『みんな大好き、ハルの想い出。元気いっぱいのハルをみんなに。』


サッカー日韓W杯年の2002年5月10日、埼玉県川口市生まれ。
父親はアジリティのチャンピオン犬、母親は若く初産で、6匹兄弟の3番目にして長男。
ブリーダーさんいわく”一番の甘えん坊”で、7月にやまゆき家族に加わり、体重は2kg後半でした。

ブリーダーさんとの約束通り、散歩時以外はリード無しで、すくすく成長。
跳ねるように走る姿は元気そのもの、宿の周りを毎日5周して、足腰のトレーニング。
また同時に、厳しいしつけも始まり、遊んでは怒りの繰り返し。
3回目のワクチンが終わり、いよいよ乾燥室のゲージから会津の自然へデビュー!
ついにお外の犬小屋で暮らす、看板犬ハルの誕生です。
この頃のハルを知るお客様はごく少数で、まだお客様と一緒に遊ぶ事もほとんどありませんでした。


[アルバムの各写真は、クリックすると別ウインドウで大きく表示されます。]
ボクのチャームポイントは、くりくり目玉だからね。
みんな、そこんところ、見逃さないでよ!


《ハル0歳、2002~03年》

《ハル1歳、2003~04年》

《ハル2歳、2004~05年》

《ハル3歳、2005~06年》

《ハル4歳、2006~07年》

 
 《ハル5歳、2007~08年》   一緒に暮らしていて、ハルがいるのが当たり前のような、
ずっとそんな存在になっていました。
一緒に遊んで、一緒に出掛けて、一緒に仕事して、
一緒に笑って、一緒に泣いて、家族そのもの。
ハルに巡り合えて、感謝の気持ちでいっぱいです。
ハルに心から「ありがとう」と。
そしてハルが出会ったすべての人に「ありがとう」。

《ハル6歳、2008~09年》
《ハル7歳、2009~10年》
《ハル8歳、2010~11年》
《ハル9歳、2011~12年》

ボクの大好きなもの ➡ とうちゃん、かあちゃん、ご飯、ガム、水、遊び、お家、匂い、女性、お客様。
ボクの大嫌いなもの ➡ 大きな音、地鳴り、花火、病院、注射、排気ガス、うるさい犬、サンダル、ホウキ。
羊の事や釣りの事は、え~と、良く分からないな。
人の言葉はしゃべれないけれど、みんな、元気出してね。
もし良かったら、しょんぼりしているとうちゃんとかあちゃんを、勇気づけてよ。
そしてさ、もうボクはいないけれど、やまゆきかわゆきを、応援していてね。


応援メールは、こちらいつものe-mailまで!

ハル、優しさと笑いと元気をくれて、ありがとう。
ハルがいたから、楽しい月日でした。


2012年、ハルの名のごとく、立春を迎え、翌2月4日午前に永眠。
会津若松市の動物供養寺の正雲寺にて、弔いました。



copyright 2011 YAMAYUKIKAWAYUKI all right reserved.