そよぎ葉は     (わくら)()となり

朽ち落ちて     冬近し

我が心       木枯らしとなり

裸木は       星を掃く

唖唖我一人     我が道を歩まん


空の裾       海には落ちず

海空に       場所は譲らず

夫々が       存在有るも

闇に溶けては    同じもの

唖唖我一人     我が道を歩まん

早々と       鳴く(あけ)(がらす)

夜は白い      光をまとい

霧が満ち      ほどけゆくほど

風たちて      道は現る

唖唖我一人     我が道を歩まん