3.サバイバーズギルト

       移動した病院にて、興奮していた私は救助を諦めた事に重い自責の念を持った。

       涙溢れトランス状態になりまたフラッシュバックが起きた。私の体内で何か変化が起きていて再度の

   走馬灯体験をゆっくり起こしていた。さらに記憶の再現が終わるとゆっくり将来を夢想していた。

       これらは、重く深く厚く私の脳内の神経細胞に電気信号として上書きされた。

     その後私の人生に長い間、うつ、躁鬱、統合失調症の精神的ダメージをもたらした。

     長い時間がかかりこの時に起きたフラッシュバックの原因を理解できた。ストレスにより、急激に血液中の

    ヘモグロビンの弱くて古いものの淘汰、新陳代謝が起きていた。ヘモグロビンの分解により、イオンが発生し

 脳の記憶神経細胞に連鎖的に突入し走馬灯体験を再び起こしていた。

     そのエネルギーは、雪崩に流された結果10eのエネルギーが脳内に滞留している。

      再びトランジスタ効果により脳内に101eX10=102eの電気信号が蓄積された。No.2に示す。

     トランジスタの直列の接続は増幅率の積である。その回路図をNo.3に示す。


黄色のファイル 2014/a yellow file, reson for Schizophrenia



















































































                       

                                                   BackIndexNext