最新の超新星情報 私の見つけた超新星 超新星捜索
銀河写真 星雲・星団写真 ユベオツ天体観測小屋 -撮影機材- 
接続ハードソフトとコスト 鏡筒・赤道儀・CCDのトラブル 自作真空管アンプ

2015/06/03更新
「おまけ」更新

    ユベオツの空
自作真空管アンプ

すべて純粋な3極管を使用した自作アンプです。
 
記載内容や画像の無断で引用・流用はお断りいたします。


  1. RCA 2A3シングル(6DL4-2A3,5U4G)
  2. 6EM7シングル(6EM7,5Y3)
  3. WE 300Bシングル(6DL4-300B,5Z3)
  4. WE 421Aプッシュプル(6DJ8-5687-WE421A,5Z3)
  5. RCA 843シングル(12AU7-843,5U4G)
  6. 1626シングル(6414-7044-1626,5Y3)
  7. VT-62(801)プッシュプル(12AX7-6CK4-VT-62,5R4GY)
  8. マニュアル
  9. おまけ

1.RCA 2A3シングルパワーアンプ

RCA 2A3 2枚プレートのシングルアンプです。 プレート色はグレーですのでかなり後期のものです。 6DL4(EC88)2本によるSRPP、整流管5U4G。回路図
2a3
SRPPの6DL4は片CH2本使用

2.6EM7シングルパワーアンプ

GE 6EM7(袴なし)を使用したシングルアンプです。 6EM7はほかにはSYLVANIAとZENITHのものを持っています。 NEC 6EM7はたった1年で2ペアとも駄目になりましたがGEはかなり丈夫です。 増幅は6EM7のみ、整流管5Y3WGTA。回路図
6em7
非常にシンプルな構成、5Y3WGTAのほうが背が高い

3.WE 300Bシングルパワーアンプ

WE 300Bを使用しています。写真は再生産品です。 再生産品の銘はかなりはっきり印字され1本ごとに管理番号とEp-Ipグラフ つきデータが付属されてきます。購入するときは注意が必要です。 6DL4(EC88)2本によるSRPP、整流管5Z3。回路図
WE 300B
SRPPの6DL4は片CH2本使用

4.WE 421Aプッシュプルパワーアンプ

WEのレギュレーター管である421Aを使用したプッシュプルアンプです。 WE 421Aは二つの3極管が入ったヒータ共通の複合管です。 なのでコンパクトにPPが構成できます。きわめて内部抵抗が低いものです。 初段は6DJ8のパラレル、位相反転は5687によるムラード(マラード)型、整流管5Z3。 回路図
WE 421A
これでも点灯している

5.RCA 843シングルパワーアンプ

RCA 843シングルパワーアンプは当初はA2級ドライブを予定していましたが 電圧不足のためA1級でのドライブです。 写真の整流管には中国製274Bを使用していますが、 使用予定がないため使っているだけで5U4Gで十分です。 12AU7のSRPP、整流管5U4G。回路図
843
843はA2級が可能

6.1626シングルパワーアンプ

1626(SYLVANIA)シングルは私のアンプでは唯一、カソードフォロワによるA2級ドライブです。 初段は6414、次段7044の直結、整流管5Y3WGTA。回路図
1626
小型だけどST管で格好も袴の色もいい

7.VT-62(801)プッシュプルパワーアンプ

このアンプは高電圧を扱うため感電に注意を要します。 私のアンプでは唯一、インターステージドライバートランスのISO NC-14を 使用したA2級ドライブでモノラルなので2台製作します。VT-62(801)はHYTRONです。 初段は12AX7,12AU7,6414,5965といった性質の異なる幅広い3極管を 回路の変更を一切せず管の挿し替えだけで使用できます。 初段上記、次段6CK4、NC-14、整流管5R4GY。回路図
VT-62
トリタンフィラメントが輝く姿は電球のようで好きではない

8.マニュアルについて

下記マニュアルを持っております。有償コピーいたしますのでお問い合わせください。

* LUXKIT A3300
* LUXKIT A501
* エレキット TU-870
* DYNACO PAS-3X

このマニュアルは製作途中のトラブルシューティングはできますが、組み立て済みアンプの修理用途には向きません。
回路図を読めない人は組み立て済みの中古品を購入するときはそれなりの覚悟を持ちましょう。

9.おまけ

自作アンプで有名なサイトhttp://www.op316.com/tubes/lpcd/aki-dac.htmにある
秋月のパソコン用 USB-DAC (AKI.DAC-U2704 DAコンバーター)を製作しました。(13/06/06)
AKI.DAC-U2704
基板はさすがに愛用の60Wこてではなく25Wこてを使用。 しかしながら、出番はほとんどなくなりました。(15/06)
出番が極端に少ない理由はほかの機器が比較的、充実しているからです。 スピーカーは JBL 4312B , TANNOY ARDEN-2(中古) , JENSEN H222(中古) です。 プリアンプは NAKAMICHI 610 と古いものです(プリアンプはあまり使いません)。 CDプレーヤーは DENON DCD-1650AR(中古) , VICTOR XL-V31(ジャンク品)。 FMチューナーは KENWOOD KT-305D(ゴミ) , SANSUI T-α7(普及品・中古)。 測定器は KENWOOD CS-4125 , KENWOOD VT-181 , KENWOOD AG-203D など。 このようにゴミから拾ってきたものも含め、中古ばかりを使っています。 しかし、スピーカーは一応、名の通ったメーカですし、ヴィンテージに属するH222もあります。 その他のオーディオ機器はすべて Made in Japan のものばかりです。 ジャンク品であっても裏を見て日本製かどうかを見ています。高級に見えても中国製はいけません。 自作のアンプと日本製で固めて安心して聴いています。 なお、雑音が多いためLPや古い録音は聴くことはありません、どんなに名演奏といわれるヤツもです。 機器を通すと雑音が目障り過ぎるからです。


閲覧者数: