これは我が家で、初めて犬を飼ったお話です

始まりはハッピー 

愛子ちゃんのハッピーバースディ
愛子ちゃんの家族はママとパパと弟の史成君です。きょうは愛子ちゃんの誕生日、犬を飼う
約束をしたので、大型ペットショップに来ました。「これこれ走っちゃだめだよ」という
パパの声を後ろで聞きながら、二人がいそいで見に行きます。とっても嬉しくってゆっくり
なんかしていられません。

 たくさんの色々な子犬を見て二人は「こっちがかわいい、これもかわいい」となかなか
決まりません。愛子ちゃんは一匹の子犬の前で立ち止りました。
それはヨークシャテリアという犬で、じっとみつめています。

すこし目尻が下がって情けなさそうな顔をしているわりに、気位が高く不貞腐れた態度に見えます。
他の犬がしっぽを振って愛想を振りまいているのに、自分には関係がないというようです。
愛子ちゃんが近づくと「ん?」と言うように顔を上げ、ちょっと首を傾げました。

笑いかけると立ちあがり、前足を上げてガラスに手を乗せ、やっと知っている人が来たと言うように
しっぽを振ります。「史君私この犬が良い、この犬が私を呼んだみたいだ」これに対して史くんは
「えっダサーイ、かわいくないじゃん」と言った途端、子犬は史君を見て思い切りジャンプしたのです。

そしてワンワンと吠えました。まるで二人が来るのを待っていたかのように喜びを身体一杯で表し、
ガラス越しで声が小さいけれど確かに鼻を鳴らしています。二人は顔を見合せ大きく頷きました。
「パパー!ママー!決めたよ、この子が良い、可愛い」と二人して声をあげました。

パパは「どれどれ、うーんあんまり可愛くないな」ママは「私こっちのトイプードルがいいな」と、
それぞれ勝手な事を言い出しました。愛子ちゃんは「私に連れて行って頂戴って言ったみたい」
そして史君は「ねーちゃんが決めていいよ、だって姉ちゃんの誕生日だろう」「うんわかった、
わかった、お前たちがそれでよけりゃそれでいい、その子にしよう」と簡単に決まったのでした。

 服、リード、ゲージ、餌、水入れ、キャリーバッグと大変な数です。店員さんが血統書を出して、
「アメリカでチャンピオンになった経歴もあり、すばらしい犬です」と言われますが、二人は
それどころではありません。
「僕が抱っこ」「私が・・・!史君ずるい」と、どちらが抱っこするかですぐケンカです。
「これこれ、交代すればいいでしょう。今、史君だから今度はねーちゃん、わかった?」

車に乗ってすぐ、史君が大きな声を上げました。「あっウンチした!」子犬はモゾモゾしたかと
思ったら、小さなウンチをコロンとしたのです。「あら可愛いウンチだ、少し匂うね」と笑って
愛子ちゃんがいいました。

ママが「あらあら、ウンチを嫌がらないなんて本当にこの子達、犬が好きなんだわ」ママがティッシュで
取ってあげると、安心したのか大きないびきをかいて眠っています。

まるでこの犬は、桑原家に飼われる為に生れて来たんだなと家族全員が思いました。
そして犬の名前が決まりました“ハッピー”です。この犬も家族もみんなが、幸せになるようにと
言う意味で全員一致。初めに“ハッピー”といいだしたのは愛子ちゃんでした。


しつけ

 しつけの役目はパパです。ご飯を上げる時に「待て!」を教えます。しばらくすると、「待て!」と
言って、1分もじっとしていると、恨めしそうに見上げて尻尾を振ります。そして「良し」と言うと
すごい勢いで食べ始めます。これはすぐに覚えましたが、ウンチとシッコは時間が掛かりました。

パパは怒る時はしっかり、鼻をおもらしにこすりつけ、頭をパシンと叩きます、初めは「ウー!」と
言って怒っていましたが、散歩の途中でシッコした時、抱き上げて「よしよしいい子だ、ちゃんと
出来たね」と耳をくすぐってやると喜びました。

