川越と黒船


<目 次>
埼玉県の歴史図説埼玉県の歴史みて学ぶ埼玉の歴史埼玉県の歴史(新版)黒船異変江戸諸藩妖談奇譚手控え帖日本名城紀行2幕末ものしり読本川越歴史随筆幕末武州の青年群像先登録黒 船幕末・維新幕末外交と開国幕末・京大阪 歴史の旅

 トップページ  サイトマップ  →  歴史(6)
「埼玉県の歴史」 小野文雄 山川出版社 1971年 ★★
 江戸湾の警備
 幕末における外国船のわが国近海への出没は、海からへだたった埼玉の地域にも影響をあたえることになった。文化五年(1808)、長崎でフェートン号事件≠ェ勃発し、長崎奉行が自刃するなどのことがあったが、沿岸警備の重要性を考えた幕府は、文化七年(1810)には白河藩主松平定信に房総沿岸、会津藩主松平容衆に相模沿岸の警備を命じた。会津藩は文政三年(1820)に警備を免除され浦賀奉行がかわって警備にあたることになったが、このとき川越藩に非常のさいの警備を命ぜられた。埼玉県内の藩がはじめて沿岸警備に関係することになったわけである。このとき幕府は相模国三浦郡に一万五〇〇〇石の地をあたえ、これとひきかえに川越藩領のうち一万五〇〇〇石を上知させた。川越藩では新領内の浦郷村に陣屋をおいて120人の藩兵を派遣したが、文政五年(1822)英船サラセン号が薪水を求めて浦賀にきたときには、国元からさらに348名の藩兵を警衛のため派遣した。このとき宿所とした民家への手当や夫人馬・水夫などの雇上げ費のみで約400両の支出があったという。沿岸警備が藩財政にいかに大きな負担となったかがわかる。
 房総警備を受けもっていた白河藩は、文政六年桑名へ転封となり、同時に房総警備を免除された。以後房総の警備は幕府代官が受けもつことになったが、外国船の跳梁をおそれた幕府は文政八年(1825)、ついに異国船無二念打払令≠公布した。このため川越藩ではいっそう警備を厳重にしたが、天保八年(1837)米船モリソン号が漂民を送って浦賀に入港したときは、ただちに砲撃を開始し、これを退去させるという事件もあった。このときモリソン号は非武装であったからすぐに退去したが、幕府は翌年六月オランダ商館長からの報告により、はじめて同船来航の目的を知るありさまであった。
 こうした事情もあったうえ、その後清国がアヘン戦争によって窮地におちいった実情を知った幕府は、外国船撃攘の危険をさとり、天保十三年(1842)にいたり、打払いんの方針を改め、異国船に薪水を給与することとした。しかし江戸湾の警備は従来よりいっそう強化し、川越藩には浦郷から三崎にいたる三浦半島東南岸一帯の警備を命じ、また新たに忍藩にも房総半島の富津から北条にいたる西岸一帯の警備を命じた。こうして県内の二藩が奇しくも江戸湾の入口を扼して警備にあたることになったわけである。
 弘化三年(1846)閏五月、アメリカの軍艦コロンブス・ヴィンセンスの二艦が江戸湾頭に姿を現わした。川越藩・浦賀奉行・忍藩ではそれぞれ小舟をくりだし、両船に漕ぎよせたが、そのうち川越藩内池武者右衛門が先駆してヴィンセンス号に乗り移り、つづいて忍藩の後藤五八も乗船して交渉にあたり(「先登録」)、翌日浦賀奉行が通辞を派遣して両艦を退去させるという事件もあった。
 江戸湾の警備は両藩にとってきわめて大きな経済的負担となった。川越藩では当時二万石の加増をえていたが、新しく警備を受けもった忍藩では竹ガ岡に陣屋を構えるとともに大房崎に砲台をきずいて、約600人の藩兵を派遣して警備をかためた。しかし、このために藩の財政がいちじるしく圧迫されたため、家中に対し面扶持(家族員数に応じて米を給与する方法)を実施するとともに、領内村々に対して高100石につき三両の臨時課税をおこなった。このあと忍藩では幕府に対し、『相州路大和守様(川越藩)御持場は、内海五〜六里で、浦賀奉行と共同して警備しているのに、下総守(忍藩)持場は、内海のみで十八里、外房も入れると実に二十八里の場所となり、小高の忍藩の人数ではとても厳重な警固は行き届き難い』と訴えている。このため弘化四年(1847)警備区域は房総半島の先端洲ノ崎から大房崎までに縮小され、富津から竹ガ岡までは会津藩の分担とされた。藩では北条の陣屋に兵船50隻を常備して異国船来航にそなえた。
 なお、川越・忍両藩のほか、岩槻藩でも外房勝浦の付近に飛地を所有しており、郡奉行以下を派遣していたが、同時に外房沿岸の警備をもおこなっていた。岩槻藩の児玉南柯が郡奉行に在任中の安永九年(1780)、清国船が同地に漂着したが、このとき南柯が現地に急行し筆談をもって事件を処理したことは、その著「漂客記事」にくわしい。
 嘉永六年(1853)幕府はペリーの要求に屈して日米和親条約をむすんだ。これによって幕府は在来の警備体制を根本的に改め、品川沖に台場をきずいて江戸城の防備を厳重にすることになったが、川越藩・忍藩はともに在来の警備区域を免除され、改めて忍藩は第三台場、川越藩は第一台場を受けもつことになった。

「図説埼玉県の歴史」 小野文雄/責任編集 河出書房新社 1992年 ★★
 草莽(そうもう)の活動と民衆蜂起
 ●黒船の来航と村々
 寛政四年(1792)のロシア使節ラックスマンの根室来航以来、日本の近海に欧米の船が頻繁に現われるようになった。幕府は海岸の警備を強化することになるが、文政三年(1820)には川越藩が相州(現、神奈川県)の警備を命ぜられている。同藩は天保一三年(1842)に、改めて相州御備場(おそなえば)の警備を命ぜられているが、忍藩もすでに文政六年以降、安房・上総(現、千葉県)の警備を命ぜられている。これらの警備の強化は、川越・忍藩領はもちろんのこと、天領の村々などまで諸種の負担を強いることになる。
 忍藩は上総・安房の海岸防備のために三百余人を派遣し、北条(現、千葉県館山市)に陣屋を定め、砲八二門を備えたという。川越藩は大津(現、神奈川県横須賀市)と三崎(現、神奈川県三浦市)に陣屋を備え、派遣人員は天保一四年に五〇〇人余という多数にのぼり、砲三一門を備えている。
 弘化三年(1846)アメリカ東インド艦隊司令長官ビッドルの浦賀来航以降、警備はますます強化されるが、それはまた領民への負担の強化でもあった。忍藩では嘉永三年(1850)以前は国元の村々から高一〇〇石につき馬一匹、人足三人を徴発しており、これだけでもたいへんな負担であったが、嘉永三年になると馬三匹、人足一〇人の負担という増加ぶりであった。いっぽう、商人に対しても御用金の賦課を行い、嘉永三年には二六人の商人から一二三四両を上納させている。
 嘉永六年(1853)アメリカ東インド艦隊司令長官ペリーが来航すると、川越・忍の両藩とも急遽国元から藩士や人馬を動員し、また領内村々に御用金や臨時の賦課金を課している。川越藩は大津―鴨居(現、神奈川県横須賀市)で藩士三六五人が警備をしており、またペリーの久里浜上陸に際しては、川越藩兵五〇〇人が警備にあたっている。忍藩では北条陣屋等で四五四人が警備にあたり、同時に海上での警備も命ぜられている。このペリー来航に際し忍藩では、領内村々に高一〇〇石につき永三〇〇文の賦課金を課し、個人の献金も命じている。
 ペリー来航後江戸湾の防備の手薄さを痛感した幕府は、品川沖に台場を築くことになった。嘉永六年一一月、一番台場は川越藩、二番台場は会津藩、三番台場は忍藩が警備することになり。これまでの相州・房総の警備は熊本藩・岡山藩の担当となった。
 川越藩は高輪に陣屋を構え台場警備の準備を進めるが、翌嘉永七年正月ペリーの再来航があり、相州警備の引き継ぎがまだ終わっていなかったので、相州と台場の両者の警備を勤めることになる。川越藩はこのとき大津付近で三六五人が警備にあたり、忍藩では房総で三五〇人が動員されている。川越藩領の人馬の動員はこのときが最高に達し、述べ数合計で六万人余(馬一匹を人足二人と計算)という厖大な数に達している。
 外国船の来航は天領の村々にも負担を増加させる。嘉永七年正月には足立郡下戸田村(現、戸田市)など一三カ村では、非常焚出御用として人足が徴発されており、大門宿(現、浦和市)組合では嘉永六年九月に、台場建設のため空俵七五〇〇俵の刺し出しを命ぜられている。また上戸田村・美女木(びじょぎ)村(現、戸田市)では、台場建設のため冥加金(みょうがきん)の上納をしており、一三人の農民が六四両を納めている。人馬の動員とともに、金銭の面でも負担が強いられたのである。

