インプラントと他の治療法の比較 | 浜松CTインプラントセンター | 浜松市 インプラント 歯科 静岡県

インプラント/浜松市/ティースエクセレントクリニック/伊藤歯科医院/インプラント/歯科人間ドック/アンチエイジング

HOME > インプラント > 治療法の比較

インプラントと他の治療法との違いとは?

治療法の比較 (インプラント/ブリッジ/入れ歯)

1.インプラント 2.ブリッジ 3.入れ歯

1.インプラント

メリット
天然歯のように顎の骨に固定するので、違和感がなく噛むことができる。
噛む力が天然歯の約80%まで回復するので、固い物を噛むことができるようになる。
隣りの健康な歯を削る必要がない。
見た目が天然歯に近い。
デメリット
インプラントを顎の骨に埋め込む手術が必要。
糖尿病や高血圧症など全身に疾患があると、治療ができない場合がある。
インプラントを維持するためには、十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要。
費用
インプラントは保険が適用されないので、自由診療となる。
手術の難易度、埋め込み本数により、費用が異なる。

インプラント安心10年保証LinkIcon

2.ブリッジ

メリット
固定式なので装着しても違和感があまりない。
人工歯の材料を選択することで、天然の歯と遜色のない審美的な修復が可能。
デメリット
ブリッジを支えて固定するために、両隣の健康な歯を削る必要がある。
支えになる歯に大きな力が掛かり、将来その歯を失う可能性がある。
ポンティック(ブリッジの橋の部分)下部の歯肉との間に食べかすがつまり、口の中が不衛生になりやすくなる。
空気がもれて発音が困難になることがある。
費用
保険適用材料を使用する場合は、その保険点数内となる。
材料によって保険適用外の物を使用する場合は、自由診療となり高額となる場合がある。

3.入れ歯

メリット
ブリッジでは対応できないような、大きな欠損に有効。
ブリッジのように健全な歯を削らなくてすむ(削る代わりに、バネで固定する場合もあり)。
デメリット
バネを使用した場合、隣りの歯への負担が大きい。
噛む力は健康な歯の状態に比べて、30%~40%くらいになる。
取り外して手入れをする必要がある。
すぐにがたつきやすい。
口の中に違和感を感じやすい。
食べ物が挟まって、口の中が不衛生になりやすい。
費用
保険適用材料を使用する場合は、その保険点数内となる。
材料によって保険適用外の物を使用する場合は、自由診療となり高額となる場合がある。