朝、夕の散歩にもすぐ慣れ、シッコをする時は『私シッコしてるよ』と目で言います。半年もすると
家族同然、寝る時はパパとママのお布団で。愛子ちゃんは「ハッピーはいいなパパとママの布団なんだ。
今日は一緒に寝よう」といって連れて行ってもハッピーはちゃんと出てきます。パパとママの布団で
寝るもんだと思っているようです。


家族の一員
 最近買い物に行く時は連れて行ってと、すがって吠えるようになりました。普段は全然吠えませんが、
その日はいつもより吠えドアにドンドン体当たりをして連れて行けと言います。「ダメ、ちゃんと
御留守番しているの、わかった?」ドアを閉めてもまだ鳴いているようです。

買い物が終わって家のドアを開けると、いつも迎えてじゃれつくハッピーが出て来ません。

「あれーおかしいなー、あっハッピーやった!」愛子ちゃんが指差す玄関マットの真ん中には
小さなウンチが一つ。茶の間へ入るとハッピーはソフアの後ろで小さくなって震えています。
置いて行かれた事への腹いせ、焼きもちでウンチはしたものの、後で怒られると思って震えて
いたのでしょう。
自己主張もする、頭のいい犬で、すっかり我が家の一員になったハッピーです。

こわがりハッピー
ハッピーはとても怖がりで、気が小さいのです。かみなりのゴロゴロの音や花火の「ドーン」と
いう音がすると、身体をガタガタと震わせて抱き付いてきます。きっと空気を震わす振動が怖い
のでしょう。


愛子ちゃんが友達を連れて来た時に「この犬花火のドーンという音がすると、ものすごく怖がるんだよ」と
話すとハッピーは思い出したのか、ブルブル身体を震わせテーブルの下に逃げ込みます。

それを見た愛子ちゃんと友達は大笑いしました。普通に話をしていても、ちゃんと聞きわけているのには
驚きです。近所のチワワがハッピーを見て追いかけて来て、ワンワン吠えました。ハッピーは尻尾を
又の間に入れてペタンとフセをします。自分が
3倍も大きいのに本当に気が小さいなと思います。

鈴木さん

 散歩の途中、近所の人に良く話しかけられるようになりました。鈴木さんもその一人です。
「ブサ可愛い犬がテレビに出ているけど、こっちの方がまだ可愛いよ」と言われた愛子ちゃんは、
家へ帰って「失礼しちゃう、ハッピーはスンゴク可愛いよ、ちょっと目は垂れているけど・・・」と、
怒る姿を見て、パパもママも笑うしかありませんでした。
ママはあんまり動物が好きではありません。

小さい時、野犬に咬まれた後遺症らしい。そのママが散歩しながら、近所でお茶を飲んだりしている時、
ハッピーはママのひざのうえでいつも寝ていました。近所の鈴木さんの御主人は良くハッピーに声を掛け、
散歩の途中で撫でてあげることが日課になりました。それからしばらくして、鈴木さんも芝犬を飼う事に
なりました。


ある時鈴木さんの御主人が、来てパパに言いました。「うちの犬が吠えてうるさいと近所から言われて、
通販で大きな声を出すと電気が走るのを首に付けた。電気に驚いてキャンキャン吠えてまた電気が走る。
それを見ると可哀そうで可哀そうで結局ニ度と付けてやれない、どうしたらいいだろう」と涙を流して
パパに相談に来た。

パパは「本当に可哀そうなら外さずに、そのまま辛くても付けて置かないと、吠え癖は治らないんじゃ
ないの」と提案したようです。しかし御主人が付けたままに出来るのだろうか、優しい人だけに難しいかもしれない。