「みて学ぶ埼玉の歴史」 『みて学ぶ埼玉の歴史』編集委員会編 山川出版社 2002年 ★★
近世/内憂外患と民衆の諸活動
 ・黒船来航と庶民
 1853(嘉永6)年6月、4隻の軍艦を従えて開国を迫ったペリーの来航は、人々に大きな動揺を与えた。埼玉県立博物館所蔵の『黒船来航風俗絵巻』は、ペリー再来航時の人々の様子を写実的に描いた貴重な資料である。同様の構図で詞書(ことばがき)がつく『幕末風俗図巻』が、神戸市博物館にあり、その写本ではないかと考えられる。
 図1(略)は、芝の絵草子店で異人や黒船の絵を商(あきな)っている様子である。異国人に対する恐怖心と好奇心が表裏一体であったことや、江戸町人の商魂逞しいところを垣間見ることができる。図2(略)は、急を知らせる早馬(はやうま)を描いている。絵馬全体を通じてのんびりとした様子で描かれている庶民と比べ、馬上の武士の表情は険しく緊迫感が伝わってくる。平須賀村(幸手市)の名主船川家には、領主の旗本稲葉氏が、火急の際には妻子を名主宅へ疎開させる旨を命じた文書が残っており、その動揺ぶりがうかがわれる。図3(略)は、品川の台場づくりの場面である。台場は、韮山代官江川太郎左衛門の献策により建造された砲台であるが、75万両の巨費を投じ、ペリーの初来航からわずか10カ月間に、5基を完成させた驚異的な工事であった。こうした防備のための資金や労働力の負担は、農村に転嫁された。とりわけ江戸湾防備の任に当たっていた川越藩や忍藩、また旗本領の村々には、人馬の徴発や御用金など大きな負担が課せられた。
 川越藩領の比企郡宮前村(川島町)の名主であった鈴木久兵衛は、動員された村人たちの差配役を勤めたが、その間の出来事を詳細に記録していた。「相州御用中手控」(埼玉県立文書館蔵、鈴木康夫家文書)など何点かの控帳には、ペリー艦隊、応接場の様子、瓦版の写しからアルファベットなどまでがスケッチされている。他にも埼玉県立文書館の諸家文書の中には、浦賀奉行の与力がペリー一行に最初に応対した時の様子が克明に記されている「亜墨利加(あめりか)異人渡米二付相州浦賀与力合原(ごうはら)氏ヨリ聞書」(船川家文書)など、名主らが収集したペリー来航に関する資料が多数残されており、当時の人々が受けた衝撃の大きさと、名主たちが様々なルートを通じて情報を入手し、伝達した様子をうかがい知ることができる。
 参考文献 品川区立品川歴史館編 『東海道品川宿を駆け抜けた幕末維新』 品川区教育委員会 1999
        太田富康 「ペリー来航時における農民の黒船情報収集」 『埼玉県立文書館紀要』5号 1991

「埼玉県の歴史」 田代脩・塩野博・重田正夫・森田武 山川出版社 1999年 ★★
 ペリー来航と村々

「黒船異変―ペリーの挑戦― 加藤祐三 岩波新書(新赤版)13 1988年 ★
1853年7月、巨大な黒船4隻が浦賀沖に現れた。噂は日本国中をかけめぐり、幕藩体制は大きな動揺をきたす。ペリー来航は日本社会にどのような衝撃を与えたのか、戦争に至らずに条約が結ばれた背景は何なのか。日本近代の開始を「異変」という概念でとらえ、開国へ向けての日米の情報の流れを解明し、幕末社会が変容する姿を描く。

「江戸諸藩 妖談奇譚手控え帖」新人物往来社編 新人物文庫 2010年 ★★
 江戸三百藩で起きた、世にも不思議な快事件・珍騒動…。
【関東地方】
 武蔵 川越藩  黒船一番乗り争い ………中村整史朗
 甲板にとび上がった内池武者右衛門は船首へ走り、川越藩の御船印を掲げた…。
黒船によじ登る武者右衛門
艦上の武者右衛門

「日本名城紀行2 南関東・東海」 小学館 1989年 ★★
 川越城 幕閣要人が治めた小江戸の城  尾崎秀樹
  黒船一番乗り
 柳沢吉保のあと、秋元氏四代、越前系松平氏七代、松井松平氏二代で明治四年(1871)七月の廃藩となるわけだが、そのなかでは松平大和守斉典が有名である。
 斉典が藩主となったころ、川越藩の財政はかなり逼迫していた。そこで城下きっての大商人である横田家を勘定奉行格に任じて、藩財政の立て直しにかからせた。藩財政の立て直しというと聞えはいいが、じっさいは横田家に赤字分を肩代わりさせるねらいだったのであろう。いろいろ方策を講じたすえにスッカラカンになり藩財政と心中する結果となっている。
 斉典は、荒れた水田の回復のために川島領鳥羽井堤の築造を手がけたりしたが、とくに藩校博喩堂の創建は、よく知られている。博喩堂は、江戸の藩邸(赤坂)、川越・松山・前橋の四か所にあり、十五歳から四十歳までの男子は、すべて出席するよう規定した。好学心に富んだ斉典が講学所を設けたのはうなずけるが、その裏をさぐってみると封建体制の動揺を士風の刷新によって防ごうとする意図があったともみられるのだ。
 川越藩が、相州(神奈川県)警備に人員を派遣するのは、文政三年(1820)である。
 幕府はそれまでの相州警備役だった会津・白河両藩にかわって川越と小田原藩を、その任にあて、浦賀奉行の支配下においた。そして相州三浦に一万五千石余の一部の替地をあたえられるが、川越藩は浦之郷に陣屋を設け、黒船の渡来にそなえた。
 藩では替地に反対で、なんとか預り地とならないものかと願い出たが、うけ入れられず、派遣にともなう予想外の出費に苦しみ、そのピンチを切り抜けるために半知借り上げなども行なわれた。倹約をしいられたのは藩士だけでなく、川越城下の問屋商や、新河岸の船問屋なども同様であった。
 しかし、そのおかげで黒船一番乗りの栄誉は川越藩がいただくことになった。弘化三年(1846)、ビッドル提督の率いるコロンブス号とヴィンセンス号が、城ヶ島の沖合にさしかかったとき、川越藩の浦之郷陣屋から小舟で同船に乗りつけたサムライたちがいた。
 このサムライたちは、ヴィンセンス号に乗り込み、ある種の記号をしるした二本の棒を船首と船尾にそれぞれ立てたが、アメリカ人には、それが何を意味するのかまるでわからなかった。どうやら船を占領したつもりでいるらしい。そんなことをされてはかなわないと、すぐさま撤去するよう命令した。そのひとりのサムライは、意味が通じたのか、特別抵抗もせずに、その棒を取り去った――。
 これはペルリ『日本遠征記』にある話だが、じつはこの人物こそ川越藩士内池武者右衛門だったのである。彼が立てた棒状のものは、藩の御船印だったらしい。そのときのもようを武者右衛門は「先登禄」という記録に書き残している。
 黒船来るの連絡をうけた陣屋の警備役たちは、すぐさま船の支度をして、城ヶ島沖へ漕ぎ出したが、風が強く、波が立ってなかなかすすまない。やっとの思いで三里半(約一四キロ)ほど乗り出したところで、二隻の黒船を発見、先頭のヴィンセンス号に武者右衛門が押しのぼった。
 異人たちは白装束で、まるで白鷺のかっこうだ。おまけに小筒の先に剣をつけて槍のように構えている。武者右衛門は夢中で船首に駆けつけ、手にしていた御船印を掲げて、一番乗りの名のりをあげた。その彼より一足早く別の一隊が昇降口から甲板上にあがっていたが、一番乗りの名のりは、武者右衛門が早かったらしい。
 異人たちは、船印をとり巻いて「おろせ」と手まねでいい、わめきたてたが、武者右衛門にはわからない。「ハアハア、バアバアと申すばかりにていっこうにわかり申さず候」というわけで、親指で自分の鼻をさし、「一番乗りの船印をおれが立てるんだ」と身振りで伝えた。すると異人には通じたのか手伝ってくれたというのである。
 武者右衛門らはやがて、艫の一段高いところへ連れてゆかれ、いろいろ尋ねられるが、チンプンカンプンである。日本側も停船するように伝えようとつとめたが、なかなかうまくゆかず、ボスとおぼしき人物を帆柱の前へ連れて行って帆を巻くまねをしたりしたあげく、やっと停船し、同船していた中国人を介して筆談をまじえ、しだいにうちとけるようになる。
 わたしは岡村一郎の『川越歴史随筆』などでこの「先登禄」の内容を知ったが、内池武者右衛門もまた当時の日本人のなかで、とびぬけた体験をもったわけである。

