Association of Historical Science(REKISHIKAGAKU KYOGIKAI)
http://www.maroon.dti.ne.jp/rekikakyo/
  【催し・お知らせ】
■ 年会費ならびに『歴史評論』小売価格の改定について(2016年12月)
   
■ 歴史学関係13団体で鎌倉市円覚寺結界遺構の保存を求める声明を発表しました(2016年9月1日)
   
■ 杉並歴史を語り合う会/歴史科学協議会編『隣国の肖像―日朝相互認識の歴史―』を刊行しました(2016年6月20日)
   
■ 「2016年熊本地震」による被災歴史資料保全活動への支援募金(歴史資料ネットワーク)にご協力をお願いいたします。

■ 歴史学関係15団体で「「日本軍「慰安婦」問題をめぐる最近の動きに対する日本の歴史学会・歴史教育者団体の声明」を発表しました。
   
※英語版はこちらをご参照ください。(2016年5月30日) 

■ 「吉見裁判への不当判決に対する抗議声明」を発表しました(2016年3月3日)
                                    
  ■ 歴史科学協議会創立50周年記念事業への募金協力をお願いします(2015年12月1日)
  
■ 『戦後歴史学用語辞典』(木村茂光監修・歴史科学協議会編集、東京堂出版) 『歴史の「常識」をよむ』(歴史科学協議会編、東京大学出版会)、好評発売中!

■ 新たな会費割引制度を導入しました。30歳未満の新入会者は年会費半額にいたします。

■ 歴史資料保全ボランティア募集 各サイトにてボランティア募集情報を発信しております。ご協力をお願いいたします。
  歴史資料ネットワークNPO法人宮城歴史資料保全ネットワークボランティア申し込み用紙[pdf ])山形文化遺産防災ネットふくしま歴史資料保存ネットワーク茨城史料ネットワーク
  東北地方太平洋沖地震(東北・関東大震災)による被災歴史資料保全活動の現状と支援募金のお願い(歴史資料ネットワークより)
毎月10日発行(休日・祝日の場合はその翌日)

『歴史評論』2016年12月号(第800) Historical Journal(REKISHI HYORON) December 2016 vol.800

特集/戦後歴史学と『歴史評論』 The 800 th Issue Special Edition ―Postwar Historiography and Historical Journal

定価 885円  編集長ブログも随時更新中。

 『歴史評論』は、本号で創刊以来、800号を迎えます。創刊号は、敗戦間もない1946年10月10日に、丹波書林から、民主主義科学者協会歴史部会の機関誌として刊行されました。奇しくも、800号の節目を迎えた今年は、満70歳の年ということにもなりました。本号では、800号への到達を機に、これまで編集に携わってこられた先達の声に耳を傾け、戦後の歴史学のなかで本誌が果たしてきた役割を振り返りつつ、未来の『 歴史評論』を展望することといたしました。  民科歴史部会の機関誌としての『歴史評論』のあゆみは必ずしも平坦なものではなく、先輩たちの献身的努力によって、雑誌の刊行が維持されてきた歴史があります。その努力は報われ、1967年に、歴史科学協議会が創立され、『歴史評論』はその機関誌に生まれ変わります。しかし、他の学術雑誌とは異なり、あえて「評論」をタイトルに掲げる本誌は既存の学術雑誌とは異なる存在意義をどのような形で読者に提示できるのか。本号には、創刊時から近年までのさまざまな場面において、この未完の課題に向き合った方々の声を収めました。 これは『歴史評論』という一つの雑誌の歴史にとどまらず、戦後歴史学のあゆみという見地からも意義ある記録になっています。  会員読者の皆様には、この機会に、『歴史評論』の歩んだ歴史に関心を寄せていただきつつ、900号・1000号を目指すさらなる発展のために、ひきつづき御支援のほどを、よろしくお願いいたします。(編集委員会)
        *  特集にあたって 編集委員会
      論   文  「戦後歴史学」と『歴史評論』
Postwar Historiography and Historical Journal
深谷 克己
FUKYA Katsumi
        *  藤間生大さんに聞く『歴史評論』の青春時代
Historical Journal ―Its Adolescent Years
戸邉 秀明
小嶋 茂稔

