バナー

 

 


ロストWAXキャストの技術


初めにキャストのメリット、デメリット
キャストは原型をWAX(ワックス)で作る為に
ほとんどの形は問題なく作り出す事ができますが、
途中の工程で筒に入れなくてはならない為に
筒の大きさを超える物はキャストする事は出来ません。
もー1つは量産する時の問題で、
複数同じ品物を作ろうとすると、若干原型よりも
縮んでしまいます。
WAX(ワックス)原型
これは商品を金属にする前の
段階で、材質はロウソク
のような感じです。

金属よりも整形しやすいので
よりクオリティーの高い
品物を作る事ができます。
枝付け(えだづけ)
WAX状の品物を効率よく
金属に変えられるように
まとめる工程です。

木の枝の様に作る事から
枝付けと言われています。
(ツリーとも言います)
埋没(まいぼつ)
枝付けをした品物の周りを金属の
筒で囲み、そこに石膏(せっこう)
を流し込み、固めます。
WAX焼成(ワックスしょうせい)
埋没(まいぼつ)した
筒を高熱の炉(ろ)に入れ、
ロウソク状の品物を
溶かして流し出します。
加圧式鋳造(ちゅうぞう)
炉(ろ)に入れておいた筒を
取り出し機械にセットして、
金属(うちでは真鍮かシルバー)
を溶かし、流し込みます。
最終工程
金属を流し込んだ筒を水に入れて
石膏(せっこう)を落とし、

形になった金属を取り出します。
これでキャストの終了です。
この後、品物を磨いたり
削ったりして商品に
なるわけです。


【お問い合わせ】 【業務内容】
(有)八木沼金属
TEL:03−3656−2054
FAX:03−3656−6829
住所:東京都江戸川区東小松川4−37−8
Eメール:yagikin@silverkozou.com
HP:http://www.maroon.dti.ne.jp/yagikin/
挽物(ひきもの)
    シルバー、真鍮(しんちゅう)など金属を使った
  各種アクセサリー、パーツの企画
(自社のオリジナルアクセサリーを作りたい
オリジナルの記念品を作りたいなど)
と製造を
行っている会社です。
機械も広く揃えているので、
他社で断られた難しい仕事など
ご相談頂ければと思います。