■サイトマップ
■プライバシーポリシー


犬養木堂記念館
〒701-0161
岡山市北区川入102-1
TEL 086-292-1820
FAX 086-292-1825
 お知らせ        

 犬養木堂記念館所蔵 一品展31」を開催!

 数多くの収蔵品の中から一点を厳選し、木堂の心情に触れながらゆったりと落ち着いて鑑賞していただく一品展を5月27日(土)から開催。今回は、木堂から妻 千代へ宛てた手紙を巻物4巻にした「木堂家信(かしん)」のうち、日露戦前遊歴と日露戦後遊歴と題した2巻を展示します。 
▲このページの先頭

  「犬養木堂記念館スタンプラリー」がはじまります!

 平成29年度に記念館で開催される企画展(一品展31・夏のミニ企画展・秋の企画展・一品展32)にご来場の方 お一人様につき1回押印(各回のスタンプを全部集めると木堂が使用していた印の印影になります)。スタンプを4種類集められた方には記念品をご用意いたしますので、ぜひご参加ください!
▲このページの先頭

  犬養木堂記念館 研究レポートを発行!

 衆議院議員になる前の約15年間、新聞記者として活躍していた木堂に注目して、木堂の署名記事を調査したレポートを作成!どのような記事を書いていたか、また新聞社での活躍から、どう「政府に対する気鋭の政治家」といわれるようになっていったか、をまとめて冊子にしました。
 記念館にて無料で提供しています。ご希望の方は記念館にご来館ください。!

  書名: 犬養木堂記念館 研究レポート
       「署名記事にみる新聞記者としての犬養毅」
  体裁: A4版 12ページ
  申込: 記念館で無料配布 
▲このページの先頭

  「木堂祭」を開催!

 「話せばわかる」の言葉を残し、海軍青年将校らの凶弾に倒れた犬養毅(木堂)の命日である5月15日(月)に木堂をしのぶ催しを行います。 
▲このページの先頭

  木堂が好きだったハナノキの花が咲きました!

 木堂の生前からの知人で、木堂の別荘「白林荘」にハナノキを贈った坂岩弘助氏の孫にあたる方(長野県木曽郡大桑村在住)から平成23年3月にいただいたハナノキの花が咲きました。
 ※ハナノキは、カエデ科の高木になる木で、花はとても小さいです。
  画像はこちら 
▲このページの先頭

  「第23回 犬養木堂顕彰児童生徒書道展」を開催!

 郷土の誇る政治家犬養木堂の偉業と人柄をしのび、木堂への親しみを深めていただくため、岡山県内の児童生徒を対象に募集した作品の優秀作を3月16日(木)から展示します。 
▲このページの先頭

 犬養木堂記念館所蔵 一品展30」を開催!

 数多くの収蔵品の中から一点を厳選し、木堂の心情に触れながらゆったりと落ち着いて鑑賞していただく一品展を1月21日(土)から2月20日(日)まで開催。今回は、木堂が印影横に「贋作有り」など添え書きをした「木堂印譜」を全ページ公開!また印刷出版された木堂の印譜集も展示します。 
▲このページの先頭

  「犬養木堂記念館スタンプラリー」記念品交換!

 平成28年度に開催する企画展も1月21日からはじまる「一品展30」で終わりとなります。年間を通して行ってきましたスタンプラリーも最後です。スタンプを4個集められた方は記念品を贈呈いたしますので、「一品展30」を開催中(1/21〜2/20)にご来館ください。
▲このページの先頭

  新春特別展「高校生が語る 木堂の書」を開催!

 12月21日(水)から1月18日(水)まで、明治から昭和にかけて活躍した木堂の書を現代の高校生がみて!調べて!解説文を作成!する 新春特別展 「高校生が語る 木堂の書」を開催します。 
▲このページの先頭

  当館所蔵の木堂の書や書簡が東京の憲政記念館で展示されます!

 当館所蔵の「恕」の額や護憲三派の軸などの木堂の書や書簡、遺品など13点が憲政記念館で開催する特別展「普通選挙をめざして―犬養毅・尾崎行雄―」で展示されます!
  ※会名: 特別展「普通選挙をめざして―犬養毅・尾崎行雄―」
    会期: 平成28年11月9日(水)〜12月2日(金)
    会場: 衆議院 憲政記念館 (東京都千代田区永田町1−1−1) 
▲このページの先頭

  「秋の企画展」を開催!

 昨年7月に木堂の孫である犬養康彦氏(元共同通信社社長)がお亡くなりになりました。このたびご遺族から木堂の遺品などの資料をいただいたので、これらを紹介する企画展「再発見!犬養木堂 ―犬養家からの新資料公開―を開催します。 
▲このページの先頭

  「夏のミニ企画展」を開催!

 犬養毅(木堂)は反藩閥・反軍閥を目指した政治家でした。当時の吏党(政府よりの姿勢を示した政党)・民党の確執と結束など木堂の苦闘や、その後の政党政治の破綻など政党の変遷をたどりながら日本近代史を一緒に考える「犬養木堂と政党変遷」を開催します。 
▲このページの先頭

  記念館の庭で新緑が楽しめます!

 記念館の庭にあるモミジなどの落葉樹が、緑や赤の若葉で色鮮やかになりました。記念館で日本庭園の新緑が楽しめます!  画像はこちら  
▲このページの先頭

COPPYRIGHT.犬養木堂記念館 2010