予感


私の予感は的中してしまい
ました。

たくさんの人が東日本大震
災にて亡くなってしまいまし
た。

私に出来ることとしてかかり
つけの医師に告げました。

そして以前入院したことのあ
る病院に「大きな地震が起
きて津波がおこる」と告げて
いました。「備えてください」と
しか言いようがありませんで
した。また、近所の消防署に
駆け込み地震の起きること
を告げていました。



残念です。約3万人の犠牲
者が出てしまいました。
さて、最近なんとなく予感や
変わった感覚があります。そ
れは、2012年7月14日を起
点として5年以内に大洪水な
のか大津波なのか、解りま
せんが、とりあえず標高
1000m近くに避難しなけれ
ばならない事態が起こる感
覚があります。これは、木々
の囁きや、通う岩場(標高
177m)で感覚を感じ、まだ
確かめていませんが、標高
1000mの山に登ってその感
覚を確かめているところで
す。

水没して死ぬことは大変苦
しいことです。私は雪崩に流
され窒息を経験しました。

たいそう苦しいです。
備えるならば水に浮く手段を
講じるのが先決に思いま
す。

ウエストベルトタイプのライフ
ジャケット、また無料で貸し
出してくれる救命胴衣など

どうぞ皆さんが判断して最善
の備えを致して下さるよう願
います。

水に浮いていればとりあえ
ず溺れることは免れます。

杞憂であればよいのです
が、木々や岩の念を感じて
います。


 




これは緊急用の大型イカダです。時間が余りかからず、沢山短時間で作ることが出来ます。8個のロングコンテナを溶接して作ります。内装は各コンテナ間を結ぶハッチのみです。バラストは下部のコンテナに型枠を作りコンクリートを流し込めば良いと思います。


   

     home
                     
51枚のスライド 51 slides for English 私の説明書 瑞牆山 2008年版 黄色のファイル トラウマ構成
予感 写真集 掲示板 a view for English Data