ABOUT US


創立者・大村多喜子の言葉

人間生活に最も大切な事は、人間相互の善意に対する信頼であり、この信頼感は真の愛情から目覚めるものであります。

この愛情を育てる根本は美しい心を養うことであり、この心は正しい芸術教育を通じてさらに高められ養われるものです。
特に音楽は正しいもの、美しいものに対する直接的な感動を最も情緒的に表現した芸術でありますから、音楽教育にとってこの感動する心を養うことが最も大切な基礎であります。 そのためには精神的にも肉体的にも最も感受性の鋭い幼い時から正しい音楽の基礎教育を時間をかけて自然に体得させることが絶対に必要です。

この目的のために私共は「ソルフェージ教室(現ソルフェージスクール)」を開設しました。
此処では総ての生徒が「ソルフェージ」することから始めます。

そして読譜・音感・リズム感・音譜の書取り・音の記憶・室内楽・合唱合奏その他総ての音楽的な訓練によって音楽の基礎を習得させて居ります。

この教室では教えるものと、生徒との正しい心の交流の中から何時も新しい発見をし、その中でともども創造する喜びを分ち合うことに重きを置いています。

そして心から音楽に親しみ楽しく学びたい人々のために、素人・専門家を問わず音楽の高い芸術性を極め研究する場所として、日本の音楽文化、教育振興に寄与したいと思っております。

大村多喜子(1916〜2012年)
1916年 北海道にて生まれる
1937年 東京女子大学英語専攻科在籍中にアメリカへ留学、ジュリアード音楽院へ入学、ハンス・レッツに師事
1941年 帰国演奏会を開催
1942年 デビュー演奏会を開催
1944年 建築家・吉村順三と結婚
1950年 ジュリアード音楽院に聴講生として再留学
1951年 芥川也寸志「バラータ」をアメリカにて初演
1952年 帰国第一回独奏会開催
1953年 深井史郎「蛙・祈りの歌」を初演
1955年 三善晃「ヴァイオリン・ソナタ」を初演
1961年 市ヶ谷に「ソルフェージ教室」開校し、ソルフェージ、個人レッスン及び
アンサンブル・クラスを三本柱とした音楽指導をはじめる
1967年 目白に新校舎を建設し移転、「ソルフェージスクール」と改称
1977年 財団法人日本ソルフェージ振興会を設立し、理事長に就任
2012年 4月1日 公益財団法人ソルフェージスクールに移転登記
9月に逝去


