8. ダークマターの観測

人が死する瞬間、走馬灯体験を起こしている。

これは、脳波測定により偶然死亡してしまった脳波のサンプルにより明らかである。

窒息がはじまると脳に酸素分子の電荷が脳の記憶細胞に飛び込むことにより発生する。

No.12-14に示す。

脳波の記録に心停止後に脳波の乱れが発生していることが読み取れる。この時に走馬灯体験が発生している。窒息後すぐに発生する。本人にとっては時間が長く感じている。意識の消失は窒息後1分から1分30秒である。意識がなくなると、強直痙攣を起こし、死に至る。

この脳波の乱れがダークマターを解く鍵になる。

実験として、フリーダイバーに脳電極と心電図電極を取り付け、水の底まで潜ってもらう。

その間にエネルギーが発生すると考えられる。

これを、カミオカンデの観測方法と同じ仕組みのセンサーを1m間隔で、深度120mの円周上に配置したセンサーで淡水の湖において観測することにより、発生するエネルギーの正体の解析を行えばダークマターは何なのかが判明すると予測する。


No.12                                         No.13                                      No.14

         

引用文献 :医学書院発行 脳波判読 step by step 症例編 第2版 1995年

著作 大熊輝雄教授  執筆協力 松岡洋夫教授 上埜高志教授 pp176-178


黄色のファイル 2014/a yellow file, reson for Schizophrenia




































































                                                                             




                                                                       ●BackIndexNext