クワ語録

5380 先に相手を知ろう、それが自分を理解させる早道だ
   相手の興味を引くより、相手に興味を持とう。それがスタートだ!

5379 新月を 窓に浮かべて 虫の声

5378 野分晴 黄金の稲が 絵を書き

5377 結婚生活とは、召されるまでの苦行の場

5376 昼空に 浮かぶ三日月 山の上

5375 木漏れ日を 揺らし葡萄の 袋掛け

5374 人と同じ意見である必要はない、目的が一緒ならば良しとする、寛容さが必要なのだ

5373 虫の音が 風に揺らいで 夢誘う

5372 天の川 水の惑星 平和なり

5371 大きな夢を持つ人に、人は焼きもちを焼き、足を引っ張りたがるもの。
   そんな楽しい生き方は、中々難しいものらしい・・・

5370 秋祭り 太鼓とカネに 星が降る

5369 キチキチと 我が家の犬が 睨めっこ

5368 人を愛せる人は、先ず自分を愛する事が出来る人

5367 鰍(かじか)汁 肝入り出汁(だし)の ありがたき

5366 朝露を すすりて祈る カマキリが

5365 毎日を笑顔で、努力する人は希望を語り、笑顔少なき人は、不平不満と愚痴を語る

5364 陽が落ちて 月と闘う 花火かな

5363 ぶら下がる 高き梢に 眉月が

5362 二日月 サラリーマンの 背を照らす

5361 若い時金を貯めるだけの人生は、つまらんと思っていた。今貯らん人生は、たまらんと思う・・
   60歳で二千万必要なんて・・・

5360 山葡萄 色づき変わり 霜を待つ

5359 種茄子の 変形語る 子の自慢

5358 常識とは若いうちに身に着いた、勘違いと偏見の事である

5357 秋の虹 空を背中に 山繋ぐ

5356 初月夜 蔵王の上に 煌々と

5355 妻が夫に求める物は、優しくされる事ではなく、理解される優しい心である

5354 稲穂垂る 黄金の波の 大和国

5353 朝露や 朝の匂いに 包まれて

5352 チョッとアンタ! 浮気がバレタ? まさかなと・・・

5351 眠られず 羊数えて あさかなと

5350 ビニールが 魚にとっては えさかなと

5349 ド派手な化粧美人に物申す「笑顔に勝る化粧無し!」

5348 深山に 響き渡るは 啄木鳥(きつつき)

5347 秋雲の 早き流れに 竿を挿す

5346 女が「グッ」とくる男の一言
    君は、女らしい知性を持った、優しい人ですネ

5345 秋の野に 七草探し 握り飯

5344 雨雲を 呼んで気を吐く 秋蛙

5343 異性に惑わされない人は、生きる価値がないほどの、愚か者である
   私は惑わされ過ぎの、大馬鹿者らしい・・・

5342 一啼きの 挨拶残し 秋燕

5341 初孫が 骨を嫌がる 初サンマ

5340 夢は成功の道しるべ、シッカリ眼を開けて、一歩一歩の夢を見よう

5339 秋の朝 ひんやり目覚め 毛布掛け

5338 さやけしや 蔵王の名月 朗々と

5337 人は幸せになるだけでは物足りない物、他人の不幸を見る満足で終止符か・・・

5336 新聞の 死亡記事から 秋の朝

5335 さやけしや 夜露の光る 花一輪

5334 全てに置いて、大事なのは結果ではない。大事なのは過程であり、行為なのだ!

5333 旅先の 宿に見事な 花木槿(むくげ)

5332 青松虫 雨と喧嘩の 競い合い

5331 結婚するバカ!結婚すら出来ない大バカ・・・

5330 静かなる 秋づく雨に トマト割れ

5329 秋涼し 風呂桶入り シャワー無し

5328 色々な、スバラシイ事をたくさん残すには、一つの事に集中し成し遂げる事だ!

5327 雨上がり ぼた落つ木槿(むくげ) 哀れけり

5326 寒蝉の 声朗々と 行き渡る

5325 何をするかを考える人生はつまらん、何をしたかの自分人生でありたい!

5324 山暮れて 子を呼ぶ声の 母烏

5323 伏して咲く 川撫子の いじらしさ

5322 結婚とは、苦労が多く金がかかる物!独身は、分かち合う喜びもない、年を取るほど
   淋しい物です

5321 糸瓜を 縄で縛って 笑顔かな
      糸瓜とはヘチマの言

5320 麦とろろ 贅沢一品 田舎宿

5319 他人の心を知る事は大変難しい、己の心でさえ分からない事があるのだから・・

5318 ベランダに 咲き誇りたる あさがほの

5317 鉄道草 今も昔も 同じ音

5316 人間賢くなる為に勉強する事は賢者なり、しかしそれを口にする愚者の多い事!
   賢くなることは大変良いが、それを人に知らせる(自慢)する事は良くない典型である

5315 墓参り 郷遠くして 心詣り

5314 ひんやりと 崖の雫の 花煙草

5313 若い女は美しいと思うが、年老いた女が恐ろしいと、思う男は不幸である
   年老いた女の美しさと優しさを、知ることが出来る男は幸せである

5312 鬼灯(ほうづき)の 雨中に煙る 夢太鼓
      雨の中でほおづきが、ぼやけて浮かぶ姿がまるで、夢の中で太鼓を鳴らしているようだ

5311 風を読み 上下に揺れる 糸蜻蛉(いととんぼ)
      イトトンボが空中に浮かんで、ホバリングしている様を詠んだ

5310 納得出来る、満ち足りた人生にするには、今をどう生きるかだ!
   そこに行く為の、寄り道・回り道はあっても、近道はない
・・・

5309 山雀の 声透き通る 山の朝

5308 蒼天の 空を憂うは 残る蝉

5307 正義を元に考え行動する事が、絶対的良い事とはならない
   その時のルール、行動規範、時代によって忖度があったり、変わらないと
   あおり運転のような問題になる

5306 夜が明けて 川原に残る 花火殻

5304 解夏の雨 一息ついたと 蛙啼く

5305 男は可愛い女を求めるが、母になると可愛げのない女に変わり強くなる
   それはそれで尊敬できるが、少しは可愛いさを残して欲しいものだ・・・

5304 茗荷の子 オカカを添えて 酒ツマミ

5303 新キャベツ お先に失礼 青虫が

5302 生きる事に理由は要らない、生きる事が存在であり、過程が人生なのだ

5301 手花火の 玉落つ後の 静けさや

5300 糸とんぼ 風の狭間に 時を止め

5299 夢より安定、才能より努力と、親は子に求める
   「勉強しろ!」は、いい大学、いい会社に入る事で、幸せ%を上げると思っている

5298 雨跳ねる 風船葛の 音鳴らし

5297 水たまり 何度も空見る 石たたき
       石たたきとは鳥のセキレイの事、尾がチョンチョンと地面を叩くさ様を言う

5296 若いと言う字は、苦しいや苦(にが)いと言う字に似ているが、何故「苦しい苦い」には
   古いと言う字が付いているのだろう?
   年を取り古くなると、苦しい事や苦い事が、多くなると言う事か・・・

5295 太刀魚が ギラリ波打ち 陽に光る

5294 オクラ花 清楚な姿 暖かく

5293 幸せとは探して、見つけるものでも、作るものでもない。それは気づくものだ!

5292 省エネは 早寝早起き 夏時間

5291 内股で  歩く浴衣の  孫娘

5290 物書き屋とは、言葉を「優しく・深く・面白く」綴る名人です

5289 落ち蝉が しっかり掴む 草の幹

5288 今朝秋の 風鈴の音 物悲し

5287 泣きなさい、涙が心を強くして優しくする!悲しい時も、嬉しい時も・・・

5286 盂蘭盆や 高校野球と お線香

5285 夜も更けて 星を落として 烏瓜の花

5284 YES、NOからHOW TOの時代
    出来るか出来ないかの、結論ありきではなく、どうする方法があるかの時代

5283 へばりつき 網戸を上り 蚊を狙う

5282 臥せし妻  網戸の月見 愛おしく

5281 英語と、日本語の違いは、文化の違い
   英語は語彙が少なく、男言葉と女言葉に、違いが出ない
   日本語は漢字一つでニュアンスを読めたり、男と女で言い方を変えることが出来る

5280 背伸びして 風と歌うは 韮の花

5279 打ち水の  後姿の  妻浴衣

5278 どんなに後悔しても変わらないのが過去であり、どんなに心配しても変わらないのが未来。
   ならば今する事に集中しよう!

5277 実ったと 髭が呼んでる 玉蜀黍(とうもろこし)

5276 行く夏の 雨後の畑に 土匂う

5275 人を好きになるって事は、その人の為に何かをしてあげたいと思う事                       

5274 夏逝きて 祭りの輪から 鈴転げ

5273 夏雲を 手に取るように スカイタワー

5272 「女が美しい服を、着たがるのはなぜか?」考えてみた・・・結論!男の為に服を脱ぐため!!

5271 夏の雲 海の上から 湧き上がる

5270 舗装路を 割りて背伸びの 夏の草

5269 批判は他人がするもの、自分をしっかり持っていれば、批判に振り回される事はない

5268 立秋に 葉陰のキュウリ 色付きて

5267 活きの良い 潮を吐きたる 海鞘(ほや)捌く

5266 嫁姑の関係は付かず離れず、しかし心は寄り添う事が大事です。
   カミさんと若嫁は結構、言いたいことも言い合い、相手を大事にしている

5265 女が家に入ると(とつ)ぐと書き、(しゅうとめ)は女が古くなると書く・・・

5264 カラス啼く 帰りの道に 旱星(ひでりぼし) 
       旱星(ひでりぼし)とは、真夏の炎天続きの夜、ひでりを象徴するような赤い星の事

5263 雷雲の 切れ目に光る 星一つ

5262 人にホメられると、恥かしくなる。それが嬉しいと、人にバレそうだから・・

5261 闇に舞う 花笠音頭の 笠回し 

5260 積乱雲 根元にあるは 月山の

5259 優しさと辛さを知っている人は、悲しみと裏切りを知っている人・・

5258 青空に ポンポンダリアの 歌聞こゆ

5257 田舎道 のどけき空に 入道雲

5256 年取りて、我が人生のかじ取りは、婆任せでお気軽に

5255 寝寒朝 犬湯たんぽの 寝冷えかな

5254 二千万 誰が持ってる 定年後

5253 他人を信じれば幸せが近づいてくる、しかし自分を信じれば幸せは手に出来る

5252 陽が落ちて 亡き母語る 走馬燈

5251 峰雲が 梯子を掛けた 月山に

5250 山滴る 光と音を 吸い取りて

5249 人付き合いが良く人に好かれる人は、人を許し欠点を飲み込む事が出来る、キャパの広い人

5248 布袋腹 桜尾紅く 蘭鋳の

5247 風死して 網戸に藪蚊 ヘバリ付く

5246 毒婦を嫁にする男は、大体は結婚を早く決めた人です。良い嫁を貰うのに、遅すぎる事はありません!しずちゃんの相方、山ちゃんのように・・・

5245 斑髭(まだらひげ) 高く掲げる 天牛の
     天牛とは髪切り虫の事

5244 のうぜんの 花を浮かべて 水澄みて

5243 人間とは幸せになる努力より、幸せに見えるように努力する人の、なんと多い事か・・

5242 葉先から 天へ飛び立つ 天道虫

5241 夏萩が 一輪こぼれ 笑顔呼ぶ

5240 最大の喜びとは、皆が無理と言う事をやり遂げた時に、自分に課する言葉である

5239 土用芽の 元気空見る 赤い顔

5238 出目金の 二つの瞳 別を見る

5237男とは女から愛してると言われて、うれしいのは恋をしてる時、結婚するとウンザリする
   女は愛してるといつでも、いつまでも言われたいもの、心変わりしているか心配だから・・

5236 出張の 亭主居ぬまに 鰻飯

5235 孑孑(ぼうふら)の 水面上がりを 待つ雀

5234 若い女は強い男に支配されたがるが、とうがたった女は弱い男の、イケメンを支配したがる

5233 人の居ぬ 通りはためく 氷旗

5232 夏帯が、泣いて解かれて、嬉しくて
       帯を解かれる時、シュッシュとかキュッキュと言う音が、まるで帯が泣いているよう・・・

5231 誰もが認める出来た人は、人と協調するが自分を見失わず、むやみに同調しない
   
心から信頼できる人は、強調と同調の線引きを、しっかり持っている

5230 蝉の声 一瞬止まる 静寂の

5229 蝉シッコ 飛び立つ時の 噴射かな

5228 仕事が出来る奴とは部下を、マネージメントする奴じゃない。上司をマネージメント、出来る奴!

5227 久々の ババア化粧に 孫が泣き

5226 故郷の 夕張メロン 食むる夜

5225 年を取ったら感動が少なく、笑いも少なくなると言う
   いいえ違います!笑わなくなるから、感動も少なくなるのです。まず笑いましょう!

5224 破れ傘 花も咲かない 壊れ傘
     破れ傘の白い花は、花ビラがない咲かない花の様です

5223 紙魚走る 昔アルバム 色褪せて
     紙魚とはシミと読み銀色の服や本を食べる害虫(夏の季語)

5222 眼が、洗えるほど泣いた女は、眼がキレイになる?
   いいえ視野が広がるのです。男を見る視野が・・・

5221 氷水 仲良し友達 コースター

5220 冷奴 ネギと紫蘇の葉 合う季節

5219 人の関心を得る100の言葉より、貴方の笑顔は最も恐ろしい武器である

5218 杉落ち葉 風に掃かれて 庭絨毯

5217 夏寒き タコ焼き旨し 熱燗で

5216 企業の発展とはいくら儲けるかではなく、万人の人にどれだけの事を、してあげられるかである

5215 山形は 草を食べると スベリヒユ

5214 海を出て 飛魚(あご)が目指すは 水平線

5213 生きると言う事は、人に迷惑をかけ、手を煩わせること
   生きている事は、感謝して人の借りを返す事

5312 歯応えに 香りほのかに 巴旦杏
     はたんきょうは、ア-モンドの別名夏の季語

5211 夏菊の 香り届ける 庭の朝

5210 発展すると言う事は、いかに怠け者が多いかと言う裏返しだ

5209 青草の 匂いに響く 牛の声

5208 一滴 抱えてたたむ 眠り草

5207 人をホメる事は簡単にできるけど、人からホメられることは意外に難しい

5206 虹の橋 海の中へと 竜宮へ

5205 白雨(ゆうだち)に 右往左往の 蟻の列

5204 夏負けの 畳の上が 気持ちよく

5203 大きな集中力は、大きなリラックスの裏返し
   だから一時の遊びも、思いっ切り楽しむと、仕事も恋愛もうまく行く

5205 霧雨の 瀑布の中を 舞う蜻蛉(とんぼ)

5204 花海桐 こぼれて香る 雨の中
     海桐(とべら)は落葉低木で、香りのある白花は、密に咲き黄色に変わる

5203 男は女を愛する事を望み、女は愛される事を望む

5202 夏薊(あざみ) ゆらゆらゆらと 風唄う

5201 静謐の 闇に蛍が 瞬きて

5200 夫の苦労を一緒に背負ってくれる嫁、カルビーで不遇の時代に、庇い・励ましてくれた人です
   そして私は今、カミさんの苦労や辛い事を、一緒に背負える夫と自負しています

5199 樗(あふち)花  風の騒ぎで 笑いだす
      あふちとは「せんだん」の事、栴檀は双葉より芳しは白檀の事

5198 カラオケの 音が遠くに  夏の宵

5197 仕事を教えると言う事は、一から十まで教えるのは間違いです。それでは指示待ち人間になる。
   初めは間違いを指摘し、答えが分からなければヒントを出す。考えさせる事が人を育てる事

5196 朝露の 浜昼顔の 優し色

5195 朝採りの 玉菜の重さ 笑顔あり
   
玉菜はキャベツの事

5194 子供の頃、良く聞いた「今の若い者は・・」年取った今、私が呟いている
   時代はくりかえすと言う事か?若い事への嫉妬か?

