国語力を上げるには「読書」がいい!

「すべての科目の土台となる国語の力をのばすにはどうすればいいのだろう…。」国語の力を上げるには、低学年からの「読書」が一番です。国語力がついてはじめて、理科や社会はもちろん、算数の文章題も解くことができます。教育学院では、読書を奨励するため、この夏休みから『わくわく文庫』というプログラムを導入します。『わくわく文庫』は、本の好きな子どもはもちろん、本が嫌いな子どもでも知らず知らずのうちに読書をする習慣が身につく画期的なシステムです。

世界各国の名作と呼ばれる作品から子どもたちにぜひ読んでもらいたい本を選定し、ヘッドフォンから流れてくるプロのナレーターの情感豊かな音声を聞きながら速読速聴トレーニングを行います。読む速度は子どもたちそれぞれに合ったスピード(0.5倍〜10倍)を選んで設定できます。しかも、その音声が速いスピードで聴けるようになると脳が活性化され、読解力が上がるのはもちろんのこと、「やる気」が出て、集中力や記憶力までもが高まる効果が期待できます。活字を目で追うことで読書のおもしろさ・醍醐味を体感できます。また、耳から聞こえてくる心地よいリズムの朗読で、いつの間にか読書が楽しくなり、精神的な安定も高めてくれます。

★わくわく文庫40分+あらすじを書く10分
★対象:小学1年生から中学生まで

回 数 費 用 塾生は
4回コースが
3,500円です。
入会金 時間割
4回コース 4,320円 無料 PM4:00〜4:50
6回コース 6,400円 PM5:00〜5:50
8回コース 8,640円 PM6:00〜6:50
※上記金額は消費税が含まれています。

無料体験学習会 予約受付(午後2時〜6時、日曜日を除く)
TEL 047-453-1392(教育学院)


TOPページへ戻る