[ 事件 index / 無限回廊 top page ]

スチュワーデス怪死事件

【 遺体発見 】

1959年(昭和34年)3月10日朝、東京杉並区の善福寺川で、BOAC(英国海外航空会社)の独身スチュワーデスの武川知子(27歳)が遺体で発見された。

スチュワーデス・・・1997年(平成9年)6月18日に改正、1999年(平成11年)4月1日に施行された男女雇用機会均等法により、現在、求人誌などの募集欄では「スチュワーデス」“stewardess”などの偏った性別の表現ができなくなり、「フライトアテンダント」“flight attendant”や「客室乗務員」という名称に変更されている。

この辺りの善福寺川は幅10メートルほどあったが、子どもが川に入って魚とり遊びができるくらい浅い。その川の中央部で遺体は仰向けになって、顔や手、胸部、大腿部が水面から出て浮かんでいた。被害者はグリーンのツーピースの下に人絹ブラウス、白の人絹シュミーズ、白のブラジャー、白のコルセット、白メリヤスパンティに、足底の擦り切れたナイロン靴下をはき、コルセットの靴下吊りは靴下に止められており、服装に乱れはなかった。

警察の検視の結果、死因は溺死で自殺と思われたため、行政解剖の予定で東京監察医務院に送られたが、のちに、他殺の疑いが浮上して、急遽、司法解剖に切り替えられた。遺体を慶応大学付属病院に移して解剖を行なった結果、絞殺と判明した。膣内からO型または非分泌型、さらに、パンティの局部附着部分からA型またはAB型の、それぞれ別人の精液反応が検出された。

知子は前年12月、BOACがコメット旅客機航路の開始に際して、初めてスチュワーデスに採用した日本女性8人のうちの1人だった。ロンドンの本社で現地教育を受け、翌1959年(昭和34年)2月27日に帰国したばかりで、2週間後の3月13日には初搭乗する予定になっていた。

知子は遺体で発見される2日前の3月8日午後3時ごろ、東京都世田谷区松原の寄宿先から「駒込にいる叔父の高橋五郎方の誕生祝いに招待されている」と言って、外出したまま行方不明になっていた。しかし、その予定は全くなかった。

【 重要参考人 】

外出してからの知子の行方は捜査の結果、判明しなかったが、最終的に参考人として、捜査線上に浮かんだ人物は、高潔を旨とするカトリックの宣教師のベルメルシュ・ルイズ(当時38歳)というベルギー人の神父だった。カトリックは世界の宗教の中でも最も保守的で、戒律の厳しい宗教として知られている。その神父がスチュワーデス殺しの参考人になったことで、この事件は世間の注目を一斉に浴びることとなった。

ベルメルシュは農家の長男として生まれたが、カトリックの司祭(神父)になるため、1948年(昭和23年)5月8日に神学生として来日し、東京目黒区のS修道会に所属し、同会の神学校に神学生として学び、1953年(昭和28年)に司祭の資格を得ていた。その後、同じ敷地内にある帝都育英学院の英語の教師になったが、6、7ヶ月勤務して、S会の布教事業をしている東京杉並区のD社に転属して、事件当時はその副社長として会計を担当していた。

S会は世界各国に教会、修道会、学校、記念事業団体をもつカトリックの一派で、イタリアのトリノに本部があり、Y会やM会など、他のカトリック各派のような日本での長い宣教の歴史はなかったが、戦後、積極的な布教活動で急速に勢力を拡大してきた宗派として知られていた。

D社は聖者の名にちなんだS会の社会事業団体のひとつだった。日本での布教活動の拠点を拡大するため、イタリア本部から資金、海外援助物資、寄付などが送られ、これらを基金として布教のための図書の出版、販売を主な事業として活動を続けていた。

ベルメルシュ神父には、以前から修道会関係の保母や看護婦と関係があったという噂があった。遺体で発見された知子はBOACのスチュワーデスになる前、カトリック信者だったこともあって、中野区鷺ノ宮(さぎのみや)にあるS会が経営する乳児院の看護婦として住み込みで働いており、ここでベルメルシュと知り合った。

看護婦・・・保健婦助産婦看護婦の一部を改正する法律(改正保助看法)が2001年(平成13年)12月6日に成立、12月12日に公布、翌2002年(平成14年)3月1日に施行された。これにより、保健婦・士が「保健師」に、助産婦が「助産師」に、看護婦・士が「看護師」に、准看護婦・士が「准看護師」となり、男女で異なっていた名称が統一された。