5193 斑猫が 車の前を スイスイと
   
「はんみょう」とはきれいな昆虫で、飛び方から道案内をすると言われる

5192 水売りが 自販機変わる 今時代

5191 苦しいから逃げたくなるが、苦しみから逃げる事は、自分をもっと苦しくするものだ

5190 死にそうな 百合の香りの きつさかな

5189 糸蜻蛉(いととんぼ) スイと止まって ホバリング

5188 女は男の見た目と言う現実と、可能性と言う将来を買うが、男は女の旬を買いたがる

5187 青大将 滑り泳いで 土手上がる

5186 夜濯(すす)ぎの 星を隠して ベランダの

5185 多くの成功を収めるには、一度にひとつだけ集中する事だ
   なんでもかんでも手にし、考えても所詮物に出来る物は、少ないものです

5184 体重計 乗ったら叫ぶ 壊れてる

5183 青葉闇 鋭く響く 鳥の声

5182 人に嫌われる勇気もあって当たり前!何故なら貴方は、自分の自由な道を、歩いているのです

5181 夏雲雀 雲を切り裂き 急降下

5180 赤腹の 井守が歩く 棚田かな

5179 人の欠点を見つける天才よりも、人を褒める天才になりたい

5178 釣忍 風と語らう 軒の下

5177 野牡丹の 濃紫こそ 雨に合う

5176 こんな風に、生きて来て満足だ!と言える人生にしたい
   その為に今を大事に、前向きにそして、がむしゃらに今を楽しもう

5175 白花が 流れに揺れる  梅花藻の

5174 雨燕   雲を纏(まと)いて  空を切る

5173 男は優しくする人で、女は優しくされる人的発想が、当たり前と女は思っている
   
男だって優しくされたいし、強い女もいる世の中である

5172 小暑の朝 河川清掃 長袖で

5171 立葵 天(そら)をめざして 登りゆく

5170 女の母性愛とは、男の弱さを知っているから、女だけに神様は授けた
   だってそうだろう?父性愛なんてないもの・・・

5178 青葡萄 色気が付いたら 袋掛け

5177 梅雨籠(つゆごもり) 何とはなしに 雨だれ見

5176 寝て夢を見るより、起きて夢を見る人でありたい。
   それが自分において楽しく、意義のある一生になるのだから!

5175 青葡萄 色気つく日を 夢に見て

5174 眼に優し 音も優しく 青梅雨の

5173 デートの時、男は計画を立て遅刻しないように行動するし、遅くなったら飯抜きなど帳尻を合わせる
   女は遅刻する時メールや電話で断り、それで帳消しにして自分で納得、問題なしと考えます

6172 焼酎の ロックが似合う 俺とギター

6172 顔見えぬ 麦藁帽の 幼子が

6171 過去を悔やみ、未来を恐れる事はない。今自分が何をすればいいのか、知って行動すればよい

6170 沙羅の花 雨悲し気に 地に落ちて
       平家物語に出てくる沙羅双樹の花で白色、夏椿とも言われるように一花毎落ちる

6169 優しくね 夫トリセツ ないものか
      本屋に行ったら、夫のトリセツありました・・・

6168 人を分かろうと、努力するくらい虚しい物はない。何故なら自分自身も、分からない時があるから。それなら好きか嫌いかで判断しよう

6167 金魚草 着る服多し 雨の日に

6166 椎の花 香りにむせる 犬散歩

6165 料理の出来ない女に、男は興味を示さない
     料理は女のたしなみではなく、料理と言う行為に、関心がない事に問題がある。料理は女を磨く!

6164 我が犬は 飼い主に似て 人懐こい

6163 ひと夏の 恋かと思う 不整脈

6162 玄関に 残る雨傘 蝉時雨

6161 自分自身に自信を持つ事は、他人から信頼され満たされた日々を送る事だ

6160 恐ろしき  棕櫚(しゅろ)の花見て  指さして

6159 万緑の 底に青空 持つダム湖

6158 過去を悔やまず、未来に悩まない。それには今を大事に、笑顔で一生懸命!

6157 キャンプにて 萍を焚いて  蚊を防ぐ
     萍は「よもぎ」と読み、食材や薬草に使われるハーブで、蚊を寄せ付けない効果がある

6156 朝を待つ  しじまに響く  仏法僧

6155 愚かなる者は幸せを求め、上を見て前を見て歩き続ける。賢者は足元の幸せを、大事に育てて行く

6154 水たまり 空を映して 夏の色

6153 口開けて ラムネ急いで ラッパ飲み

6152 男は何時までも昔の恋を、懐かしがる生き物!女は恋を上書きして、過去を思い出さない生き物

6151 尺蠖(とり)虫  天を目指して 立ち上がり

6150 梔子(くちなし)の 咲いてほのかに 香り撒き

6149 恋は盲目と言うが、妻を得るなら耳を使うのがコツである

6148 雨連れて 艶とほほ笑む 額の花
   
額の花はアジサイの事

6147 故郷へ  山形自慢  桜桃(サクランボ)

6146 幸福になる努力より、たやすい幸せは、他人の不幸を見る事だ

6145 電話鳴り  取る迄待てと  どっコラショ

6144 母逝来て 年を数えて 虎が雨
陰暦5月28日に降る雨。この日曽我祐成が斬り死にし、それを悲しんだ愛人の虎御前 (とらごぜん) の涙が雨となったといわれる

6143 涙が女性の武器ならば、化粧は心を隠す鎧である

6142 緑雨朝  山にぎわいて  鳥の声

6141 鈴蘭の  香りほのかに  笑い落ち

6140 6月に  間違いている  コオロギが

6139 「人生とは、自分探しの旅を言う」と本にあった
   私なら、「自分で自分を育て、作り上げる旅が人生だ」と思う

6138 麻暖簾 しまわぬ内と 急ぎ足

6137 若いふり 白髪男の 半ズボン
   
今は短パン

6136 一日を大変だと思って生きては、つまらない人生になる
   人生とは幸せを感じる事の繰り返し、それが人生を楽しいものにする

6135 かば焼きの  鯰狙うて  ポカン釣り
       ポカン釣りとは、カエルを針に刺して水面を跳ねるように、動かしてナマズを釣る釣り方

6134 ねじ花の  螺旋階段  蟻登る

6133 会社にとって、大事な物の一つに人材がある
   個性と言う一人一人の人格が、活かせ伸ばせる事が、発展につながる

6132 梅雨茸  しっとり語る  苔の上

6131 透けた文字  出して客待つ  夏暖簾

6130 女は完全な男を求めたがるが、そんな男はいないし、そんな男と釣り合うのか?
       人はみんな欠点がある、ただそれがどこまで許せるか?それ以上に愛せるかである。

6129 海女鳴らす  海酸漿の  響く町
     海酸漿とは「うみほうづき」と読み、竜葵とも書くがほうづきと、同じように口で鳴らす

6128 空梅雨に  横に這いたる  昼顔が

6127 下をむいて立ち止っていたら、希望も虹も見えない。
   上を見て前に歩いて行こう、行き先には希望も虹も、待っている

6126 喉で飲む  麦酒の美味さ 鼻の泡

6125 緋牡丹が 雨を纏いて 凛と咲く  

6124 ジジイと言われる嫌われる仕草!皆さん気を付けましょう」
   一位・爪楊枝でシーハー 二位・おしぼりで顔面ゴシゴシ 三位・〆のお茶で口、グチュグチュ

6123 花檸檬  落ちて漂う  香りあり

6122 結葉の  漏れて煌めく  波甍

6121 優れた人物は、どんな問題にも回答を見つけ邁進するが、愚者はどんな回答にも問題を提起する

6120 筒鳥の 声が枝縫う 杉木立
   
筒鳥はカッコウ科の鳥で、筒を打つような、ポンポンと言う声で啼く

6119 悲しくも 筒鳥卵 百舌鳥(もず)(かえ)
    筒鳥はかっこうの中間で托卵する、それを一生懸命モズがかえし育てる

6118 私は若い頃、上司に向かって直言でした、今思えば愚かでしたね・・・
     面と向かって、思っている事を、誰の前でも「正い事だから!」の理由を付けて・・・

6117 急流に 首をかしげる  翡翠(かわせみ)
      魚は見えるけど急流すぎるかな?と考えているカワセミを詠んだ。カワセミの漢字は宝石のヒスイの字です

6116 梅雨闇に 人待ち灯  我が家かな

6115 正しいかどうか一度立ち止まって、よく考える事が大事です
   正しいと言う字は
と言う字と、まると言う字で出来ています

6114 梅雨曇  背を伸ばしても  独活(うど)は草

6113 梅雨寒で 人に背をむく  扇風機

6112 いつも一緒にいて当たり前、一緒に生きて当たり前ではない
   一緒にいられる喜びを、チャント口に出して、大切にしようと思う

6111 カミさんを 忘れて挨拶 コンニチワ

6110 音もなく 降る雨化粧の 四葩(よひら)かな
     四葩(よひら)とは紫陽花の事!よひらはもともと4枚のガクを言うらしい

6109 お金持ちになりたいか?心豊かになりたいか?
   ある人がお金を持ったら、心も豊かになると言ったけれど・・・

6108 雨に濡れ  ゆっくりもったり  ででむしが

6107 ナメクジと  暗い所に  カタツムリ

6106 昨日経験、今日知識、明日の運命切り開く
   人間経験を生かして、知識を重ね努力する事が、幸せ人生につながります

6106 紅花は  切り花しても  凛と色

6105 犬鼾  妻と合唱  眠られず

6104 男は惚れさせたいと思うが、女は惚れたいと願うものらしい
   女性諸君!愛しすぎない事、それが長続きできる恋のコツです

6103 迎梅雨  傘と蛙が  喜んで

6102 一夜だけ 覇王樹花に 何思う
       覇王樹とはサボテンの事、月下美人と言う花を詠う」

6101 勝負は時の運と言いますが、ダメな時めげない、強い気持ちを持つ事です
   それには準備怠りなく、万全を尽くす事!そうすれば納得でき、一歩を踏み出せます

6100 素麺を  氷浮かべて  音たてて

6099 静かなる  紫陽花寺に  佇みて

6098 寒さに凍えた者ほど、暖かさの幸せを感じる者はいない
   不幸だからとか、辛いだとか目先を憂う事はない。次に来る幸せとの、繰り返しが人生だ!

6097 冷や麦の 赤と緑が 涼し気に

6096 青葉寒  真夏日過ぎて  梅雨入りの

6095 嫉妬とは男にとっては弱き物、これほど厄介なものはない
   嫉妬とは女にとって最も強い感情、恐れの裏返しである

6094 心太(ところてん)  熱燗旨い  青葉玲

6093 追いかける 蠅一匹に 目を凝らす

6092 愛する技術を磨くのは愚か、愛される技術はその何倍も難しい物だ!その事をこの年になって初めて知った

6091 パン焼いて バターパセリの 旬の味

6090 上司来る  マナーモードの  妻の口

6089 幸せ人生は、ナルシシズムからの出発です
   自分を愛せない人は人を愛せず、自分を軽蔑する人は人を軽蔑し、自分を憎む人は人をも憎む

6088 紅花の  月を纏(まと)いて  艶(あで)やかに

6087 田水張り  空を映して  カエル啼く

6086 生きる辛さ・生かされる辛さを身をもって思うのは、生き死に手術を控えたカミさんを思う私か、当人だけなのかも・・・

6085 連れ合いの  病の重さ  頭垂れ

6084 芒種雨  雷連れて  陽を連れて

6083 人生100年時代、定年後死ぬ迄2000万円必要!これどう思います?
   安倍政権は、ヤット経済成長が下降修正、しかし地方はいまだ景気下向きのまま!

6082 風強し  林檎剪定  こわごわと

6081 のどけきの  雲雀の声に  空探す

6080 前向きに努力の人は未来の希望を語り、怠ける人は愚痴と不満の垂れ流し

6079 たおやかに  薔薇に朝露  一滴

6078 ツバメの巣  作りて降りぬ  シャッターが

6077 憎たらしいと、人を恨んではいけない、その人は人生を楽しんでいるのだ!
   と思えば自分も同じ境地に!

6076 ハンカチの  急ぎ働き  真夏日は

6075 定年後  年金足りない  シルバーへ

6074 人を理解する事の難しさは、頭が良いとか悪い事ではない
   どういう訳か、好きか嫌いかはすぐわかるものだ・・・  

6073 夏大根  芽出し喜び  空を見る

6072 カレンダー  予定書き込む  診察

6071 男にとっての嫁選びは、最優先事項です
   それが分かったのは、年を取ってからでした!それもカミさんと時間を重ねたから・・

6070 シャボン玉  大きく吹いて  たくさんに

6069 気まぐれの  夕立叩く  薔薇太鼓

6068 運命だと言ってままに受け入れるか、運命を作ると言って前向きに生きるか!
   最後に目をつぶる時、自分に満足できる人生でありたい

6067 豆を蒔く  芽出し拍手の  雨の後

6066 雨蛙  青葉時雨の  柳下

6065 人はこの世に生まれる時は、「泣きながら」が始まりです
   だから旅の終わりは、「笑いながら」の人生でありたいですね

6064 旬食らう  筍飯に  舌鼓

6063 山霧の  重さと話す  栃の花

6062 子供は親の言う事じゃなく、親の背中を見て育つ物!
    子供は親の言う通りにはしないが、親のするとおりにするものだと・・・

6961 牛蛙  田んぼ水入り  声響く

6060 夏隣り  テイシャツダメと  怒られる

6959 楽しんで、仕事が出来る人に、人は集まる。これを人徳と言う
   義務だと言い聞かせて仕事をする人に、仕事だと割り切って部下が付く。これを組織と言う

6958 サクランボ  オロ抜き作業は  真夏日に

6957 五月晴れ  救急搬送  熱中症

6956 栄光と幸せと満足が、必ずある場所は何処でしょう?それは辞書の中です・・

6955 花海棠  下にタンポポ  見下ろしつ

6954 空を切る  母を目で追う  燕の子

6953 女性がキレイでいる秘訣は、素敵な恋をする事です
   素敵な恋とは、相手を輝かせる事が出来た時、幸せを感じるものです

6952 シャカシャカと 風と語るは 風車

6951 春深し カラスがさらう スズメの子

6950 年取って「みったくない男」っているよね!下の話を喜ぶだろうと、勘違いしている男!!
   女性相手でも、ジョークと言うセンスにくるんで、品良く笑いを取れない奴は最低!

