■サイトマップ
■プライバシーポリシー


犬養木堂記念館
〒701-0161
岡山市北区川入102-1
TEL 086-292-1820
FAX 086-292-1825
 お知らせ        

 犬養木堂記念館所蔵 一品展34」で木堂の屏風を公開!

 数多くの収蔵品の中から一点を厳選し、木堂の心情に触れながらゆったりと落ち着いて鑑賞していただく一品展を1月19日(土)から2月18日(月)まで開催。今回は、木堂の書のなかでも「最ものびやか」と評される白林荘時代の六曲屏風の書を展示すます!! 
▲このページの先頭

  「犬養木堂記念館スタンプラリー」記念品交換!

 平成30年度のスタンプラリーも 1月19日(土)からはじまる「一品展34」で最後となります。スタンプを4個集められた方は記念品を贈呈いたしますので、 「一品展34」を開催中(1/19〜2/18)にぜひご来館ください!
▲このページの先頭

  常設展 「新春特別陳列」を行います!

 1月5日(土)から1月31日(木)まで「新春特別陳列」として、この度新たに見つかった木堂所蔵の備前焼きの水指や木堂の年賀状などを紹介するコーナーを設けます。 
▲このページの先頭


  木堂記念館の庭で紅葉がたのしめます!

 木堂記念館の庭には10本以上のモミジが植えられています。それらの木々が紅葉して参りました。記念館の日本庭園で、常緑樹の「緑」と白砂の「白」、紅葉の「赤色のグラデーション」をご覧ください。


      (H30.11.7撮影)→

    見ごろは終了しました。
   
▲このページの先頭

  「紅葉と和文化を楽しむ会」を開催!

 秋の企画展にあわせて、11月23日()に「紅葉と和文化を楽しむ会」を行います!記念館庭の紅葉と伝統の遊びを楽しみませんか? 
▲このページの先頭

  「秋の企画展」を開催!

 昨年7月に亡くなられた木堂の孫である犬養道子氏を追悼する企画展を開催します!
 「ミッチャン」や「ヲヂーチャマヨリ」と書かれた木堂から道子氏への手紙や、道子氏の著書・絵などを展示し、「憲政の神様」と称された犬養木堂の祖父としての姿、また孫からみた木堂、そして評論家として活躍し、世界の難民問題にも取り組んだ道子氏を紹介するの企画展「道チャンとおじいちゃま」を開催します!! 
▲このページの先頭

  「開館25周年記念 夏の特別展」を開催!

 木堂は、明治10年(1877)に西郷隆盛らが起こした西南戦争の従軍記者として活躍し、ジャーナリストとして著名になり、後年には西郷隆盛について調査・研究をします。
 今展覧会では、この2人に焦点をあて、近代史を紹介するとともに、木堂から見た西郷隆盛を紹介します。また、見学者に自由に感想や質問などを記入していただく意見交換の場などを設けます!
▲このページの先頭

 犬養木堂記念館所蔵 一品展33」で木堂の動画を初公開!

 数多くの収蔵品の中から一点を厳選し、木堂の心情に触れながらゆったりと落ち着いて鑑賞していただく一品展を5月26日(土)から6月24日(日)まで開催。今回は、今から86年前に作成された「噫(ああ)犬養首相」と題された35ミリフィルムのニュース映画を初公開!貴重な木堂の動画を上映します!! 
▲このページの先頭

  「犬養木堂記念館スタンプラリー」がはじまります!

 平成30年度に記念館で開催される企画展(一品展33・夏の特別展・秋の企画展・一品展34)にご来場の方 お一人様につき1回押印(各回のスタンプを全部集めると木堂が使用していた印の印影になります)。スタンプを4種類集められた方には記念品をご用意いたしますので、ぜひご参加ください!
▲このページの先頭

  常設展示の一部展示替えを行いました!

 犬養毅の生涯を紹介している常設展示中、「晩年の犬養木堂」を紹介するコーナーの展示替えを行いました。

   
▲このページの先頭

  「木堂祭」を開催!

 「話せばわかる」の言葉を残し、海軍青年将校らの凶弾に倒れた犬養毅(木堂)の命日である5月15日(火)に木堂をしのぶ催しを行います。 
▲このページの先頭

  木堂が好きだったハナノキの花が咲きました!

 木堂の生前からの知人で、木堂の別荘「白林荘」にハナノキを贈った坂岩弘助氏の孫にあたる方(長野県木曽郡大桑村在住)から平成23年3月にいただいたハナノキの花が咲きました。
 ※ハナノキは、カエデ科の高木になる木で、花はとても小さいです。
  画像はこちら 
▲このページの先頭

  「第24回 犬養木堂顕彰児童生徒書道展」を開催!

 郷土の誇る政治家犬養木堂の偉業と人柄をしのび、木堂への親しみを深めていただくため、岡山県内の児童生徒を対象に募集した作品の優秀作を3月16日(金)から展示します。 
▲このページの先頭

COPPYRIGHT.犬養木堂記念館 2010