バックナンバー

400号以前については こちら を参照ください。

号数 特集名 特集名2
401**
402地域のなかの自由民権*
403古代における支配と被支配の諸形態*
404大会特集・現代世界と歴史学*
405首都形成期の権力と民衆*
406宗教−政治と民衆*
407一五年戦争と女性*
408戦争史と戦争責任*
409文学のなかの歴史*
410**
411**
412一九世紀世界史像の再検討*
413**
414教科書と教科書訴訟*
415自由民権運動展開の地域的特質*
416大会特集・歴史における地域と家族−方法論的検討*
417古代・中世の九州と東アジア*
418新保守主義の歴史像*
419女性史特集-家族・親族と女性
420古代社会論へむけて*
421歴史学とはどういう学問か*
422近世史の現在*
423反ファシズムの半世紀*
424歴史における家族と共同体*
425飢餓の現代史*
426日本中世の市と町場*
427**
428大会特集・歴史における家族と共同体*
429古代における王権と国家*
430「建国記念の日」二〇年と今日*
431戦後四〇年と女性史*
432現代反動−私はこうとらえたい*
433地図から歴史を解読する*
434北方史の展開と日本社会*
435共同体は変わったか*
436石母田正氏の人と学問*
437中世国家論の新展開歴史における家族と共同体
438君主制と国民*
439民衆/文化/権力*
440『講座日本歴史』は通史たりうるか*
441大会特集・歴史における家族と共同体*
442報告討論・国内の反動化と国際関係*
443女性論の今日*
444『新編日本史』を斬る*
445旅から歴史を考える*
446憲法四〇年/近代日本思想論*
447日中戦争五〇年*
448アメリカ史研究の最前線*
449大会準備号・歴史における民衆と文化*
450史的唯物論の再検討*
451今日の歴史資料館*
452三大事件建白運動から一〇〇年*
453大会特集・歴史における文化の創造−歴史における政治と文化*
454遺跡と歴史像−東国史をとらえ直す反動化の現局面
455高群逸枝を今…*
456古墳時代の諸問題*
457言葉から歴史を考える*
458近代日本と東アジア*
459米騒動七〇年*
460戦争責任*
461大会準備号・特集・地域史と文化*
46280年代の教科書訴訟と歴史学*
463文書館と公文書館法*
464移行期の社会と国家世界史における中世国家の諸形態
465大会特集・歴史における文化の創造 2−社会変革と文化*
466いま天皇制を考える「遺跡と歴史像」の再検討
467民衆運動のなかの女性*
468**
469歴史上の人物−その虚像と実像をさぐる*
470第二次教科書訴訟差戻審判決を前に*
471都市史研究の方法をめぐって江口朴郎氏の死を悼む
472レッドパージ四〇年各地の戦争展・戦争資料館
473大会準備号・伝統文化の継承と地域社会*
474天皇制と一五年戦争*
475近世史研究の原点*
476フランス革命と近代世界*
477大会特集・歴史における文化の創造 3−変革期における文化*
478象徴天皇制の今日*
479史料のなかの女性*
480中・近世の社会と対外関係*
481異文化接触と言語*
482近代東アジア像をとらえ直す九州歴史科学研究会シンポジウム/“激動の東欧情勢と世界史の現段階”
483地域博物館・資料館の今日*
484大戦終結・敗戦45年*
485**
486大会準備号 現代歴史学と天皇制*
487教科書裁判25年*
488中・近世移行期村落論*
489都市と都城−古代の都市を発掘する*
490文化論・文化政策のいま*
491女たちの自我−時代を生きる*
492大会報告特集・現代歴史学と天皇制*
493歴史新発見*
494**
495歴史資料のいま*
496「昭和天皇」と新史料戦争体験が語りかけるもの
497「大平記」の世界*
498大会準備号・世界史認識の再検討『歴史評論』500号によせて
499近世・近代移行期研究の展開『歴史評論』500号によせて
500創刊五〇〇号記念・歴史学のいま*
501「大西洋世界」からの問いかけ*
502反動化の現段階・「建国記念の日」反対・不承認運動の二五年*
503歴史の中のシングル*
504大会報告特集・世界史認識の再検討*
505いま、私のすすめる一冊の本大学は、いま
506今日の自治体史編纂歴史科学協議会創立二五周年によせて
507中・近世移行期をめぐって*
508アジア・太平洋占領五〇年*
509新・新宗教を考える*
510大会準備号・世界史認識の再検討 2*
511武力と民衆*
512前近代の宗教と国家・民衆*
513近代日本の「移民」を問いなおす*