6949 くたびれて たたむ玄関  春日傘 

6948 春ショール ババアうっとり 鏡前

6947 女は男のズルさを知って離婚する
   
定年後何もせず、家にいてマトワリつく厄介者
    男は女の怖さを知れば結婚しない
   
焼きもちは焼く、口うるさく金がないから、働けとこき使う。年取れば離婚されて知る!女は怖い・・・

6946 菜種梅雨  花は喜び 咲き誇る

6045 水清く  日差しに歌う  クレソンが

6044 未練は男が残すもの、女は完全切り替えが突然できる
   元カノが良かったと、未練タラタラの優柔不断男の多い事!
   しかし女は過去を振り返らず、毅然と新しい恋を探す生き物の様です
・・・

6043 ツンとくる  ワサビのうまさ  日本人

6042 花終わり 蕊絨毯に 箒音
   
(しべ)とはめしべおしべの芯の事、花が終わると落ちて地面一杯になる

6041 「女性に勝つ男の本ありますか?」と、聞かれた本屋の女店員
   「フィクションコーナーは、あちらです」と・・・

6040 落とし角  雨に打たれて  寂し気に

6039 タラの芽の  揚げて春食う  香り食う

6038 キャンプして  男冥利の  岩魚酒

6037 大人でちょ テレビ涙目 孫が言う

6036 子供から「人間て何の為に生きるの?」と、聞かれたらなんと答えますか?
   私は「人の役に立ち、人を幸せにする為です」と、答える事にしている。貴方は?

6035 鼓草  今か今かと  風を待ち
   
鼓草とはタンポポの事

6034 鱒登る  雪代水に 磨かれて

6033 思い入れの強さと、成功の比率は同率である
   成功する秘訣をこう思うと、又一段と確率は上がるものである

6032 モクレンの 落ちて嫌わる 庭掃除

6031 自惚れに 付ける香水 馬鹿薬

6030 静寂と闇、まったり・もったりの二人だけの生活は、言葉さえいらない満足世界。
   便利さと騒がしさそして贅沢は、時間を追わない年寄りには、必要のない物です

6029 ガザニアが 庭に芽を出す 緑の日

6028 好きだった 勿忘草に  母想う

6027 挨拶が送信のスタートなら、返事は受診のスタートである
   スタートは分かり易く、ハッキリと!がベースです。その声に笑顔が乗れば、満点です

6026 雉叫ぶ ススキの原に 声ばかり 

6025 読みさしの 本がうつ伏せ  枕元

6024 上司は何かをして失敗した部下や、親が自分の子供の失敗を怒ってはいけない
   自分から何もしないで人任せにしたり、失敗はイヤだから!の理由に怒るのだ

6023 ありったけ 声を出したる だはんこき

6022 春時雨 畑の土を 黒く塗る

6021 聞く事の難しさをよく言うが「聞く」の字は、耳が門に囲まれている字です
   だからこちらが話を聞くには、門を開かなくちゃいけない訳

6020 ドジョウいる 側溝整備 声上がる

6019 植木市 みな重そうに 花を持ち

6018 男は心から歳を取っていくが、女とは顔から歳を取っていく物らしい
   それ位、男と女の歳に対する関心度は、違う物なんです

6017 ひそと咲く  二輪草の  睦まじさ

6016 春の闇  蕾しっとり  朝を待つ

6015 私は葬式で何歳まで生きたかではなく、どう生きたかを語られる男でありたい
   良いも悪いも笑顔で、アイツらしいと言われる人生を・・・

6014 田起こしの  後に群がる  カラスたち

6013 行く春を  畔道歩き  のんびりと

6012 人生と言う旅路は、Uターン禁止の道路みたいなもの
   近道程大変な苦労を伴う、悪路である事を知らないのだから・・・

6011 みな笑顔  市民農園  抽選日

6010 牧開き  いななき我さき  馬走る

6009 人を愛する事は自分を愛する事、まず自分を好きになりなさい
   愛はすべての言葉の始まり「あ・い・う・え・お・・」

6008 五月晴れ 空にはためき 鯉泳ぐ

6007 挿し木にて  増えた桜が  日本中
   
日本の桜はほとんどがソメイヨシノの挿し木で、一斉に咲くのは一緒の遺伝子だから!知っていました?

6006 母親諸君、思春期男子への理解が、そっと見守る子離れです
   「メシ」「風呂」「寝る」「うるせい」これが、親離れの始まりなんです

6005 シャボン玉  二階ベランダ  孫の声

6004 晩春の  白き障子に  夕日映え

6003 チャンスは今!貯金できない物です
   そんな気持ちで過ごすと、運は必ず貴方に付いてきます

6002  若芝に  転がる子供  尻の泥

6001 青き天  浮かべてカエル  スイスイと

6000 見えない所で、私の事を褒めてくれるのは、友達と言う理解者である
   見える所で私を褒める人は、忖度をするおべっか人間で、信用できない・・とは考えすぎ?

5999 腰伸ばし  見上げる蕨  雲雀かな

5998 長閑(のどか)なる 弁当ランチ ベンチ席

5997 人生の道は山・坂・曲がり・立ち止まり、回り道しても自分を信じ、生き切る自分でありたい
   そしてゴールが来たら、ゆっくり振り返って、いい道だったと思いきりたいものです

5996 潮干狩り  水吐く蜆  水色の

5995 花過ぎて 蕊(しべ)降る地面  赤じゅうたん

5994 ダメ人間とは自分を、社会からの被害者だと感じていて、何の解決も努力もしない人
   出来る人とは、どんな状況でも悲観せず、責任逃れをせず、好奇心をもって立ち向かう人

 5993 遅霜に  出した鉢植え  いじめかな

5992 助手席に  無事故を載せて  里帰り

5991 愛し合う事はお互いを見つめ合う事、結婚は一緒に同じ方向を見る事
   ただ方向の、マチガイ・勘違いが分かるには、時間がかかる・・・

5990 桜散り  令和の夜明け  国始め

5989 林檎花  摘みてアクビの  梯子上

5988 結婚する馬鹿・しない馬鹿、出来ない馬鹿の多い事!
  「結婚して、苦労するなんてナンセンス」と言う貴方、苦労の先にある、幸せを貴方は知らない

5987 昭和人  令和をまたぎ  孫だくさん

5986 昭和から  平和日本の  令和旅

5985 人に言葉を発する時、自分を振り返って、行動をチエックしてみよう
   部下も、上司も、お客様をも動かすのは熱意と行動!だから自分の行動が、ぶれていないかを振り返る

5984 囀りや  家族増えたと  小雀が

5983 海猫(ごめ)渡る  港出船の  賑わいに

5982 子供独立・独身増えて、独り住まいと空き家が増える今時代、これでいいのか・・・

5981 爆音に  霧舞い上がる  春の滝

5980 リラの花  大人の香り  舞い降りる

5979 初恋の、あの人が言った言葉が、今も心に残ります。「もっと話して・・・」

5978 黒々と  力みなぎる  春田かな  

5977 孫姿  十三詣り  手を合わす

5976 カロリーを気にしてガマン人生より、旨い物を食べて走るバイタリティが、どれ位人生を楽しくするものか!

5975 初登校  孫の声聞く  チューリップ    

5974 青饅(あおぬた)の  独酌一杯  和み日の

5973 時間は伸び縮みします!「もうこんな時間!」と彼女に言われたら・・・どうでもいい人の話は、サウナの砂時計で、好きな人との時間は経つのが早い・・

5972 雪柳  みんなで歌う  庭の奧

5971 金は無し  十連休に  ため息が

5970 親のせい、会社のせいと、悪いのを何かのせいにする人は、一番悪いのは自分だと分かっているものです!
   そろそろ卒業しませんか?

5969 風光る  山・空・空気  陽ざし濃い

5968 春深し  タンクトップは  着られない

5967 貴方は貴方でしかないし、貴方は貴方であればいい
   過去にも、未来にも、世界にも、貴方は唯一無二の存在なのだ!

5966春休み  自転車支え  孫見かな

5965 亀鳴く日  初登校の  孫送る

5964 女は外見で、男に印象付けようとします、化粧、フアション、ヘアスタイル等
   男は形にならない言葉と言う物で、印象付けようとする、仕事でも趣味でも、うんちくを語りたい

5963 潮干狩り  尻ぬらしては  飛び上がる

5962 春日向  陽ざしを追って  眠る猫

5961 運が良かった、運が悪かったと言う人がいるが、本当は運のいい人も悪い人もいない
   ただ運が良いと言う人と、悪いと言う人がいるだけである

5960 花冷えで  種まき後の  不安増し  

5959 和布(わかめ)採る  陽ざしおぶりて  眠気船

5958 他人に認められたい、良く思われたいという心を、全面に出す人は好かれません
   自分に正直、他人に誠実な姿が、ぶれない自分を作り、人が付いてくる物です

5957 桜餅  塩塩梅が  絶妙と

5956 花(むしろ)  新入社員が  朝早く

5955 芭蕉が残した言葉に「俳諧(俳句)は老後の楽しみ」と言う言葉がある
    周りに迷惑をかけず「徘徊は老後の苦しみ」にならぬよう、したいものです

5954 青空を  背にし服着て  山笑う

5953 畔の道  ツンツン土筆の  歌聞けり

5952 男と女の間には、嫉妬と憎しみがあります。それは愛の裏側にある、真逆のバロメーターです!

5951 花筏  付いて離れて  語り合う

5950 お土産と 童菜の花  萎れ出す

5949 結婚を、急がなくなった「男と女の違い」
   男は結婚によって、失うものがあるのに、気付いたから(自由気ままな生活・・)
   女は結婚生活が、「女性の犠牲のもとに成り立つ」のは、おかしい事に気づいたから

5948 恋猫の  ベランダ語りの  騒がしさ

5947 水仙が  過疎の村道  そっと咲く

5946 最高のエネルギーを、原子力と思っていませんか?それは違います。
   それは人間が持つ「意志」と言うエネルギーです

5945 落椿   違う風情の  チューリップ

5944 春シヨール  センスの良さの  我ばばあ

5943 自分の言う事を聞かせようと、大きな声で語る人の言葉は、相手に届かない
   人の意見を良く聞き、最後に自分を語る人の言葉は、相手の胸に響く物

5942 菫咲く  傍に寒そに  カエルいる

5941 山形の 開花宣言  うちはまだ

5940 成功する秘訣は、失敗を笑ってマズイと言える強い心!
   だって成功する迄は、失敗の連続だから・・・

5939 外桜  中ハイビスカス  花の宴

5938 縁側で  舟漕ぐ我に  桜笑む

5937 幼稚園で息子が、女の子の叩いたとき、私は目の色を変えて怒った!
   恐ろしいまでの迫力と、怒涛の勢いで、激しく叱って正解!息子の家はDVDはない家庭です

5936 長閑(のどか)なる  雲を眺めて  背を伸ばす

5935 ブランコで  空迄駆ける  童たち

5934 人は知らない人に、警戒心と親近感を併せ持つ
   それは挨拶と言う一言で、心の距離が縮まるものである

5933 初鳴きに  まどろっこいと  腹が立つ

5932 韮赤芽  雪消えよじれ  起ち始め

5931 一年間犬猫殺処分ゼロ、達成都市がありました。
   
人間の一番身近な犬や猫が、共存できる幸せ社会になって欲しい・・・

5930 ネギ根分け  陽射しおぶりて  畑行く                                

5929 年取って  近所のうわさ  引きこもり

5928 酔っぱらってカミさんに言った「俺昔、会社でクワさんは、ワイルドだって言われたよ」と言うと、
   カミさんは「アンタは、私には困った人でまいるど」と・・・

5927 斑雪  早く消えよと  雨が降る

5926 沈丁花  香り抑える  春の雨 

5925 私をカミさんが言うと、やりたい事をやって、好き勝手な人生を送った人
   私を他人が言うと、行動力のある前向き人生、中々人は出来ないと・・・

5924 花人が  シート押えて  飲むお酒

5923 空のもと  山にありたる  花一樹

5922 男の勇気とは、がむしゃらに進むばかりじゃない、引き返す勇気も必要。
       ま、よく考えよう!勇気の男の字の上には、小さく「マ」の字が付いている・・

5921 いつ迄か  妻と私の  二人旅

5920夜桜が  水面に咲いて  艶やかに

5919 今の世は年取って、離婚される男が多くなった
   しかし女が利口になったのか、結婚しない女が多くなった

5918 花辛夷(はなこぶし)  風に舞たる ヒラハラと

5917 公魚(わかさぎ)の 釣り船映す 湖の上

5916 カミさんに 手綱取られし 我が人生
   何言ってんの、オダテラレたら何処までも舞い上がるし、飲みに出たら帰ってこないの誰!

5915 給料とはだれから貰う物?給料は仕事に対する対価です!
   
仕事とは事に仕える事、上司や会社に忖度しない!お客様から「感謝と共に頂くものが給料」(ただバッシングは、強いのでほどほどに)

5914 つばくろの 巣作り初め 車庫閉めず

5913 春めきし  梅の蕾に  赤い線

5912 世の中には人を馬鹿にしたがる奴と、バカにされたくないと気張る奴がいる
   
人を馬鹿にしちゃいけないし、バカにされても馬鹿にならない心の強さが必要

5911 こんなにも  脂肪付いても  泳げない

5910 暖かな 花映したる 春障子

5909 有能な出来る男は、行動で社会貢献をする
   
無能なダメ男は講釈ばかりで、社会批判など知ったか振りをする

5908 まな板で  分葱の香り  春歌う

5907 せせらぎの 音を集めて  蕗のとう

5906 男心って知ってる?好きになればなるほど、「好き」って言えなくなるものです
   シャイな男心を分かったうえで、「言わせたい女」って、多い気がします
(若いうちだけ)・・・

5905 春風を  纏(まと)いて流る  雲早し

5904 水温む  花水やりの  心地よさ

5903 失敗は恐れる物ではなく、乗り越える物だ
   
失敗を心配するあげく、何もできないのは最低の方法です。ポジティブに、笑顔で前向きに!

