お問い合わせ先・アクセス
トップページ > 講習会(田研セミナー) > 田中ビネー知能検査

田中ビネー知能検査

田中ビネー知能検査X

日本を代表する個別式の知能検査として、教育界で極めて高い評価を受けています。
発達相談、教育相談、特別支援教育、医療相談などの様々な分野で幅広く利用されています。
本検査は1947年の初版以降、1954年、1970年、1987年および2003年と順次改訂され、検査の基準をはじめ、内容、方法、用具など、現代の子どもの発達状態に即した検査になっています。

田研心理検査士(田中ビネー2級)

田中ビネー知能検査の理論的背景を十分に理解し、またその実施法、採点法、利用法ともに検査者としての水準を満たしている方に一般財団法人田中教育研究所が認定する資格です。対外的に当所が田中ビネー知能検査の検査者として資格を認めているのは、この田研心理検査士(田中ビネー2級・1級)の資格認定者だけです。

資格認定の要件

1.全講義(理論T・U、実習T・U・V)に出席していること
2.ペーパーテストで合格点に達していること
3.全ての課題を期限内に提出し、審査で合格点に達していること
*合格点に達しない場合には、再審査の機会があります(再審査料3,100円)
■提出課題
@ 理論T課題レポート
A 理論U課題レポート
B 実習V実習ケース1部(幼児~小学生対象)
C 審査用実習ケース2部(幼児~小学生対象1部:14歳以上〜成人対象1部)
*実習ケースとは、実際に検査を行った記録用紙を提出いただくことです。検査の対象者はご自身で探していただきますのであらかじめ知人などに頼んでおかれるとよいでしょう。

資格認定までのステップ

   田中ビネー知能検査 資格認定までの流れ

受講生の声

受講後のアンケートに記入された感想を一部紹介いたします。今後もご意見等をふまえ、より充実した講習会となるよう努めてまいります。

  • 実習ケースを返却されたときに、「こんなに丁寧に添削してもらえるんだ!」とびっくりしました。
  • 独学では気付かない点が多くあり、本当に勉強になりました。
  • 検査結果を出す事が最終目的ではなく、そこからケアと支援につなげていけること、またそうしなければ本来の目的を果たさないことを学び理解しました。
  • 今まで、数値としての結果にのみ目がいっていました。それがいかに偏っていたかということを実感しています。
  • 講師の先生方が優しくお話ししやすく、その雰囲気のよさに驚きました。ありがとうございました。
田中ビネー知能検査
田中ビネー知能検査X

田研心理検査士 (田中ビネー2級)
資格認定の要件
資格認定までのステップ
受講生の声