514論争・古代国家成立期の諸段階*
515大会報告特集・世界史認識の再検討 2*
516東アジア関係史への視角*
517求められた女性像*
518卒業論文をどう書くか*
519緊急特集・教科書裁判遠山史学と私の歴史研究
520反戦と抵抗の画家−柳瀬正夢*
521関東大震災と朝鮮人虐殺事件*
522大会準備号・世界史認識の再検討 3*
523新しい戦国時代像をもとめて*
524戦後史における「国家改革」の現段階学徒出陣50年
525摂関・院政期をどうとらえるか*
526博物館展示と歴史研究*
527大会報告特集・世界史認識の再検討 3*
528黒田俊雄と歴史学第三次家永教科書訴訟高裁判決
529沖縄の女性史*
530歴史学とマスメディア*
531アフロ世界の未来*
532日清・日露戦争と世界*
533「平安建都一二〇〇年」を検証する*
534大会準備号・世界史認識の再検討 4*
535古代・中世初期の東北日本*
536近世のなかの江戸*
537歴史学と個人史研究*
538復元・古代村落*
539大会報告特集・世界史認識の再検討 4*
540「買売春」の歴史*
541市民革命と周辺世界*
542戦後の歴史学を考える*
543西洋古代史研究の最前線*
544戦後五〇年に立って(その一)《戦後五〇年・歴史家の提言》 1
545戦後五〇年に立って(その二)《戦後五〇年・歴史家の提言》 2
546大会準備号・世界史認識の再検討 5*
547大坂の都市空間と仲間*
548縄文時代像の再検討*
549「中華世界」とナショナリズム*
550中世芸能史との対話*
551大会報告特集・世界史認識の再検討 5*
552戦争参加と女性*
553改めて憲法と平和主義を考える*
554「通史」を考える−日本史篇*
555列島古代の民族・国境・交通*
556地域における戦争ほりおこし*
557大学における歴史の授業「自由主義史観」の批判的検討−藤岡信勝氏らの歴史観を批判する
558大会準備号・世界史認識の再検討 6『歴史評論』に期待する
559「中世成立期」の国家構造*
560歴史のなかの新宗教と異端*
561近世史料論の新展開*
562近代史研究のゆくえ*
563世界史認識の再検討 6*
564歴史学の新たな地平をめざして−歴史科学協議会創立三〇周年記念*
565老いの歴史と女性*
566「通史」を考える―世界史篇*
567博物館・文書館の現在*
568「二〇世紀の社会主義」を考える*
569日中戦争六〇年*
570歴史の方法としての地域*
571創立三〇局年記念講演会特集*
572続・新しい戦国時代像をもとめて*
573近代日本の文化財問題*
574日本古代の情報伝達と民衆*
575大会特集・歴史の方法としての地域*
576「従軍慰安婦」問題−軍隊・戦争と性*
577西欧資本主義社会の形成と支配エリート*
578歴史学とインターネット*
579教科書攻撃を批判する*
580中国「地域社会論」の現状と課題*
581世界史のなかの「近世」武士*
582大会特集・歴史としての地域 2教科書裁判から継承すぺきもの
583南北朝動乱の時代を読みなおす*
584シンポジウム・近代ナショナリズム以前のネイション*
585新たな視角と領域の開拓−南・東南アジア史の場合*
586古代国家の自他認識*
587大会報告特集・歴史の方法としての地域 2*
588女性史とジェンダー*
589明治維新史研究の現在*
590トイレからみた都市の歴史と現在*
591第二次大戦ヨーロッパ戦勃発60年*
592中世東アジアの地域・交流・情報伝達*
593世界史のなかの「近世」武士 2*
594歴史学とインターネット2大会準備号・歴史の方法としての地域 3
595近世東アジアの地域・交流・情報伝達*
596古代・中世における自治と公共性*
597古代「日本」のなかの〈異人〉〈異域〉*
598「自治体」のなかの歴史学*
599大会報告特集・歴史の方法としての地域 3*
600生殖と女性史*
601帝国のイメージ/シンボル/言説*
602近代天皇制と文化による国民統合*
603対外関係史からみた沖縄・琉球*
604近代アジア国際交流史と法の問題*
605書物と読書からみえる日本近世*
606視覚史料と歴史学大会準備号・歴史における社会と権力
607中世社会とことば*
608歴史に「老い」を追う*
609日本古代の「表象」と権力*
61020世紀はどういう時代であったか*
611大会報告特集・歴史における社会と権力*
612「帝国」・植民地の女性*
613戦後歴史教育の思想*
614近代東アジアにおける自他認識*
61520世紀の日本考古学*
616空襲の歴史とその記憶・記録*
617赤穂事件・忠臣蔵から時代を読む*