5902 一票に 審判託す 18歳

5901 人柄と  党利で揺れる  この一票

5900 他人からの声は強い!良いも悪いも気になり、精神衛生状毒にも薬にもなる 
   
良い言葉優しい言葉を使い、人を傷つける言葉や、悪意を感じる言葉は慎みたいもの

5889 陽だまりに  鉢、外デビュー  部屋広く

5888 沈丁花  香り纏(まと)いて  角曲がる

5887 「階段は自然のジムだ」と言います!
   
普段から階段を、有意義に使って、足腰を鍛えよう・・・

5886 美しく  春生まれ来る  命かな  

5885 まんず咲く  黄色の春は  マンサクの

5884 心が若い君は七十になっても、はしゃいで照れてコケテイッシュ!
   
君の笑顔は僕に若さと、満足・幸せを連れてくる(感謝を口にしないけど・・)

5883 せせらぎに  春の息吹と  暖かさ

5882 携帯が  繋がらなくて  終わり知る

5881 家庭と言う最大のプロジェクトの、キイは夫が持たない方が良い
   
最終的決断は別にして、普段は妻に任せる方が、円満な家庭作りになります
   子供等の育児・家事、ご近所付き合いなど、環境へのきめ細かな対応は妻頼みが良い

5880 銀鼠(ぎんねず)の  木の芽膨らみ  春呼べり

5879 禿げてきて  若いつもりも  歳相応

5878 結婚生活とは?と聞かれ答えた
   天国に行く迄の苦行の場です・・

5877 蕗(ふき)の薹(とう)  孫チンチンの  可愛くて

5876 土竜塚(もぐらづか)  土こんもりと  初始動

5875 男の目、口、耳とはまず目で見て、口で口説いて結婚!その後耳は、長い間不満と愚痴を聞くものです。
   結婚してから目で他の女を見たり、カミさんに口を出してはいけない。口では勝てないと思う事!

5874 流し雛  逝った我が子に  届かんと

5873 おもしゃくて  やがて悲しき イジラレル

5872 コロッケの大好き言葉「あ・お・い・く・ま」は、母からの教え
   「焦るな」 「怒るな」 「威張るな」 「腐るな」 「負けるな」

5871 恋猫の  軒デュエットが  下手すぎる  

5900 体重は  増えてないのに  腹太る

5899 「俺、お前と結婚して幸せだ」「私、アンタと結婚して不幸せ」「・・・・」
   年取るとこんな夫婦が、多くなるそうです(だから妻から夫への、離婚申し立てが多い?)

5898 雪消えて  見下ろす里屋根  色が付く

5897 花粉ひょう  くしゃみ鼻水  鼻詰まり

5896 会議中  賛成しそうな  人を指す

5895 大笑い一回、小笑い一杯の一日にしたいですね!
   長い目で見ると、それが幸せ人生作りの、コツかもしれない

5894 香り良く  春筍が  まな板で  

5893 糸切り歯  使った事ない  我がババア

5892 春蘭の 花芽立たる  我が玄関

5891 カミさんに言った「お前社会貢献、何してる?」
   「あらアンタと、結婚したじゃない!」俺「・・・・」

5890 蛇穴を  出でて陽ざしの  匂い嗅ぐ

5889 別れても  何故か左を  開けて寝る

5888 子供達へ・・未来の自分を考える時、向くか向かないで決めず、好きか嫌いで選択して欲しい(イチロー)
   
好きな物なら、難しくても努力出来るし、投げ出さず真剣に、取り組めると言う事か?(廣)

5887 会議中  携帯音が  ドラえもん

5886 ふんわりと  積もる気のなし  綿雪が

5885 体力年齢、知力年齢、心年齢この差を小さくするのが若いコツ!
   ボケると緊張感も、努力もなくて夢見心地、それはそれで幸せな事・・・

5884 いぬふぐり  桜の下で  踏まれいる

5883 風呂前は トイレ裸で バタバタと

5882 あれもやりたいこれもやりたいの、欲張り人生は何も残らないと思ってませんか?
   やり残したことは、死んでみなけりゃわからない物なんですよ
・・・

5881 一戸建て  お隣芝生で  うち畑

5880 屋根を打つ  春一番の  朝の雨

5879 親は子供の名前を一生懸命考え、思い悩んで美しい名前や、良い名前を付ける
   しかし名前の良しあしではなく、親がいかにたくさん名前を、呼んであげられるかである

5878 露天風呂  湯気に字を書く  牡丹雪

5877 散歩して  徘徊してると  噂され

5876 若いうちの結婚観は、一緒にいて楽しい人を選びがちで、離れて寂しい時が引き金になる
   年を取ると結婚観は、一緒にいると面倒で、墓まで一緒はイヤになる物らしい
(女性)

5875 夜明け色  早くなりたる  春障子

5874 春眠く  夢の続きと  言い訳を

5873 カミさんに  手綱取られし  人生か
   「アンタはオダテられると糸の切れた、凧みたいに何処までも舞い上がるし、走り出すと何処行くか心配・・・

5872 少子化の  人手助ける  外国人(よそのひと)

5871 軒を打つ  木の芽起こしの  朝の雨

5870 辛(から)いという字はつらいと読む、この字に線一本たして、幸せになるそれが人生
   にが
いという字はくるしいという字です。それは若
わかいと言う字に似て、時間解決の字です

5869 蒼天の  高きにありて  月笑う

5868 猫柳  身を膨らませ  春を待つ

5867 自分を、好きなナルシストは、人から好かれる!
   
他人に親切にしている自分に酔うから、自然に何の見返りも求めず、人に親切に出来る

5866 待春の  硬芽ほじくる  スズメかな

5865 脹れ芽が  山から下りて  里に着く

5864 男の恋愛依存症は「女で堕落する男」を言う!だから坂口安吾は、堕落した?
   
なので私は一人の女しか!の、男にはなりたくなかった昔はです・・・

5863 恋猫の  季節到来  けたたまし

5862 春の陽の  光集めて   福寿草

5861 人生はUターン禁止の一回のみ!ユックリ、まったり、ホッコリ行きたいですね!

5860 水洟(みずっぱな)  (た)らすワンコの  いじらしさ

5859 香り立つ  一雨低く  沈丁花

5858 人に自分をわからせる努力位、自分が傷つき人を傷つける事はない
   それに気づかない人が、なんと多い事だろう

5857 ババが聞く  インスタバエって  どんな蠅

5856 好きな子の  前で変身  がんばらナイト

5855 一日一つの事を知る努力を続ける人であれ、それが一年を有意義にし、一生を輝くものにする
   
今を考え今を大事にする生き方は、自分に知恵と感動を与え、人を幸せに出来る
      クワさん間違えてますよ!いろんな事を一杯知る事じゃなく、大事な事を知る事ですよ!!

5854 雪が消え  春の息吹と  土の香が  

5853 風光る  夕日溶かして  海に消す

5852 自分に優しくできる人は、人に優しくできる
   
優しさの本物の根っこは、いつでもどこでも誰にでも、変わらない物です
   自分に優しく、人に厳しく!は簡単、誰でもできる分最低!!

5851 角栄螺 荒れくる海で  しっかりと

5850 残る鴨  友の旅立ち  見送りて

5849 自分の人生最後は、人からカーテンコールを、受ける逝き方をしたい

   私は笑顔で送られる、そんな逝き方が出来たらと、今を生きたい・・・

5848 夕日映え  梅見後(うしろ)の  金屏風 

5847 塩干潟   海空分ける   地の姿

5846 貴方は貴方だけの人、自分を信じ貴方だけの人生を、たくましく生きよう
   
マイナスもあるがソレ以上の才能もある、すべての人が違いを認めて、支え合える社会でありたい・・・

5845 雪雪崩  起きる数ほど  陽がユルミ

5844 木の根開く  春の陽だまり  木が笑う

5843 自分が出来る事に集中する、出来ない事を気に病んではいけない
   
貴方には才能があるしかし、貴方には出来ない事がある

5842 春障子   滑り暖か   陽ざし笑み

5841 雪割の  玉汗光る  玄関前

5840 外からの力で卵が割れれば命は終わるが、中からの力で卵が割れれば命が生まれる
   
人も組織も中からの力を大きくする、それがたくましい生きる力だ

5839 雪消えて  キャベツの苗が  横たわる

5838 真白なる  山を背にして  梅一輪

5837 集中力の維持とは、リラックスがあって、初めてなせるものである
   リラックスのうまさは、タイミングでありリピートである事を、知っての集中力です

5836 冬(うらら)   静かな陽ざし  (きら)めいて

5835 一(しずく)   氷柱(つらら)が太る   陽ざしかな

5834 話しとは相手が、理解したことしか伝わらない
    理解して貰うという謙虚さが、相手に伝わるコツなんです

5833 日脚伸ぶ  夕空高く   鳥北へ

5832 山越えて  冬尽く里は  兆しめき

5831 貴方には才能がある!そう信じて前に進むのだ!!
   
使わない鉄はさび、よどんだ水は腐る。同じように君の才能も、使わなければ朽ちはてる!

5830 冬霞   風も休みて   あさぼらけ    

5829 風呂入る  前の愚息の   情けなさ

5828 世界で最も素晴らしく、最も美しい物は、眼で見る物や手で触ったりする物ではありません。
   それは心で感じなければなりません(ヘレン・ケラー)

5827 異常気象  治水利水の  難しさ

5826 雪の下  甘さ閉じ込め   赤らんで

5825 人生とは一つ一つ、自分で作っていくものです
   足元を見て大事に、少しづつしっかり、作っていきませんか?

5824 風邪癒えて 遊びに来いと  孫に言う

5823 冬葉(とば)と蕎麦  田舎の里で  寒晒(かんざら)
    冬葉とは鮭の寒晒しした物で、アイヌ語のとうぱが語源

5822 軒(のき)氷柱(つらら)   春めく陽ざし  太めいて

5821 母からの  訛り丸ごと  田舎電

5820 ザリガニの  住む池閉ざす  氷かな

5819 忙(せわ)しなく  歩く姿は  日本人

5818 男はプライドの生き物、女からの「〇〇してあげる」はタブーです
   「掃除してもいい?」許可を求める、「カレー作りたいな!」自分の意思を告げる。これが可愛い女

5817 雪鍋の  湯気を挟みて  夕餉かな
    雪鍋は(みぞれ)(なべ)とも言い、大根おろしを上に載せた鍋の事

5816 年金の  毎日休み   持て余し

5815 雪(つぶて)  行ったり来たり  子らの声

5814 吹雪中  後ろ歩きの  一年生

5813 イケメンも  彼女がいたんじゃ  お呼びでない

5812 婚活は  彼氏彼女が   いて参加

5811 消しゴムで  消したいあの時  あの自分

5810 ボケたふり  聞こえぬふりで  記憶なし

5809 一日を、丁寧に生きる意識がある人と、ない人の違い
   
常に行動を意識化に置き、いるべき立場&あるべき立ち位置を考える人は、刹那的今よければ・・はしない

5808 美しき  心化粧の  うまきババ

5807 気がユルミ  三寒四温で  風邪ひいて

5806 心の洗濯してますか?美しいきれいな涙を、最近流しましたか?
   心の感激は嬉し涙と言う洗剤で、心を美しく磨きあげる

5805 今時代 寒犬いない  座敷犬

5804 凍鶴が  凛と背伸ばし  目開きて

5803 男の顔は領収書、女の顔は請求書・・・
    男を語る後姿、女が語る白いうなじ、〇が語る喉ぼとけ・・・?

5802孫笑顔  心と財布  ほころびる

5801 氷柱(つらら)持ち  童が上げる  時の声

5800 決意は固める物、覚悟は決める物!
   Uターン禁止の人生です、決意と覚悟がもたらす人生を人は認めます

5799雪消えて  梅ほころびて  犬うんこ

5798 同性に  好かれる奴は   アッタカイ

5797 心底愛し合えるお互いとはそんなにいる訳ではない、だから結婚は急がなくてよい。
   
日頃から相手を見極められる知性と、運を近づける才能を磨け。

5796 雪雀  綿枝止まる  雲重く

5795 凍滝や  空色溶けて  サファイアに

5794 いい男とは自分と言う信念を持ち、人に輝きを分かち与えるキャパを持つ男である

5793 たま風が  波巻き上げて  氷船

5792 明けきらぬ  夜のしじまに 除雪車が

5791 無理はどうりで!(納得)の途中であり、諦めを過ぎると後悔に行き着く
   挑戦は根性とやる気を食べ、難解から立ち上がる勇気を持つ

5790 納豆汁  田舎料理の  極めかな

5789 冬温泉  馬油シャンプー  髪を梳く

5788 人の脳は加齢とともに前頭葉の機能低下。
   思考判断・計画抑制が抑えられなくなり、怒りの感情が抑えらず、暴走老人から狂暴老人になる

5787 スケートで  溢れる水の  田舎沼

5786 アロエ咲く  窓に汗かき  部屋の中

5785 団塊世代企業戦士として、縦社会に生きた根っこは「虚栄心」で、この老人が古希を過ぎると・・・・現役時代の価値観を初期化され、「上下の話法」から「対話の話法」に、ついていけない暴走老人となる

5784 雪の原   ガサバサ手拍子  冬柏

5783 寒牡丹  こもを被りて  雪の中

5782 「不倫に時効ナシ」と、昔世の奥様は夫に言って来たが、妻は浮気しない物が前提。
    今の女性は夫に言わぬが、夫は黙って許す傾向にあるらしい
(誰だろうね?)

5781熱すぎて   背中懐炉に  苦笑い

5780 冬耕に   冬眠カエル   動かない

5779 自分時間を有意義に使える人は、仕事に余裕を持つことが出来、心の効率を良くする。
   心の効率は仕事の効率を高め、ハリのある人生を作れるので、自分時間を大事に見直そう

5778 雪裂けの  エニシダ哀れ  凍えけり

5777 きくわたの  プリプリレモン  舌鼓

5776 出来る事と、出来ない事の境目を知ろう!それが明確なYES NOの壁になる

5775 (かじか)んだ ババ手温もり  孫の手に

5774 寒肥えを  作りて春を   待つジ様

5773 好奇心!それが希望のまたの名だ!

