Afterword


   And the yellow the yellow file



  In the summer 2002 Disease was rekindled.

  I made two reports. File was lying in the room was green and yellow

  Yellow got ready at home. Submitted to the Doctor of the Department of  

  Psychiatry, attending one of the Green Book. Taken from company color  

  Fanuc, as yellow.

  A long time ago mounted yellow thick instruction manual 4-5 books and  

  read all over.

  Programming of NC machine tools and mechanisms are described in this  

  instruction manual.

  I did the operator of machining and machine design.

  Last spring 1989, I was the onset of schizophrenia. The phenomenon of  

  possession occurred.

  AWANO that last possession and, who is this? I thought for a while.

 Long time ago, I learned computer programming.

 The lecturer was Mr. AWANO.

 He gave me a batch of "FAPT EXPERT".

                                                                                                       

 Reports filed after5 years have passed. Switch happened on television

  was a program of the voyage for the futurein ABU, NHK. The ending   

  song is  flowed. This is the English rap song.


  "ENOMOTO say, he can talk with God, he says he can talk with God..."


  Oh, I felt a growing story, this read my files medical students from  

  overseas, at that time the yellow file. I launched a website based on  

   this file, and10 years has passed. Little by little, as more readers.  I  

   want to study medical without the completely uneducated in. This file is  

   obtained tips over time, and I felt myself analysis and sick people at that

   image aside, said add little by little.

   Yellow spelling in English is the "Yellow".

   This word is used in the meaning of cowardice, PIs, and coward.

   This report says it's not claims for the accident is they said.

   I know these are uneducated and irresponsible you are going outside of

   the medical.

   38 years since the accident.

   As a record one of climber, wrote this report.

                                                                                                   

   Thank you very much for reading.

                                           TAKUJI ENOMOTO

                                                           2017 December 07 (Thursday)



   あとがき


 黄色のファイルの黄色とは


 2002年夏、再燃が起きました。

 私は、二冊のレポートを作りました。部屋に転がっていた ファイルは緑色と

 黄色でした。

 黄色は自宅に備えました。緑色の一冊を通う精神科の先生に提出しました。

 黄色のファイルの黄色とは、ファナックという会社の社色、ファナックイエロー

 からとりました。

 大昔に黄色の表装の分厚い取扱い説明書を4〜5冊、くまなく読み込みまし

 た。この説明書には、NC工作機械のプログラミングや仕組みが解説してあり  

 ます。私は、マシニングセンタのオペレータや機械の設計をしました。

 1989年春頃に私は統合失調症を発症しました。その際に、憑依という現象が

 起きました。

 アワノという方が最後憑依して、この方は誰だろうかしばらく考えました。

 昔、コンピュータープログラミングを習いました.

 その講師がアワノさんでした。

 アワノさんは私に「FAPT EXPERT」のバッチをくれました。

 レポートを提出後、5年が経ちました。たまたま点けたテレビはNHK「ABU未来

 への航海」という番組でした。そのエンディングに歌が流れました,

 英語のラップの曲です。

                                                                    "  

  ENOMOTO say, he can talk with God, he says he can talk with God…"


  あぁ、これは、あの時の黄色のファイルを海外からの医学留学生が、私のフ

  ァイルを読んで、話が広まっているのだなと感じました。

  私はこのファイルをもとに、ホームページを立ち上げ、10年の歳月が流れま

  した。少しずつ、読者も増えているようです。

  私は医学を勉強することも無く、まったくの無学であります。      

  この黄色のファイルは時間をかけて、私の自己分析や、病気の人たちの集

  いで感じたことに,

  ヒントを得、イメージがわき、少しずつ書き加えていったものです。

  黄色を英語で綴ると"Yellow"です。この単語は卑怯者、小僧、腰抜けなど

  の意味で使われます。

  このレポートはその事故に対するクレームではないのと言う方が大方です。

  これらは、医学の外で行っている無学で無責任なことと存じます。

  事故から38年が経ちます。

  一人のクライマーの記録として、このレポートを書きました。

 

  ご精読ありがとうございました。

                                                   2017年12月7日(木曜日)                                                         榎本卓司

  home  

Introduction 55枚のスライド 55 slides for English 私の説明書 My Instractions 瑞牆山
2008年版 黄色のファイル トラウマ構成 予感 写真集 掲示板 a view for English Data
                                                                                                         Google+ Blogger facebook
                                                                   
レポート  Report