61890年代・日本史研究の総括大会準備号・歴史における社会と権力 2
619世界史のなかで読むモンゴル襲来*
620食生活と社会環境*
621博物館と歴史認識*
622荘園公領制・再考*
623大会報告特集/歴史における社会と権力 2*
624東アジア女性の「帝国」観と植民地認識*
625移民と近代社会*
626七・八世紀古代史論の再構成*
627歴史のなかの社会主義・再考*
628戦死者をどう弔ってきたか*
629宗教からみえる日本近世*
630歴史研究の最前線*
631近代日本成立期の地域性と論理*
632世界の歴史教科書はどうなっているか*
633遺跡の保存・活用と歴史認識災害と歴史資料―史料ネットの経験から
634美術史学と歴史学の現在
635大会報告特集/歴史における社会と権力V第1日目 社会における由緒と正統性
636姓のゆくえ
637物語と歴史学家永三郎氏を偲ぶ
638中国近現代史研究へのアプローチ
639アイヌ史のメッセージ
640日本中・近世移行期の権力と支配
641戦争世界のなかのアメリカ
6422003年歴史学の焦点第37回大会準備号/歴史のなかの伝統
643木簡からみた古代の地域社会
644近代アジアの異文化交流
645「ナチズムと近代」再考
646歴史学と歴史教育−20世紀から21世紀へ−
647第37回大会報告特集/歴史のなかの伝統第1日目 今なぜ「伝統」をとりあげるのか
648オーラル・ヒストリーと女性史−沈黙の扉を開く−
649中世王権論の世界
650環境史の可能性
651「捏造」「誇張」と歴史学
6521950年代の東アジア
653近世社会史料論の試み
6542004年歴史学の焦点第38回大会準備号/歴史のなかの伝統
655考古学からみた古代国家形成
656ハンセン病と隔離の歴史を問う
657城の社会史
658平和・民主主義・人権の危機―戦後史のなかの現代日本の位置
659第38回大会報告特集/歴史のなかの伝統 2
660海外の日本女性・ジェンダー史研究
661戦争認識と「21世紀歴史学」
662日本中世史研究の現代史
663中国地域社会史研究の展開
664日本近世の書物・出版と社会変容
66520世紀ヨーロッパ史のなかの<境界>
666災害と史料保存
6672005年歴史学の焦点
668『日本霊異記』に古代社会をよむ
669長崎の近代と対外関係
670歴史の改ざんを支えるもの
671改憲問題―歴史研究者はどうむきあうか―
672歴史におけるジェンダー史研究の現在
673第39回大会報告特集/歴史のなかの伝統V
674中世在地領主論の現在
675『日本史講座』を読む
676「藩」からみた日本近世
677植民地主義再考
678平泉・衣川・北奥の遺跡群と北方世界
679歴史科学協議会第40回大会準備号
680古代東アジアの交流と人・モノ・文化
671中国社会における秩序と暴力
682戦争の体験と記憶
683転換期の中の歴史系博物館
684子育ての歴史
685歴史科学協議会創立40周年
686第40回大会報告特集/歴史学は現在(いま)にどう向き合うか
687荘園遺跡の調査・保存とその現状
688非暴力民衆運動の可能性
689日中戦争と歴史学―70年目を迎えて
690キリスト教の布教と地域社会
6912007年度歴史学の焦点+第41回大会準備号/世界史認識と地域史の構想
692歴科協創立40周年記念講演会特集号
693古代国家論の新展開
694文芸作品から読み解く民衆世界
695歴史教育の今日的問題
696女性のリテラシーとジェンダー
697第41回大会報告特集/世界史認識と地域史の構想
698歴史の中の世代
699中国古代史研究の現状と課題
700南北朝・室町期の政治と国家
701生涯学習の現在と市民の歴史認識 ・ 小特集/歴史学習の現場から
702「国風文化」を捉え直す
7032008年歴史学の焦点+大会準備特集号
704近世史研究の原点―山口啓二氏の人と学問―
705歴史小説と日本近代史研究のあいだ
706歴史研究と歴史教育をいかにつなぐか
707「他者教育」に見るアメリカ
708表象としての女性
709第42回大会報告特集 世界史認識と地域史の構想U
710歴史を学びなおす―教科書記述と歴史研究1―
711歴史を学びなおす―教科書記述と歴史研究2―
712基地問題・平和運動の歴史と現在
713人の移動―東西比較
714鎌倉時代をどうとらえるか
7152009年歴史学の焦点+第43回大会準備号
716ベルリンの壁崩壊から20年を経て
717藩政改革の思想
718フランス革命は「終わった」のか?
7191929年世界恐慌と日本社会
720唐王朝をどう考えるか
721第43回大会報告特集/世界史認識と地域史の構想V
