4.高山病

   私は2007年六月七日より統合失調症の治験を行った。私は血液中のヘモグロビンの変化について強い確信

を持って行った。この間のヘモグロビン値の変化を下記No.4に示す。私は同年九月末三日間、2230mの山に登

った。一般的に高い山に登るとヘモグロビン値は増加すると言われている。時系列と滞在高度および酸素分圧を

No.5に示す。ヘモグロビン値の変化をNo.6に示す。

   私の体内でヘモグロビンの変化が起きていた。私の血液は希薄になった酸素を効率よく運搬するために古く

 て弱いものの淘汰および新陳代謝を起こしていた。私の体重は55kgである。私自身の総血液量は4230ccで、ヘ

 モグロビン総量は651gである。登山直前のヘモグロビン値は15.4g/dlであった。導き出した私の最低値は

 14.4g/dlである。私の体内で登山をしたことより1g/dlのヘモグロビンの分解淘汰が起きていた。これは、42.3gの

 ヘモグロビンが分解されイオンが発生していたことを示す。イオンは私に解離を起こし憑依、透視、妄想、妄念

 を与えた。これは、統合失調症の病識と全く同じである。私には病識がある。増加するはずのヘモグロビンの値

 が減少した。オリンピック選手たちは、高所順応を利用し淘汰される弱く古いヘモグロビンを持たず、単純増加

 の結果をみる。また、下山後一ヵ月後に測定することは、減少していることに気づかない。生物は新陳代謝をも      

 つ。 以上、高山病の仕組みの一部である。

                   No.4
date 14-July 17-Aug 8- Sep 3-Oct 1-Nov
Hb g/dl 15.8 15.6 15.4 14.7 15.8

                                          No.5
day time Alutitude
   (m)
Oxygen tention
      (mmHg)
1 11:20 18 159

15:00 1400

16:00 1550 133
2 7:30 1550 133

8:15 1650

9:30 1800

10:45 2230 124

11:40 1650

17:00 1550 133
3 10:00 1550

16:50 18 159



                                             No.6                                                      

黄色のファイル 2014/a yellow file, reson for Schizophrenia



















































































                       

                                               
                                                                                                             
                                                                                                     


                                                                                                                                             





                                                                                                                                                    ●BackIndexNext