TOBE Hideaki
Kojima Shigetoshi
        *  回想の『歴史評論』―1964年前後― 
Historical Journal Remembered
伊藤 康子
ITOU Yasuko
        *  《歴代の編集長から》 激動の編集長時代 木村 茂光
        *  《歴代の編集長から》 『歴史評論』編集長と私の歴史研究 君島 和彦
        *  《歴代の編集長から》 編集長時代を振り返って 山田 敬男
『歴史評論』800号記念座談会 編集長時代を振り返って 糟谷 憲一  大日方純夫
池   享   近藤 成一
〔司会〕大橋幸泰
        *  『歴史評論』と私―『歴史評論』への期待― 駒田 和幸
村上  貢
山本 賢介
大塚 活美
     歴史の眼  2015年「慰安婦」問題―日韓合意について― 荒井 信一
     私の原点  原点としてのウィーン 増谷 英樹
     科学運動通信  歴史教科書シンポジウム 参加の記録 西山 直志
      書   評  田中聡著『日本古代の自他認識』 鈴木 靖民
      書   評  三木聰著『伝統中国と福建社会』 上田  信
      書   評  人見佐知子著『近代公娼制度の社会史的研究』 今西  一
      書   評  倉田明子著『中国近代開港場とキリスト教』 土肥  歩
      書   評  直野章子著『原爆体験と戦後日本』 小澤 節子
      会   告  歴科協創立50周年記念事業募金協力のお願い 歴科協創立50周年記念事業企画委員会
  ☆ご注文承っております。事務局までご連絡ください。 e-mail: rekihyo@mx10.ttcn.ne.jp

  【その他お知らせ】

■ 『歴史評論』第776号(2014年12月号)に掲載した斉藤正美氏の論考について


■ 初年度会費(『歴史評論』年間購読料)特別割引のご案内

■ 編集長ブログ始めました。『歴史評論』についてのご意見・ご感想をお寄せ下さい。
  ※編集長ブログでは、会の安定的な財務基盤を保持するための方策の一環として、アフィリエイト・サービスを開始致しました。
    宿泊のサービスをご案内しておりますので、出張やご旅行、帰省される際に、是非ご利用いただけましたら幸いです。



■ 「「天皇・天皇制をよむ刊行しました。



天皇・天皇制をよむ(東京大学出版会)  歴史科学協議会編, 木村茂光/山田朗 監修
 東大出版会より刊行, 発売日:2008年05月上旬
 判型:A5, 302頁(ISBN978-4-13-023054-4)
 税込2940円/本体2800円

【内容紹介】
 古代から現代まで天皇をめぐってさまざまに論じられてきた。
 その位置づけを知ることは,日本の歴史,そして現代をどうとらえるかという問題とも密接にかかわっている。
 「天皇」「天皇制」を考えるうえであらためて知っておきたい重要な知識を68のテーマから読み解く入門書。






   「歴史を読む」(東京大学出版会)もあわせてどうぞ。
   お申込みは東大出版会まで



■ 『戦後歴史学用語辞典』(木村茂光監修・歴史科学協議会編集、東京堂出版、2012年7月)を刊行いたしました。








■事務所の業務時間について
   歴史科学協議会事務所の通常業務時間は、月・火・木・金の10時から16時までです。
  祝・土日、お盆、年末年始はお休み致します。何卒ご了承ください。
一般財団法人 歴史科学協議会
〒114-0023 東京都北区滝野川 2-32-10-222
TEL/FAX:03-3949-3749(月・火・木・金 10:00 - 16:00)
*各加盟組織あてご用件のお取り次ぎはできかねます。直接、各加盟組織へお願い致します。