722〈家庭内労働〉とジェンダー・階級・エスニシティ
72360年安保から半世紀
724現代日本国家・社会の特徴とその歴史
7251910年前後の東アジア
726近現代医療環境の社会史
727地域を探る・12世紀の北武蔵+大会準備号
728古代の生命と環境
729「戦後歴史学」と歴史学の現在
73021世紀に歴史学を考える
731近世村落史研究の現在
732時代の奔流と向かい合って生きた歴史家たち
733第44回大会報告特集/世界史認識と東アジア
734通史を読み直す―歴史学の「間口」と「奥行き」1
735通史を読み直す―歴史学の「間口」と「奥行き」2
736院政期王家論の現在
737近代日本の労働者文化
738光州事件30年
739戦争と平和のアーカイブズ/大会準備号
740南北朝正閏問題100年
741世界史論の現在
742日米同盟と憲法九条
743近世日本の治者の宗教、民の宗教
744現代アメリカの出現と暴力
745歴史学入門号 歴史学をどう学ぶか
746第45回大会報告特集 世界史認識と東アジアU
747「奥」からみる近世武家社会
748歴史認識とジェンダー
749いま、歴史教育は何をめざすのか
750原発震災・地震・津波―歴史学の課題―
751緊急小特集 現代日本の「ポピュリズム」を問う
7522012年歴史学の焦点
753映画をめぐる歴史と時間 History and Time about Films
754「御家」の思想―大名家の自己認識 The Thought of “Oie”:The Self-awareness of Daimyo Families
755戦国時代の軍隊と戦争 “The Army and War in the Sengoku Period”
756異文化接触としての日米交流史 “Probing the Cultural Dimension to Japan-U.S. Relations”
757歴史学の名著を読もう “A Guide to Canons of Historical Studies”
758第46回大会報告特集号/世界史認識と東アジアV “Historical Awareness and EAST ASIA V”
759前近代アジアの律令法 “The Ritsuryo Law in the Premodern Asia”
760災害と都市の比較史 “Comparative History in Disasters and Cities”
761「過去の克服」と日本の市民社会 “Coming to Terms with the Past and Japanese Civil Society”
762君主制とイメージ “Monarchies and Images”
7632013年歴史学の焦点  “Emerging Focuses of Historical Studies”
764漁業と海村からみた近世・近代 “Early Modern and Modern Era from the view point of Fisheries and Sea Villages”
765キリスト教と近現代中国地域社会史 “Christianity and Local Community Histories in Modern China”
766大正デモクラシー再考 “"Taisho Democracy" Revisited”
767室町時代をどう位置づけるか“New Perspectives on the Muromachi Period”
768歴史資料の可能性“The Possibilities of Historical Materials”
7693世紀の東アジア――卑弥呼と『三国志』の世紀“East Asia in the Third Century:The Century of Himiko and Sanguozhi”
770第47回大会報告特集/歴史における社会的結合と地域“Social Bonds and the Local in History”
771天皇・朝廷からみる近世の国家と社会“The Emperor and the Imperial Court in Early Modern Japan”
772アジアのなかの戦争遺跡“Historic Sites of War in Asia”
773債務史研究の可能性をさぐる“History of Financial Obligation”
774歴史教育の担い手をどう育てるか“Educating History Educators”
775緊急小特集/特定秘密保護法問題“Issues in State Secrecy Law”
