高齢者雇用対策
①シルバー人材センターへの支援
  ☆企業行政へのセールス(事務員増強)
  ☆他のシルバー人材センターとの関わり
②休耕作付地の借上げ運用組織
③六次産業化対策の組織を作れないか
須川河川敷の利用
  ☆須川鮨洗橋の樹木を伐採し、花火大会の閲覧会場を作る(国土交通省との話し合い)
  ☆将来は山辺町の行事の場とする(芋煮会、ジンギスカン祭、公園)
  ☆桜の植樹20メートル置きに土を盛り、桜を植樹する(氾濫を防ぐ堰堤の強固になり、名所の一つになる)
5メートル水没地域不安解消策
  大門4~7丁目及び東光台が5メートル水没地域の為、流入水路2ケ所が須川へ排水できなくなった時の為に、
  強制排水するポンプを設置する
温泉宿泊施設の増設 
  背景・・山辺町には総合体育館、プール、剣道、柔道場、テニス場や、お年寄りには屋内パークゴルフ場、
      ゲートボール場があります
  目的・・山辺温泉に宿泊施設を増設することで
      ①町にお金が落ちる
      ②雇用の場が増えます
      ③山本学園野球部の練習場などがあり、合宿が可能になります
      ④日立市等の姉妹都市の宿泊で、研修やイベントも可能になり盛り上がります
  総合体育館が建設30年になるので、そろそろ再建計画を考える時が来ている
 
   ☆申し込み、受付をインターネットで行なう、システムを考える(2017年まで )
多層階の宿泊施設は、洪水の時避難場所になります。
隣には老人ホームやまのべ荘があり、避難に最適です!

公民館利用について
  現状・・①非常勤館長の為、女性職員とのコミニュケが取れていない現状がある
       ②現在誰が、あるいはどこがどんな取組方をしているのか全く分からない
  対策・・①現在どんな人たちが、何の目的で、どれくらい使われているのか調査発表をする
       ②現在のサークル等の参加増、助成を計る
       ③他の公民館との情報交換で利用者数を上げる

山形市の合併について
  合併推進委員会創設
  メリット
  現在町名が住所とリンクしていない為、わかりづらい(地番標識、案内標識の活用)
  現在は・・      東村山郡山辺町大字山辺2751-36
  市制になると・・  山形市大門7丁目10番地
  役場は西支所として西バイパス以西を管轄する
  議員数が抑えられ経費節減になる
  他にもたくさんあります
  デメリット山辺からは議員数が2名になり、町の意見が通りづらくなる
  
子育て支援
  子供3人以上の場合の税金補助
  中学生までの医療費補助続行
  保育制度の見直し
  現在の状況とどれ位の予算で、何処迄支援できるのか具体的に調査

山辺町特産物
  ・舞米豚を使った山辺高校生料理扱い店を増やす(ゴルフ場や道の駅、山辺温泉等)
   新種の果実、野菜の生産を増やす(河北町のイタリア野菜栽培の手法を考察する)
  ・山形県がこんにゃくの消費日本一だから、地産地消を目指し山辺が生産拠点になる
  ・山辺町の観光コースの設定、案内板の設置、写真撮影のアングル説明や、ガイドの教育を
   行い役場内に観光課を設置する
   
   

役場の新興住宅地、公園造成の問題

  問題
  公園に桜を植えても砂礫の為枯れてしまう
  公園に花を植えても育たない、同じく園芸用の土でない為
  対策・・役場へ業者への指導を徹底させる

スーパー「ベル]の建て替えもしくは、他の業者の誘致を考える時が来ている