しばらくして御夫婦でいらした時聞いたら、結局、奥さんが御主人のいない時に付けて吠えなくなったとの事、
御主人が「ハッピーは吠えなくて利口だね」と頭をなでると、ひっくり返ってお腹をみせ“腹なぜろ”の催促です。

ハッピーの歌手デビュー
 パパがアダモの雪が降るを歌っている時、「ラーララ~」と歌っているとハッピーが「ウオ~ン、
オオン」と遠吠えをしました。それはまるで歌っているようです。パパは驚いて「ハッピーお前も歌って
いるのか?スゴイスゴイ」と頭を撫でると得意そうな顔をします。ラララ~と歌いだすと一緒になって
ハッピーも歌いだします。

みんなが揃ったその夜に、もう一度合唱すると愛子ちゃんは、お腹を抱えて涙をながして笑っています。
史君が別な歌を唄っても知らないふりで、べそを搔きました。
玄関に誰か来たようですが、気ががつき
ませんでした。

大きな声で「ごめん下さい」という声が聞こえたのは、やっと笑いが一段落した時です。
町内会長の斎藤さんに謝りながら事情を説明すると、是非聞かせてほしいという事になり玄関先で
お披露目です。
会長さんは「スゴイ犬だねテレビに出したら」とまで言って貰いました。桑原家の
ハッピーは本当にハッピーです。

ハッピーとすずめ
 家の前には車が六台止められる駐車場があり、四台にはカーポートが付いています。今年その柱の中に
雀が巣を作りました。ハッピーはいつもベランダから見ています。柱の穴から顔を出す子雀が気になって
仕方がないようです。
ママが玄関を開けておいたその時、子雀の声がいつもと違う高い声に変わりました。

さっと飛び出したハッピーの後から出て駐車場を見ると、巣から落ちた子雀をハッピーが咥えています
「ハッピー!」ママが大きな声で叫ぶとハッピーがパッと口を放しました。  
子雀は驚いたのか、けがをしたのか動きません。ママがそっと抱き上げると子雀はどこもケガを
していないようです。そばの柱の上で親雀が羽ばたきしながら大きな声で鳴いています。

ママは「大丈夫だよ怖くないよ、帰してあげるからね」と巣に入れて上げました。
ハッピーはおちゃんこ座りで黙って見ています。ママがやさしく声を掛けました。「ハッピー偉かったよ、
お前歯を立てないでやさしくして上げたんだね、いい子だね」聞いていたハッピーは当り前じゃないかと
言うように大きな声で「ワン!」と吠えました。


ハッピーの決闘

 最近ハッピーは一人で裏の土手に行ってシッコをしているようです。ある日ハッピーがけたたましい声で
吠えています。愛子ちゃんが行ってみると、一メートルはある蛇がカマ首を立てている。
そばにゆっくり
近づいたり、飛び離れたりしながら、ハッピーが懸命に吠えています。愛子ちゃんの「キャー」という声に
パパが飛び出して来て、棒で蛇を川に捨てました。

蛇はユックリ身体をくねらせながら泳いで行きます。
ハッピーは真青になって震えている愛子ちゃんを、
大丈夫?とでも言うようにペロペロ顔中を舐め回します。自分より大きな蛇を見て怖がりもしないで、
勇猛果敢に戦いを挑むハッピーはすごい犬です。気が小さい所とそうでない所が極端です。


その日・・・
ママは動物が嫌いです。どういう訳かハッピーもあまりママにベッタリしません。「お前私にもっと
なついてもいいはずだよ、散歩もご飯をやるのも私だし、一日中一緒なんだからもっと甘えるとか
出来ないの?パパの車が見えたらベランダから尻尾を思い切り振って出迎えるし、愛子ちゃんや史君も
喜んで玄関迄行くじゃない。

私、犬があまり好きじゃない事を分かっているの?」と聞くと尻尾を振って「ワン!」と云います。
「あらーお前本当に、言葉分かってるんじゃない」「ワン」
ママはうんざりした顔をして「散歩に行こう」
と声を掛けました。ママと散歩をしている時、何か落ちていると拾い食いをします。