COURSES




一学期: 4月7日 - 7月21日
二学期: 9月6日 - 12月21日
三学期: 2019年1月10日 - 3月23日

ソルフェージ科
器楽・声楽科

ソルフェージ専科

器楽・声楽専科

成人 月2回
器楽・声楽専科

室内楽科

コーラス科
レ・グレヌイユ

リコーダー
アンサンブル科

大人のための
基礎音楽入門科

子どものコーラス科
レ・テタール

未就学児の科
ウフ

ソルフェージ
& ABC 科

TEACHERS

糸井 みちよ

担当科目:
ヴァイオリン

プロフィール:
東京芸術大学卒業 元千葉大学講師 本校出身

江原 陽子

担当科目:
ソルフェージ/ リトミック/ 声楽/ コーラス/ ピアノ

プロフィール:
東京芸術大学卒業 洗足学園音楽大学教授 本校出身

大村 明子

担当科目:
ソルフェージ/ リトミック/ ピアノ

プロフィール:
東京芸術大学卒業 元フェリス女学院大学音楽学部講師

加藤 恵理

担当科目:
ソルフェージ/ リトミック/ ピアノ

プロフィール:
玉川大学卒業 平成3~8年 本校講師 本校出身

込山 今日子

担当科目:
ソルフェージ/ リトミック/ ピアノ

プロフィール:
桐朋学園大学短期大学部卒業

妹尾 美紀子

担当科目:
ヴァイオリン

プロフィール:
桐朋学園大学卒業

林 さち子

担当科目:
ソルフェージ/ リトミック/ ピアノ/ ヴァイオリン

プロフィール:
オベリン大学卒業 インディアナ大学大学院修士課程修了 本校出身

林 徹也

担当科目:
ヴィオラ/ ヴァイオリン/ 室内楽/ 弦楽合奏

プロフィール:
愛知県立芸術大学で学んだ後アメリカ、ドイツに留学
1977~2008年・シュトゥットガルト室内管弦楽団首席ヴィオラ奏者 本校出身

古澤 裕治

担当科目:
ソルフェージ/ クラリネット/ リコーダー

プロフィール:
桐朋学園大学及びルーアン音楽院卒業

水野 紀子

担当科目:
ソルフェージ/ ピアノ

プロフィール:
桐朋学園大学及びデトモルト国立音楽大学卒業

山崎 孝子

担当科目:
ソルフェージ/ リトミック/ フルート/ リコーダー/ ピアノ

プロフィール:
東京音楽大学卒業

吉村 隆子

担当科目:
ソルフェージ/ リトミック/ チェロ/ ピアノ

プロフィール:
ジョージ・ナイクルグ(George Neikrug)に師事
ボストン大学、ベルリン留学 本校出身

EVENTS

2017 年度の会から

日時:2018年7月1日(日)
場所:日本橋公会堂
対象:生徒全員
入場無料。どなたでもお聴き頂けます。
リンク:Facebook
詳細:PDF チラシ


生徒全員が参加する年に1度の演奏会です。
レッスン日の異なる生徒が一堂に顔を合わせて、連弾、室内楽、リトミック、器楽演奏、弦楽合奏そして合唱と、さまざまなアンサンブルを楽しみます。気持ちをひとつにして演奏する難しさ、緊張、喜び、感動を体験し、一人一人が人生の大きな糧を得ています。
開催日の1ヵ月前からはじまる合同練習はたったの3回、それでも曲をつくりあげます。当スクールの基礎音楽教育がそれを可能にしています。
アンサンブルを経験する、多くの人の前で演奏する。
他に類を見ない体験を通して生徒全員がそれぞれに音楽を楽しみます。
1967年の第1回から連綿と歴史を重ねています。


2017 年度春のおさらい会から


日時:2018年3月21日(水・祝)14時開演
2018年10月28日(日)14時開演
2019年3月21日(木・祝)14時開演
場所:ソルフェージスクール3階ホール
内容:生徒希望者が4月から半年の練習成果を発表します。
入場無料で、どなたでもお聴きいただけます。
茶話会:終了後に、後援会が開く懇談会です。
参加生徒、保護者、視聴者 及び講師がお茶菓子をいただきながら交流します。
リンク:Facebook


生徒が日ごろの練習の成果を発表します。
本番に向けて一生懸命練習し人前で演奏すること、また、そういった演奏を聴くことは、とても勉強になりますし、その後のレッスンに良い影響を与えます。
年に2回、10月と3月に開いています。


2017 年度冬季の様子


日時:2018年7月16日(月・祝)10時-15時
2018年12月23日(日・祝)10時-15時
場所:ソルフェージスクール
対象:小学3年生~大人、器楽経験者
(当スクール生徒に限らず、どなたでも受講できます)
申込書:PDF
リンク:Facebook


はじめての曲、はじめての組み合わせに挑戦する一日だけのアンサンブルレッスン。
夏と冬の、年に2回開催される行事です。
2003年に「初見大会」と称してはじめました。「初見」という響きに後ずさりしないように、2015年から「楽しくアンサンブル」に改称。
参加すれば初見もなんのその、アンサンブルを楽しめるのです。


2017 年度の様子


日時:2018年3月31日(土)4月1日(日)の2日間、10時~16時
場所:ソルフェージスクール
対象:小学3年生~大人、器楽声楽経験者
(当スクール生徒に限らず、どなたでも受講できます)
リンク:Facebook


はじめての顔合わせでも、さまざまな楽器を組み合わせて、たった2日間でアンサンブルをつくりあげます。その過程を楽しみ、最後に成果を披露します。
2003年からはじめ、毎年回を重ねています。


2017 年の合宿風景



今年の2018夏季合宿は、講師にフルーティストの笠井潔氏をお迎えします。
笠井氏は長年バーゼル交響楽団のソロフルーティストを務められ、バーゼル音楽大学で教鞭を執られました。
音楽に対する素晴らしいお考え、ご経験をなんと日本では今回初めてレッスンを通して伝えてくださることになりました! 素晴らしい貴重な機会です。ぜひ、ソルフェージスクールの夏季合宿に参加されることをお勧めします。 すでにフルートアンサンブル、フルートと弦楽器、フルートとピアノの曲など、いろいろと考えていただいています。
この合宿へのメッセージも寄せていただきました。素晴らしい夏になりそうです!
- 吉村隆子 -


日時:2018年8月2日(木)~5日(日)の3泊4日
場所:ペンションフェルマータ(山梨県北杜市大泉町)
ゲスト講師:笠井潔 -元バーゼル交響楽団ソロフルーティスト-
募集要項:詳細 PDF
対象:(中学生以上)
フルート奏者: 定員8名
フルートとのアンサンブルを希望する弦楽奏者: Vn,Va,Vc 各定員3名
フルートとのアンサンブルを希望するピアノ奏者: 定員3名
ヴァイオリンアンサンブル: Vn 数名
講習内容:フルートアンサンブル、フルートの基本奏法
ヴァイオリンアンサンブル
講習予定曲:<J. Haydn>
  • ロンドン三重奏曲
  • 三重奏曲
<W.A. Mozart>
  • フルート四重奏曲
  • フルート協奏曲
  • アンダンテ
  • 6つのソナタ KV 10 - 15
<L.V. Beethoven>
  • セレナーデ
<Weber>
  • 三重奏曲