「幕末ものしり読本」 杉田幸三 廣済堂文庫 1989年 ★★
 22.米船一番乗りの川越藩士
 高野長英が脱走したのは弘化二年、その翌年(1846)アメリカ東インド艦隊司令長官ビッドルが、軍艦二隻を率いて浦賀沖にあらわれた。
 日本に対米通商の意思があるのかないのか、その確認が目的。おだやかだったせいもあり、幕府は馬鹿にしてか、追いかえした。「通商は国禁ゆえ、なん度来られてもムダであろう。もう来なさるな」ビッドルはおとなしく帰った。
 米本国では「ビッドル君、君は訓令の字句にとらわれすぎたのではないかね」非難である。「日本人の敵愾心を挑発し、米政府の威信損するなかれとありました。態度軟弱とか日本役人の常套手段に乗ぜられたなどとは……」そりゃ聞えませぬと答弁したらしい。が、親和的ではあったようだ。
 当時、相模一帯の沿岸防備は川越藩内藤(ママ)武者右衛門という藩士がいた。この時彼は黒船一番乗りをやり、その模様を書いた『先登録』というのが川越の市立図書館にあるという。昭和34年1月号特集『人物往来』に、当時同図書館長だった岡村一郎が書いている。
 同氏の解説では、武者君は海防艦ヴィンセンス号から出ていた腕木の鎖に飛びついて艦上にあがり、「ボスはどこだ」右手の親指を立てて手真似をやった。艦長らしい者の所へ連れていかれたが、なにしろ手真似だけ。まったくチンプンカンプン。そのうちあらわれたのが中国人らしい。彼の記録には、白い箸のようなものをナイフでけずり、「右の箸中より墨いで申し候」とある。鉛筆での鉛筆談か。
 少しずつわかり出した。水夫百五十人中、南京(中国)三人、亜米利加五人、あとは同国黒人であった。この時数名の川越藩士が艦上にいたらしい。飯時なので武者君以下腰にゆわえつけてあった兵糧を食べはじめた。
 ワイワイいって黒人が見ている。中には、白米の飯を少しつまんで自分の口へ放り込む奴まで出た。
 武者君の記録、「日本米よろしきと申す」なおこの白米は戦時兵食だ。
 彼は艦内をだいぶ見学している。その途中で腕相撲も実施。「一生一代の力を出してこらえ申したが、骨折れて草臥(くたぶれ)」たという。夕闇が迫り生涯の記念となる経験をした彼も下船を余儀なくされる。こういう日本人への態度がビッドルの非難された軟弱にあたるのか? この年、幕末の天皇ともいうべき孝明天皇が即位。しかも将軍に対し、「しっかりせよ」家康以来ありえなかった、国政に対するご発言。いよいよ幕末≠ナある。

「川越歴史随筆」 岡村一郎 川越地方史研究会 1981年 ★★★
 2.黒船一番乗りの武者右衛門

「幕末武州の青年群像」 岩上進 さきたま出版会 1991年 ★★
1江戸湾防備と松平斉典
 川越藩の江戸湾防備/青年藩主の大役/川越藩の総力体制/黒船一番のり/開国への足音/藩政改革

「先登録」 内池武者右衛門 川越市立中央図書館蔵 1846年
 嘉永5年(1852)の写本を、昭和11年(1936)に峰岸久治氏が写したもの。それを、編者が書き下し文にした。段落も編者が便宜的につけた。
 
