bigdaddyownersclub 2017年度 馬主会について

馬主会について

「馬主会」とは馬主会に入会した会員から基金を積み立て、所有馬の不慮の事故などに対して見舞金を支給し、相互の共済を図ることが目的の社団法人です。

当クラブでは、馬主会入会にかかる費用(入会金、年会費)はクラブで負担し、見舞金は持分配分により分配いたします。

ただし、月会費が必要な千葉県馬主会所属の所有馬(1頭/月6千円)、1競走につき1,500円の馬主会控除が必要な高知県馬主会所属の所有馬は、持ち分配分によるご負担をしていただきます。

 今年度諸経費
 東京都馬主会は入会金20万、年会費5万円
 千葉県馬主会は入会金10万、年会費2万5千円、月会費(1頭/6千円)
 埼玉県馬主会は入会金8万、年会費2万円
 高知県馬主協会は入会金2万円、年会費1万円、レースごとに1,500円(馬頭割)


平成29年度 東京都馬主会(大井競馬)の共済について

育成馬補助金:1頭につき50万円(頭数制限なし。能力試験に合格したもの)  
(補助対象): 事前に登録された東京都馬主会会員の所有馬であること。2歳12月末日までに大井競馬場主催者の行う能力試験に合格し、大井競馬場で初出走を迎える予定の競走馬であること。 その後3歳10月31日まで大井競馬場に在厩すること。(3歳の3月末日までに3競走以上の出走で、賞金が100万以下場合は、育成馬補助金の返還義務はなしです。)
※また、上記補助対象馬が新馬戦で活躍した場合下記の賞金を付加する。
1着=40万円、2着=30万円、3着=20万円 (付加奨励金)

早期2歳入厩制度 (今年度期間を延長)
1月1日より5月31日までに入厩した2歳馬については、1日につき3千円の補助金を支給する。

着外馬補助金
東京都馬主会に入会している馬主の所有馬が、大井競馬場の競走で着外(6着以下)になった場合、馬主会着外手当3万円が加算される。


事故見舞金

特別区主催組合の主催競馬に1回以上無事故で完走していることなどの条件があります。ただし、転厩馬は3歳6月30日までに1走し、その後2回以上無事故で完走する必要があります。

1、事故見舞金には愛馬が万が一の場合の、@死殺見舞金(上限120万円)、A用途変更見舞金(上限84万円)、そしてB休養見舞金(故障や病気等で休養を余儀なくされた場合は1ヶ月7万円まで12か月間申請可能)があります。 

2、事故見舞金は、1頭につき生涯にわたっての上限があり、@及びAの適用になった馬がBを受けたことがある場合には、その額から相殺されます。

退厩手当
1頭に付き15万円が支給されます。
厩舎に1年以上預託され、なおかつ、事故見舞金と重複請求は認めないなどの規定があります。
3歳は11月1日以降、売買をともなわない、移籍先が中央競馬でないなどの条件があります。



平成29年度 千葉県馬主会(船橋競馬)の共済について

共済制度につきましては、千葉県馬主会のHPに詳細があります。こちらでは、一部を抜粋して照会させていただきます。

2歳馬確保対策事業支給(2歳馬助成金)
船橋競馬場で能力試験に合格した2歳馬1頭に付き60万円。ただし、血統登録書の提出期限が8月末日までとする。(4月から8月の能力試験を受ける場合は、試験5日前)
 
制限頭数については120頭・1会員2頭までとし、事前申請の上、3歳8か月までの在厩が条件。 ただし、6戦してすべて着外または、8戦して1着が無い場合、「在きゅう義務免除申請書」を提出の上で在きゅう条件を免除する。)

※その他:千葉サラブレット2歳トレーニングセールで取引した馬が新馬競走に出走した場合、産地振興助成金30万円を支給する。

着外馬補助金
船橋競馬場の競走で着外(6着以下)になった場合、
出走馬奨励金8万円と着外手当2万円(※主催者側)に馬主会着外手当3万円が加算されます。

事故見舞金
競馬中の事故見舞金。申請は2回目以降、事故の如何を問わず50%減額。他場(南関3場)は、主催見舞金の50%となります ★用途変更に対する見舞金(金額は加入期間により異なる) 用途変更により共済見舞金を受けた後、再度競走馬登録をした場合は、半額返納となり、種牡馬として用途変更する場合は支給いたしません。

加入馬の年齢により下記の規定額から減額される。 
(3歳以下―規定額 4歳―規定額の70% 5歳―規定額の40%)

競走中障害 調教中障害
休養期間 支給額/円 支給額/ 円
3ヶ月未満 主催者見舞金と同額 -----------------  
3ヶ月 70,000 70,000
4ヶ月 100,000 100,000
5ヶ月 150,000 150,000
6ヶ月 200,000 200,000
7ヶ月 250,000 250,000
8ヶ月 300,000 300,000
9ヶ月 350,000 350,000
10ヶ月 400,000 400,000

用途変更に対する見舞金
用途変更に対する共済見舞金を受けた後、再度競走馬登録をした場合は、半額返納となり、種牡馬として用途変更する場合は支給いたしません。

加入馬の年齢により下記の規定額から減額される。 
(3歳以下―規定額 4歳―規定額の70% 5歳―規定額の40%)

3ヶ月
未満
3〜6ヵ月
未満
6ヶ月〜1年
未満
1年〜1.6ヶ月
未満
1.6ヶ月〜2年
未満
2年
以上
5万円 10万円 20万円 25万円 30万円 40万円

競走中の事故による死亡見舞金
他場(南関3場)における事故の場合は同額支給となります。
船橋競馬場において天災、地変、火災等の災害による原因だった場合、下記の30%となります。


等級 支給金額
 A級   1,000,000円
 B級    900,000円
 C級・未格    800,000円


※共済見舞金の減額となる場合
他の競馬場より転厩し、共済加入後3か月以上経過し、しかも船橋競馬に2回以上出走しない場合は規定金額の30%となります。なお、各見舞金は重複して申請することは出来ません。


平成29年度 埼玉県馬主会(浦和競馬)の共済について

共済制度につきましては、埼玉県馬主会のHPに詳細があります。こちらでは、一部を抜粋して照会させていただきます。

平成29年度の2歳新馬に対する補助金は、会員の場合で先着50頭までは1頭60万円、51頭目からは1頭50円という仕組みを先着60頭までは1頭60万円、61頭目からは1頭50万円という仕組みに変更になります。 また、市場での購入価格500万円以上の1歳馬を対象に、1頭100万円補助する仕組みについては、購入価格上位5頭から8頭までに拡大となります。 1.2歳中に能力調教試験に合格した馬が対象です。


平成29年度 高知県馬主会(高知競馬)の共済について

平成29年度 高知県馬主協会(高知競馬)の共済について 1回の出走ごとに1,500円馬主会から控除されます。

@見舞金支給 高知競馬での出走回数に応じ、15,000円〜70,000円
A予防接収代負担 3種混合・インフルエンザ
B馬主会奨励賞 賞金5万円(毎回最終レース)

 地方競馬の向上と繁栄のために

馬主会は、相互扶助的な役割のため、事故馬が一時的、集中的に多発した場合には、その発生状況に応じ支給額を減額される可能性がありあす。
そして、「殺」とは、重傷でいかなる手段を施すも生命を保つことが出来ない場合に限ります。





このページのトップへ