5772 色抜けて  枯れた山茶花  雪(かぶ)

5771 肌荒れの  妻の手を取り  ごめんなと

5770 昔、立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花・・
    今、立てばビヤダル、座ればタライ、歩く姿はドラム缶
   私、立てばお供え、座ればダルマ、歩く姿はお相撲さん

       、
5769 風(すさ)ぶ 独り住まいの  も狩り笛

5768 年取ると  ()つも座るも  掛け声で

5767 のほほんと  生きて七十   過ぎしおり

5766 不器用な  働く太い  ババの指

5765 犬駆ける  跳ねてゴロゴロ  雪遊び

5764 小さい毒より恐ろしい毒を、孤独と言います
     孤独より恐ろしい毒はない

5763 凍て風に  並びてカモメ  微動せず

5762 音もなく  積もるる雪に  屋根ミシリ

5761 訝(いぶか)しむ  マスク怪人  日本人

5760 家古く  カミさん古く  隙間風

5759 自分の立ち位置不安!おごらず、比べず自分流!!
   人と比べて満足したりおごったりすることは、自分の世界を小さくするだけである。
   足元を見ず遠くを目指し高みを目指し、常に前向きに一歩一歩確実に歩いて行こう。

5758 安い土地  中古でないか  ある訳ない

5757 結婚は悲しみを半分に、喜びを二倍に、そして生活費を四倍にしてくれる(イギリスのことわざ)

5756 炭の香や  訪ねし家で  懐かしむ

5755 ババが言う  子供正直  嫌いなの

5754 幸せは何処にでも、何にでもある。それを見つける心を養うために、貴方は何をしていますか?
   好奇心と向上力、緊張感を広く深く遠くに、アンテナを張りましょう!

5753 焼肉屋  痩せた店員  雇い入れ

5752 冬帝の  息吹凍える  炬燵捕虜

5751 タンスでも  元金保証を  してくれる

5750 立春の  日はまだ寒い  零下三度

5749 雪溶けて  やっと芽を出す  犬うんこ

5748 カミさんに、私が生きている限り、言い続ける言葉「いつまでもな!」
   それに何を乗せるかが私の宿題・・・

5747 生姜酒  母の昔を  懐かしむ

5746 レジの()の  お釣り触れる手  ジジ笑顔

5745 応援は「ガンバレ」じゃなく、「大丈夫!」心に通う強さと、優しさの言葉を!!

5744 昔冬  二階の窓が  玄関に

5743 飲み過ぎは  シャックリ止まる  ババア見て

5742 親は子供の心を癒す薬を持っている。それは時として、とんでもない毒になる事もある・・・
       そして子供も親に、同じものを持っている・・・

5741 婆ちゃんが 股引(ももひき)()いて  爺思う

5740 ミカン皮  ガーゼにくるみ  昔風呂

5239 頭を下げるお辞儀三種
   会釈・・・人とすれ違う時や、退社の時は15度
   中礼・・・上司やお客様等一般的な例で角度は45度
   最敬礼・・・深い謝罪やお礼など角度は70度~75度

5238 孫からは  気前がいいと  思われる

5237 マフラーを 巻いて布団で  映画見る

5236 社会にでたら気を付けよう「ボク」も「あたし」も「わたし」も「わたくし」がベター!
   
得意先をはじめ社外や、会議等は「わたくし」で、それ以外の身近な人との会話は「わたし」でも可!

5235 親友が  友達いないと  寂しがる

5234 ボタン押し  暗証番号  声に出す

5233 電話のルールは「かけて主導」
    話しが一段落しても、まだ続きがあるかもしれない、電話の切れる音を確認してから受話器を置く
    電話が途中で切れた場合は、受け手がかけなおすのが原則です

5232 庭の梅  赤一輪に  綿帽子

5231 雪の下  じっと我慢の  犬うんこ

5230 子供は怒らない、貴方が来た道です!年寄りをバカにしちゃいけない、貴方が通る道です!

5229 サラリーマン  サラリー知らぬ  若い人

5228 共稼ぎ  嫁の料理は チンで済む

5227 女性の車の乗り降りは膝を揃えて、ゆっくり行えばエレガントに、とてもきれいに見えます
    降りる時はドア近くに体を寄せ、足を揃えたまま車外に出し、腰を上げてスッと出しましょう

5226 散歩道  切り落とされた  裸木寒く

5225 暇あまし  明日の日記を  書いて見る

5224 会社の仕事はホウ・レン・ソウで!ですが、すべて結論から先に言いましょう
    報告、連絡、相談を、散々話したあげく「結論は・・」とか「結局のところ・・」は、分かりづらい物

5223 汗吐息  着ぶくれ人の  朝ラッシュ

5222 親(ゆき)て  故郷遠く  兄の家

5221 負けを認めず、いい訳ばかりで逃げる奴は、臆病者です
   男の価値は潔さと、正直に自分の身丈にあった、自分の鏡を持っているかです

5220 口八兆  屁理屈だけの  頑固者

5219 雪の嵩  朝のゴミ出し  確認し

5218 やられたらやり返す!では問題解決にならない所か、関係悪化になるだけです。
   そんな貴方が、相手を子供だなと思えたら、流してやろう!それが大人の対応、同じレベルになっちゃいけない

5217 恋心  天国地獄  見る世界

5216 巡回の  鐘音(かねのね)凍る  消防車

5215 後悔しても良い、愚痴をこぼす相手は人を見て。只し言い訳だけは、してはいけない!

5214 言の葉が  いらぬ月山  雪景色

5213 あれ取って  (ひる)む我が身に  孫の声

5212 手の平で  アンモナイトが  時語る

5311 時過ぎて  使う事なき  矢尻かな

5310 海千山千は賞賛の言葉ではない、元々は海に千年山に千年住んだ蛇の事
   
辛酸をなめて、一筋縄ではいかない、したたかな人物を言い、相手を欺いても成功する意味もある

5309 ジジイへの殺し文句「教えてください!」若ければ若いほど効果的。爺は「おうおう()い奴」になる

5308 残尿感  我を無口に  させる奴

5307 雪積み車  信号赤で  前雪崩(なだれ)

5306 自分造りと言う人造りは、人を見て人から聞いて背を伸ばし、心を育てる事です

5305 冬紅葉   雪を被って  何耐える

5304 台所   嫁姑の   笑い声

5303 お受験を  受かり自慢の  ママの鼻

5302 車買い  免許証待ちて  何度でも

5301 若い時の野心とか山っ気、よく言うと青春の志は、薬味みたいなもの!あった方が人生は美味(うま)くなる、
   しかし所詮一品料理です!

5300 年明けて  反りて新し  カレンダー

5299 犬と我  鼾届ける  隣り部屋

5298 自分より不幸な人を、憐れみと好奇の目で見る快感!
   それよりの快感は、自分より金持ちで地位のある人が、罵倒され落ちていく事を見る事

5297 目が覚めて  雪嵩見ゆる  出社前

5296 没一は   早く呼べよと  声掛ける

5295 どんなに恵まれた幸せな結婚でも、一つだけ別な種は芽を出している。親不孝と言う種の芽が・・・

5294 赤白の  ポールが分ける  道畑

5293 古希過ぎて  ボケぬ秘訣は  知りたがり

5292 美空ひばりの声は天からの授かり物、しかし寿命が尽きれば、死ななければならない
   神様は、厳密に公平だけれど、残酷でもある(宮部みゆき「誰かSombody」より)

5291 裳着の日は  孫の笑顔に  一滴

5290 廃校の  門に残るは  ウサギ跡

5289 他意も悪気もないのだが、口が悪い人っていますよね!
   
こういう人って、口に毒があると言い、私はよくあたります(人に・毒に)

5288 飼い主を  目で追う犬の  愛おしく

5287 露天の湯  湯気中見ゆる  雪景色

5286 オペラパックに、他言無用はしっかりと!
   
朗々と罪悪感もなく、人に言いふらす人は、他言無用を多言無用と勘違いする人

5285 通帳を  記入しホット  冬の暮れ

5284 残り柿  青空一つ  冬景色

5283 犬欠伸   我もつられて   三が日

5282 私は企業人ではなく、起業人の方が良いかもしれない、だけど・・
   
カミさん曰く「アンタは酒好き・女好き・遊び好き!社長やったら、絶対失敗する」私もそう思うのがグヤシー

5281 私は会社や組織の倫理より、人として人の倫理に元ずく、生き方を通したい
   
偉くならなくてもいい、人として毅然と外に立ち向かう、アイツらしいと言われる位でいい・・

5280 去年今年  齢を数えて  父越えて

5279 雪景色  ポインセチアが  窓の中

5278 22年前、正義を求めれば無傷では済まない、その覚悟と思慮があったのか?
   
私の町で正義を通すことが、権力につながる人にとって迷惑な事!しかし通すのが男という認識でした

5277 雪吊りが  凛とそびえて  雪多し

5276 反抗期  「別に」の言葉  多くなり

5275 否定的、懐疑的な女性は、気を付けよう。素直が一番です!
   
「今夜は遅くなるよ」の言葉に「寒いから気を付けて」と、「何故?」
   「あの男どう思う?」に「嫌い」より「タイプじゃないわ」は許される

5274 二日酔い  米研ぐ音に  癒されて

5273 雪の里  煙一筋  立ち登る

5272 「人生消しゴム」はないから、過去に学び前に進む気持ちで、未来に生きる(元横綱日馬富士)

5271 雪の畑  大根埋(い)けし  目印木

5270 キンと晴  月山水の  蕎麦と酒

5269 若いうちは、名誉(偉くなりたい)か金かと考えがちだが、家族を持つと考えが変わる
   しかし大事なことは今、そして・・と、ビジョンを持ち、決意を固め覚悟する事

5268 冬ぬくし  南天赤が  鳥を待つ

5267 箒目を  雪に残して  家を出る

5266 枡の中  刺身が躍る  身酒かな                                        
    フグの刺身を入れた物を身酒と言う

5265 加齢止め  若々しくは  悲しくて
    まだ若いのに死んでしまうのは、とっても悲しい事を詠った

5264 鏡餅  デンと構えて  日を待ちて

5263 仕事とは、学歴が成功のカギではないし、先輩から教わる物でもない
   
好きな仕事ならば実力が伴うもの、苦労する喜びも才能も自分で伸ばす事

5262 古希過ぎて  まだ残り火の  焼きもちが

5261 海鼠腸の  香りと美味さ  お猪口酒

   海鼠腸は「このわた」と読み、ナマコの腸の事

冬の暮れ  犬首傾げ  スーパーで

5260 口を、半開きにしている女は、落としやすい(マリリンモンローのような)
    
男に緊張していない証拠で、瞬きも少なく見える女は落とし頃!(男ではいない)

5259 星冴ゆる  中でチンチン  鉄瓶が

5258 風花は  ふはり・ひらりと  光縫う

5257 妻忘れ  我を忘れて  徘徊へ

5256 事ある時に、大切なのは平常心
    
焦れば焦るほど、失敗するか目標が遠のく、吠えず語らず静かに時を待つ事も必要

5255 屋根の雪  積もりてミシリ  独り言

5254 年惜しむ  古希段落の  句読点

5253 男は今も昔も社会に生き、人の役に立てる人生を、送りたいと思う
   女は男の役に立ちたいと、思う時代は終わった。今は男と闘いたいと、思う女が多い

5252 順調に  年を重ねて  皺増えて

5251 泣初(なきぞめ)の  童の声が   笑みを呼ぶ

5250 勝ち負けにこだわる人間こそ、人生の勝ち組になれる
   
「ナニクソ!」の緊張感と負けじ魂が、運をもたらし結果を導くものである

5249 初東風(はつごち)や  三日に吹いて  雪溶けて

5248 お飾りを  付けて車は  駐車場

5247 女性を惚れさせる方法、私が使ったカミさんへの一手!
   
ジャージに革靴で、車に行く・・「あゝこの人、私がいなければダメなんだわ」と思わせる

5246 赤い糸  引っ張り合って  切れやすい

5245 二日なり  健やか嬉し  六時起き
   
月二日、9時間寝て“寝起きスッキリ”、健康へ感謝でスタートを詠にしました

5244 自分らしく生きるとは
   
良く見せようと背伸びせず、自分の背丈にあった生き方を通す事

5243 初暦   服重たさに  一部脱ぐ

5242 初昔   悶々として  朝迎え

5241 食卓は家族をつなぎ、心をつなぐ場です、貴方の料理は大丈夫?
   手を加え心を尽くし、暖かな会話が弾む時間を、作るのが料理なんです

5240 平和にと 兵器を買って  国守る

5239 極月の  暖か服の  雪まとう
      極月とは「ごくげつ」と読み、一年のうち一番寒い陰暦12月の事

5238 数え日を  妻と二人で  お茶を飲む

5237 数え日の  せわしなき日の  お買い物
      数え日とは大晦日迄の年末の事

5236 小晦日(こつごもり)務め日なれど  静かなり
      小晦日(こつごもり)とは大晦日の前の日30日の事

5235 冬至日の  暖か日暮れ  爪切りて

5234 金と暇  できれば目の前  ゴールです

5233 法令線と言う、鼻翼の両側から唇の両辺に垂れてくる、筋の女性は妻にするな!
   
厳格な男性像をイメージするが、女性は亭主を尻に敷く恐妻になる人が多い

5232 日産の  除夜の鐘鳴る  ゴーンゴーン

5231 夢見んと  宝くじ飼う 大晦日

5230 ヘタな聞き上手は、相手に吞まれ、舐められます!これ頭の悪い人、聞き上手ではない
   相手に合わせ、思い道理に話を進められてこそ、頭の良い聞き上手なのです!

5229 犬の耳  (みぞ)るる音に  そばだてて

5228 木枯らしに  一葉残りて  空を見る

5227 初めて彼氏の実家に訪問した時、絶対に家人に好かれる行動?
   
靴を脱いで上がり、玄関に向いてしゃがみ、膝をついてから靴を揃える

5226 雪催(ゆきもよい)  東満月  雲の影

5225 垂(しず)り雪  竹起き上がる  恐ろしき

5224 女性は子供の誕生で、家族だからの安心感と共に、ベッドも別にしがちですがこれは間違い
   
意外にこれが夫の浮気する原因で、男が若いうちの性衝動と言う、放出欲は正常です!

