log  

 竹内景助さんは無実だ!
 ―三鷹事件再審を支援する会


★再審請求人(竹内景助さんご遺族)からのお礼とお願い クリック
 (2011年11月10日)


第二次署名
実施中

 2014年2月〜



リンク
無実のゴビンダさんを支える会
ゴビンダさんの再審無罪を実現し2013年3月24日解散

無実の死刑囚・袴田巌さんを救う会再審
2014年3月27日
静岡地裁が再審開始と死刑及び拘置の執行停止を決定

2017年1月18日
竹内景助氏の獄死から50年
三鷹事件再審開始を求める集い



 三鷹事件は1949年7月15日に東京・三鷹市で起きた電車の暴走・転覆事件です。裁判では労働組合等の組織的犯行との主張は退けられましたが、竹内景助さんが単独犯として死刑判決を受け、再審請求中の1967年に獄死しました。
 1月18日は竹内さんが亡くなって、ちょうど50年にあたります。竹内さんの獄中での闘いとその後の経過を振り返り、三鷹事件の再審を強く求めていきます。
日時 2017年1月18日(水)18:30〜(開場 18:15)
場所 武蔵野スイングホール
  東京都武蔵野市境1−14−1
  (JR 武蔵境駅北口2分)
参加費 500円

■発言
加賀乙彦氏
 (作家・精神科医・元拘置所医官、獄中の竹内景助氏に面会)
菅野良司氏
 (ジャーナリスト/数々の冤罪事件を取材)
石川一雄氏
 (狭山事件再審請求人、拘留中の小菅刑務所で竹内景助氏と交流)

■講演
孫崎享氏(元外交官・評論家)
 「占領下の検察と日本政治」

■報告
三鷹事件再審弁護団

主催 三鷹事件再審を支援する会/三鷹事件の真相を究明し、語り継ぐ会
連絡先「三鷹事件再審を支援する会」
(TEL) 03-5379-6560
(FAX) 03-5379-6552
〒160-0004 東京都新宿区四谷2 丁目11 番9 号報友ビル303 号
東京クローバー法律事務所
【チラシ】クリック



「支援する会」事務所が移転しました


新しい住所・電話番号は下記の通りです

竹内景助さんは無実だ!
三鷹事件再審を支援する会
 連絡先
 〒160-0004
 東京都新宿区四谷2丁目11番9号 報友ビル303号
 東京クローバー法律事務所
 TEL 03-5379-6560/FAX 03-5379-6552


再審請求から3年
三鷹事件の再審を考える大阪の集い

終了

日時 2015年1月15日(木)開演18時30分〜
        開場18時10分
場所 国労大阪会館 3階会議室
    大阪府大阪市北区錦町2−2
    06−6354−0661
【内容】
「三鷹事件と再審支援」
  大石進(日本評論社元会長)

三鷹事件再審弁護団報告 高見澤昭治(弁護団長)

三鷹事件再審支援団体の報告
・三鷹事件再審を支援する会
・三鷹事件の真相を究明し、語り継ぐ会

東住吉冤罪事件支援者からの報告

参加費 500円

主催 三鷹事件再審弁護団

    【チラシ】クリック



第一次集約分の署名を東京高裁に提出しました
 提出署名数 34,043筆

 
 署名の取り組み、ありがとうございました。
 昨日(6月24日)、三鷹事件再審を支援する会と弁護団は、再審を求める署名34043筆分を東京高等裁判所第四刑事部に提出しました。
 提出前に記者会見を行い、共同通信が配信してくださいました。
 いくつかの地方紙に掲載されたようです。
 会見の中で弁護団は、7月15日に三者協議が行われることが伝えられました。  状況がわかり次第お知らせします。
 署名は引き続き継続しますので、よろしくお願いいたします。

 事務局

記者レク    
署名の山と共に記者会見する弁護団と支援する会

高裁    
前段でのリーフレット配布行動(高裁前)


三者協議(進行協議)が
 7月15日に決定しました。


第二次署名実施中(2014年2月〜)
 ご協力をお願いします。


   署名用紙 クリック pdf
   署名用紙 クリック word

   リーフレット クリック A3判裏表 9.4Mb

   リーフレット表JPEG  リーフレット裏JPEG



3万筆を突破しました!
6月24日に第一次集約分を
東京高裁に提出します




再審申立から2年 補充意見書を提出!
 9月20日提出の「再審請求理由補充意見書」を公開しています クリック

 「補充意見書」の内容の解説は2013年12・6支援集会の弁護団報告をお読みください。 弁護団報告



 未提出証拠が開示される!

 2013年3月15日に未提出証拠が開示されました。これは、弁護人が提出した請求に基づくものです。また、支援する会の皆さまに取り組んでいただいた「再審開始と未提出証拠の開示を求める署名」の大きな成果です。
 皆さまの取り組みに感謝申し上げます。

竹内景助氏
故・竹内景助さん