バックに流れているのは「海ゆかば」の旋律です

呉海軍墓地について

平成29年(2017)6月1日更新

--ご案内--
第47回合同追悼式
平成29年(2017)9月23日(秋分の日)10:30開式
ご参加をお待ちしております。

1  沿革 呉海軍墓地の沿革です
2  青少年健全育成活動助成事業展開  次代を担う青少年の育成のための事業を行っています
3  合同慰霊碑命日・碑建立日一覧の頁へ  呉海軍墓地にある合祀の命日が解ります
4  呉海軍墓地の全合祀碑説明の頁へ 呉海軍墓地合同慰霊碑全部の詳細説明です
5  旧ホームページはこちら  2016年までのホームページです
6  梶本光義のHOMEPAGEへ 梶本光義のMy Home Pageへどうぞ!

【公益財団法人 呉海軍墓地顕彰保存会事務局】

〒737-0031 広島県呉市上長迫町7-25
 電話&FAX 0823-25-1362 kurekbk@m18.alpha-net.ne.jp.



--記録--

第46回合同追悼式
平成28年(2016)9月22日(秋分の日)10:30開式
全国より約1,100人の参列を見て、盛大に開催されました。



国旗・軍艦旗掲揚


神津善三朗 実行委員長 式辞


小村 和年 呉市長 追悼の辞


長迫小学校児童 追悼のことば


池 太郎 呉地方総監 参拝・献花


弔銃発射


海上自衛隊呉音楽隊 追悼演奏


追悼歌 長迫の丘 合唱


遺族席


遺族代表 細川 資子氏 謝辞


第45回合同追悼式
平成27年(2015)9月23日(秋分の日)10:30開式
絶好の秋日和に恵まれ、全国より約1,100人の参列を見て、盛大に開催されました。


  
 梶本 光義 実行委員長式辞


小村 和年 呉市長 追悼の辞


長迫小学校児童代表児童代表 追悼のことば


池田 徳弘 呉地方総監 参拝


儀仗隊 弔銃発射


海上自衛隊 呉音楽隊 追悼演奏


追悼歌「長迫の歌」 合唱


遺族代表 宮本 宏実 氏 献花 


参列者 献花


遺族代表謝辞 高田 健二 氏


2016年までの記録はこちら


帝国海軍呉鎮守府管轄下の大東亜戦争戦没者約13万余柱の御霊が合祀されている





沿  革

 呉海軍墓地は、明治23年(1890)に海軍軍人の戦没者、殉職者等の埋葬地として広島県呉市長迫町(旧和庄町)に設置されました。
 以来、海軍呉鎮守府の管理のもと、毎年慰霊祭が丁重に行われてきましたが、昭和20年(1945)大東亜戦争の敗戦により慰霊行事等は総て廃止されました。
 また敗戦の年,呉地方は空襲による戦争災害と大水害に襲われ、海軍墓地全体が廃墟と化してしまいました。
そのため、当時の呉地方復員局は、地元有志の協力を得て復旧し「大東亜戦争戦没者の碑」を建立しました。
 その後は、「自分だけが生き残って申し訳ない」との思いにかられる生存者を始め、心暖かい有志の奉仕活動により、清掃と供養が続けられてきました。 
 敗戦後の混乱期を過ぎ、日本経済が安定してきた昭和40年(1965)頃より、先の大戦で、祖国と日本民族の安泰を願って悠久の大義に殉じた戦没者の御霊を、呉海軍墓地にお迎えし、その功績を碑に託してご冥福をお祈りしたいとの願いから、生存者やご遺族の手によって、鎮魂の碑が相次いで建立されるようになりました。
 呉海軍墓地には現在、開設以来120年、各艦船、部隊毎の慰霊碑91基、個人碑157基、英国水兵の墓1基が建立されております。
 その意味から呉海軍墓地は13万余柱の御霊が安らかに眠る聖地であり、また、日本帝国海軍の歴史を刻んだ貴重な史跡遺産でもあります。

※呉海軍墓地保存会から公益財団法人呉海軍墓地顕彰保存会へ

 昭和46年(1971)有志相諮り呉海軍墓地保存会を結成し、毎年秋分の日を式日と定め「合同追悼式」を盛大に行い、英霊の遺徳を顕彰すると共に、清掃と墓地の維持管理に努めてきました。
 平成7年(1995)10月に海軍関係者を中心に募金活動の結果得られた1億円余を基金に、財団法人呉海軍墓地顕彰保存会」を設立し、梶本光義が初代理事長に就任しました。 平成22(2010)年8月23日付けで公益財団法人として認定され初代代表理事に梶本光義が就任しました。