2018夏季合宿の詳細についてはお問い合わせください。
 電話:03-3953-8517 火曜日~土曜日 11時-18時
 Eメール


長年ヨーロッパで活躍してきた名フルーティスト
2018夏季合宿講師


笠井 潔さんからの メッセージ





自分のフルート人生を振り返ってみると、
大変な幸運に幾度も出会えたと感じます


まずは、入学した東京大学に高い水準の学生オーケストラがあり、多くの仲間と一緒になって練習、演奏をするオーケストラの楽しさや喜びを初めて知りました。様々な編成の室内楽も初見や練習、演奏会で楽しみました。ちょうどその頃、この東大オーケストラのドイツ、オーストリアへの演奏旅行があって参加させてもらい、クラシック音楽をヨーロッパの人たちが日常生活の中でどんなに楽しんでいるかをとっても強く感じ、大学を卒業し音楽への道を決心した時、是非ヨーロッパに留学したいと思いました。


吉田雅夫先生のお薦めで
ジョネ先生に師事することができたこと


ジョネ先生の最初のレッスンで大変にショックを受けたことがあります。C.Ph.E.Bachのソロソナタを持っていって演奏したら、「お前の演奏はまるで審判官のようだ。まったく文句のつけようがないが、つまらない!」おっしゃることはリズム正確、音程正確、ダイナミックもちゃんとついていてもつまらないものはつまらない!ということ。頭をガンとやられた感じでした。音楽は音をただ正確に並べることではない。これが5年間の勉強で一番の課題でした。


チューリヒ音楽院を卒業と同時に
バーゼル交響楽団に入団できたこと


入団試験で、もうすでにあちこちのオーケストラで働いているフルーティスト達がいっぱいいるにもかかわらず、駆け出しの私を選んでくれたのは人生最大の幸運でした。このオーケストラで素晴らしい指揮者、ソリスト、仲間との共演を通じて音楽的なものをひじょうに多く学ぶことができました。また、フルートのレパートリーにはない偉大な作曲家達の作品を演奏できる喜びも大きなものですし、オペラでは歌の素晴らしさや表現能力をすぐそばで聴いて圧倒されました。


フルートを教えるチャンスを与えられたこと


オーケストラの仕事に並行して、個人レッスンや音楽大学でレッスンをしましたが、教えるということを通じて、自分もいっぱい学ぶことができました。バーゼル音楽大学で2人日本人の学生にレッスンしましたが、今まで日本でレッスンをしたことはなく、今回の講習会に参加させていただいて、日本の音楽を愛する方たちに、自分がヨーロッパでいろいろな人から学んで得られたものをお伝えできればと願っています。


2018 年はこんなプログラムでした


日時:2018年4月29日(日・祝)午後2時開演
場所:ソルフェージスクール3階ホール
入場有料:(当スクール関係者に限らずどなたでも入場していただけます)
リンク:Facebook


1988年から続く講師による演奏会。
音楽、そしてそれを演奏する楽しさを講師が伝えます。 これまでに賛助出演してくださったゲスト演奏家:バスバリトン西原匡紀、テノール大槻孝志、ホルン水野信行各氏


毎年 3 階のホールで開きます


日時:2018年12月16日(日)午後2時開演
場所:ソルフェージスクール3階ホール
入場有料:(当スクール関係者に限らずどなたでも入場していただけます)
リンク:Facebook


クリスマスシーズンに素敵な音楽を講師が奏でます。
2003年からはじまり、これまでに、ヴィオラ林徹也、チェンバロ坂由里、チェロ青木十良、フルート植村泰一各氏をゲスト演奏家として迎えています。


日時:2018年8月10日(金)13時から
場所:ソルフェージスクール3階ホール
募集要項:詳細 PDF
対象:【受講生】ヴァイオリン、室内楽を学ばれている方
【聴講生】器楽・声楽を学ばれている方
(当スクール関係者に限らず、どなたでも受講できます)
申込書:PDF
リンク:Facebook


ヴァイオリニスト界の神様ヤッシャ・ハイフェッツに認められ、日本人初の弟子となった亀井由紀子氏。
亀井氏は、ハイフェッツマスタークラスを受けた後、彼のアシスタントを務めました。これまで多数のリサイタルやレコーディングを行い、今現在は、サンフランシスコ交響楽団第一ヴァイオリン奏者を務めながら後進の指導にも当たっています。そんな亀井氏の公開レッスン!世界最高峰の音楽に触れる、貴重な機会です!!