 弘化三丙午(1846)閏五月二十七日朝五ツ時頃、異国船三崎城か島沖へ程近く乗込み来る趣、三崎町久野又兵衛手代安五郎と申す者、大音に御陣屋内往来触廻る、其時御陣屋一統三島浜へ面々手鎗にて押出し、直様船の仕度致し乗り出る、即乗合の士十二人城か島沖へ乗出し候処、風波強く進も手間取り、やうやう三里半程も南の方へ乗出し候処、異船二艘近く乗り込み来たる、予乗り上り候船は、先に乗り込み来たりたる近くに相成見るに、異人一統白装束にて小筒の先に剣を付け、鎗のごとくして立ち並びし有様は稲麻竹葦のごとく、何のこともなく、白装束故、白鷺の集りしごとくなり、予異船へ乗り付けされとも、未だ二間程へだたり居候へども、異船より腕木二間程も出居り候に、高さ二間程高く鎖張りて之れ有るに、予飛び付とび上らんとする処に、右の鎖ゆるみて海中へ両足踏み落し、されども身をかへし、異船の大筒足だまりとして二番乗りの内、予壱番に乗り上る、続いて作治政記・片手たんみ(片平克美ヵ)押上る、其余は次第々々に押し登る、二番乗りの面々壱番乗りの船に、三尺も予が船後れ乗り付け候を残念に存じ、二番乗りの面々の抜身の下をかいくぐり、無理に飛入り申し候、一番乗りの面々は上る場所より多く上る、二番乗りは大筒の矢ざまより飛び込み申し候、
 予直様大壱番に膝の御船印もち上り四方を見廻し候処、東方、松下総守様御人数三方より押し来る、又北に当て浦賀御人数押し来る、右の御船印持上る処、異人大勢集り、異船よりおろせおろせと申手真似にて、何れハアハアバアバア申し、予か持居り候御船印に取付き、大勢大さわぎに候間、予片手に御船印を持ち、片手にて手真似に親指を出し候へば、異人静まり申し候に付き、猶又親指を出し○■と申す手真似いたし、予か鼻へ指差し、壱番に上り候印に建ると申す手真いたし候ヘば、早速異人承知致し候に付き、異船のみよしの方へ罷り越し、右の御船印をふり廻し申し候、直様異人ども御船印を手伝ひ、みよしに立てくれ申し候、予異人に向ひ世話に相成り候と申す手真似いたし、これは手伝いくれ候間挨拶也、其時異人御船印に指差し、日本法と申し候、 予親指差出し、頭分は何方に罷在り哉と申す手真似致し候へば、異人予が胸を取り候に付き、打ち捨て置き一覧致し居り候へば、其侭異船のともの方へ召し連れ、高き処へ案内致し、頭分とおぼしきころものごとき衣服を着し罷り在り候男の前へ連れ行き候処、亦々同様予が胸を彼の頭分の男取り候に付き、前書の通り打ち捨て置き候処、上座の方へ座し候様、頭分の男手真似いたし、頭分の男挨拶の礼に相見へ、手を合せ、右の手を差し上げ申し候に付き、此の方にても日本通り挨拶致し候、頭分の男横文字を認め出し候に付き、予知らずと申す心持にて頭をふり申し候、
 乗船致し候面々、予をはじめ一統手拭をまき、帆をまけと申真似致し、或は陣羽織ぬぎてまく真似致し、帆をまきし様大勢にて申し聞かせ候へども、一向に異人相集り居り候ても取り合い申さず候、先方にてもがてん参らず様子にて之れ有り候、予をはじめ四五人申し合い、頭分の男の手を取り、帆柱の側に召し連れ参り、帆をまく真似いたし、観音崎の方へ一統指差し、亦異船の大筒へ指差し、数々並べ之れ有り、彼の地へ乗り込み候はば此船みぢんに打ち破ると申す手真似、其上我々ども腹切り候、果てずば相成らずと申す手真似致し候へとも、腹切りよりは片はしより切倒し申し候と手真似いたし候へば、頭分の男驚き候様子にて、やうやうの事にて先方承知致し、彼の男大船の方へ指差し、大船に帝居の旨、大船止り候はば此船供ふねに付き、留り申すべく旨手真似致し候て、早々大船の方へ誰なり日本人の内罷り越し、右の訳申しくれ候様子、手真似にて申し聞かせ候、並に日本腹切りと有り、夫より異人を片はしより切り候と日本人申し候間、早々大船止り候様申しくれ候様にと頭分の男頼み之れ有に付き、直様船手組を大船の方へ差遣し、右の様子を日本人乗船の面々へ申し遣し候ヘば、先方乗船の日本人承知の旨答之れ有り、間もなく大船の方帆をまき、野比浜沖へ船を止め、右に付き此方の異船頭分の男、先の船止り候間、此船帆をまき留る間、安堵いたせる也申手真似致し、日本人の気を休め居る様にと申手真似致し候、彼の男船奉行ともおぼしき男を召し呼び、何れ下知致し申し伝へ候ヘば、船奉行の男短き笛を吹き候ヘば、水手の人々帆柱又帆、縄ばしごへ登り申し候、右の船奉行日本にて相用ふると申す様なる銀にて拵え申し候(略図)ごとき、此の二尺計りの物を口へ当て、色々申し差図致し候ヘば、早速に帆をまき申し候て、同様野比浜に船を止る、
 間もなく亦々頭分の男横文字其外色々わかり申さず、手真似いたし候間、此方にては相知れ申さずと申す手真似、横文字も同様知れずと申す手真似にて頭をふり候へば、頭分の男何れ外異人に申し付け候へば、間もなく人物も違ひ候人下より手を合せ、両の手を差し上げ候へば、頭分の男頭を少し動し候て、文字認め候真似致し候ヘば、右三人の内二十二三歳の男、此方へ向い、日本と認め出し見せ候に付き、夫では相知れ候と申す手真似一統にて致し候へば、右の三人頭分の男に向い何れ申し候、右三人はけし坊主にて髪の長き事三四尺ともおぼしき、右の毛を三とりに致し頭をまき居り候、 右の二十二三歳の男紙と白箸の様なる物を持来り、右の白箸の様成る物を小刀にて四方をけづり筆の様に致し、右の品にて文字を認め申し候、右の箸の中より墨出し申し候、予軍船何如と認め、右の男の前に差出す、右の男認るは蘭地■旗軍船、水手壱百五十人、帝名は日本不敵と答ふ、予又問う、皆同国かと申す手真似にてとふ、右の男南京三人・亜利加五人、あとは同国外黒ん坊と申す、手真似にて黒ん坊へ指差す、予又問ふ、名は何と申す、国ハ何と云と申す心にて、国と認め出す、南京人と右の男答へ、又問ふ、名と認め出す、南京人答へ、名は信と答ふ、予又問ふ、位と認め出す、南京人答へ、大夫下にと答ふ、予又亦問ふ、孔子を知らず哉と申す心持にて問は孔子と認め出す、南答は万国聖と答ふ、
 南京人日本の婦人人形をびいどろの鏡の内に絵書き有るを持出し見せ候、其髪形島田の女に眉なく、歯を黒く染し女の形を出し、南問ふ、歯を染め、眉を落し候は何如ぞと、予答二と嫁さず印と認め出す、南聖国に認め出し、右の手を差し上げる、予大筒に指差し、人の国へ武器をかざり、大面にて罷越し候は格外不礼なる儀と存じ候に付き、南京人に向ひ不礼と認出す、南答大筒へ指差し、不動と申す手真似致し候、南京人赤面の体に之れ有り、 且亦日本人乗船致し候面々一統に腰兵糧を遣ひ候処、異人大勢相集まり見物致し居り候て、其節異人日本米宜しきと申す手真似いたし、先方の米を持出し見せ申し候処、此方一統にて一覧致し候に、異国の米細長くして、しゐな米のことく之れ有り候、此方兵粮遣ひ仕舞ひ候節、異人ぎやまんの湯桶の様なる器を台にのせ持出し、同じぎやまんの桔梗の花のごとき茶碗を、是又台に載せ持参り、此方の面々へ向ひ、食事致して後は水を呑み候までは落付き申さずと申す手真似致し、自分毒味致し候間、日本人一統にて呑み候、
 右此方一統兵粮入れの明に相成り候時に、兵粮方役人稲田弥次右衛門申し候には、兵粮差上げ申すべく間、御面に入れ物一まとめ致し、此方の船になげ落し候様申すに付き、即ちなげ落し候処に、早速に右の入物へ兵粮を入れ、又一まとめにいたし竹の棒の先に付け、異船へ乗り込み居り候面々へ相渡し申すべくと、下より差出し候へば、上にて請け取り候を、異人以ての外立腹の体にて、何れ分らず義をわアわア申し、元の弥次右衛門の船へなげ戻し候に付き、此方相談致し高石園治頭分の男の前に罷越し、食事致し候真似いたし候て、何卒右の品を上げさせくれ候様、手を合せ頼み候へば、異人大勢打寄頭分の男に向、火薬と存候に付き、先の船へなげ落し申し候旨、異人手真似いたし候、左様致し候と頭分此方一統に向、手真似にて兵粮をなげ落し候は不礼致し候旨手真似にて挨拶之れ有り、其上早速に兵粮を上げさせ申すべく旨厚く手真似にてくれぐれ挨拶に及び、全く火薬と心得申し候故、失礼致し候と手真似致し候、此方にては予罷り出で挨拶も致さず、兵粮を船中へ入れ候は宜しからずと申す手真似にて挨拶致し候、早速異人縄を下げ兵粮を上げくれ候、 且又菓子の類其外食物異人持ち来り、一統へくれ申し候、一々毒味いたしくれ候事に候、頭分の男何れ外の異人を呼び申し付け候て、早速に六角のぎやまんの徳利と、日本にて水呑みの形の様なる銀の器を添へ、台に乗せ持ち来る、頭分の男右の器に酒の様なる物をつぎ毒味致し、浦賀同心へ遣し候、其節南京人つぎ役に之れ有り、南一物に指さし小酒と認め出す、此方一統一礼す、其節頭分の男右の器にて三ツ呑み候と、よろけ申すと云ふ手真似致し伏すと申す真似致し候、浦賀同心一ツ呑みて頭分の男へ戻す、頭分男二ツ続けて呑み、一統へと申す手真似致し呑ませ申し候、南京人小酒と認め出し候に付き、予考ふるに大酒も之れ有り哉と存じ候に付き、南京人に向ひ大酒と認め出す、左様いたし候へば、南京人頭分の男に向ひ、何れ分らず義を申し候へば、頭分の男承知致し候様子に候ヘば、南京人亦同様に入れ持ち来り、頭分の男の前に置く、頭分の男又々毒味致し、銘々へと申す手真似致し候ヘば、南京人銘々へ持あるき呑ませ申し候、日本にてみりん酒の様に之れ有り候、
 其後頭分の男箱を持ち来り、中より猩々緋のふくさに包み之れ有り候一物を取り出し候、一覧致し候に、天鏡とおぼしき八方に遠鏡を籠の様なる物の内に掛けて之れ有るを色々動かし、又下に磁石の様なる一物を台にのせ、合せて見て、予あやしく存じ候に付き、天鏡かと申す手真似いたし候へば、先方手真似にて、しかりと答ふ、予無用にいたし様に日本の法と申す手真似にて、右の品仕舞ひ候様申し候ヘば、其内に右の品損じ候間、異人右品仕舞ひ申し候、 其後頭分の男参りか様と申す手真似にて、予の袖を引き候に付き、松下総守様御内後藤五八、並に予の船差配の男千助と申す者一同にて下のはしごの側を伝下り候へば、南京人先案内致し、夫より三人一同罷り越し候へば、其後に続いて頭分の男付き添い来る、二段目へ下り候入口はしごより下らんと致し候へば、右入口固め居り候異人予に向ひ、予か刀へ指差し、長く之れ有り間、定じやまに相成るべくと申す手真似致し、預けて下へおり、見物いたせと申す手真似致し候、予も手真似にて、日本法とて帯すと申し答ふ、
