Association of Historical Science(REKISHIKAGAKU KYOGIKAI)
http://www.maroon.dti.ne.jp/rekikakyo/
  【催し・お知らせ】

[大会情報] 歴史科学協議会第52回総会・大会の御案内(2018年12月1・2日開催予定)
   
[new!] 『歴史評論』の発行形態について会告を掲載しました。
(2018年4月12日)

「文化財保護法の改定に対し、より慎重な議論を求める声明」を発表しました(2017年10月6日)


   

   

   

   

   

   

   

   

  

[発売中] 歴史科学協議会編『歴史学が挑んだ課題 継承と展開の50年』を刊行しました(2017年6月30日)
   
 
[発売中] 歴史科学協議会編『知っておきたい歴史の新常識』(勉誠出版、2017年5月)を刊行しました
   
「改正組織的犯罪処罰法(「共謀罪」法)の強行採決に抗議し、同法の即刻廃止を要求する声明」を発表しました(2017年6月21日)
   
 「吉見裁判における東京高裁の不当判決に対する抗議声明」を発表しました
(2017年3月6日)
   
アーカイブズ学・考古学・歴史学関係14団体で「千葉県文書館収蔵公文書の不適切な大量廃棄・移動の停止を求める要望書」を提出しました
(2017年2月21日)
   
■ 年会費ならびに『歴史評論』小売価格の改定についてお知らせいたします(2016年12月)
   
■ 杉並歴史を語り合う会/歴史科学協議会編『隣国の肖像―日朝相互認識の歴史―』を刊行しました(2016年6月20日)
   
■ 歴史科学協議会創立50周年記念事業への募金協力をお願いいたします
  ※記念誌の寄付芳名帳は、2017年6月7日分着金分までを掲載させていただきます。  

■ 新たな会費割引制度を導入しました。30歳未満の新入会者は年会費半額にいたします。

■ 歴史資料ネットワークより歴史資料保全ボランティア募集
毎月12日発行(休日・祝日の場合はその前日)
※第817号より発売日が変更になりました

『歴史評論』2018年8月号(第820) Historical Journal(REKISHI HYORON) August 2018 vol.820

特集/日常生活から見つめる戦争 "War as Seen from Everyday Life"

定価 940円  編集長ブログも随時更新中。


 一九四五年に日本が敗戦してから、七三回目の夏を迎えます。戦争体験者が次々と世を去るなか、教育現場をはじめとした社会のいたるところで、風化しつつある体験の継承が行われています。戦争を知らない世代の私たちにとって、戦争の悲惨さを学び、語り継いでいくことは非常に大切ないとなみです。 とはいえ、いつの間にか、教育現場などで戦争の悲惨さ、あるいは日本の加害行為が語られる際に、「平和な時代に生まれてよかった」、「今が平和な社会でよかった」という感想ばかりが生み出されていないでしょうか。これらの感想は、戦争の本質を理解しているようでいて、新たな戦争を十分に抑止する力とはなりえないように思います。戦争を現代社会とは切り離された過去の出来事、海の向こうの出来事とせず、今を生きる私たちの問題としていかに捉えていくのかということが、語る側にも受け手の側にも問われています。これが本特集の企画の出発点です。
 本特集では、凄惨さそのものに焦点を当てるのではなく、銃後や占領地・植民地の戦時体制の構築過程、そして戦争体験が社会に定着する過程に注目しました。暮らしの延長線上に戦争を見つ めるという本特集の試みを通じて、いかにして戦争を私たち自身の問題として語り、捉えていくのかを、読者の皆さんと一緒に考えていきたいと思います。 (編集委員会)

  *  特集にあたって 編集委員会
論 文 日常生活と戦争 ―銃後社会史研究の課題をめぐって―
War and Everyday Life: Major Issues in Social History of the Home Front
大串潤児
OGUSHI Junji
論 文 ドイツ占領下ワルシャワの売買春
Prostitution in Warsaw under German Occupation
田野大輔
TANO Daisuke
論 文 戦時日本農村と満洲移民
Rural Society in Wartime Japan and “Japanese Colonists in Manchuria”
細谷亨
HOSOYA Toru
論 文 戦時期植民地朝鮮における防空体制の構築 ―警防団を中心に―
Construction of the Air Defense System in Colonial Korea during the Wartime
松田利彦
MATSUDA Toshihiko
論 文 「戦争体験論」の成立
The Formation of “War Experience” Discourses
赤澤史朗
AKAZAWA Shiro
投 稿 朝鮮・琉球国の地位の変遷と確定 ―幕末「通信国」観の前史として―
The Changing Status of Joseon and Ryukyu in Early Modern Japan
木土博成
KIDO Hironari
歴史の眼 二つの天皇代替わりをめぐる論説
後藤致人
書 評 伊藤聡著『神道の形成と中世神話』
太田直之
書 評 山本明代、パプ・ノルベルト編著『移動がつくる東中欧・バルカン史』
戸谷浩
書 評 望戸愛果著『「戦争体験」とジェンダー』
松原宏之
  * 二・一一集会 ―各地の記録A―
  *
  ☆ご注文承っております。事務局までご連絡ください。 e-mail: rekihyo@mx10.ttcn.ne.jp

  【その他お知らせ】
■ 『歴史評論』第776号(2014年12月号)に掲載した斉藤正美氏の論考について

■ 編集長ブログ始めました。『歴史評論』についてのご意見・ご感想をお寄せ下さい。
  ※編集長ブログでは、会の安定的な財務基盤を保持するための方策の一環として、アフィリエイト・サービスを開始致しました。
    宿泊のサービスをご案内しておりますので、出張やご旅行、帰省される際に、是非ご利用いただけましたら幸いです。



■ 歴史科学協議会編『歴史の「常識」をよむ』(東京大学出版会、2015年)、好評発売中です。      

■ 木村茂光監修・歴史科学協議会編集『戦後歴史学用語辞典』(東京堂出版、2012年)、好評発売中です。

■ 歴史科学協議会編『天皇・天皇制をよむ』(東京大学出版会、2008年)、好評発売中です。


■事務所の業務時間について
   歴史科学協議会事務所は週3日開室(曜日不定)10時から16時までです。
   また、祝・土日、お盆、年末年始は閉室いたします。何卒ご了承ください。
一般財団法人 歴史科学協議会
〒114-0023 東京都北区滝野川 2-32-10-222
TEL/FAX:03-3949-3749(週3日・曜日不定 10:00 - 16:00)
e-mail:rekihyo@mx10.ttcn.ne.jp
*各加盟組織あてご用件のお取り次ぎはできかねます。直接、各加盟組織へお願い致します。