さかなのハラワタの取り方
①包丁1本を使って癇単に取り出す方法
魚を腹を下にして、頭の首の所を骨まで切ります

  次に腹を上にして肛門の所から前、1センチの場所に包丁を入れます

  次に左手で尻尾側を持ち、右手の包丁で頭を引っ張ると、きれいに内臓が取れます

②包丁を使わず日本の割りばしを使います
  口から箸を挿入するが、この時エラを抑え込むように入れ、反対側も同じようにに入れる

両方の箸を挟み込むように持ち、グリグリした後、静かに口から取り出す

以上魚のハラワタ取り2例でした

☆ただし骨についている血綿は取れません、時間がたつと鮮度落ちに注意!