7762014年歴史学の焦点“Recent Trends in the Historiography”
777伝記・評伝・個人史の作法を再考する“Rethinking Biography and Personal History”
778砂川闘争から60年―地域の視点から“60 Years Since the Sunagawa Struggle”
779日本中世法慣習研究の現段階 “Customary Law in Medieval Japan”
780現代アメリカとは何か?―始点から考える― “Contemporary America―Its Starting Points and Consequences”
781高校世界史から市民の世界史へ “World History Education: From High School to Civil Society”
782第48回大会報告特集/歴史における社会的結合と地域U “Social Bonds and the Local in History U”
783歴史資料をつなぐ人びと “Historical Documents and Their Keepers”
784日本の敗戦から70年 “70 Years Since Japan’s Defeat”
785歴史の中の親子・家族―婚外子・親子関係をめぐって “Parent, Child, and Family in History”
786古代地域社会論の再構築 “Reconsidering Local Community in Ancient Japan”
7872015年歴史学の焦点“Recent Trends in the Historiography”
788日韓条約50年 “50Years Since the Japan-ROK Treaties of 1965”
789第一次大戦後の日本「新外交」 “Japan’s “New Diplomacy” After the First World War”
790近世日本の地域意識を問う “Exploring Regional Identities in Early Modern Japan”
791安倍政権の教育政策と歴史教育の未来 “Educational Policies of the Abe Administration and the Future of History Education”
792越境空間から読み解くアメリカ “Transnational Entanglements in American History”
793再考 石母田正 “Sho Ishimoda; A Reconsiderarion”
794第49回大会報告特集/歴史における社会的結合と地域V “Social Bonds and the Local in History V”
795平泉と北東北・北海道、東アジア世界 “Hiraizumi in a Wider Context: Northern Tohoku, Hokkaido and the East Asian World”
796ジェンダーから見た「戦後日本」 “Gender History of “PostWar Japan””
797日本中世後期の宗教勢力 “The Religious Forces in the Late Medieval Japan”
798日本国憲法の70年と日本の戦後史 “Seventy Years of the Constitution and Postwar Japan”
7992016年歴史学の焦点 “Recent Trends in the Historiography”
800戦後歴史学と『歴史評論』“The 800 th Issue Special Edition ―Postwar Historiography and Historical Journal”
801部落史・身分論から考える歴史学の現在“Rethinking Historical Sciences from Perspectives of the Buraku History and the Status System in Japan”
802歴史における強制移住・「難民」“Forced Migration and Refugees”
803「家中」―武士たちの生存戦略 “"Kachu"-Samurai's Strategies for Livelihood”
804これからの歴史科学運動のために "The Past and Present of the Historical Science Movement"

戻る