やまゆきかわゆきは、
会津の自然を楽しむ人のためのゲストハウス。
 TOP PAGE
FF宿泊案内 よくある質問Q&A 奥会津の渓流 FFスクール 北海道釣行記 FF生活のコラム

 あなたが自然を愛する大人であるなら、

 奥会津で過ごす時間は、

 きっと素敵なものになるはずです。

 自然の大地、生命の息吹、陽射しの色、

 そして自分の存在を確かに感じる時。

 しっかりと生きている事を、

 フライフィッシングを通じて知った人生を、

 昨日以上に愉しもうではないか。


▲早春の鱒沢川、木々が萌黄色に。 


 ▲初夏に実を結ぶヤマクワ。
  奥会津を訪れるFlyfisherへ、簡単なメッセージ。

  その土地、その川、その季節に合ったドライフライの釣りをしよう。
  奥会津は、川も、魚も、何もかもが、おおらかな場所。
  リーダーティペットはロッドの1本半~2本分。
  太さも5X~6X位で、毛針は#12くらいかな

  ロッドは8f前後と7f前後の2種類があれば、どこへでも行ける。
  逃げられちゃったら、また別の魚を探せば良い。
  走られちゃったら、次のポイントへ進めば良いんです。
  毛針なんかは、パラシュートとカディスとテレストリアルでOK。
  CDCは使わないスタンダードな毛針が長持ちして楽だね。

■マスメディア媒体の取材協力
[2014年7月] 地球丸『フライロッダーズ』2014年9月号、「夏の渓流危険と対策」、解説。NEW!
[2014年1月] つり人社『フライフィッシャー』2014年3月号、「特集ここに立ちたい70河川」、鱒沢川。
NEW!
[2013年4月] 地球丸『フライロッダーズ』2013年7月号、「特集会心の一匹に出会える夏のデスティネーション100」、布沢川、鱒沢川、舟岐川。
[2010年5月] テレビ東京『釣りロマンを求めて』2010年6月オンエア、「大自然で癒されよう!福島県舘岩川でヤマメ」、舘岩川。
[2008年5月] 釣りビジョン『花鳥風月…そして魚』2008年6月オンエア、伊勢正三フライトリップ1、舘岩川水系。
[2007年7月] 地球丸『フライロッダーズ』2007年9月号、「特集夏の渓流完全ガイド」、伊南川。
[2006年7月] 地球丸『ヤマメ&イワナの日本100名川東日本編』2006年、鱒沢川、檜枝岐川。
[2005年8月] 阪急コミュニケーションズ『ザ・ヘビーデューティー・マガジン』2005年、「特集丈夫でかっこいいものが欲しい、高橋幸宏編」。
[2005年7月] つり人社『フライフィッシャー』2005年9月号、「特集みちのく、サカナ美しき国」、大阪発みちのく行”せのびあしのび”な旅。
[2004年9月] つり人社『僕たちの渓流フィールド山形・宮城・福島』2005年、水無川、鱒沢川、舘岩川、檜枝岐川、舟岐川、黒谷川。
[2004年6月] エフエフメディア(ffmedia)『福島県・舘岩川のイワナ・ヤマメ』2004年6月配信、舘岩川、鱒沢川。
[2002年6月] つり人社『フライフィッシャー』2002年9月号、「宿から始まるフライフィッシング」、やまゆきかわゆき。


 
copyright 2011 YAMAYUKIKAWAYUKI all right reserved.