Association of Historical Science(REKISHIKAGAKU KYOGIKAI)
http://www.maroon.dti.ne.jp/rekikakyo/
  【催し・お知らせ】

[大会情報] 歴史科学協議会第52回総会・大会の御案内(2018年12月1・2日開催予定)
   
[new!] 『歴史評論』の発行形態について会告を掲載しました。
(2018年4月12日)

「文化財保護法の改定に対し、より慎重な議論を求める声明」を発表しました(2017年10月6日)


[発売中] 歴史科学協議会編『歴史学が挑んだ課題 継承と展開の50年』を刊行しました(2017年6月30日)
   
 
[発売中] 歴史科学協議会編『知っておきたい歴史の新常識』(勉誠出版、2017年5月)を刊行しました
   
「改正組織的犯罪処罰法(「共謀罪」法)の強行採決に抗議し、同法の即刻廃止を要求する声明」を発表しました(2017年6月21日)
   
 「吉見裁判における東京高裁の不当判決に対する抗議声明」を発表しました
(2017年3月6日)
   
アーカイブズ学・考古学・歴史学関係14団体で「千葉県文書館収蔵公文書の不適切な大量廃棄・移動の停止を求める要望書」を提出しました
(2017年2月21日)
   
■ 年会費ならびに『歴史評論』小売価格の改定についてお知らせいたします(2016年12月)
   
■ 杉並歴史を語り合う会/歴史科学協議会編『隣国の肖像―日朝相互認識の歴史―』を刊行しました(2016年6月20日)
   
■ 新たな会費割引制度を導入しました。30歳未満の新入会者は年会費半額にいたします。

■ 歴史資料ネットワークより歴史資料保全ボランティア募集
毎月12日発行(休日・祝日の場合はその前日)
※第817号より発売日が変更になりました

『歴史評論』2018年11月号(第823) Historical Journal(REKISHI HYORON) November 2018 vol.823

特集/民衆法廷運動の軌跡と現在 ―「ラッセル法廷」を中心に― "A History of International War Crimes Tribunals: Reflections on the Russel Tribunal"

定価 940円  編集長ブログも随時更新中。


 二〇世紀は「極端な時代」だったと言われます。アジアやアフリカにおける西洋列強や日本による苛烈な侵略戦争、大量死をもたらした二度の世界大の戦争やその後の様々な独立戦争、冷戦期における「熱い戦争」、そしてまた、いまだにその死者数の概要すらも分からない白色や赤色の国家テロがありました。その反面、人類史上かつてない程の多くの人々が、いわゆるリベラル・デモクラシーや物質的な豊かさを享受しました。最大数の殺戮に十分な反省が示されない中で、最大数の幸福を実現しようとしたのが二〇世紀の夢だったと言えるでしょう。 
 ところが、最大数の幸福という功利主義的な楽観とともに、より深淵で人間らしい営みも生まれました。人々が暴力をもたらした責任を追及した時代だったのです。「ラッセル法廷」をはじめとする民衆法廷、ルワンダやユーゴスラヴィアの国際刑事法廷、ラテンアメリカや南アの真実委員会など、様々な形での正義の追求がなされました。これらの営みは、曲がりなりにも暴力に対する反省と平和への希求という普遍的価値を下支えしてきました。
 二一世紀の今日、対テロ戦争という新たな戦争が生じ、暴力は多様化し、民主主義は後退し、非暴力という理念は否定されつつあります。だからこそ、暴力に対する責任追及の軌跡を追ってみたいのです。そのような探求を通してこそ、この新たな戦争と暴力の時代を脱する方向性を見出すことができるでしょう。(編集委員会)

