北海道旅行 支部精舎の建物探訪|幸福の科学 千葉中央支部

支部精舎探検

千葉中央支部の支部精舎をご案内致します。
写真をクリックすると、大きな画像が見られます。new

外観
 支部の外観です。このような自前の支部のことを私たちは支部精舎と呼んでいます。
 白い外壁にガラス張りの飾窓が印象的な建物です。角地に立っているので、二方向からよく見えます。
 当会の建物の特徴であるギリシャ風のコラム(柱)とペディメント(三角屋根)が2〜3階部分にあしらわれています。

玄関
 正面玄関です。どなたでも御来館頂けます。
 原則として月曜日が休館日ですが、例外もございますので、スケジュールについては電話でお問い合わせ下さい。
 バリアフリーですので、車いすでもお入り頂けます。靴を履いたままお入り下さい。
 開ける時に少し扉が重たいですが、これは国道からの騒音をシャットアウトするためです。

談話室 談話室
 扉を開けて中に入ると、談話スペースになっています。
 テレビや音響設備もありますので、ミニコンサートやパーティもできます。また、3階の礼拝室の映像を1階で見ることができるようになっています。
 新刊の書籍の頒布も行っております。淹れたてのコーヒーやお茶も飲めますので、お気軽にお立ち寄り下さい。
 また、開館時はトイレもご自由に利用下さい。

エレベータ 階段
 1階から3階まで、3人乗りのエレベータが設置されています。車いすに座ったまま乗ることができます。それほどスピードは速くありませんが、静かで乗り心地のよいエレベータです。階段を上がるのがきつい場合にもご利用下さい。もちろん、階段で上がって頂くこともできます。

 

多目的室 身障者トイレ

2階には多目的室があります。ここは、子供たちが遊ぶことができるよう、この部屋だけは靴を脱いで上がることにしています。それ以外にイスとテーブルを出して会議を行ったり、個人相談を行うこともあります。

 この部屋には当会の書籍を常備しておりますので、ここでお読み頂くこともできます。
また、2階には身障者対応トイレが設置されています。こちらもご自由に利用下さい。

礼拝室
 3階には当会の御本尊であるエル・カンターレ像が安置された礼拝室があります。宗教施設として、中心的な役割を担うのが祈りの場である礼拝室です。
 大川隆法総裁の御法話の多くは衛星放送で全国・全世界に中継されますが、この礼拝室も衛星会場となります。
 約100名を収容することができる礼拝室ですが、行事のない時に一人で礼拝室で祈ったり反省をしたり、深い思索にふけるのも、心のリフレッシュをするための良い方法です。週末に心を見つめる時間をお取りになられてはいかがでしょうか。