 夫より南京人一人頭分の男、並に此方三人にて、二段目へ下り一覧致し候に、小筒数百挺、帆柱の廻りにかざり之れ有り、鎗も同様数百本立てならべて之れ有り、其節頭分の男小筒を取て打ツ真似いたし、打ち候後は鎗に致すと申す真似致し候、一覧致し候にすりわり之れ無くに付き、すりわり之れ無き旨手真似致し候へば、又すりわり之れ有る筒を取り出し候、玉目二匁五分位と存じ候、鉄炮の長さ五尺位、火皿の処火打石・火打鉄之れ有り、引鉄をひき候とすれ合火出る、鉄砲の先へ剣を付け、鎗の様に致し候、剣の長さ二尺位之れ有り候、右の剣を平生ハ皮の袋に入て腰にさし居り申し候、右の鉄炮打つ真似、又は鎗にいたしつかひ候真似など色々様々の真似致し候は筆にて及び難く候、殊の外利方に御座候様存じ候、其節側らの鎗一覧致し候処、殊の外手薄に之れ有り候間、突く間敷と申す手真似を致し候ヘば、頭分の男、南京人に向ひ、何れ申し付け候ヘば、南京人かめのごとき一物を持出し、予一覧いたし候に、目はり之れ有り、右南京人ふく面をかけ、右の目はりを切り、中より先づ日本にてきん出し油の様なる物を匕に掛て見せ候に付き、予側へ寄一覧致しに未と存じ候て近より候処、南京人手真似にて無用々々と申し候間、予をはじめ後藤五八並千助、頭分の男の側へ罷越し候ヘば、頭分の男右の品を槍にぬりて突といふ真似致し候、右の一物は毒薬と相見へ申し候、
 夫より頭分の男並南京人両人にて、廊下の様なる処へ案内いたし候間参り候処、大の男五人曲■(録ヵ)に腰をかけ、一人は書見いたし居り候、二番目の男、予に向ひ、腕を差出しねぢり見候様手真似致し候に付き、当惑いたし候へども甚残念に候間、予の腕を差出し、予が腕をねぢり候へと申す手真似いたし候ヘば、右の男立上り、予の手を金剛力を出しねぢり申し候、予其時一生一代の力を出してがまん致しこらへ申し候仕合也、ねちれ申さず候、予格外骨折れ草臥れ申し候、夫にて其処を行過さんと致し候処、右の五人何れバアバア申すに付き、予足を止め、かへり見候へば、末席に罷り在り候男、少々腹立の顔色にて眼玉をいからし、予をさしまねき候に付き、又五人の前に罷り越し候へば、右末席の男、予の腕ねぢらせ候様、前の男にねぢられずを残念と申す手真似致し候て、是非々々ねぢらせ候様頼み度手真似致し候、考へ候に最初の男に仕合せとねぢられず候を、大仕合致し候を了簡いたし居り候処へ、又々末席の男、予が腕をねぢらせ候様申しかけられ、当惑の至り、殊に最初力を出し労れ候事、右別て難渋致し候、是非無き次第腕差出しおれる迄はがまん致さんと、腹中にては神仏を頼み居り候、右の男最初ねぢれす候を腹立故、力声を上、予の腕をねぢり候、予も又一生けんめいの力を出し、異国の人に腕をねぢられては残念なりと存じ、がまんいたし候、既にあやふく候へども、やうやうの事にてこらへ申し候、ねぢれず仕舞ひ候大仕合致し候、其節最初にねぢり候男、手真似にて、予の事を小男にてもねぢれ申さずと申す手真似致し、右五人の異人をはじめ、頭分の男・南京人大笑ひいたし候、予は腕を出して、もつとねぢて見候、異人の前に差つけ候へば、異人ども頭をふり、ねぢれすと申す手真似致候、予もあまり腹が立ち候間、先方にて力ぢまんいたし候を、こしやくな奴と存じ候に付き、子供の人差指をまげ動して、馬鹿々々と申す義を真似、先方力じまん致し候ても、此男の腕ねぢれすと申す手真似、右申し馬鹿々々と申す手真似致し候へば、異人ども頭の上へ手をあげ、先方にても大笑ひ、此方にても大笑ひ致し候、
 夫より頭分の男と南京人案内にて、武器蔵とおぼしき処へ参り、色々の品一覧致し候処、野中猪濃八参る処に、一覧致し候、予後藤五八へ申し候は、兵粮・玉薬・水一覧致したく、何程之れ有り候哉、戦にも及び候節は心得方にも相成り候かと存じ候旨相談いたし候へば、五八も落合候に付き、頭分の男に両人にて食事致す真似いたし、何方に之れ有り哉と申し候へば、頭分の男・南京人、又下の段へ案内致し行見候ヘば、番人一人罷り在り候、頭分の男食事の真似致し候て指差し候に付き、予並五八・千助三人にて一覧いたし候へば、何分あげ板の下に之れ有り、積込之れ有り場は十畳敷位に候、右の兵粮を見せ候様手真似致し候ヘば、南京人取出し見せ候処、かますの様なる入れ物に之れ有り、中より出し候は、抹香の様なる食物とおぼしき物を持ち出し候間、南京人に問ふ、食物に致し候哉、何にいたしやと手真似に、南京人中段に上り、菓子の様なる食物を持ち来り、右の品に拵へ食物に致すと申す手真似致し候、右積込あれども深さ知れず候故、五八と相談致し、棒を差込み見候はば、大凡見積も付き候かと、南京人に向ひ、棒をかせと手真似致し候へば、早速に鎗のおれの様なるを持ち来り候に付き、かますの間に差して見候に、四五尺通り候、側を見候へば大成る樽之れ有るに付き、何に候哉と手真似いたし候処、一覧致し様に付き、樽の内を改め見るに、梅ずのごとき物に之れ有り、此方の醤油の様なるものと存じられ候、予又腰の兵粮を取り出し、頭分の男に見せ候て、此品は之れ有り哉、又外に食物は之れ無き哉と問ひ候ヘば、上げ板を上げ見せ候処、二斗俵位の入物五六俵分も之れ有り候、頭分の男食物此余は生物の外之れ無く候手真似いたし候に付き、後藤五八、水と申す字を書き、南京人の前に差出し候ヘば、又元の二段目へ案内致し候処、大樽十七八の内七ツばかりは水之れ有り候、外ハ並べあるばかり、又重ねて之れ有り樽は数多に御座候、
 夫より玉薬一覧致し候に、二段目のともの方に六畳敷程もあるべき蔵の様なる処に、かますのごとき物に?硝を入れ、其数二百余も之れ有るべくやと存じられ候、又玉と申し候へば、大筒玉は日本人見る通り上段に之れ有る外は之れ無く、大筒玉は五六百之れ有るべくやと存じられ候、小筒玉は素麺箱のごとくなる入れ置き、箱数三ツ、其内壱箱は半分程之れ有り候、
 夫より以前の上段の高き処へ登り候、佐治政記一二三より十迄書き認め、南京人に向ひ、右の一二をよみ問ふ、一(イチ)(ニ)とよみ候へば、南かぶりを振り、又一(イチ)(ジ)とよみ候ても、かぶりを振り候、南夫より読み聞かせ候は、一をイッケン、二をリヤンと、異手の言にて之れ有り、側に野中猪野八罷り在りて、南二(リヤン)迄申し、三より十迄指を折りて、彼より先に早くよみ仕舞ひ候ヘば、恐れ候様子に御座候、
 夫より猪野八と両人にて黒ん坊の側へ罷り越し、能々見候処、頭はちぢれ毛にて、耳に金の○をはめ居り候、黒きは油薬の様なる物をぬり付け居り候様に見受け、何れぬりたるかと手真似致し候へば、黒ん坊は笑ひ居り候、猪濃八指を口中にてしめし、黒ん坊の手をこすり候へば、油薬の様なる物はげて白く相成り候、黒ん坊をはじめ異人ども大勢大笑ひ致し候、何のためにぬり居る哉解せ申さず候、 異人ども此方一統へ向ひ、ダチンコと申し、色々の品を持出し候処、其訳一向相分り申さず候処、南京人来りて売買と書き認め候、それにて取替くれ候と申す事と承知致し、取替の義は日本の法にて致さず趣を手真似にて相断り候、南京人セツベンと大金銭等を取出しゼツヘンゼツヘンと申し、日本人に遣し候と申手真似に付き、是又同様貰わず旨相断り候、 南京人丹下左市に向ひ、おしいおしいと申し、歳を問ふに、右の手をひらき、左の指にて右の指の通りを横にはらひ、五十位かと云ふ、左市手真似にて答へ、南健と申す真似致し、又南下曽根董に向ひ、両手をひろげて片手をひろげ、十五位かと問ふ、董手真似致し、年の数を答ふ、南誠にちさしと手真似いたし、側の董の歳位の異人を指し、又董に指差し、両手にて同じと申す真似致して、是は同歳と相見え申し候、右の異人は予より七八寸も身の丈高く候、乍去面形は子供の様に之れ有り候、
 夫より異人夜分に相成り候間、寝ると申す真似致し、首をかゝれ候も計り知れずと真似致し、此方一統へ異船より下りくれ候様、是は用心の為と手真似致し候、其内又二段目の方より鉄砲先へ剣を付け、大勢参り此方一統の後へ廻り、右の鉄炮を横になし、押出さんと致し候に付き、乗上内人数計は此船に置きくれ候様、此船夜の内に沖へ乗り出し候も計り難くに付き、成べく乗船致し居度と、色々手真似致し候ても一向に聞入れ申さず、其内先方少々荒立る様に付き、御番頭へ右の段申遣し、如何致すべき哉と聞合せ、其内猶々異人あら立候に付き、一統異船より下り申し候、予と藤井新八郎両人残り、異人頭分の男に向ひ、両人計りも此船に居させくれ様申し候へども聞入れ申さず、荒々敷はアはアと申し候、外の異人予に向ひ、今朝御船印を持ち上り候、此船へ入国の器を上げ候は法に之れ無く、されども日本の法にまかせて上げさせ候、其様申す事は聞訳くれ候様船の法に之れ無き旨手真似致し候、右の利を申され当惑致し候内、御番頭より異人荒立候ては宜しからず間、異船より下り候様申し越し候に付き下り候、
 後にて自分の陣羽織を見候へば、見返に刃物にて切れ候様切れ居候、是は定めて異船へ飛乗り候節か、又予と新八郎異船より下り候様にと申節、鉄炮の鎗横に致し押し候時、穂にて切れ候義と存じられ候
一異人ども日本々々と申し、鏡一面持ち出し見せ候、並の鏡に御座候、裏になんてんの図あり、藤原政清と銘之れ有り、如何して所持候哉
一日本々々と日本の絵図とおぼしきを持ち出し見候、横文字知れず申し、只日本々々と申す絵の形も日本の国の様に覚え候
一歳取り候人をおぢいと申し、又日本と申す、又物を見せよと云ふ事を見せへと申す、法式を法と申し候、此の日本の言葉と同様に之れ有り候
                                   河越藩 内池武者右衛門記之
 