今日も「ハッピーダメなんだよ」と声を掛けますが、甘く見られているのか知らん振りです。
その日散歩から帰ってご飯を上げてもハッピーは食べようとしません。愛子ちゃんは「ママどうしたの?
ハッピーおかしい、元気がないよ。」
「どううしたのかな、パパは明日でなくちゃ帰らないし・・・」

その時突然ハッピーが口から食べ物を吐きだした。ママの来ている服にも吐き、苦しそうに身体を
震わせている。「愛子バスタオル持って来て、史成バケツに水持って来て、ハッピー大丈夫かい?
苦しいかい?」ハッピーは目をつぶったままハーハーと苦しそうに息をしている。


史君は「病院に行こう、死んじゃうんじゃない?」と自分も苦しそうにしている。「大丈夫簡単に
死なないから、人間だってちょっとあたった位じゃ死なないでしょ」とママは、自分に言い聞かせて
いるように話します。

「今日は暖かくして寝かせなくちゃ。そうだパパに電話しよう。あっパパ、ハッピーが何か悪い者を
食べたみたいで吐いたの、今落ち着いて来たけどかなり悪いみたい、うん、あそう、正露丸一個だね
分かった」電話が終わるとママは正露丸をだしてハッピーに食べさせましたがハッピーはいやいやを
して飲みません。

大きな声でママは、「ハッピーこれ薬だから飲んで頂戴、飲まないと死んじゃうんだよ」そう言って
鼻をつまんで無理やり口に入れさせようとしましたが、ハッピーはやはり口から出してしまいます。
ママは泣きながら「ハッピーお願いだから食べて頂戴・・」愛子ちゃんも史君も泣いています。

ハッピーは少し目を開けました。ママが正露丸を口に咥えて溶かしてからパンに付け、口に入れたら
ゴクンと飲んだのです。ママが泣きながら「よしよしいい子だ頑張ったね、これできっと良くなるよ、
大丈夫だよ」そして水を飲むと、ハッピーは寝てしまいました。
翌朝ハッピーは元気こそありませんが落ち着いた様子です。少しご飯も食べました。ママは安心して
子供達に言いました。「ネッ!大丈夫でしょ!さーあなた達も早く学校へ行って頂戴、今日はパパも
帰ってくるから美味しいご飯食べましょう」

 史君が「ハッピー行って来るから、元気出して待っているんだよ」と言うと、ハッピーは「クー」と
鼻を鳴らしました。
ママが洗濯物を庭で干していると、町田さんから電話が掛かって来ました。
「ハッピー一人で遊びに来たけど、いつの間にかいなくなっちゃったんだ」と言うのです。

慌ててゲージを見るとハッピーがいません。
鈴木さんのお宅へ伺うと「ハッピーが庭から来て外の
ガラスを手で引っ掻いて呼ぶのよ。開けてあげたら、主人の膝に乗っかってしばらく寝てたの、
驚いたわ!だって初めてだよ、一人で家に来たの。でもどこへ行ったんだろうね」「もうお昼だし
一度帰って見るわ」そう言ってママが家へ帰って見るとハッピーがゲージの中へいます。


「あれハッピーどこに行って来たの、鈴木さん驚いていたよ」でもハッピーはちょっと目を上げた
だけですぐ眠ってしまいました。パパが帰って来たのは
5時過ぎです。「あれーママ、ハッピーは
元気なの?」愛子ちゃんと史君が黙ってゲージを覗き込んでいます。「ハッピーは寝ているよ、
でも元気がないんだ」史君が云いました。

ハッピーが目を開けましたがとトローンとして、まるで元気がありません。
「どれどれ、あっやっぱりダメだな、ママ病院へ連れて行こう」「私も行く」僕も行く」と二人。
「二人で御留守番してて頂戴、家に誰かいなくちゃいけないし、ママが抱っこしてパパが運転する
からね」二人はしぶしぶ納得しました。

