5.統合失調症

 希死念慮などの偏執をきっかけに、血液中のヘモグロビンの淘汰がはじまる。ストレスと酸素分圧の影響である。

 同時に大気中の酸素分圧の変化に同調し爆発的な変化がおきる。

 常人ではコントロール出来ないエネルギーがヘモグロビンの分解に伴うイオンにより発生し精神錯乱をきたす。

それぞれの個体にあるヘモグロビン値の下限域のリミットを叩く反応である。反応後は徐々に値が増加し、やがて

鎮静化する。No.7に示す。

 ヘモグロビンの反応を起こしているのを自覚するには、標高0m生活者が富士山五合目にバス移動した際に目の

周りや後頭部にもやもやした感覚を持つ時、淘汰が始まっている状態である。ヘモグロビンの反応が起きる時、全て

の人が統合失調症を発症するのではない。

  各個体にはヘモグロビンの値を上限、標準、下限とする域があり、標準域内の反応は下限域のリミットに達しない

ので統合失調症を発症しない。発症するは比較的若い個体であるほど新陳代謝が盛んであるが故ヘモグロビンの

反応が起きやすい。




     No7


黄色のファイル 2014/a yellow file, reson for Schizophrenia




































































                                                                             




                                                                       ●BackIndexNext