是ハ異船へ乗り上り候に付き、船中が有様を文字文章をかざらず、其侭に書記し、家へ蔵し子孫に残し置かんと欲するのみ
 
  弘化三丙午年閏五月廿七日渡来異船の覚
   北亜米利加州の内ハテソン地■にハホストン
大船 長四十二間五分 幅九間二分  船号エムリユムヒユス
   水深さ 六間四分 水上高さ四間二分五厘也
中墻 長 三十五間二分  艫(トモ)墻 長 二十八間八分
表墻 長 二十四間    同出し墻 十三間七分厘
艀  大小 九艘     人数 八百人
将官 姓 エームス   名 ビッケン  年七十
副将 姓 タムス    名 ウイメン  年三十
 外一人副将病気の由、姓名不知、其外士官兵卒役々之れ有り外水夫
大砲 八十六挺  但左右三段の間
内 ボンベン 六十四挺 ロトン仕掛船玉分量 凡そ八貫目
小筒 八百挺 鉛玉分量八匁位 但ハンヨネツトに付き之れ有り
短筒 剣 一人一挺宛  素鎗数百本之れ有り
小船 長 二十二間四分 幅 五間九分五厘  船号ウリンセンス
水深 四間二分五厘 水上高 二間七分三厘也
艀  大小 五艘   人数 二百人
将官 姓 ハイシムホーン 年四十六
副将 ケヤトルスツケンセス
 其外役々大船同断
大炮 二十四挺  但左右一側備内ポンベン鉛玉分量 凡六貫目
小筒 二百挺 玉目大船同断 短筒・剣其外大船同断
去巳四月彼の六月国元開帆、十二月廿九日清広東着岸通商取結、午四月三日広東開帆、アモイ、ハイにツホウ等所々入津、にツホウ出船より当所着岸
 
   諭文
此度我国と交易いたし度旨願ふといへども、我国は新に外国と通信通商をゆるす事堅く国禁にて許さざる事なる故に、早々帰帆致すべし、先年より度々通商を願ふ国どもあれどゆるさず、其国とても同様の事なれば、此後幾度来り願ふとも無益の事なり、勿論外国の事は長崎にてあつかふ国法にて、此地は外国の事にあづかる所にあらざれば、願ひ申す旨ありとも、こゝに来りては通ぜざる間、再爰に来る事なかれ
 