  *  特集にあたって 編集委員会
論    文 ラッセル法廷から半世紀 ―世界は正義とどう向かい合ってきたか―
Half Centennial of the Russel Tribunal and How the World has Tackled with the Issues of International Justicey
中野聡
NAKANO Satoshi
論    文 ラッセル法廷と国際反戦運動の胎動―「ベトナムにおける戦争犯罪調査日本委員会」と民族的抵抗への共感を中心に―
The Russell Tribunal and the Rise of International Anti-war Movement
藤本博
FUJIMOTO Hiroshi
論    文 東京裁判の個人責任論
Individual Responsibility at the Tokyo Trial
戸谷由麻
TOTANI Yuma
論    文 民衆法廷を継承する精神 ―原発民衆法廷の経験を手掛かりに―
The Spirit of International Criminal Tribunals: from the Vietnam War to the Fukushima Daiichi Nuclear Disaster
前田朗
MAEDA Akira
論    文 ニュルンベルク裁判とラッセル法廷
The Nuremberg Trials and the Russell Tribunal
芝健介
SHIBA Kensuke
書    評 マイケル・ビルトン、ケヴィン・シム著、藤本博、岩間龍男監訳、葛谷明美、後藤遥奈、堀井達朗訳『ヴェトナム戦争ソンミ村虐殺の悲劇』
生井英考
第52回大会準備号
歴史における危機と復興の諸相V
大会テーマの設定にあたって
全国委員会
第52回大会準備号
歴史における危機と復興の諸相V
《第1日目 占領と復興》米軍基地下の京都 ―占領から日米安保体制へ―
大内照雄
第52回大会準備号
歴史における危機と復興の諸相V
《第1日目 占領と復興》中東における占領と復興 ―イスラエル建国とイラク、そして日本―
田浪亜央江
第52回大会準備号
歴史における危機と復興の諸相V
《第2日目 首都の戦乱と復興》戦国京都都市論 ―首都の社会変動と戦乱―
仁木宏
第52回大会準備号
歴史における危機と復興の諸相V
《第2日目 首都の戦乱と復興》二度の開封陥落と中心性の移動 ―中国都城史の転換点としての靖康の変―
久保田和男
第52回大会準備号
歴史における危機と復興の諸相V
《第2日目 首都の戦乱と復興》三十年戦争と帝国都市アウクスブルク ―二宗派共存都市の危機と復興―
高津秀之
紹    介 関口裕子著『日本古代女性史の研究』
森田喜久男
紹    介 児玉幸多先生論集慣行委員会編『近世史研究遺文』
野尻泰弘
紹    介 アジア民衆史研究会・歴史問題研究所編『日韓民衆史研究の最前線』
三ツ井崇
紹    介 杉並歴史を語り合う会・歴史科学協議会編『隣国の肖像』
嶽本新奈
   加盟組織の活動報告

   加盟組織の機関誌案内

  ☆ご注文承っております。事務局までご連絡ください。 e-mail: rekihyo@mx10.ttcn.ne.jp

  【その他お知らせ】
■ 『歴史評論』第776号(2014年12月号)に掲載した斉藤正美氏の論考について

■ 編集長ブログ始めました。『歴史評論』についてのご意見・ご感想をお寄せ下さい。
  ※編集長ブログでは、会の安定的な財務基盤を保持するための方策の一環として、アフィリエイト・サービスを開始致しました。
    宿泊のサービスをご案内しておりますので、出張やご旅行、帰省される際に、是非ご利用いただけましたら幸いです。



■ 歴史科学協議会編『歴史の「常識」をよむ』(東京大学出版会、2015年)、好評発売中です。      

■ 木村茂光監修・歴史科学協議会編集『戦後歴史学用語辞典』(東京堂出版、2012年)、好評発売中です。

■ 歴史科学協議会編『天皇・天皇制をよむ』(東京大学出版会、2008年)、好評発売中です。


■事務所の業務時間について
   歴史科学協議会事務所は週3日開室(曜日不定)10時から16時までです。
   また、祝・土日、お盆、年末年始は閉室いたします。何卒ご了承ください。
一般財団法人 歴史科学協議会
〒114-0023 東京都北区滝野川 2-32-10-222
TEL/FAX:03-3949-3749(週3日・曜日不定 10:00 - 16:00)
e-mail:rekihyo@mx10.ttcn.ne.jp
*各加盟組織あてご用件のお取り次ぎはできかねます。直接、各加盟組織へお願い致します。