  旧呉海軍墓地保存協力会(のち呉海軍墓地保存会に改称)発会式記念写真
昭和46年(1971)6月16日呉海軍墓地保存協力会発会式記念↑
前列右から5人目神津初代会長,2列目一番左が梶本現理事長。


高松宮・同妃両殿下を囲む昼食会記念写真

昭和60年9月23日正午より開催の「高松宮・同妃両殿下を囲む昼食会」の記念写真。
高松宮・同妃両殿下のご来臨を賜り第15回呉海軍墓地合同追悼式が執り行われた。



青少年健全育成活動助成事業展開
公益財団法人呉海軍墓地顕彰保存会では、その事業の一環として、
代を担う青少年の育成のための
事業を展開しています。


青少年の健全育成を目的とし、

@団体(組織)の規約を設けて活動し
A営利を目的とせず
B呉市で青少年の健全育成に有効な事業や活動を行い
C参加者が10名以上の事業や活動を
D2年以上実行している団体(組織)に対し、
年間2万円〜3万円の助成金、若しくは共催負担金
を供与することとしています。
該当する団体若しくは組織でご希望があるときは、
平成29年2月1日から4月15日までの間に、
公益財団法人呉海軍墓地顕彰保存会事務局に申し込んで下さい。

継続申請の場合は、申請書に助成を受けた年度の活動実績及び成果を記載した書類を添え申請して下さい。


助 成 額
      @本年度の助成額の上限:12万円
      A各団体の助成額:年間2万円〜3万円
        (助成額は、団体の規模及び活動内容により決定します。)
      B応募者多数の場合は優先順位は、評議員会及び理事会において決定します。)



申請先(連絡先)
住所:〒737-0031 広島県呉市上長迫町7-25
宛先:公益財団法人呉海軍墓地顕彰保存会
Email:kurekbk@m18.alpha-net.ne.jp
Tel:0823-25-1362

   



呉海軍墓地に合祀碑がある艦船の写真・画像展示と
呉海軍墓地鎮魂のあゆみ展を開設
開館時間は平日の13:00〜17:00、土日祝日は10:00〜16:00



海軍墓地誌「海ゆかば」出版

平成17年(2005)は、日本海海戦100周年、終戦60周年の記念すべき節目の年にあたり、我が財団法人呉海軍墓地顕彰保存会にとっても、創立35周年、任意団体から財団法人成りして10周年。の合同追悼式は第35回目を数え、真に大きな節目の年の記念行事の一つとして平成17年7月1日に、呉海軍墓地誌「海ゆかば」(B5版370頁)を出版いたしました。
「海ゆかば」には、嘗っての呉海軍鎮守府管轄下の艦船や陸上部隊で、呉海軍墓地に建立されている合同慰霊碑90基の艦船や部隊などの戦歴や艦影、慰霊碑の写真などと、個人墓碑158基を合わせ35,377柱のお名前とを掲載しています。
「海ゆかば」は非売品ですが、ご希望の方には実費(\2,000郵送料は別)でお分けいたします。
財団法人呉海軍墓地顕彰保存会あてのメールkurekbk@m18.alpha-net.ne.jpか、
電話&FAX0823-25-1362(平日の13:00〜1700)でお申し込み下さい。
既に1,500部が頒布されました。ご協力に深謝申し上げます。
この上とも呉海軍墓地にたいし、一層のご理解とご支援の程をお願いします

LINK

合同慰霊碑命日・碑建立日一覧の頁へ

呉海軍墓地にある合祀碑の命日が解ります
旧ホームページはこちら 2016年までのホームページです
   梶本光義のHOMEPAGEへ 梶本光義のMy Home Pageへどうぞ!

呉海軍墓地の全合祀碑説明の頁へ

呉海軍墓地合同慰霊碑全部の詳細説明です

【公益財団法人 呉海軍墓地顕彰保存会事務局】

〒737-0031 広島県呉市上長迫町7-25
 電話&FAX 0823-25-1362
kurekbk@m18.alpha-net.ne.jp.