ゃー ャー

 

1995年 そよ風そよぐ五月晴れの日に この子に出会いました。

小判草を摘みに 出掛けた時でした。

川沿いを歩いていたら草の中でもぞもぞと・・・

私をじっと見つめて、足元に擦り寄って来たあの日の事・・・

まだ目が開いたばかりで、足元もフラフラとした

てのひらに乗るくらい小さくて 軽い・・・

はかなくて 可愛くて・・・

この子と暮らすことになったのは・・・

猫好きのお友達のお陰でした。

 

あの日から、私たちの家族になりました。

大好きだよ ずうっと一緒にいようね。

お外には 出してもらえないから

バケツのお水を飲むのが、

楽しみなんだ。

← 座布団大好き・・

つめとぎは、ぼくのベッドに

ピッタリだと

思っているんだけど・・・

(少しはみ出してるんだよなぁ・・・)

・・・ →

ぼくの体重は 7.5s

みんなに お腹をタプタプ

さわられるのが、嫌だけど

我慢してるんだ・・・

走るとお腹が左右に揺れるし・・

少しだけ気にしてるんだぜ。

素適な名前を家族で、

一生懸命考えたらしいんだけど・・・

「みゃー」 なんだ。

でも、ぼくは、この名前結構

気に入ってるんだ。

呼ばれたら、すぐ振り向いちゃうよ!

僕のちっちゃい時の写真が

見つかりました。

その頃はねデジカメがなかったから・・

写真をデジカメで、

撮ってもらったよ。

こ、こんなに・・・

ちっちゃかったんだって・・

「今とは、大違い・・」

そんな事を言われてるんだよ。

 

グルグルいってたら・・

「風邪ひいてるのかなぁ・・・」って

心配されてしまったんだっけ・・・

 

ぼくの写真を見て

素敵な絵を描いてもらったんだよ

本人(ホンニャン)より

可愛いって家族に言われたよ。

「ミーニャさんありがとう♪」

「ぼく うれしかったよ」

 

 

 

風さんのHPの掲示板へ貼り付けたミャーの写真を見て

風さんのお友達のミーニャさんが  ミャーの絵を描いて下さいました。

(実は おねだりしてしまったのですが・・・) (^^;)ゞ

ミーニャさん  風さん ありがとうございます。

初めて猫と暮らした私は、仔猫があんなに早く大きくなってしまう事を

全く知らなくて・・・なぜ、もっとたくさんの写真を撮って置かなかったのだろうと後悔したものです・・・

ごめんね・・・みゃー・・・

13年間 家族として暮らして 楽しかったね・・・

たくさんの ありがとうを君に・・・

さよなら みゃー

2008.8.12