ためになるパッティング術・他



>お気付きの欠点 ⇒スライスラインで右に流す傾向あり

打てないでアマライン(逃げる方向)に外すのであれば単に
練習不足とパター全般が上手でないプレーヤーの大枠に入るのでしょう。
2m程の少々曲がるラインは★少し強く打てば殆ど真っ直ぐで入るものです。
しかしその真っ直ぐを強く打てない=パターが苦手=練習不足かと思います。
ゴルフは上級者であればあるほど寄せとパットを大事にします。
打てる手を作るには毎日数分のパッティング素振りで十分だと思います。
大変な練習は続けられません。フルスイングもそうですがパッティングも
素振りが大切ですし簡単です。本番の練習グリーンでは10mほどの距離あわせと
2mほどをどの方向からも真っ直ぐに入れる練習が良いようです。
弱ければ真っ直ぐでも芝目などで曲がります。
曲がるラインに見えても少々強く打てば2m程はカップ内のラインで済みます。

---------


パターのお手入れ方法

弊社のパターは非常に柔らかい軟鉄で作られておりますのでプレイ中は必ずヘッドカバーをお使いください。
使用後のお手入れですが
防錆スプレー・クレCRC 5-56を軽くヘッド全体に吹きかけ
乾いた布で万遍にお拭きください。もっとも一般的で安価で良い商品です。
他の防錆スプレーは絶対に使わないでください。表面処理を傷つけるものが殆どです。

雨天後のプレー終了後にも同じようにして水分を拭き取り(特にフェース面裏のキャビティー部分)
濡れたヘッドカバーは完全に乾かしてからご使用お願いします。