他院で断られた方 骨量が少ない方 | 浜松CTインプラントセンター | 浜松市 インプラント 歯科 静岡県

インプラント/浜松市/ティースエクセレントクリニック/伊藤歯科医院/インプラント/歯科人間ドック/アンチエイジング

HOME > インプラント > 骨が薄い方へ

歯を支える骨が薄かったり、歯周病で減退しても、骨を移植し、インプラントの土台となる骨を再生します。

インプラントを埋め込むための骨の厚さが不足している方の治療法

  • インプラント治療が難しくなる原因として、インプラントを埋め込むための骨の厚さが不足(薄い)していることがあり、そのままではインプラントを支えることができないため、残念ながら医院によってはインプラント治療を断られることがあります。
  • 当院では、歯を支える骨が薄かったり歯周病で減退しても、骨を移植し、インプラントの土台となる骨を再生する治療を行っております。このような治療法をサイナスリフト・ソケットリフト・GBRと言います。他院でインプラントができないと言われた方、骨が薄くて諦めている方、ぜひ一度ご相談ください。

サイナスリフト

骨の厚みが不足している場合

上顎の骨(歯槽骨)には、大きな空洞(サイナス)があります。上顎の骨は下顎の骨に比べて軟らかく、歯が抜けると急速に吸収されます。吸収が進むと骨が薄くなるので、そのままではインプラントを入れても植立させることは不可能です。
そこで、空洞と骨の間にある膜(シュナイダー膜)を側面からのアプローチで空洞に押し上げて、空いたスペースに骨補填材を填入し、人工的に上顎骨を太くする治療法がこのサイナスリフトです。上顎洞底挙上術と呼ばれており、施術には医師の技量と経験が必要です。

ソケットリフト

上顎洞の底部分が下がっている場合

上顎洞の底部分が下がっている場合、インプラントが洞内に突き抜けないように、特殊な骨ノミを使って、埋入ホールを作るとともに骨を圧縮しながら上顎洞底を上げていきます。これもまた、上顎洞底挙上術です。
骨を削り取ることなくノミによって、側方、奥に自分自身の骨が圧縮されるため、骨密度の低い条件の悪い方でも良好な骨密度を得ることができる、優れた方法です。

GBR

歯槽骨の吸収が著しい場合

GBRとは、Guided Bone Regenerationの略で、骨再生誘導法と呼ばれています。インプラントを埋入するだけの骨量がないときに、必要な骨を作っていきます。
歯槽骨が不足している部分に粉砕した自家骨または骨補填材を填入し、その上にメンブレンなどの人工膜を用いて歯槽骨を覆い、骨の再生を促進させます。
インプラントを埋め込む前に行う方法と、インプラント埋め込みと同時に行う方法の2種類があります。

GBR治療例

画像をクリックすると拡大表示します。

GBR治療前

GBR治療前GBR治療前/骨量が少ないため、くぼんでいます。

GBR治療後

GBR治療後GBR治療後/骨量が増え、盛り上がっています。