<周年記念演奏会>
1971年の創立10周年記念演奏会からはじまり、20周年以降は5年毎に開催。
長い歴史を重ねています。
2017年の創立55周年記念演奏会は東京文化会館小ホールで開催。

これまでに、石田昌孝、亀井由紀子、西原匡紀、宮下容子、滝沢達也、田中園子、小田切久子、坪田みつる、林俊昭、林徹也、早水和子、ジョセフ・リン、水野紀子各氏が賛助出演してくださっています。

ソルフェージスクール創立55周年記念演奏会
2017年1月29日(日)東京文化会館小ホール

モーツァルト/ヴァイオリンソナタK.454  ヴァイオリン・亀井由紀子 ピアノ・水野紀子

ドヴォルザーク/スラブ舞曲より ソルフェージスクール室内合奏団

R.ロジャース/サウンド・オブ・ミュージック  レ・テタール、レ・グルヌイユ、ソルフェージスクール室内合奏団



<素晴らしいゲストによる演奏会>
ソルフェージスクールの音楽教育に賛同してくださる音楽家による演奏会です。(特記のないものは当スクール3階ホールで開催)

  • 1968年 ロベールカサドシュ夫妻によるコンサート
  • 1979年 ベルリンフィルメンバーによるトリオ演奏会
  • 1980年 ウイーンフィルメンバーによるトリオ演奏会
  • 1988年 ロバート・ピーカースタッフ独唱会(駒場エミナース)
  • 1990年、91年、93年 ミュンヘンフィルメンバーによる弦楽五重奏・室内楽演奏会
  • 1996年 フランス国立管弦楽団メンバーによるフルートとピアノの夕べ
  • 1996年 亀井由紀子・早水和子デュオコンサート(津田ホール)
  • 1997年 亀田真弓ピアノリサイタル
  • 2002年 Summer Afternoon Concert シュトゥットガルト室内管弦楽団メンバーを迎えて ヴィオラ(林徹也)、チェロ(ギヨルギー・ボグナー)デュオコンサート(赤坂ドイツ文化会館)
  • 2004年 シュトゥットガルト室内管弦楽団メンバーを迎えて ヴィオラ(林徹也)・チェロ(ギヨルギー・ボグナー)・ピアノ(早水和子)のトリオコンサート(浜離宮朝日ホール)
  • 2008年 2台のチェロによるコンサート チェロ(イナ・シュリューター、吉村隆子)
  • 2009年 チェロとヴィオラのコンサート チェロ(イナ・シュリューター、吉村隆子)、ヴィオラ(林徹也)(軽井沢ハーモニーハウス)
  • 2013年 大村多喜子追悼演奏会 ヴァイオリン(亀井由紀子)、ソプラノ(江原陽子)及びソルフェージスクール室内合奏団、ソルフェージスクール合唱団 (JTアートホールアフィニス)



<室内楽コンサート>
1965年から74年までほとんど毎年、室内楽の演奏会を開いていた「室内楽研究部」が1975年に正式に室内楽団を結成し、第1回発表会(青山タワーホール)を開催。
1977年以降も毎年室内楽コンサートを開き、2008年には、設立当初から指導を続けてくださった青木十良先生に感謝を捧げるために、JTアートホールアフィニスにて「ソルフェージスクール室内合奏団演奏会」を開きました。以後、「ソルフェージスクール室内合奏団」として、青木十良先生の教えを引継いだ林徹也氏の指導の下に活動し、ソルフェージスクール演奏会、春のコンサート、クリスマスコンサート、そして周年演奏会において、その演奏を披露しています。


日時:2018年2月14日(水)
2018年9月28日(金)
2019年2月13日(水)
対象:指導者
(当スクール関係者に限らず、どなたでも受講できます)


ソルフェージの研究の促進及び指導者育成を目的とした講習会です。

研究会テーマ例:

  • ソルフェージの魅力ある授業の進め方
  • バッハを歌おう
  • ピアノ教育
  • 連弾研究



日時:2018年【11月】08日・15日・22日・29日【12月】6日
全5回木曜日、11時~12時半
授業料:13,500円(税込)/全5回分 ※教材費別途
場所:ソルフェージスクール
対象:音楽をはじめたいが何からはじめて良いのかわからない方
楽器をやっているが実はリズムは曖昧に演奏している方
子供のころやっていた楽器を再開したいが音符の読みを忘れてしまった方
詳細:2017年度のチラシ


ソルフェージスクールが長年培ってきた教材を基にして、大人が楽しく無理なく音楽の基礎を学び身につけ生きた音楽の世界を体験できるように
最終目標は、小編成の室内楽と共に、易しいメロディーで合唱やアンサンブルを楽しめるように