本文へスキップ

いわさき薬局は北海道苫小牧市の漢方薬局・相談薬局、漢方薬・自然食品の専門店です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0144-72-6811

〒053-0806 北海道苫小牧市大成町2丁目1番10号

ご相談の流れ


はじめに

方針イメージ


当店は薬局でありますので、ご相談に応じ、対応する漢方薬、自然薬をご紹介しますが、お客様のご都合も考えず、無理に押し付けるようなことは決していたしません。説明をお聞きになり、ご納得され、必要であればご購入いただくという形です。
ですので、ご相談してから一度家に戻って検討することもできます。






ご相談の流れについて

  1. お問い合わせ

    何はともあれ、まずはお電話にてお問い合わせください。詳しくお答えします。
  2. 来店にてご相談

    じっくりとお話を伺い、ご不明な点につきまして詳しくご説明いたします。
  3. 体の状態の確認

    問診を中心に、漢方・中医学・科学的な視点からお客様の体の状態を確認します。
  4. 処方

    現在の症状に合った改善方法・処方をお勧めしますが、お客様のご要望も伺います。
  5. 次回のご来店

    通常、2週間後〜1ヵ月後、お薬が切れる前にご来店いただいています。お薬を飲んだ結果、どうだったかをお聞きした上で、まだ続けた方がよいのかどうか・・・などをその都度慎重に検討してご説明します。

Q&A よくあるお問い合わせ



漢方って、いったい何?

漢方とは、
中国伝統医学理論を基に日本で発展した伝統医学です。主に複数の生薬を配合したものが用いられます。

※生薬〜天然に存在する薬効のある産物から有効成分を精製する事なく、体質の改善を目的として用いられるもの。



―比較―
東洋医学・・・東洋、俗に東アジア地域で継承されている伝統医学全般を指します。
中医学・・・・現代中国で再整理され行われている伝統医学。
日本漢方・・・中国に起源を持ち、日本で独自に発展した伝統医学。
民間薬・・・・専門知識を持たない一般の人々が経験的に使用している生薬。
       しかしながら、ノコギリヤシ、イチョウ葉、セイヨウオトギリソウの
       ように海外では医薬品として活躍しているものもあります。

            ※ 小曽戸 洋さん 著「漢方の歴史」
              伊藤 美千穂さん 著「生薬学へのいざない」
                                  等 参照


漢方薬のお値段はいくら?

漢方薬の中には貴重な生薬を使っているものもあり、一概には言えませんが、一般的なエキス剤としては、単剤または多剤併用として

通常 1日分  300円〜550円   です。

各商品のお値段等については、お問い合わせいただければ事前にお答え致します。
現代では、漢方メーカーさんのがんばりにより、より飲みやすく、より経済的な箱包装の漢方薬も多数あります。





漢方薬に副作用はありますか?

一般的に漢方薬には、西洋薬のような副作用はありません。
漢方薬に使われているのは自然の植物を中心とした生薬です。
しかし、本来誰にでも安全と思われている食べ物でさえ、人によっては体に合わず副反応をおこすことがあるように、漢方薬にも同様なことが起こり得ます。

ここで、漢方薬が体にうまく合わなかった例と対処法の例を挙げます。

■ 胃もたれ・・・・・・通常、漢方薬は空腹時服用ですが、食後に服用すると症状
            がとれることがあります。

■ 蕁麻疹、かゆみ・・・食べ物と同じ(そばアレルギーなど)アレルギー症状の一
            つかもしれないので、服用を中止します。

■ 下痢・便秘・・・・・弁証が誤っているか、体質に合っていない可能性があるの
            で、服用を中止し、購入した店に問い合わせましょう。

■ 皮膚病の悪化・・・・誤った治療なのか、好転反応なのか購入店に問い合わせま
            しょう。




「漢方薬の
 Q&A」


お問い合わせ・お電話


0144-72-6811

 


医薬品の販売に関わる表示

(有)いわさき薬局

〒053-0806
北海道苫小牧市大成町2丁目1番10号

駐車場  正面左側(西側) 3台分

 定休日  日曜日

営業時間 10:00 〜 18:00



  クレジットカード

  
    

日専連、ほくせん、VISA、JCB、
MasterCard のクレジットカードがお使いいただけます。