6.うつ病

         個体のヘモグロビン値が下限域に停滞している状態。原因はストレスと大気中酸素濃度、酸素分圧の影響。

      脳に運ばれる血液中の酸素が不十分で脳が正しく機能していない。酸素不足で脳が働きを停止している。

      No.8に示す。長いうつ病の状態の時に1,500mの標高に滞在し2200m〜2500mの登山を行う。ヘモグロビン

      値の下限域のリミットを叩く反応を促すと、ヘモグロビン値は増加する。うつ病はヘモグロビンの値が上昇す

      ると完解する。No.9に示す。

        No8

        No.9


黄色のファイル 2014/a yellow file, reson for Schizophrenia




































































                                                                             




                                                                   







                       

                                               BackIndexNext