 病院に着くまで二人は一言も話しませんでしたが、病院に着いたとたんママが叫びました
「パパ急に軽くなった」パパが抱っこすると本当に軽くなった気がします。
病院に掛け込んで見て貰うと
先生が目を開いて覗き込んで言いました「ああもう亡くなっていますね、瞳孔が開いたままだ」

気のせいか瞳の色が変わった気がします。
「どうもすみませんでした」小さな声で呟き、車に乗ると
パパは大きな声で「ハッピー死ぬな、ダメだ死んだら、帰ってこい、帰って来るんだ」と叫びます。
そばでママも泣いています。
その時ピクッと前足が動きました。そしてユックリと起き上がろうとします。

「エー!ハッピー生き返ったのか?」すぐに「先生、生き返りました」と涙でグシャグシャになったまま
掛け込みました。
「えっまさか、本当ですね、生き返ったんですね」と先生も不思議そうな顔をしています。

ハッピーが目でパパを探し、診察台の上で一生懸命立ち上がろうとしています。
「いいからハッピー寝ていなさい」その後先生から生き残れる値と言うのが合って、ギリギリだと言う話を
されました。

「どうします」と聞かれ自分たちが連れて帰っても何にもできない、先生の所で一晩預かって
貰えないか頼んだ所「いいですよ」との返事、家へ帰って二人に説明している時先生から電話があり、
先ほど吐いた物がのどに詰まり死んだ事を知らされました。
軽くなったハッピーを引き取って帰って来ると、
パパが言いました「可哀そうに、なぜ病院に置いて来たのだろう、ハッピーは帰りたかったろうに・・・

一緒にいてあげた方が・・・」
「ついてあげれば、死なせなかったかも知れないのに・・・」ママが言います
「私がもうちょっと気を付けてあげれば、拾い食いさせないで済んだのに・・・」とみんなで、ハッピーの
思い出を話ながら、結局一睡もしないで泣きあかしてしまいました。

 休みのお願い
 朝、ママが学校へ電話をかけます、早口で一方的に「四年三組の星野史成と六年一組の桑原愛子ですが
風邪で休みます」ガチャ、すぐ電話を切ります。その話方から泣いている事は感じられません。

次はパパが会社に電話をかけます、
「モシモシ桑原です、所長今日休みます、すみません」泣いて
グズグズな声なので驚いた所長は「どうした何があったんだ」
「いえちょっと・・・」
「ちょっとじゃわからん、ちゃんと理由を言え!」

「実は飼っていた犬が死んだのです」
「なにー犬が死んだら会社休むンか?」「昨日一晩、全員で泣きあかしまして一睡もしておりません、
人前に出られる顔じゃありません」


「ウーン仕方ないなー、でも犬が死んだから会社休むと人には言うな、わかったな」
全員目は腫れ
あがり、鼻は真っ赤でゴミ箱はティッシュの山です。

 御近所
 鈴木さんから電話が掛かって来て、ハッピーが死んだ事を話すとすぐ飛んで来ました。ハッピーが
とっても可愛くて、家でも犬を飼うことになった事、飼い犬が死ぬ事がこんなに辛い事だとは考えも
しなかった事を話し、手を合わせ、涙を流して香典を置いて行きました。
後日ハッピーは、前にパパやママと行った事のある鈴木さんと、他の2軒の家を回った事が分かりました。
「きっと楽しかったありがとう、桑原家の人を宜しくと挨拶に回ったんだね」とご近所の噂になりました。

 小さな子犬のハッピーは、大きな喜びと、大きな悲しみを桑原家に置いて、旅立って行きました。
でも楽しい思い出と可愛い笑顔は、家族に強い絆を結ばせました。きっと家族全員の心にいつまでも、
いつまでも、生き続ける事でしょう。

 ハッピーエンド・・・