2人は原宿駅前の「菊富士ホテル」という連れ込みホテルに入ったという事実が確認された。また、死体が発見された3月10日の午前5時ころ、内職をして起きていた現場近くの主婦(当時40歳)が車のエンジン音が聞こえてきたので、外に目をやると、白っぽい小型乗用車が善福寺川わきの道を走っていったという。この主婦は警察で車のカタログを見せられ、「ルノー」の写真を数枚の中から取り出した。ベルメルシュ神父が所持している車はグレーの「ルノー」だった。

警察はベルメルシュの取り調べを行なった。教会との約束で、弁護士とバチカン市国大使館の一等書記官が立ち会った。取り調べは、のちに吉展(よしのぶ)ちゃん誘拐殺人事件で犯人の小原保を自供させて一躍名をあげた “落としの名人”平塚八兵衛部長刑事が担当した。

平塚八兵衛(1913〜1979)・・・初任地の鳥居坂署で外勤(交番勤務)だったが、ドロボーの検挙率が警視庁管内でナンバー1になり、その後、本庁に引き抜かれ、捜査1課に配属。以来、退職するまで32年余りを捜査1課一筋。巡査から巡査部長、警部補、警部、警視といずれも無試験で昇進した。その間に関わった主な事件に、小平義雄連続殺人事件(1945〜1946)、帝銀事件(1948)、下山事件(1949)、スチュワーデス怪死事件(1959)、吉展ちゃん誘拐殺人事件(1963)、カクタホテル殺人事件(1967)、3億円事件(1968)などがある。「落としの八兵衛」「ケンカ八兵衛」「オニの八兵衛」と様々な異名をもつ。吉展ちゃん事件では犯人の小原保を自供に追い込み、「落としの八兵衛」に相応しい活躍で警察功績章を授章。カクタホテル殺人事件では「自殺の偽装」を見破り、犯人を検挙。帝銀事件では冤罪の可能性がありながら警察界最高の警察功労章を授章。下山事件では他殺の可能性がありながら事件から約6ヵ月後に自殺と断定して捜査を打ち切り、3億円事件では迷宮入りとなり時効を迎えてしまった。平塚は3億円事件の捜査本部キャップを最後に引退しているが、当時、在職中に警察功績章と警察功労章の両章を授章したのは平塚八兵衛だけらしい。平塚の著書に『三億円強奪事件 ホシを追いつづけた七年間の捜査メモ』(勁文社/1975)がある。関連書籍として『刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史』(新潮文庫/佐々木嘉信/産経新聞社[編]/2004)があるが、これを原作としたテレビドラマが、2009年(平成21年)6月20・21日の両日午後9時から2時間20分に渡り、テレビ朝日開局50周年記念ドラマスペシャルとして同名タイトル『刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史』(平塚役・渡辺謙)として放送された。

5月11日、12日、13日、さらに20日、21日の計5回、延べ30時間に渡って行われ、その間、取調室にはコーヒー、お茶やジュースなどが運び込まれた。ベルメルシュが口にした茶碗やコップに付着した唾液から血液型を割り出す手筈になっていた。ところが、ベルメルシュは警戒してひと口も飲まなかった。警察はトイレにも仕掛けをして、尿の採取の準備をしていたのだが、ベルメルシュはついにトイレにも一度も行かなかった。

だが、警察の「報告書」には、<被害者の膣内に精液が認められ、膣内容の血液型は「O又は非分泌型」と判断されたが、ベルメルシュ神父の唾液から血液型を調べたところ、やはりO又は非分泌型で矛盾がない>と記されており、いつの時点、どのような方法によるものか不明だが、警察はベルメルシュの血液型を突きとめていたことになる。

ベルメルシュは警察の取り調べに対して、最後まで知子との肉体関係を否認し、事件当時の完全なアリバイを主張したが、状況証拠は揃っていた。知子の男性関係は、以前からかなり乱れていたが、事件当時はベルメルシュ以外の男性とは交際はないことが分かっていた。

6月11日午後7時半、警視庁による事情聴取がまだ終わらないうちに、ローマに転属になったという理由で、ベルメルシュが突然、羽田発のエールフランス機で本国に帰ってしまった。

警視庁の幹部は「全然、連絡を受けなかった。ベルメルシュの帰国はまことに遺憾である。しかし、参考人であるが、逮捕状が出ているわけではないので、これを止める方法がなかった」と発表した。深い疑惑を残したまま、こうして捜査途中のまま迷宮入りになってしまった。

1974年(昭和49年)3月10日、遺体が発見された日から15年が経ったこの日、公訴時効となった。

現在は、死刑になる殺人などの公訴時効は2005年1月1日施行の改正刑事訴訟法により「15年」から「25年」に改正。さらに、2010年4月27日施行の改正刑事訴訟法により公訴時効が廃止されたため、公訴時効が完成することがなくなった。