5223 若いうち  時間たつのが  遅すぎる

5222 冬川が  囁やく音の  厳しさに

5221 昔「クワさんは、本物の言葉を口にする」と、言われたことがある
 
例え年上でも、お得意さんであっても言うべきことはシッカリ言う!のスタンスが、熱い男に見られたのかも・・

5220 凍て土の  音を踏みしめ  犬散歩

5219 ストーブの  前が我が席  我がワンコ

5218 商いとは右に「義理」があり、左には「遠慮」があり、上には「はばかり」があり、下には「つて」がある:宮部みゆ き「あかんべえ」より
     桑原異訳:商いとは根回しと、心積もりそして忖度の世界であるが、それもまたオモシロク飽きないのが商いだ

5217 同窓会  モテル友程  先に逝く

5216 アンコウの  鍋に笑顔の  眼鏡拭く

5215 人間と言う動物が、一番安心出来るのは、肌の触れ合いだ!
    これが出来なくなると、体も心も病気になる。年取ってうまく行かない夫婦は、手を触る事さえしないでいる

5214 医者で会う  酒卒業の  飲んべ友

5213 大根を  ()けて雪待つ  年の暮れ

5212 人間は誰かから幸せにして貰う事も、自分だけが幸せになる事も出来ない
   もし出来るとすれば、誰かを幸せにする事だけなのかもしれない

5211 買い物に 手袋出して 自転車で

5210 湯冷めして も一度入る 終い風呂

5209 音楽をウオークマンで一人楽しむ人は、自己中心的な人多いという、データがあります
   自室で音楽を聴く人は四輪自動車好きで、ディスコ等開かれた所で聞くのが好きな人は、二輪好きだそうです

5208 虎落笛  ウサギ足跡  渡りおる

5207 姑と  下痢は突然  やって来る

5206 誉め慣れれていない人の、さりげないホメ・テクニック
    人の口を介してホメる事が、失敗もなくベストです

5205 懐かしの  故郷話   友と酌む

5204 クリスマス 裸木に実残す  カラス瓜

5203 女の見栄は、女に対して向けられる
   
幸せであることを皆に見せたくて、自分がいかに幸せか、不幸な女を見下したい!がベース

5202 杖忘れ  妻を忘れて  徘徊へ

5201 若い子に  ちょい悪ジジイの  鼻の下

5200 人をイライラさせる“自己中”的、話をしていませんか?特に女性!
   
女性同士は、自分の言いたい事を言い、人の話を聞かず、文脈がかみ合わない。しかし会話は成り立つ?

5199 雪吊りを  見上げて空の  青さかな

5198 二人から  二人に戻る  年取りて

5197 優し気に  お風呂知らせる  ひとり者

5196 熱燗の  猪口に頬染め  妻の顔

5195 マジですか 真剣真顔で 上に聞く

5194 お湯入れる だけの三分  クッキング

5194 なんちゅうか  うまい中華の  中華そば

5193 若い人の、ジジイ褒めポイントは簡単です
   
とにかく身内を褒めろです、両親、妻、子供を褒めると、顔はすぐメロメロです

5192 出社前  電車(はこ)で崩れる  厚化粧

5191 空風の  川面に一羽  白鳥の

5190 男は寡黙で不愛想位が男らしいとか、不器用で融通がきかない物?
   
目端が利く、しゃべる男とは言わないけれど、心使いが出来て、ちゃんと話せるのがホントの男

5189 参観日  先生笑顔の  キャバクラか

5188 香水の 匂い戦争  参観日

5187 社内研修の、マニュアル通りの言葉をいっぱい使っても、相手の心には響かない物です
   
自分独自の個性・人格・キャパが、相手を感動させる。それは語彙の多さでも、声の大きさでもない。

5186 日本海  セピア色した  雪曇り

5185 蔦紅葉  まもなく着込む  白コート

5184 言葉には力があります、そして言葉に人格を乗せたり、柔らかな言葉で強いメッセージを出せます
   
激しい言葉を、無理に送り反発を招く事は、知恵を持たない愚者です

5183 冬近し  入れたる鉢の  騒がしき

5182 暮れ近し  杖の歩幅が  狭くなり

5181 日本人特有の協調性を「空気を読む」と言い、自己主張をあまりせず、上品でしとやかな人種
   アメリカ人はオーバーアクションで、個性や意見をストレートに表現する、自己主張の強い人種

5180 雪が舞い  霧が吸い込む  箒音

5179 枯葉舞う  風のたまり場  音たてて

5178 結婚式など慶事の時での「忌み言葉」は要注意!知っておきましょう。
切れる、離れる、別れるは勿論、去る、帰る、返す、戻る、冷える、飽きる、焦る、浅い、破る、滅びる、苦しい、
とんでもない、重ね重ね、かえすがえす等

5177 万華鏡  三山巡る  錦絵の

5176 寝前風呂  二度湯贅沢  終い風呂

5175 夢を持つ・希望を持つ・目的を持つ、持つ力はあきらめない力なのです
   投げ出さない!逃げ出さない!これが出来る人生は、周りの人を幸せにします❣

5174 朝世界  冬将軍の  ご挨拶

5173 月もない  星もないけど  冬景色

       月や星がなくても、雪明りで景色は見える

5172 女性を初めてデートに誘う一言

  相談型・・私は「アルバム欲しいんだけど、選ぶのに一緒に行ってくれる?」とカミさんを誘った

    「ラーメンどこが美味しい?連れてってくれないかなー」等

 悩み打ち明け型・・「友達と喧嘩しちゃって、謝りたいけど君ならどうする?」等

5171 いるとイヤ  いないと気になる  うちの人

5170 電線は  地下埋没に  雪国は

5169 定年後役職に人が集まる事を本人が気づかず、奥さんにまとわりついても、奥さんは奧さんのコミニュケがあり相手にされない為、孤独感・疎外感が強まり、ボケが早まったり死が早まる

5168 元気かと  帰宅して聞く  我がペット

5167 北颪(きたおろし)  稲茎(いねがら)残す  裸畑(はだかはた)

5166 口先三寸か?舌先三寸か?どちらが正しい??舌先三寸が正しい!
   
口先三寸は間違い、口先はうわべだけの意味で、舌先三寸はふとした思い付きや、考え無しはよくないの意味

5165 うその鳥  実をついばんで ナナカマド

5164 カミさんは  自分と分かる  化粧する

5163 話のさわりは「プロローグ」の事ではない
   話しの要点とか、最も面白い部分の意味である
(これは私も勘違いでした)

5162 コキ下ろす  旦那の話   笑いとる

5161 淋し気に  苅田に一羽  鳥が鳴く

5160 虎落笛(もがりぶえ)  近く遠くに  歌うよう

5159 隙間風  一人残して  どこに吹く
   連れ合いを亡くして部屋が広く寒い、まるで隙間風が入ってくるよう・・この隙間風は、私の心の中にも吹いている・・・

5158 終着駅  先に着くのは  どちらかと

5157 一陣の 風に舞たる  紅葉かな

5156 趣味多く、酒好きあげく女好き、ないのは金と暇ばかり、こんなアンタが私に聞く、「今度生まれたらまた結婚する?」「いいえ生き返らない」と言う私・・・

5155 紅をさす  ニッとばばあは  鏡前

5154 はいあーん  お互い見ては  口を開け

5153 女の子の、可愛く見え甘えるジエラシー(焼きもち)
   「もうー、ひどーい!」と可愛らしく、すねた態度でキュッとつねたり、「ばかばか~」と猫パンチ

5152 小春風  畑の始末  老いた母 

5151 風呂吹きの 湯気の向こうに  笑顔かな

5150 こんな女と話したくない「分かんなーい、フツウ・・別に・・」をよく使う
   
考えない女、男は甘えられたら嬉しいハズ・・こんなバカ女とは、知り合いたくもない

5149 人の居ぬ  つるべ落としの  山里は

5148 月巡る  貧しい村に  光射し

5147 いい男とは強い男であり、強い男は弱さを知っている男である
   
だから人に寄り添う心を持ち、女からは勿論男から好かれる男であ

5146 秋になり  増える体重  減るやる気

5145 年取ると 髪が後退  ハゲ交代

5135 スッピンは プールで誰も 気が付かぬ

5134 秋枯れの 雪待つ野原 音寒く

5133 失敗を勉強料と言う発想で対応し、気持ちの切り替えを早くする
   
なぜなぜ分析で、原因と対応を追求する癖を、つけてから切り替える。

5132 人生は  片道切符  いつか着く

5131 秋更くる 雪虫踊り  冬近し

5130 人と違う事を、見せたいオリジナリティを求める人は、アイデアも出せずただの人になる
   
物まねからでも素直にいい物を、取り入れられる人は、発想も行動も一流になる

5129 秋明菊  風に合わせて 首を振り

6128 着ぶくれて 年を感じる 野良仕事

5127 人は誰かの為に何かを出来る、喜ばれる為に生きる。それが働き甲斐であり、いきがいである

5126 夕映えを  集めて柿の  玉すだれ

5125 早枯れの  お釣り人生  楽しんで

5124 上司から見た可愛い部下は?
    
馬鹿を言える自虐的な奴で、ライバルになりえず、仕事は(ちゅう)以上、(うえ)以下に出来る人

5123 ばあちゃんち あるけどないのは じいちゃんち

5122 冷や冷やと 風が奏でる 夕マズメ

5121 去る者は追わず、(きた)るものは拒まず(くると読むのは間違い!くると思ってました)
   
自分を信じられず去っていく人は引き止めないし、自分を信じて付いてくる人は受け入れる

5120 軒先の  干し柿暖簾  山の里

5119 老残の  隠居の遠い  職探し
      住宅ローンがあるから、まだまだ働かなくちゃあ・・・

5118 自分を悔やみながら、不平不満・愚痴だらけの、人生にしてはいけない
  
趣味を楽しみ、人との交わりに笑顔を持って、平和なユトリを増やすべく時間を使い切る

5117 山茶花の 冬待つ姿  誇らし気

5116 妻の床  鼾の我を  遠くして
  
始めは同じ部屋で布団二つに、そのうち部屋が隣りになるが、カミさんはダブルの布団に残ったまま・・

5115 年取ったジジイは、とにかくホメて 誉めて持ち上げろ
   年取るとホメて貰う事が、少なくなります。そんな時に自信と言う、餌を上げましょう!

5114 初霜に 冬待つ椿  硬蕾

5113 年巡り  女の増える  同窓会

5112 立ち読みのお勧め
   短い時間で、重要な言葉を頭に詰め込む、技量アップにつながるし、ボケ防止になります

5111 ナナカマド 鳥待つ色の 艶やかさ

5110 ほどほどの 金と笑顔が 孫を呼ぶ

5109 マニュアル通りを、部下に教える上司になるな!

教科書丸暗記の一流大学卒業出が優位ではない、仕事とは「機転が利く応用の世界」である

5108 自動車は 自分で動く 車なり

5107 半殺し 旨いの声に 頷きて

      半殺しとはおはぎの事

5106 妻がキレル言葉「行ってくれれば、やってやったのに!」

5105 夫がキレル言葉「なんて、言って欲しいの?」

5104 秋寒に  毛布一枚  増える床

5103 四十肩  インフルエンザ  ダブる痛

5102 「人を喜ばせるのが大好きなオレ!」カミさん曰く「人を喜ばせる、オレに酔っているアンタ!」

5101 赤とんばう 遥かに遠い 昭和の日

5100 名月に  語り掛けるは  花芒

5099 アイデアを出せる人とは、頭が柔らかい人で何にでも興味を持ち、前向きな発想が出来る
   
 アイデア(発想)は引き出しの多い人ほど、たくさん持ってるもので、メモ出来る人程多い   
5098 苅田原  雲天蓋の  野の夕べ

5097 軒下に  モロコシ吊るす  秋日和

5096 鳥海の  紅葉背中に  海の藍

5095 話すときの禁句3言「でも!」「だって!」「逆に!」
   
話しを覆すときの接続詞を使わずに、相手を立てた相談口調にすると良い。

5094 お隣の  紅葉掃く音  目覚ましに

5093 稲雀  人より先に  新米を

5092 モラル(英語、ドイツ語、フランス語)とは、社会的に善悪を理解する事(倫理観や道徳意識)
   ・例不倫はモラルに反します

5091 エチケット(フランス語)個人対象に礼儀作法や公序良俗の事
   ・例音を立てずに食べる事

5090 マナー(英語)常識人としての作法を、団体に対して気配りして振舞う事
   ・例電車でマナーを守る

5089 アクのある  人も野菜も  妻料理

5088 秋終わり  吹雪き来たりて  鼻モゲル

5087 アメリカは50の国(州)があり、まとめたのが合衆国!だから日本はアメリカの、51州めの属国
何故なら核を持ち込んでも、アメリカが持ち込んでいないと言ったらそれ以上言えないし、アメリカが基地を置くと言うとノーと言えないのが地位協定。これが現実である!

5086 秋桜が  篠突く雨に  騒ぎおり

5085 月明り  映えて誘う  蕎麦の花

5084 沈める時は豪華客船で、助ける時はゴムボートで!これが鉄則です(会社人事部より)

5083 楽しんで  人生悔いなく  使い切り   

5082 軒下の  太陽カーテン  柿すだれ

5081 東京で石を投げたらタレントか、ミュージシャンか、カメラマンの卵にあたる
   100パーセント孵
(かえ)らない卵に!

5082 加齢臭  自分の匂いに   鼻モゲル

5081 二重虹  丸ごと囲む 秋の村

5080 結婚とは、男に首輪をつける事と、誤解する女がいる
   赤い糸で結ばれているのに・・・

5079 敬老会  饒舌寡黙  人多く

5078 黄葉が  並木の風と  話す街

5077 目くばり、気くばり、心くばりを理解してますか?
   
