草思社/黒木昭雄/2007) / 『豪憲はなぜ殺されたのか』(新潮社/米山勝広/2006) / 『法廷ライブ 秋田連続児童殺害事件』(産経新聞出版/単行本/産経新聞社会部/2008.3) / 『橋の上の「殺意」 畠山鈴香はどう裁かれたか』(平凡社/鎌田慧/2009) / 『検証 秋田「連続」児童殺人事件』(無明舎出版/北羽新報社編集局報道部[編]/2009)
林眞須美
(現姓・稲垣)
和歌山毒カレー殺人事件(概要)
1998.7.25(殺害)
1998.10.4(逮捕)
和歌山地裁 5220人

1999.5.13
    2002.12.11 和歌山地裁で死刑判決。

2005.6.28 大阪高裁で控訴棄却。


2009.4.21 最高裁で上告棄却で死刑確定。
福田和子
松山ホステス殺害逃亡事件
1982.8.19(殺害)
1997.7.29(逮捕)
松山地裁 1979人

1997.10.27
    1999.5.31 松山地裁で無期懲役判決。

2000.12.13 高松高裁で控訴棄却。

2003.11.18 最高裁で上告棄却で無期懲役が確定。

2005.3.10 服役中に脳梗塞により死亡。57歳だった。

関連書籍・・・『涙の谷 私の逃亡、十四年と十一カ月十日』(扶桑社/福田和子/1999) / 『福田和子はなぜ男を魅了するのか 「松山ホステス殺人事件」全軌跡』(幻冬舎/松田美智子/1999) / 『逃げる福田和子 極限生活15年の全真相』(リヨン社/大庭嘉文/1999) / 『福田和子 整形逃亡5459日』(廣済堂出版/単行本/大下英治/1997)
福田孝行
(現姓・大月)
山口母子殺人事件
1999.4.14(殺害)
1999.4.18(逮捕)
広島高裁
(差戻控訴審)
    3886人

2008.4.22
2000.3.22 山口地裁で無期懲役判決。

2002.3.14 広島高裁で控訴棄却。

2006.6.20 最高裁で無期懲役判決を破棄、審理を高裁に差し戻す。

2008.4.22 広島高裁(差戻し控訴審)で死刑判決。

2012.2.20 最高裁(第2次上告審)で上告棄却で死刑確定。
堀江貴文 ライブドア事件
2006.1.23(逮捕)
東京地裁 2002人

2006.9.4
  1679人

2007.3.16
2007.3.16 東京地裁で懲役2年6ヶ月

2008.7.25 東京高裁で控訴棄却。

2011.4.25 最高裁で上告棄却で懲役2年6ヶ月が確定。


関連書籍・・・『ヒルズ黙示録 検証・ライブドア』(朝日新聞社/大鹿靖明/2006)
槇原敬之 覚醒剤取締法違反(所持)
2020.2.13(逮捕/同容疑で2回目)
東京地裁  510人

2020.7.21 
204人

2020.8.3


(第2回公判=判決公判)
1回目の同容疑での逮捕は19年前(1999.8.26)で東京地裁で懲役1年6ヶ月・執行猶予3年の判決が下り(1999.12.8)、確定している。

2020.8.3 東京地裁で懲役2年・執行猶予3年の判決が下り確定。
松本智津夫
(教祖名・麻原彰晃)
1995.3.20(地下鉄サリン事件等)
1995.5.16(逮捕)

オウム真理教
東京地裁 1万2292人

1996.4.24
5856人

1996.4.25
4658人

2004.2.27
初公判での傍聴希望者1万2292人は過去最高。

2004.2.27 東京地裁で死刑判決。


2006.3.27 東京高裁は松本に訴訟能力があると認め、弁護側が期限(2005年8月末)までに控訴趣意書を提出しなかったことを理由に公判手続きを打ち切る異例の控訴棄却の決定をした。

2006.3.30 弁護側が東京高裁の控訴棄却決定を不服として異議申し立て。

2006.5.29 東京高裁が異議を棄却。

2006.6.5 弁護側が控訴棄却決定に対する異議を棄却した東京高裁決定を不服として最高裁に特別抗告。

2006.9.15 最高裁が特別抗告を棄却で死刑確定。

2018.7.6 東京拘置所で死刑執行。63歳だった。
三浦和義 「疑惑の銃弾」事件
1981.11.18(三浦夫妻銃撃事件)
東京地裁 1782人

1986.1.14
2520人

1986.2.14
  三浦夫妻銃撃事件で、1994.3.31 東京地裁で無期懲役判決。

1998.7.1 東京高裁で無罪。

2003.3.5 最高裁で上告棄却で無罪確定。


2008.2.22 サイパンで米局に逮捕される。

2008.10.10(日本時間で11) ロス市警の留置場で自殺。61歳だった。
宮ア勤 宮ア勤幼女連続殺人事件
1989.7.23(逮捕)
東京地裁 1591人

1990.3.30
  842人

1997.4.14
1997.4.14 東京地裁で死刑判決。

2001.6.28 東京高裁で控訴棄却。

2006.1.17 最高裁で上告棄却で死刑確定。

2008.6.17 東京拘置所で死刑執行。45歳だった。
守大助 仙台筋弛緩剤事件
2001.1.6(逮捕)
仙台地裁 1388人

2001.7.11
    2004.3.30 仙台地裁で無期懲役判決。

2006.3.22 仙台高裁で控訴棄却。

2008.2.25 最高裁で弁護側の上告棄却で無期懲役が確定。

関連書籍・・・『僕はやってない!』(明石書店/阿部泰雄との共著/2001) / 『真実のカルテ 仙台・筋弛緩剤 北陵クリニックで何が起きたか』(本の森/半田康延[編]/2010)
横山ノック
(本名・山田勇)
強制わいせつ事件
1999.4.8
大阪地裁     919人

2000.8.10
2008.8.10 大阪地裁で懲役1年6ヶ月・執行猶予3年の判決が下り確定。

2007.5.3 死亡。75歳だった。


関連書籍・・・『女子大生セクハラ事件の深層』(かもがわ出版/一ノ宮美成/2000)

[ 事件 index / 無限回廊 top page ]