まえがき




   長い時間がかかりようやく一冊のレポートが完成しました。


   事故から実に38年の歳月が流れました。


  事故の発生:1979年12月16日 日曜日




   あまりにも、失った代償は大きくこのレポートが完成し私は悲しく、悲しすぎて涙が溢れ


  てきました。山登りは続けています、山の中にいる感覚が好きです、仲間も沢山います。




   このレポートを読んだ方がもしお知り合いに精神疾患に罹っている時このレポートの方


  法でその疾患を軽減できることがありますので、ぜひ教えてあげてください。


  私は医者ではありませんが、経験から申し上げます。




  さて、本編はいきなり登山行程の説明で始まっていますが、なぜ統合失調症の解説なの


  に登山の話から始まるのかと疑問をお持ちになるかもしれません。登山をすると高度が


  上がるにつれ大気中の酸素の濃度の変化が起こります。ご存知のようにヒマラヤの8000


  m登山など頂上付近は平地の三分の一の酸素の濃度となり、登山家は酸素ボンベを背負っ


 て登るのを見かけたことはありませんか?酸素が薄くなります。これは、軽登山において


  も起こっています。高尾山もそうですし、今回発見しました瑞牆山登山でも起こりました。


  空気は目に見えませんが、高度が上がれば酸素は微妙に変化します。人類はスチーブ


  ンスンの発明した蒸気機関により劇的な産業革命を成たたせ現在に至ります。沢山の石


  炭を燃やし酸素を消耗しだしました、結果目に見えませんが二酸化炭素を発生すること


  となりました。今現在、温暖化は二酸化炭素の影響であると国際機関ICPPは声明をだし


  ています。酸素が消費されれば二酸化炭素が発生します。地球上の大気は有限です。


  宇宙船地球号であり、大気に含まれる酸素も有限です。




  登山を行い高所に上がると人体は少なからず影響を受けます。それがどのように人体に


  影響しているかの研究は成されてはいません。私は偶然瑞牆山に登りその際自身の血液


  データを観測する機会を得ました。当然酸素の薄い山を登ると血液中のヘモグロビンは


  増加すると思っていました。しかし結果、減少しました。なぜそうなるのか6ヶ月係り考え


  抜きました。淘汰が起きている、新陳代謝が起きていることに気づきました。




  沢山のお医者さんに私の説を説明しました。ナンセンス、酸素分圧など何の影響もない


  とおっしゃる方々ばかりでした。いくら説明しようが相手にされませんでした。






  私は北海道浦河ベテルの家創設の向谷地教授にお会いする機会があり、お会いした


  瞬間 「エネルギーがある、ホームページを起こせ」。それをきっかけに、10年かけホーム


  ページを作ったしだいです。少しずつページを増やしてゆきました。精神疾患の病気の方


  たちの集まりに参加し、パワーポイントにて作成した55枚のスライドの一部を使い酸素と


  精神病の関係をスライドショウにて説明したいがため、はじめました。それはやがて黄色


  のファイルの根幹になってゆきました。




  酸素の濃度は地球上の全ての生物に影響与えています。なぜ今まで誰も気付かなかった


  のでしょうか?それは、酸素などいっぱいあって目に見えないからです。




   ヒマラヤの8000mでクライマーは稀に錯乱しピッケルを振り回し狂い死んでゆきます。


   それを吹聴する売名行為で登山をしているものもいます。


   死に行くさまを酒の肴のように語っています。




   精神病特に統合失調症の発症原因は長いこと不明でした、世界中におられる精神科


   医でさえ見つけられなかったことです。ここにきて単なるクライマーである私がこの黄色


   のファイルで説明したことが精神病の全てだと考えております、驕りでしょうか?


   私は積極的に自助会やグループホームなどで発表はしておりません。ただホームページ


   を作り時々山の仲間に時に助けを求め、友人たちはみな助けてくれました。まったく損得


   のない友情です。みなが力を貸してくれました。




   長くなりましたが、どうぞびっくりなさらぬよう、本編をご一読頂ければ幸いです。


                                           2018 November 27


                                                                        榎本 卓司


   Foreword



     Takes a long time, finally finished a book report.38 years has passed    
       indeed from the accident.
      Accidents: 1979 December 16th Sunday
      Is lost, too large this report is complete and I am sad, sad it has been  
      filled with tears.
      Keeps climbing like the feeling of being in the mountains, there are a lot
      of friends.

      Read this report if tell them how this report can reduce that disease  
      when someone you know suffering from mental illness, so take a look
      at. I'm not a doctor, I would like from experience.

      May be to begin climbing story now, the story begins with the
      description of the journey, but why schizophrenia commentary though
      and you have questions. As the altitude increases as you climb
      the mountain, causes changes in the concentration of oxygen in the
      atmosphere. Don't you know is near the top, such as Himalaya 8000m
      mountain 3-levels of one oxygen concentration and climber was seen
      carrying oxygen tanks and climbing? Oxygen is thin. This is happening
      in Mt. Takao and even in light hiking. I discovered Mt. MIZUGAKI-Yama.

      Rises altitude the air is invisible, but the oxygen changes slightly.
      Let made the industrial revolution dramatically by the steam engine  
      invented by Steavensen humanity, where it remains today. Carbon
      dioxide can cause burn lots of coal, oxygen is not visible to the eye.
      Right now, the warming effect of carbon dioxide in and international
      institutions ICPP has put out the statement. Causes carbon dioxide if
      oxygen is consumed. Earth's atmosphere is limited.
     Oxygen contained in the air and in the spaceship Earth is finite.
     Climbing the high rises and more often than not affected by the human  
     body.
     Not the made research whether it is how they affect the human body.
     I got a chance coincidence MIZUGAKI-Yama to observed climbing the
     blood data.
    Wanted to increase the hemoglobin in blood and of course oxygen-thin
    mountain to climb.
    But as a result, declined. Or why is it 6 months dependency. Noticed that
    shakeout is happening, happening the metabolism.
 
    A lot of doctor explained my theory. It was people and say no effect such
    as nonsense, the oxygen partial pressure. Was not to try to explain how  
    much.
    I am a moment and have a chance to meet Professor MUKAIYACHI of
    Hokkaido Bethel Home Foundation.
   "Waking up is the home pages, you have energy". That led to10 years,
    made the home page. Page has increased little by little. Because part of
    55 and joined a bunch of sick people in mental illness, created in
    PowerPoint slides, and served in the slide illustrates the relationship
    between oxygen and mental illness, was started. It soon became yellow  
    file bases.
   The concentration of oxygen gives effect to all life on Earth. Why anyone
   didn't notice until now?
    It is filled with oxygen, and is invisible to the eye.
   Wielding the Axe, and deranged rarely climbers in the Himalayan 8000m
   we will die to go mad.
    Publicity stunt brag about it with climbing. Customers go to death speaks
    to the relish of drunk.
 
    Mental diseases especially schizophrenia etiology is not found even by
    psychiatrists around the world not that long, I suspect. Pride, we think
    can come here, just a climber I explained in this file, all of the mental
    illness? Not that I actively present in self-help and group home, etc. Just
   make a
   website sometimes mountain buddies for help during, friends who were
   helped. This is no loss or gain of friendship. All lent force.
 
   Please read the story longer, please surprise requested not to apply, so  
   appreciated.

   

                                          2018 November 27


                                                                     Takuji Enomoto

 home  
Introduction 55枚のスライド 55 slides for English 私の説明書 My Instractions 瑞牆山
2008年版 黄色のファイル トラウマ構成 予感 写真集 掲示板 a view for English Data
                                                                                                       Google+Blogger facebook
                                                                 
レポート  Report