【 推理 】

しばらくして、ベルメルシュは「身代わり犯人」で、知子は “謀略” の犠牲になって殺されたという奇怪な噂が流れ始めた。噂の背景には、D社の性格とBOACの性格、そして両者をつなぐ線であった。

D社はカトリックの一派だったが、戦後日本の社会で、数々の経済的不正事件を起こしていた。1951年(昭和26年)、ララ物資やS会本部から救援物資名義で運ばれてきた各種の統制物資を横流ししたとされる事件(闇砂糖事件)の他、翌1952年(昭和27年)には、日本に運んできた闇ドルをレート360円を無視して400円程度で日本円に換金し、巨利を得ていたとされる事件(闇ドル事件)容疑などがあった。これも布教や教会施設を建設する資金作りのためだった。ベルメルシュはD社の会計主任であり、こうした事情を最もよく知る人物のひとりであった。

ララ物資・・・ララとはアジア救済連盟のことで、第2次大戦後に疲弊した日本、朝鮮を援助するため、1946年(昭和21年)にアメリカで設立された団体。同年から1952年(昭和27年)の救済打ち切りまでに日本に送られた物資は総額400億円に及んだ。バター、缶詰、小麦、衣類、靴に至るまで様々な品が送られた。1947年(昭和22年)から始まった学校給食もララ物資によるところが大きかった。

日本は戦前からプロテスタントの勢力が強く、カトリックにとっては日本は未開発地であり、特にS会は後発ということもあって資金作りに精を出した結果、こういった経済犯罪に手を染めたと見られていた。それは、S会のみならず、当時の他のカトリック各派も同じようなものであった。

一方、当時のBOAC香港回りの極東空路が、こうしたカトリック日本布教団の資金輸送路になっていた。横流し事件を起こした救援物資も闇ドル事件を起こした闇ドルもBOAC極東空路によって運び込まれたものだった。他にも、たとえば、知子殺し事件の約半年後の1959年(昭和34年)の10月には、BOACのスチュワーデスのメリー・王(ワン)が化粧箱を二重にして宝石や金を密輸し、800万円以上の利益をあげていたり、翌1960年(昭和35年)3月には、麻薬などの密輸に関係したという理由でBOACの極東空路のスチュワーデスやパーサーら関係者127人が一度にクビになるという事件があった。

知子は試験の合格圏に入らず、しかもBOACの採用規定である20〜25歳という年齢の枠を越えていた(知子は27歳)にもかかわらず合格した。また、知子のロンドンでの訓練期間中、「単独行動が多く、早朝急いで出かけることがあった」「手紙のようなものを運んでいた」「ロンドンでは何かおびえた感じがあった」といった同僚スチュワーデスの証言もあった。

以上のことから、知子はD社の会計主任と愛人関係にあることもあって、D社とイタリアのS会本部をつなぐ密輸ルートであるBOACの運び屋に仕立てられようとしたのではないかと推理された。知子は執拗に運び屋になることを強要されたが、それを拒否したことによって、何者かが秘密がもれるのをおそれて殺してしまったのではないか、と。

作家の松本清張はこの「スチュワーデス怪死事件」を国際的に立場がきわめて弱かった警視庁がベルギー人神父を逃してしまったことと、カトリック教会が進んで疑惑を晴らそうとしない閉鎖的権威主義という2つの点をテーマとして、「黒い福音」と題して週刊誌『週刊公論』に連載、引き続き、その推理編として「燃える水」と改題して連載、のちに単行本、文庫本として刊行された。

「黒い福音」を原作としたテレビドラマが制作され、2014年(平成26年)1月19日、「テレビ朝日開局55周年記念 松本清張二夜連続ドラマスペシャル 昭和の二大未解決事件」の第二夜作品として、原作と同じタイトルの『黒い福音』(出演・ビートたけし&瑛太&竹内結子、、、)と題して放送された。ちなみに、第一夜作品は前日の18日に『三億円事件』と題した作品が放送された。

参考文献・・・
『犯罪の昭和史 2』(作品社/1984)
『誰が私を殺したの』(恒文社/朝倉喬司/2001)『女性未解決事件ファイル』(新風舎文庫/朝倉喬司/2007)
『八兵衛捕物帖』(毎日新聞社/比留間英一/1975)
『黒い福音』(新潮文庫/松本清張/1981)

参考にしなかったその他の関連書籍・・・
『消えた神父を追え! BOACスチュワーデス殺人事件の謎を解く』(共栄書房/大橋義輝/2014)

[ 事件 index / 無限回廊 top page ]