インプラント治療の本当の意味 | 浜松CTインプラントセンター | 浜松市 インプラント 歯科 静岡県

インプラント/浜松市/ティースエクセレントクリニック/伊藤歯科医院/インプラント/歯科人間ドック/アンチエイジング

HOME > インプラント > インプラント治療の本当の意味

なぜ、80%の歯科医師が
インプラント治療の本当の意味を知らないのでしょうか?

インプラントが骨にくっつくと思っていませんか?

  • インプラント治療とは、失った歯の代わりにインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工の歯を固定する治療法です。
  • 言わば、体内に異物を埋め込む治療です。
  • 想像してみてください。
  • 人間の体と異物が上手く結合しなければ、インプラントの治療は成功しません。
  • インプラントは、インプラントが土台となる骨にくっつくと思っていませんか?
  • 実際、インプラント治療のどのような説明を読んでも、「インプラントが骨にしっかりとくっついて・・・」と説明されています。
  • しかし、本当はそうではありません。
  • 生きている骨が新たに植え込まれたインプラントを取り込むように、インプラントと骨が結合していく。
  • 骨がインプラントにくっついていくのです。
  • インプラントを埋入したとき、一度まわりの骨は破壊されて溶けてしまいます。
  • そのため、埋入1ヶ月後程度の時期は、元の骨がどんなにしっかりしていても、インプラントはぐらついてしまいます。
  • しかし、その後骨はその代謝活動によってしっかりとした骨となり、インプラントと結合し、同一化していきます。
  • インプラントと骨がしっかりと結合するためには、体(骨)の代謝活動が重要なのです。

インプラント治療の流れLinkIcon

インプラント治療と、全身の健康状態は関係ないと思っていませんか?

  • 大切な体の中にインプラントを植え込むのに、体のことを考えていない歯科医師がどれだけいるでしょうか。
  • そのような歯科医院では、血液検査も行いません。
  • CT検査を行い、3次元で詳細に骨の状態を確認することもないでしょう。
  • 何を基準に、治療する歯科医院を選ぶかは患者様次第です。
  • 価格重視、家や仕事場から近いなども基準のひとつかも知れません。
  • しかし、本当の意味で信頼できる歯科医院を選ぶことが大切です。
  • 当院では、口腔内科の知識を持っている歯科医師が施術しています。
  • 術前に詳細な血液検査を行い、体の栄養状態を細かく調べ、代謝を上げる指導を行います。
  • もちろん、糖尿病など全身疾患の有無を調べることも重要です。
  • また、医師(歯科医師ではなく)も勤務しているので、全身疾患をお持ちの方も安心して治療を受けていただくことができます。
  • 体の力を最大限に活かすことが、インプラント治療の成功の要です。

インプラント術前検査LinkIcon

骨は、カルシウムでできていると思っていませんか?

  • 骨は何からできているのでしょうか?
  • 正解は、たんぱく質、カルシウム、リン、マグネシウムなどです。
  • 骨は、カルシウムだけでできている訳ではありあません。
  • 骨は生きた器官です。
  • 常に活発に代謝し、日々造られ、そして壊されていきます。
  • 造られる骨量よりも、壊される骨量が多くなると、骨量が少なくなってしまいます。
  • 骨粗鬆症がその典型です。
  • 骨代謝を良くするためには、栄養状態を整えることが大事です。
  • たんぱく質は骨を造り、カルシウムの吸収を良くします。
  • それ以外にも、ビタミンやミネラルなどは骨の成長や健康に欠かすことができません。
  • そのために、詳細な血液検査で体の栄養状態を分析し、最適な栄養状態へと導いて、骨代謝を上げることが重要となるのです。

分子整合栄養療法LinkIcon

“一般の歯科医”と“口腔内科医”の違いを知っていますか?

  • 歯の治療と、全身の健康状態は関係ないと思っていませんか?
  • 歯も体の一部。
  • とすれば、歯科治療と全身の健康状態を切り離して考えることこそ、おかしいと思いませんか?
  • インプラント治療を行う上で、まずは体の中をよく調べることが大切です。
  • 人間の細胞は、一定の周期で新しく生まれ変わります。
  • これをターンオーバー(新陳代謝)と言い、粘膜で約2週間、皮膚で約1~2ヶ月、骨は約3年かかります。
  • 口腔内科医は、口の中を見て全身の健康状態を確認します。
  • 口の中の粘膜は、ターンオーバーが最も早いので、体の不調が全身で最も早く現れるからです。
  • 一般の歯科医は、歯を治療する際、どこを見ると思いますか?
  • 歯しか見ない場合がほとんどではないでしょうか。
  • しかし、口腔内科医は違います。
  • 口唇、舌、舌の下の静脈、歯肉などを見た後、最後に歯を見ます。
  • 歯は口の中のひとつの器官に過ぎないからです。
  • 歯を治療するのに歯だけを見るのではなく、口の中全体、そして全身の健康状態まで考えた上で治療することが重要なのです。

インプラント術前検査LinkIcon