Yamada Putter Co' Ltd & Industrial Putting Technology               
               For Best Putter & Putting -Since 1986                       

ホーム 新商品情報  お買得商品情報 Dream54 パッティングバイブル ご質問・お問合せ 掲載記事 会社案内


オリジナル調整・フィッティングサービスとは

入るパターを作るためには効き目等に合わせた周到な調整が必要です。
25年の経験と知識を生かし入れるためのフィッティングを行います。
 
シャフトの入り


人間には各々効き目があります。約8割の方が右目効き目のようです。
左右の目は10cm弱程離れていますが、この距離が結構曲者です。
パターを持ってアドレスし左右の目を交互に開閉して下さい。
シャフトの入りが違うように見えますね。

このための調整が上手くいかないとパターフェースが何処を向いているのかが
不安定になります。ボールポジションやグリップの位置にもよりますが、
このシャフトの入りを調整上手くすれば安心して目標を狙える様になり、
入らない原因がパターではなく他の原因だと判ります。
この角度を現在はフェースアングルと呼んでいますが、理論的にはソール面と
シャフトの関係を言います。この調整は極めて重要です。

ベンドシャフト(曲りシャフト)

弊社では全てのベンドシャフトを社内で曲げています。
弊社用に日本シャフトさんで製造しているオリジナル
シャフトをミクロン単位で動くマシンで曲げていますので
ライ角、グース度合いも特注出来ます。


ヘッド重量

ヘッド重量が軽過ぎると手先でストロークをしようとする
傾向が人間にはあります。2mを確実に入れたい時に
許される誤差は1.5度しかありませんから、色々な動きをする手先では
安定したストロークは出来ません。そのため弊社のパターヘッドは重めに
(360g〜390g)作られています。重厚な重さには意味があります。


ライ角

ライ角がフラットなパターを好む人はパター巧者に多いようですが
これは目線よりも外側にボールがあるのでラインに合わせ易く感じる
からです。しかしストロークは難しくなります。円弧ストロークに
なりやすいからです。ライ角はやはり71度〜72度辺りが良いでしょう。

ハンドダウンにし過ぎるとヘッドが立ち気味になりロフト分だけ
フェース面が左を向きますから多くの場合アドレスを矯正した方が
長期間の良い確率を考えれば得策です。癖のあるアドレスからは
適切なストロークは難しいものです。体に負担が少なく縦振り子ストロークの
し易いアドレスを確立しましょう。


グリップサイズ

にべもない答えになりますが、握りやすく安定した感じをご本人が
感じれば十分です。と言うのも手の握り(グリップ)とパターのグリップ
の関係は電車の連結器と同じで、グリップは単に繋がっている場所であって
その部分は何ら動作をしません。その部分が動いてしまえばショートパットでも入りません。
それを理解すればグリップを変える必要は無いわけです。

プロでもグリップの形を変える人がいますが、悪さをするデビルズハンド
(悪魔の手=利き手)の存在を消すために行っているようです。しかし余り
繊細にグリップの事を考えるのは良くありません。パッティングは
非常に単純な動きです。グリーンの読みが7割、ストロークが3割
と考え、歪の無いストローク理論を習得し実践する事が得策です。

その際人間には改善できない緻密な誤差矯正を可能にするDream54をお使い下さい。

人間ですから手の感触を大事にしたり、感じを出したりするのも
理解できますが、それらの全てはひずみに繋がりやすいものです。
総合的な事を考えれば単純な動きが良い結果を生みます。


長さ(クラブレングス)

一般的に言われている長さよりも短めのパターが縦振り子ストロークの
イメージが作りやすいです。胸骨を水平にするのは本人が考えて
いるよりも低い姿勢なのです。しかしその姿勢で長い間の
練習は厳しいものになります。結局Dream54を使ってストロークを
矯正するのが短い時間で済みますし確実な練習になります。


真っ直ぐ転がるパター

どんなパターでも芯で打てば真っ直ぐ転がります。しかし軽過ぎる
パターは芯に当たらないと「当たり負け」をし、方向性が悪く
なるものもあります。また芯で打とうとしてもトゥ側に当たる場合が多いようで
その場合に大きく右に転がるパターは避けるべきです。使用するパターが
芯を外した場合にどんな転がりをするのかを確認しておきましょう。


(C)Copyright
Craftman & Dream 54 spirits

弊社サイトからの一切の画像・文章の無断転記はお断り致します。