目配りとは相手をよく見て先を読む事、気配りとは気配を感知する事、心配りとは心配する事

5976 我妻に  教えを乞うか  吾亦紅
    吾亦紅は「我もこうありたい」から、付いた名前と聞く  

5975 パグ散歩  小股速足  足もつれ

5974 相手への思いやりや、心を通じ合う事は、聞き上手から始まる

    一緒に怒れ、一緒にぼやけ!それが心のある、熱い人と理解される

5073 末枯れて  落ちた一葉の  旅初め
     末枯れるは「うらがれる」と読み、木の先端から葉が枯れる様を言う

5072 調子こき  カミさん怒り  シュンとする

5071 部下に指示をするだけの上司は、部下を育てられない
    仕事の意義を教え理解させる事で、考える力を身につけさせる

5070 稲雀  この時期だけは  群れなして

5069 ハロウイーン 仮装変態 羽目はずし

5068 先輩から教わる事を当たり前にするな、教わらない事を自分で見つけ、自分の物にしろ!
   それが努力であり、自分の血となり肉となる

5067 いい仕事 切れる上司は 俺を切る

5066 同胞(はらから)の  諍(いさか)い悲し  天の母
     同胞(はらから)とは、同じ母から生まれた、兄弟姉妹の事

5065 栗強飯(くりおこわ)  目を見開いた  孫の顔

5064 幸せになる方法は二つ「欲を減らすか、持ち物を増やすかだ」(ベンジャミン・フランクリン)
   欲を耐えるのは難しい!であれば、欲をかなえる為の努力をしよう・・

5053 草の花  今を遅しと 咲き誇る          

5052 過疎の村  名月照らす  侘び住

5051 女の涙は勝ちであり、男の涙は負けである
   
女の涙は武器になる位、女とは強い生き物で、男は弱い生き物のようである・・・

5050 日の丸の 旗がはためく 文化の日
    日章旗なんて見なくなりました・・・・

5049 蟷螂(かまきり)の オスを食らうは  メスの業

5048 人は夢を削り現実を見る事で、打算と妥協を増やす。それが年を取る事
   
歳を取っても夢を見て、努力することが出来る人は万年青年であり、年を取らない秘訣です

5047 色葉舞う 騒々しくも 愁いあり

5046 ラ・フランス 傷つきやすく 香を撒き

5045 私はカミさんから、ナルシストとよく言われる。自分大好き人間は人に優しく、何も考えずに親切に出来るんです
  誰にも愛されない、親切にされない人は、自分に自信がないから、他人の目を気にし期待を求める

5044 山形の 柿とリンゴと ラフランス

5043 色鳥が 皇居に居着き 群れを成す
色鳥は秋の季語で厳密には秋に渡って来る小鳥の事、インコ等が飼い主から逃げ出し、皇居で自然繁殖している事を詠った

5042 人を恨むことを、エネルギーに変える人っているよね
ナニクソッ!負けるもんか!!とプラスにする力は良いけど、どうせ俺なんかとか、アイツの足を引っ張てやろう等、厭世的・排他的マイナスエネルギーは・・・

5041 秋櫻(コスモス)の   見上げる空に  鰯群れ

5040 食秋の  戦うババアの  血糖値

5039 禍
(わざわい)は口より出でて身を汚し、幸せは心より出でて身を飾る
   
禍は自分の口から出、幸福とは口に出さずともその人の品格に現れる

5038 我がババア 顔の皺シミ 可愛くて

5037 苅田上  空いっぱいの  鰯雲

5036 だまされる人よりも、だます人の方が、数十倍も苦しいさ。地獄に落ちるのだからね
   「太宰治 かすかな声より」

5035 弁当を  作り嫁出す  定年後

5034 禿げ白髪  後ろから見る  敬老会

5033 物言えば 唇寒し 秋の風(松尾芭蕉の座右の銘)の前句は「人の短を言う事なかれ、己が長を 説く事なかれ」
  
人の欠点を批判したり、自分の長所の自慢は、言わなきゃよかったとなるので、慎みなさい

5032 定年を  見送る上司  俺の妻

5031  空昇る  秋刀魚の煙  鰯雲

5030 別れ方のヘタな男は女を口説けない!(女心を知らないから)これホント・・
女のプライドを傷つけない「悔しい、じゃなく仕方ない」と言う別れ方をする。「仕事が忙しくて、会う時間がない」等・・・

5029 里芋の  空に一筋  飛行機の

5028 お帰りと  行ってらっしゃい  布団中

5027 「自分に傷が多いほど人の痛みを分かり、幸せの喜びを人に伝えられる」と私・・
   人は「幸せを口にする人を妬み、不幸を口にする人の言葉に喜ぶ」とカミさん・・・・

5026 終い日の  赤ちょうちんに  人集い

5025 母の味  何時の頃から  妻の味

5024 私立幼稚園4割値上げ!便乗値上げになり、国民が負担する形になるこれでいいのか?
   
理由は政府が、消費税率10%値上げ分を財源にして、無償化を掲げている為。

5023 友白髪  阿吽の呼吸   目で語る

5022 父母(おや)いない  故郷遠く  なりにけり

5021 女性諸君、彼と腕を組みたいと思ってる?でも後一歩進むには手を握れ!
女は腕を組むことで「私の彼氏!」と宣言。しかし男は肌に振れて少しの前戯を楽しみたい動物です。

5020 草臥(くたびれ)て  蝶羽たたむ  萩の下

5019 温め酒  人肌燗の  人恋し

5018 見栄を張る小さい男より、恥をかいて笑いを取る大きな男たれ!
   
失敗を恐れるよりも、失敗を恐れる事で、本来の力を出し切れなくなる

5017 ビル街の  隙間の空に  ブイ字鳥

5016 バーコード  老化現象  順調に

5015 家庭を守り争わず人に迎合して、無難に生きる事が男の強さと優しさか?
   
生きるという緊張感の中で、女を守り家族を守り、威厳と尊厳を通すのが男なのだ!

5014 悲しすぎ  簗で跳ねたる  落ち鮎の

5013 頬染めて  赤大文字草(あかだいもんじ)  競い咲き

5012 人生とは、出来ない事は出来ないと、達観する事
   出来る事に励むと、出来る事の中に、楽しい事が一杯あります

5011 物憂げに  テレビの横に  秋団扇(あきうちわ)

5010 渓深く  寒露喜ぶ  ミズむかご

5009 会社が悪い、社会が悪い、あげく国が悪いと不平不満の奴
    「自分が悪い」が、抜けてませんか?だっちゅーの!

5008 夕日から  降り来たような  赤とんぼう

5007 お互いを  知った所で 恋エンド

5006 バーコード  貼り付け浴衣で  卓球を

5005 聞き手が求める物「貴方だけの泥臭い話」であり「あなたの感性」を聞きたいもの
  決して物知りな話しや、流ちょうな慣れ話を求めない。まして「おいコラ聞けよ!」なんてのは・・

5004 ブイ字鳥  空の青さを   画布にして

5003 露天風呂   肩に落ち葉が  舞い降りて


5002 枝葉が見事な幹は、どっしりしている
   そのスバラシイ枝葉をまとう木々は、必ず葉を落とす
(これをどう思えるか?)

5001 瓜馬と  茄子牛並べて  盆支度

5000 秋刀魚焼く  空の大群  鰯雲

4999 日焼けした  逞し僧の   解夏
(げげ)分かれ
    解夏とは修行した僧が、90日間の行を終える事

4997 川原にて  つなぎトンボと  芋煮会

4996 うちのバカ息子や、うちのババア等、身内言葉は他人には使わない
   他人には聞き苦しいし、共感を呼ぶどころか、反感を持たれる

4995 年取って  疲れた俺は  秋の蠅
       秋のハエは動きが鈍くなり、暖かい所を求めてまとわりつく

4994 ちちろ虫  寝間に(いざな)う  ささやきつ
    ちちろ虫とはコオロギの事

4993 結婚は、幸せのゴールではない
    
結婚とは幸運へのドアを開けた状態で、ここから幸せへの道のりの始まりなのです(迷わずに)

4992 赤とんばう  首をかしげて  竿の先

4991 とんばう舞  からかうように  犬の鼻

4990 お金の発想の転換を図る(貰う物、使う物の枠を取り払う)
    
お金は貰うもの→働いた代価の対象なのがお金
    お金は使うと減る→上手な使い方で増える(投資として使う)

4989 温海蕪(あつみかぶ)  陽を燃やしては  内に秘め
       温海蕪とは、山形県庄内で採れる身の赤い蕪の事、砂糖の酢漬けで知られる

4988 こほろぎに  誘われ散歩  夕餉前

4987 寂しくも  我が家の芋煮  笑みこぼれ
   子供が巣立ち、夫婦二人だけになったけれども、今年も芋煮の季節になったねー・・・

4986 料理とは 旬の素材と 粋(いき)の味
その時の、素材の持ってるすべてを引き出し、料理人が凛とした人格を通して、お客様に語り掛ける人生

4985 穴惑い  降りた足先  半歩先
穴惑いとは秋になり、ヘビ穴に入ろうとする様。草むらで足を地面に下ろそうとして、ヘビがいるのを見たら足が半歩先に降りたという様子

4984 うるか見て 友と交すは 故郷の
       うるかとは鮎の塩辛の事、昔の友達と都会で逢い出てきたうるかを見て、故郷の話になったのでしょう

4983 葛花の   香りに思う   葛湯かな

4982 何かの本に「水は地球の血液だ!」とあった。
   哲学的言い方で好きです、サラサラと滔々と清らかに流れる、川であってほしいですね

4981 女郎花(おみなえし)  粟粒蕾  天仰ぎ

4980 早贄(はやにえ)を  作りて風の  冷たさや
   早贄(はやにえ)とはモズが木の枝に、カエルや小鳥、昆虫を刺して蓄える事

4979 屁こき虫 家に入るよ 冬まじか

4978 「お前は俺をホメて使う事がない、少しは気を使うとか、おだてるとかしろ」と言った
帰ってきた言葉「何言ってんの、おだてたらどこまでも舞上がり駆け上がる、誰かが手綱引かなきゃなんない!私しかいないでしょ!!」と、来たもんだ・・

4976 放屁虫(へひりむし)  天井歩き  悲鳴呼ぶ

4975 ハーモニカ  吹く人聞く人  敬老会

4974 どんな酒が好きかで、女の口説き方を変える
   日本酒好きな女は時間をかけてゆっくりと・・
   ワイン好きな女は心がまだ・・大人の関係で行きましょう
   カクテル好きな女は色んな男と、付き合いたいので立候補出来ます
   ビール好きな女は、明るい人が多く、陰気な男はダメです
   ブランデー好きな人はセックスが大好きで、時にスポーツととらえる人もいる位・・
   基本的に、酒好きの女は男好きです

4973 花(はなすすき)  静かに揺れて  月語る       

4972 厚き雲  脱いだ月夜に  虫(すだ)

4971 女の一言は、男のプライド地雷を踏む事が多い
  「大丈夫?出来るの?」心配の一言でしょうが、男は傷つくものです

4970 女郎蜘蛛  大きくなりて  貪欲に

4969 バーベキュー 秋真っ盛り 三十度

4968 私達は口から食べ物を栄養源として、取り入れて成長する
   そして心の成長は本を読んで、目から情報や物語を取り入れて、滋養にする私です

4967 豊穣や  黄金の国の  稲穂かな

4966 オニグルミ   ボトンと落ちて  声掛ける

4965 女の鼻の穴の考察
   鼻の穴が小さい女は基本的にケチです
   食事に行く時も、お金やムードを余り気にしなくて良い                  
   鼻の大きい女は、派手好みで金が溜まらない
   鼻の大きい女をデートに誘う時は、無理をした方が良い!
   鼻の穴が上を向いている女は、息が通りやすいので元気一杯です
   最後に、形が良くてかわいい鼻の女性は、顔も可愛いいか美しい人が多い
   鼻の大きな男は、肺活量が多く精力の強い人が多い・・なるほど・・・


4964 本に「
(はす)切り鼻の女を彼女にする」と言う、言葉があったのでどういう意味か調べてみた
蓮切り鼻の女とは、質問鼻と言って何でも「教えて教えて」と質問したがる女で、鼻が上を向いていて可愛い女性の事だそうです

4963 だだちゃ豆  ずんだにしてと ごしゃぐジジ

4962 かがのギャグ  座布団一枚  おもしゃくて

4961 女性が心を動かす言葉「君って変わってるね?」但し才能に尊敬を払う眼差しで!
女性が服や髪型に夢中になるのは、人と同じでありたくない心理で、知性的・個性的な面を認めて貰いたいものです  

4960 苅田原  オンブバッタが  あちこちに

4959 んだべした  孫注ぐお酒  日本一

4958 宿命は仏教での輪廻転生と言う、前世から受け継がれた、定められた運の事
    運命はその人が、生まれてからの行動・習慣・考え等、生き方によって変えられる運の事

4957 水澄みて  トンボツンツン  水の上

4956 麦とろの  うまくて痒い  なきべそ子

4955 女のストーカーは、相手を手に入れたい思い込みの強さや、曲がった愛情でなりふり構わない突拍子のなさが表れる

4954 男のストーカーは別れた相手に後悔させたり、謝らせたり自分の正しさを相手に認めさせたいと、プライドの高さが大きなフアクターになる

4953 実紫   枝垂れ可愛く  鳥を待つ
    実紫とは紫式部の事、小さな紫の実がたわわに実って、鳥を待っている風情を読んだ

4952 危ないぞ  医者出す薬  副作用

4951 頭がいいとか悪いとか、背が大きいとか小さいとか、美人とブスだって、その人の
特徴と見る事が出来れば、世の中は変わります

4950 衣被(きぬかつぎ) 絞り出しては  ほうばって
       里芋を皮ごと煮て、熱いまま指で絞り出して塩を付けて食べる秋を詠った
4949 若者が  仕事場知らぬ  職につく
    今の時代職場と言う場所がない、人とかかわらない職業に就く事は、どうなんだろうか?

4948 日常とは当たり前の事、出来なくなる辛さ、不便さを知らない事
   
それが出来なくなった日常に初めて、感謝と幸せを知るものだ

4947 ハート葉の  色が教える  自然薯の  
       山の中で一番初めに黄色く色付くのが、山イモハート型の葉です。「ここにあるよ食べごろだよ」と教えているようだ

4946 停電の  街に眩い  月夜かな
      信号も消えた停電の街に、月の光がマブシイ位に明るく照らしています

4945 定年と言う、リセットボタンを押せない人は、偉かった人に多い(役職ブランドが卒業できない)
生きる道、すべき道を自分で選択する勇気と、感謝の気持ちを素直に持とう

4944 聞きほれる  余命短き  こほろぎの

4943 虫時雨   夕闇迫り   競い啼き

4942 実直にまっすぐに物申す人は誤解されやすい。しかし続ける事で「ああ、あの人は・・」となる。
始めは誤解されやすいかもしれない・・しかし通す事で信頼され、重い言葉で人の心を打つ(樹木希林をみて)

4941 寒いのに  刺されてわかる  まだ蚊おり

4940 べとつきが  嫌でチップを  箸で食べ

4939 本を読む事は、本の中に流れるメッセージ性や哲学を、自分に取り入れる事
   
人を言い負かす道具や、さもらしく見せる事に、利用するものではない

4938 秋天の  キャンバスを背に  虹景色

4937 虫食いの  玉菜持ってけ  隣バサマ
    隣の婆ちゃんが「キャベツ食べないか、持って行きな」と声を掛ける風情

4936 上の人間には丁寧に接するが、下には横柄な男はダメ(社内でも社外でも)
   
いつでも、どこでも、誰にでもチャンとした、対応が出来る人が人から好かれる

4935 現代版  マネキン姿の  捨て案山子

4934 雨上がり  虹を背中に  大根蒔く

4933 葡萄棚  袋外して   匂い立つ

4932 人生とは加える物で、引くものではない(引き算人生にするな)
    
持って生まれたものに、知識とか教養をプラスして行くもの!(プラス思考)

4931 高級魚  サンマを食えぬ  今日本

4930 今時代  地震・雷  家事親父

4929 暗い道  女であった  恐ろしい
   暗い夜道で、昔奇麗だった女に出会う、何と恐ろしい・・・

4928 気がかりを 一つ残して  孫帰る

4927 歯の次に  メン玉出してと  孫せがむ

4926 いとうあさこが、いもとあやこに言った一言
「ブスは品よく!」ウ~ン含蓄がある言葉です・・・

4925 浴衣子(ゆかたご)が  よちよち歩く  ぽっくりの

4924 薄毛症  カミさん笑う  厚化粧

4923 「私、貴方といると安心出来るの」この言葉は、男としての魅力がないの意味
    
「私、貴方といるとドキドキするの」これには、カッコいい男として認められた事

4922 もう終わり キュウリ茄子漬け  水御飯

4921 村ハズレ  人無村の  老い案山子

4920 いい仕事が出来る男とは

     目先の利益ばかり追いかけず、将来を見据えた投資を考える
   仕事をいかに迅速に手早くするか、そして後工程を考えたうえで!の知恵を絞る

4919 歯磨きの  苦労忘れる  総入れ歯

4918 下駄の音  夜祭だけの  昔音

4917 イイ女とは情が深く、金がかかってもそれ以上のものが、帰ってくる女の事
   金のかからない女はイイ女ではない。まして無意味に進化した、仕事バリバリ女は・

4916 菊一輪   一雨ごとに  秋立ちぬ

4915 コスモスが  朝日背中に  天仰ぐ

4914 男が女を見る目は独善的、小児的、ワガママな男の論理が多い(諺を調べてみた)

①女、(さか)しうて牛売り(そこ)なう

牝鶏(めんどり)うたえば家滅ぶ

③女の利口より、男のバカ

④女の知恵は鼻の先(目先しか見えぬ)

4913 ジジババが  茄子馬二人  盆の旅

4912 寝間に入る  孫を覗きし  文の月

4911 「空気読め」言われ続けの会社人生、辞めたら空気のうまい事?
    
