ドライマウス(口腔乾燥症):浜松市 インプラント 歯科 静岡県 浜松CTインプラントセンター

インプラント/浜松市/ティースエクセレントクリニック/インプラント/歯科人間ドック/アンチエイジング

ドライマウス(口腔乾燥症)

『最近、口が乾いて・・・』とお悩みの方はいらっしゃいませんか? それはドライマウス(口腔乾燥症)という症状です。

ドライマウスとは?

  • ドライマウスとは、だ液の分泌量の減少や質が変化することにより、口の中が乾く状態を言います。

ドライマウスの症状

  • だ液は、潤滑、保湿、抗菌、消化、味覚などお口の健康を守る上で重要な役割を担っています。そのため、不足すると様々な症状が現れます。
    • 口やのどが乾く
    • 舌や口の中が痛い
    • 舌が絡んで会話がしにくい
    • 食べ物が飲み込みにくい
    • 味が分からない
    • 入れ歯が合わない
    • 口臭が気になる
    • 虫歯や歯周病になりやすい

ドライマウスの原因

  • ドライマウスの原因は、全身性、代謝性、薬の副作用などがあり、『口の中が乾く』という共通した症状があるものの、その成り立ちは様々です。
    • 全身疾患(関節リウマチ、糖尿病、腎疾患、脳血管障害、貧血など)
    • 唾液腺の病気(シェーグレン症候群(膠原病の一種)、腫瘍、炎症、放射線治療、加齢など)
    • 薬の副作用(抗不安薬、抗うつ剤、抗アレルギー剤、降圧剤など)
    • 精神的ストレス
    • 過度のアルコール摂取
    • 口呼吸
    • 喫煙

ドライマウスの一般的な治療

  • 現在、ドライマウスの治療として、だ液腺の刺激、だ液の分泌促進、保湿剤などによる粘膜の保湿などが行われています。
  • しかし、それらは乾燥によるつらい症状を少なくすることはできても、残念ながらドライマウスそのものの治療にはなっていません。
  • ドライマウスを根本から治療するためには、原因となる全身疾患や代謝異常、加齢による変化などに対策を講じ、取り除く必要があります。薬の減量や変更、糖尿病など全身疾患の治療、ストレスの除去、老化を促す要因の除去などです。しかし、原因を取り除くこと自体が困難となれば、ドライマウスの治療は進みません。特に、シェーグレン症候群など原因不明で”治らない病気”とされている疾患の場合、それに対する治療法が確立されていないため、ドライマウスは一生の付き合いを余儀なくされてきました。
  • しかし、どのような原因も、それを取り除くことはできないのでしょうか。
  • 物事にはすべて原因と結果があります。
  • であるならば、どんな結果にも原因はあり、原因を突き止めることができれば、これまで治療することが難しいとされてきた疾患にも対応することができるはずです。

ドライマウス最新治療  ~根本から治したい方へ~

  • この治療法では、生体内の正常にあるべき分子を、本来あるべき至適濃度の状態に整えることによって、生体機能を向上させ、病態の改善を行います。
  • 分子とは栄養素であり、ビタミンやミネラル、たんぱく質などです。
  • しかし、様々な要因によって栄養素不足(栄養欠損)に陥ったことにより分子は乱れ、細胞や組織は正常に機能しなくなります。言い換えれば、分子=栄養素を正常な状態に整えることができれば、体は健康(体が本来持っている機能を充分に発揮できる)な状態へと整っていくのです。
  • この考え方は、西洋医学での起きてしまった病的な変化に対しての薬物治療(対処療法)などのように、今起きている症状だけを取り除く治療法とは異なります。体が正常に機能しなくなった原因=分子の乱れを整えることにより、原因が取り除かれ、シェーグレン症候群とドライマウス、糖尿病とドライマウスなど、同時に複数の症状の改善が見込まれます。
  • 不足している栄養素は人によって異なります。それらを60項目にものぼる詳細な血液検査によって割り出し、不足している栄養素を正しくかつ充分に摂取することによって、副作用のない、心にも体にも優しい、根本的な症状改善を目指します。

「分子整合栄養医学による栄養療法」について詳しくはコチラLinkIcon