   御請
御当国に於て外国の通船商御免成させられずの趣、今般御書付を以て仰せられ畏奉り候、就ては風順次第早々出帆仕るべく候、此段御請け申し上げ奉り候
  暦数 千八百四十六年
    船 ユリユ  ムヒユス            ビッケン
右の通り和蘭語に之れ無く候につき大意和解仕り、差上げ奉り候、以上
   午六月五日
                     堀 達之助
 
   黒船へ下され物
一水             一薪    松大方六千本
一梨子   二百       一李    二千
一りんご  二千二百五十   一大根   千六百
一唐茄子  百二十五     一にんじん 五十八本
一菜    百把       一茄子   千二百五十二
一隠元   八斗九升     一白瓜   百十二本
一青瓜   百五十七本    一薩摩芋  十四貫二百目
一大真桑瓜 百三十      一玉子   二千三百五十
一鶏    四百二十四羽   一籾    七俵
一小麦   二俵       一白米   一俵
一竹細工籠 大小十七     一鰤    十本
一砂    三升
  〆二十五品(ママ)
 
   近国諸家人数出帳
野比村海岸軍船   大久保加賀守
湊口燈明堂嶋陸固  保科能登守
平根崎海岸     酒井安芸守
千駄浦海岸     稲葉兵部大輔
弘化三丙午年(一八四六)閏五月二十七日着岸、同六月七日出帆
大船の方
 一番乗 船中組尾瀬善七    二番乗 浦賀
 三番乗 宇佐美八之平     四番乗 下曽根三左衛門
小船の方
 一番乗  右より乗 木村孫市 橋本源美 藤井新八郎
 二番印上ル 左より乗 福垣轍 今唯五郎 高瀬亀五郎 松下鉄之助
 二番乗 一番印上ル 内池武者右衛門 高岩国治 丹下左市 丹下右衛門八 長崎九兵衛 松下嘉太夫 野中猪濃八 下曽根薫 高須綱三郎 高石斧太郎 佐治政記
 三番乗 松下総守様御内 後藤五八 志村久右衛門
 四番乗 浦賀 江原操蔵 石山佐之丞 今西完十郎 
     従是次第々々に押乗
 
弘化三丙午年(一八四六)六月二十九日異船渡来の節覚書
 
 弘化三丙午年(一八四六)六月二十九日異船渡来の節覚書六月廿九日の暁、烈風厳敷雨また篠つくがごとく空暗く、何か物すごく海波△るき震動とも覚えて、おそろしく候処に異船渡来々々と大騒動にて罵り罵り、最早間近く乗入りたりとさわぐ人計なれば、こは左申すらしといまだ朝喰も食ふるいとまなかりければ、其侭鎗おつとり走り出、海岸に止まりけるに、風雨強くして目も開き見る事もなり難く、雨の面に当るは小石を打かくるごとくにして、目もひらきがたく海岸に船一艘もなかりければ、こは何故に船なきか船を出せ出せとよばはりければ、船士の面々相集まり、如此大波に船容易に出し候ては巌石にて船打砕け、人も■(鱗ヵ)の餌になり申す也と各答おくれ唯波を見、異船何方にあるやと一同沖の方をにらみ見るに、異船も荒波に隠れてハあらはれ出る有様にてさだかならず、殊に風波あらくして雨は篠をつくごとく強く、霧深くして闇夜のごとくなれば、中々小船にては少しも乗り出しがたき体なれば、船士も顔色を変じためらひおそれし容体なりければ、己れ等恐るゝな船出せ出せと大音に罵りければ、小船三艘出しければ、いざこぎはたせと乗入々々すゝめと下知をなし、山のごとき大波を物の数ともせず進み、かの小船の前後左右に高山ごとき大波ゆれ来り、みぢんに砕く勢ひにてあびせかゝり候故、進む毎に大波水船に打こみければ、頭よりあびる波水より船中の水次第に満ち、今は船しづみ覆らんとする故に、船士等とても計り難く危し危しと言ながら、各桶を以て船中に満来る水を汲出し汲出し進むと言へども、中々進むにはかどらず、浪間くよりあらはれ出たる異船にすは近付きたり、いそげ進めとエヒエヒ声を上げ、沖中大浪の処にて側異船に乗り着たり、時にはるか西の方と見れば、松並木と覚えて見えしかば、あれは何国なりやと問ふに、船士は大磯の松並木なりと云、然らば此所は大磯の沖かと云ふに、もはや三嶋よりは里程七八里も乗り来りしなり、
 弘化三丙午年(一八四六)六月二十九日異船渡来の節覚書此とき異船人も閏五月二十七日来りしとはことなり、此度の船はおらんたの内てはねまろくと云処なりとやはりかはらず軍船にて、大筒三十挺余備へ、小筒何程とも数知れず、異人三百余人乗居たり、大将と覚しきは別間に位義を正し居たりしか、其へは中々一人も入らず、唯ハアハアとのゝしりさわぎける、案ずるに風破荒く船止かたく如何とも風あしく荒ら荒らしく沈みくつがへらんとするを、あはて騒く様子にて乗り入たる人にも其事を知るなり、はやとあせり騒ぐにて、おりよおりよあぶなしと云事と見えたり、やがて通弁右の危きよし、且つ異人風波の荒きに恐れ頻りに帰帆をいそぎけれども、我等乗船の面々中々退かず故迷惑し、日本人を損せん事をなげき思ふと云程なれば、余義無く船より下の風波荒き故、はや異船より程へだたり、予が船先の小ぶねへ下曽根三左衛門乗り居たりしが、何やらん異船より煙気空に上り候様見ければ、ヤイ下曽根下曽根異船に煙気の上たる様なりとよばりければ、下曽根居丈高になつて異船の煙気は大筒打と覚えたり、ヤヨのがすな内池内池とともに進みて打ち破れ打砕けと大音にのゝしり、たとへ此身は微塵になるとも、のがすな追打に打破れと勇み進みし勢ひ、鉄城も破れかしと大風波の恐れなく、小船の先に鎗を杖としつゝ立ちあがり、大音によばはり、かくは古戦場の勇将を知らざるか、海陸の決戦に士卒を進め手負血監の其侭にて歌をよみし事あり、我等将にはあらざれども、此荒浪に小船にて異船に向ふ勢は、昔八島段の浦に異なるまじ、戦猛く為せずとも風烈強雨の有様は八島の浦に異なるまじと言葉の下よりも
    玉棚に這ふ子這はせて見やうかな
                  下曽根三左衛門
とよばはりよばはりあとつけよ、内池内池と大音に呼はりければ
    むかふ筒さき船をかすりて
                  内池武者右衛門
    こほろぎのながしの下の声々に
と付けたり、はや異船は走り出し、其早き事あたかも鳥の飛ぶがごとく、あら浪に乗船して下曽根氏の勇士の勇さにやはら劣るまじと思ふ、是書帳致し苦しみ候、有の侭を記し家に蔵せんとするのみ
 
     嘉永五年壬子(一八五二)十月
      川越藩中内池氏従りかり受け書写、三宮山従りかり書写す
 
     嘉永五年壬子十二月
            薬王山
 
     昭和十一年(一九三六)六月十七月
      菅原一氏より借覧
         峯岸久治
            写之

  川越市立図書館

※掲示板に内池武者右衛門に関する投稿がありましたので、ご紹介します。

内池武者衛門のことについて   No: 141
投稿者:三浦三崎 03/12/08 Mon 08:38:05
川越藩の内池武者衛門について検索していましたら、川越原人さんのHPにたどり着きました。
神奈川県三浦市三崎にある、光念寺には、内池武者衛門尉郷輝が、弘化4年8月に建立したお墓があります。
川越防禦士 内池伊賀介郷永墓 と刻まれておりますが、苗字が一緒ですので内池武者衛門ゆかりの方かと思われます。
もしご存知でしたら、お教えくださいませんでしょうか。
昨日、お墓参りに行って来たところです。

※続いて、つぎのような、興味深い記事を送って頂きました。

Re: 内池武者右衛門のことについて  Prev: 145 / No: 146
投稿者:三浦三崎 03/12/09 Tue 00:05:27
このころ、光念寺では三浦半島防御のため会津藩が駐留したあと、川越藩が陣取っていたそうです。
年代的にも、内池武者右衛門がいたことは間違いないようです。
昭和の時代に、このお墓を探して、川越の方から調査の人が来たそうです。
私の母方の先祖が、たまたま隣に墓地があり、今から160年ほど前墓を改修する際に、寺の住職から、無縁仏になるのは、はかないので面倒を見てくれと言われ、その後ずっと花と線香を絶やすことなくお守りしています。
私も子供の頃、祖父母からこの墓標について話を聞きましたが、すでに祖父母、両親とも亡くなり、詳細は判らないままです。
(子供の頃は、お侍様のお墓という記憶だけでした)
平成7年に墓所を改装しましたが、この墓碑だけは残しております。
何か武者右衛門さんの事が判ればと思った次第です。

※久しぶりに、三浦三崎さんから続報がありましたので、ご紹介します。

川越防禦士のこと  No: 691
投稿者:三浦三崎 06/05/07 Sun 02:04:07
川越原人さん、こんにちは。
今から2年半くらい前に、この掲示板に書き込みをした者です。

川越藩士の内池武者右衛門の建立した墓碑についてのことでしたが、これに関する続報です。
平成18年4月1日付で「会津藩士とその家族の墓碑」が、神奈川県三浦市指定重要文化財に指定されました。
詳細は、次のURL(PDFファイル)からご覧いただけます。
http://www.city.miura.kanagawa.jp/index/download/013026;000001.pdf
ここにも、川越藩のことが記載されていますが、この連休を利用して少しばかり調べてみました。
川越藩が三崎(現在の神奈川県三浦市三崎)の海防陣屋に駐留したのは、天保13年(1842年)から弘化4年(1847年)の5年間のようです。
会津藩士と同様、在任中病没した川越藩士の墓4基が三崎にありました。
光念寺の「内池伊賀介郷永」と、無縁寺(焔魔堂)の「高須信○」の墓碑=この墓碑は写真に収めました。このほか見桃寺に2基あるそうです。(今回は見桃寺へは行けませんでした)
内池伊賀介郷永の墓は弘化4年8月に内池武者右衛門が建立しており、高須信○の墓は子の高須信文が建立しております。碑文からは弘化4年6月に病により51歳で亡くなったことが読み取れ、また辞世の句も刻まれております。
ぶしつけで恐縮ですが、ご参考までにお知らせいたします。

注記:○は、「口」くちへんに「羽」はねを書いて、下に「珍」の王へんを取った字  (文字化けしてしまいますので、あえて表記しておりません)

「黒船」 吉村昭 中公文庫 1994年 ★
 ペリー艦隊来航時、主席通詞としての重責を果たしながら、思いもかけぬ罪に問われて入牢すること四年余。 その後、日本初の本格的な英和辞書「英和対訳袖珍辞書」を編纂した堀達之助。 歴史の大転換期を生きた彼の劇的な生涯を通して、激動する時代の日本と日本人の姿を克明に描き尽くした雄編。

「コンサイス日本人名事典改訂版 三省堂編修所 三省堂 1990年
 堀達之助(ほり たつのすけ)
1823〜94(文政6〜明治27)幕末・維新期のオランダ通詞。英学の先駆者。
(系)オランダ通詞中山作三郎武徳の5男、母は陳。オランダ通詞堀儀左衛門政信の養子。
(生)肥前(長崎県)。 (名)徳政、のち達之。
1848(嘉永1)アメリカの捕鯨船員マクドナルドから英語を学び、'54(安政1)ペリー再来航の際に小通詞として徴用され、応接掛林大学頭をたすけて活躍した。のちに下田奉行付の通詞に任ぜられたが罪を得て入牢。'59才能をかわれて出牢を許され、蕃書調所対訳辞書編輯主任、翌年同所筆記方を兼任。'62(文久2)「官板バタビヤ新聞」を発売させた。同年、わが国最初の「英和対訳袖珍辞書」を発行。のち開成所教授となり、維新後は開拓使大主典に任ぜられた。

「コンサイス日本人名事典改訂版 三省堂編修所 三省堂 1990年
 ペリー Perry,Matthew Calbraith
1794〜1858 アメリカの海軍軍人。
1852東インド艦隊司令長官に補せられ、駐日合衆国特派使節を兼ねた。'52旗艦ミシシッピーに乗り、海難船員の生命財産の保護、薪水食料の補給、港の開放、貯蔵所の設置権などを日本に要求するために出発、'53(嘉永6)那覇を経て浦賀に入港し、幕府に大統領の親書を受領させることに成功、翌年回答を得る約束を得て、退去。'54(安政1)幕府と和親条約の調印に成功した。本国へ帰国の途中、琉球王国と通商条約を調印した。日本遠征についてはホークスの「ペリー提督日本遠征記」がある。

シリーズ日本近現代史@幕末・維新」 井上勝生 岩波新書(新赤版)1042 2006年 ★
第2章 尊攘・討幕の時代
 1 浮上する孝明天皇
  大名の世論
第3章 開港と日本社会
 2 国際社会の中へ
  生糸売り込み商人

「幕末外交と開国」 加藤祐三 ちくま新書453 2004年 ★
第三章 議論百出
 3 アメリカ大統領国書の回覧と諮問
  提出された多様な意見
 5 首都防備
  首都防御線の後退

「幕末・京大坂 歴史の旅」 松浦玲 朝日選書620 1999年 ★
元治元年(1864)
 19 京大坂守衛総督――もうひとりの将軍か
   (前略)
 さて守衛と防禦とか言って、いったい何から守るのかという問題がある。表向き夷狄(いてき)から守るのだった。幕府は薩摩の主導権や、参豫(さんよ)会議を嫌い、天皇と公卿の攘夷志向に迎合して朝幕の合意点をわざわざ攘夷寄りに引戻し、それによって政務の幕府一任を確保した。慶喜はそれに協力した。参豫会議を裏切って、せっかく開港容認に向った朝廷の意向をひっくりかえすという高等作戦を展開した。「禁裏御守衛総督・摂海防禦指揮」は、その季節外れの攘夷路線の上に創設された。
 休暇を終えて帰任したイギリス公使オールコックは、京都で攘夷の方針が固まったという情報をつかんだ。慶喜の「高等作戦」までは分からないので、単純に攘夷復活と捉えたようである。困ったことに幕府の中でも、二人目の政治総裁職に就任していた川越藩主松平大和守直克(やまとのかみなおかつ)などは、額面通りに横浜鎖港を断行すればよいのだと確信して大いに張切った。幕府は攘夷に戻ったというオールコックの「誤解」が更に増幅される。
 オールコックは仏・米・蘭の代表に呼びかけ、幕府に対する警告を兼ねた下関攻撃の準備を開始した。去年の代理公使ニールは一緒に長州を叩いて欲しいという仏・米・蘭の希望を退けて単独で鹿児島を攻めることを優先させたのだが、帰任したオールコックは幕府の反動化を許すと自国の対日貿易に支障が出ると判断した。彼が今年になって新しく組織した下関戦争は、長州対策であると同時に幕府対策だった。幕府を拘束する(と彼が判断した)京都朝廷対策でもある。
   (後略)

「コンサイス日本人名事典改訂版 三省堂編修所 三省堂 1990年
 オールコック Alcock,Sir Rutherford
1809〜97 イギリスの外交官、幕末の駐日公使
1858(安政5)日本総領事兼外交代表に任命され、翌年江戸に着いた。

 ▲目次  サイトマップ  トップページ  →  歴史(6)  武州一揆


作成:川越原人  更新:2018/5/17