空気を読んでも味はない、空気は読むモノではないですよね!・・・

4910 雨の後  キャベツ種まく  秋まじか

4909 夕焼けの  空一杯に  鰯雲

4908 人に気を使い、人を楽しませる為の人生なんて、クソくらえだ
   自分が楽しんで、おまけが人に喜ばれる人生でなくチャ!!

4907 向日葵の  中に虫網  見え隠れ

4906 背泳ぎの  孫の手白し  空を見る

4905 自分を使い切ると言う、生き方が出来るだろうか
       自分は「自分だけの人生を駆け抜けた」と、思える生き方でありたい

4904 コスモスが  友と笑いの  空高く

4903 大空の  色閉じ込めて  朝顔の

4902 風の強い日の旗は美しい
「俳人夏井いつきの大好き言葉」
   強い向かい風に、負けずに立ち向かう旗に、美しさを見る(私も同感です)

4901 百年を旅して黄落の一歩「俳人夏井みつき」
   人生と言う旅を終える落日の一歩に、自分は何を見るのだろう(桑原評)

4900 浴衣(ゆかた)着て  孫一列に  立ちションの

4899 夕景色   うなじ囁く  秋気配

4898 12日に我が愚妻70歳になったが、新聞で70歳以上が20%超えの報道
   私とカミさんは、23年生まれ団塊世代の真ん中。年金70歳からと言うし、我が子の世代は結婚しない、ニートが増えている・・これじゃ日本の将来は・・・・

4897 萩の陰  おけら聞いてる 虫の声

4896 老妻の  偽装化粧が  上手くなり

4895 「貴方っていい人ね」は脈がない!「貴方って危ないわ・・」は・・
   
安全な恋愛は絶対ない、危なげな心模様が心を近くする

4894 かなかなと ゆく夏惜しむ   蝉しぐれ

4893 汗かいて  あおぐ団扇の  ぬるま風

4892 先日相田みつをさんの事を、テレビで見た。心温まる話でしたが、私が好きなフレーズ「あのね・・」
今の気持ちをうまく表現できない、まどろかしい気持ちって、聞くほうは暖かくなります

4891 寝屋の風  そよと語るは  秋の香や

4890 野分過ぎ  りんご転がる  悲し気に

4889 女性は言葉遊びと、スキンシップが大好きです。コレを利用した、女性の口説きテク
彼女の手に指で「スキ」と書いてみる。口で言うより・・次にS字型にスとキの間をなぞる、つまり「キス」を要求します。「バカね」となれば、こっちのモノ!!

4888 古希過ぎて 父の逝く年  我超える

4887 母が来た  茄子馬乗りて  盆提灯

4886 精神科医のフロイトは患者の診察を、患者が座ったソファの後ろで話しかけた
   
正面に向き合うと緊張するが、横とか後ろだと本音が引き出せるから

4885 ビル街を  休ん場探す  秋茜

4884 夕闇を  呼びて笑顔の  茄子の花

4883 親切の押し売りにならない、声の掛け方は「手伝ってあげようか?」じゃいけない
 「手伝いましょう!」と声をかけると、相手の負担にならず「ありがとう」と言いやすい

4882 夏の果て  夕日の残滓  海に溶け

4881 秋隣  軒先風鈴  けたたまし

4880 部下に仕事を覚えさせるのに、マニュアルは必要だが、もっと必要な物を教える事
   それは、欄外にある「状況による心尽くし」と言う感性を、どう教えるかだ

4879 秋匂い  孕んだ風が  雨の後

4878 夕暮れの  長き影追う  捕虫網

4877 話しのテクニックは言葉とか話術ではない、聞き手は貴方の感性を知りたいのだ
情熱的な人の言葉は力強い、優しい人の言葉は暖かい、そして心に届く言葉は忘れない

4876 文月の  土間に腹這う  老犬の

4875 新涼や  茄子漬け色の  鮮やかさ

4874 煙は火種に、戻らない事を「不可逆性の理論」と言う
       覆水盆に返らずとか、走りゆく女を戻せない事で、諦めが肝心と言う事か・・・

4873 涼しさや  三日月ほのか  山の上

4872 夜の秋  虫の声聞き  母思う

4871 声に艶がある人は、歌声も話し声にも、そして生き方にも艶がある物だ
   それはこの人の歌をもっと聞いていたい、この人と話をもっとしたいと思うのです

4870 母の背の  子の背に止まる  トンボかな

4869 かさびたの 蚊の痕なぜて  秋近し

4868 年老いて失くすものが多くなり、わびしい・寂しい人生になりがち・・
何にでも興味を持ち、人と語る事を恐れなければ、人生は楽しい物です

4867 涼し風  一雨ごとに  温度下げ

4866 扇風機  たまに働く  秋近し

4865 男は器量と度量の秤を、自分でしっかり持たなければならない
人の顔色を見る事なく、自分なりの金や時間に関する器量と、物事判断の度量は知性と知能がもたらす

4864 虫の音を  枕にせんと  里帰り

4863 宵闇の  二人の世界  恋蛍

4862 醜い男の典型は、偉そうにふんぞり返っている男
態度に謙虚さと、男と言う分別をキッチリ持ち合わせる!これがかっこいい男である。

4861 氷旗   よしずの日陰  誘いたる

4860 虫食いの  葉陰にひそと  朝顔の

4859 夢は実現不可能な事を言う!夢を語り合う傷のなめっこはするな!
地に足を付けて、具体的な段取りを粛々と、目標・理想の具現化を図るのだ

4858 そうめんの  ガラス器の  氷かな

4857 焼酎の  底に鎮座の  アロエかな

4856 アンチエイジングとは、抗老化とか抗加齢と止める事を言います
聖書に「白髪は栄光の冠」と言う言葉があります。心は年を取らない!と蓄積された知恵を使い、人に優しさと人に役立つ喜びを持ち続けましょう

4855 夏燕  子育てせんと  せわしなく

4854 声からし  御輿(みこし)をはやす  蝉しぐれ

4853 聞き上手のコツは、語らずして話を聞きだすテクニック、そして寄り添う心でしょう
   相槌、表情、視線、体で聞く傾聴は勿論、何より相手の心を感じる事が重要です

4852 虹鱒の  躍り上がるは  川乙女

4851 砂走る   清水冷たき  奧岩魚

4850 CSP(コミュニケーション・スペクトラム・パターン)とは、広告の販促機能の数値化
商品広告の効果を、知名率、理解率、好意度、購入意図率の順で指標化する事

4849 ががんぼの  足一本が  時歌う

4848 山法師 井戸のふた乗る  重石かな

4847 人の悪口は言わない、人に自分の善行を語らない
   
口から出たマイナスは自分に帰って来るし、自慢は相手を不愉快にさせます

4846 大西日  歪む太陽  煮立ち入る

4845 炎昼に  蠅も飛ばずに  手をこする

4844 「話し上手より聞き上手!」の話は、良く聞かされますが何故でしょう?
    それは聞き上手が、圧倒的に少ないからです

4843 木の枝に  ゆらりと揺れる 蛇衣

4842 天牛(かまきり)が  一緒させてと  露天風呂

4841 目標は高い所へ置け、それが自分を高められる事になる!と言うが・・
100パーセントを求めて、出来なかった時の挫折感を味わうより、小さな達成感の積み重ねを感じる方が精神的に良いはずである

4840 星砂を  集めて笑う  月見草

4839 睡蓮の  花を揺すりて  鯉散歩

4838 恥かしさと心を添えて、つぶやく生き言葉「好きかもしれない・・」

   大好きと大声で言われるより、こんなにうれしい言葉を持っている貴方に完敗・・

4837 手花火が  チリチリ歌う  地面まで 

4836 真夜中の  闇を震わす  仏法僧
      30㎝位の夏鳥、緑色で飛ぶと羽に白い色の模様が出て、夜よく鳴いている

4835 芸術家とは、画なり文字なり目の前の事象を、取り上げない
   芸術家とは中にある物、裏にある物を感性によって、見出す事が出来る

4834 口紅を  塗っては拭いて  初デート

4833 山辺は  噴井(ふけい)の多く  水の郷

    噴井(ふけい)とは地下水が噴き出している井戸

4832 男のロマンを知らない女・・そんな女を追いかける馬鹿な男
   フラれるのはいつも、ロマンチストと言う馬鹿である・・

4831(にら)の花  集まり揺れる  淡き闇

4830 味噌汁に  青唐辛子  一個入れ

4829 一人は孤高なのだという美学を、男として知る事は後の人生を他人を、そして自分を大事に出来る
馴れ合いの友達や気安い友達が何人いても、なんのプラスにもならない。そんな奴を切り離す快楽も時には必要だ

4828 入り西日  炎天騒ぎ  しまいつつ

4827 蚊遣り豚  香りが誘う  安眠の

4826 女は(たお)やかでしなやかな竹であれ、どんな強風にも倒れない美しき竹であれ!
男は大きな根を張る欅であれ、人が雨宿りに集まって来る巨木であれ!それ故に倒れる時はドッシーンと潔く死を向かえるのだ!!

4825 鎮魂と  不戦の誓い  飾り事

4824 草いきれ  林の下に  蝉の声

4823 聞き手の耳は、30秒で開閉する
   それ位初めの30秒で、注意を引き興味を持たせ、聞く気にさせなければいけない

4822 子の声が  (すた)れてひさし 老いの里

4821 盆終わり  また人いない  過疎の里

4820 人の心を揺さぶるのは、言葉以上のものもある・・
   以前「クワさんを見て、勇気とエネルギーを貰った」と、感激する人がいた

4819 雨上がり  薔薇の香の  一(しずく)

4818 朝顔の  愁いを放つ  朝露の

4817 人間には二種類の人間がいる「辛くて寂しくて悲しい時はいつ迄も続かない。
   必ず終わる時が来るが終わった時、強くなるかならないかだ」
宮本輝 花の降る午後より

4816 眼が探す  自販機どこと  炎天下

4815 我が犬は   震え飛び来る  (いかづち)

4814 自分が上司で部下を採点する要素は、知識、技能、実行力、人柄です
   これが絶対素因で、経験やアイデアなどは、プラスで考えると良い

4813 寝床にて  風鈴休みで  寝つかれず

4812 犬散歩  踏ん張り行かぬ  酷暑朝

4811 相手への親近感と言う、心の距離を縮める方法
①相手にまず自分から、親近感を持つ事
②相手を明るく受け入れる事を態度で表す
③相手の話を聞いたうえで、生かすには?というスタンスで、話を聞く

4810 犬の為  ク-ラ―点けて  買い物に

4809 山寺の  石段響く  蝉しぐれ

4808 親に・地位に・金に依存して、我が物顔に生きる、これがかっこ悪い生き方
    
誰かに依存することなく、看板にも地位にも左右されない、生き方をする。

4807 親父ギャグ  娘カミさん  無視されて

4806 芙蓉花  風と語りて  雨まとい

4805 人間とは語り合えて初めて、人間性を磨き・高め・啓く事。相談に乗り・聞き・語る
人の話を聞かない、チャンとした働きも出来ず、今日楽しければ良いという、自己中心な人は人の上に立つ事も出来ず、幸せな家庭を夢見る事さえ出来ない!

4804 庭前で  ギター抱えて  夕涼み

4803 人いきれ  雑多の匂い  夏祭り

4802 ほどほどの、楽しい酒飲みならいいが、飲まれる女には近づくな!
事故を起こしたり、体を壊したり、節操のない自分を管理できない女はダメだ

4801 野放図に  遊んだツケを  今悔いる

4800 闇深し   はぐれ蛍が  またたいて

4799 一日の始まりを、気持ちよくスタートする為の方法
毎日鏡を見る時に、笑顔を作り自分のいい顔を見る事で、今日のスタートを切る

4798 ひもすがら  ダラダラ過ごす  年金で

4797 大西日  染め残したる  湖(うみ)の色

4796 女性が落ちる前の仕草&兆候

①髪の毛を何度も触る

②唇を舌で舐める

③指輪を何度も触る

④じっと目を見るか、突然視線を外す

⑤目の下がピンクに膨らむ

⑥手のひらが汗ばむ

4795 対蛍(ついほたる) 小さな世界  楽しみつ

4794 蛍舞う  ふわりゆらりと  幽遊と

4793 うちのカミさんは、テレビのニュースとか旅物で、フアッションを見ているそうです
流行り物の衣装や化粧のチエック、靴やカバン等を見て、リサイクルショップ回りで生かすらしい

4792 大いびき  夏の昼寝の  蚊を呼んで

4791 三尺寝   座布団二枚の  昼寝床
三尺寝とは夏の季語で、大工・左官など職人が短い昼寝をする事

4790 頭が良くても勉強できない奴、お利口でも聡明じゃない奴色々いる
しかし人を見下しバカにする奴は、自分が最低馬鹿である事に気が付かない

4789 猛暑日は  梅が喜ぶ  土用干し

4788 土用干し  稲溌剌と  虫を追い
夏の土用の頃田の水を抜き、風に強く、穂を良く実らせる為に、行う事を土用干しと言う

4787 異性に好かれる人より、同性に好かれる人は信頼できる
女のモツ欠点やズルさは女が分かり、男同士の良い評価は人徳となる

4786 孫帰る   広き座敷に  ポツネンと

4785 黙し飲む  酒と涙と  ため息と

4784 私は誰にでも好かれたいと思っていたが、それは無理だという現実を知る
ベストを尽くしても、理解されずトラブル人は必ずいる。自分に自信を持つ事

4783 体重計  目を見開いて   見なおして

4782 計り乗り  カミさん叫ぶ  壊れてる

4781 なりふりかまって、一生懸命仕事をする
人から見られる事を意識し、見出しなみや着る物を整え、一生懸命事にあたる

4780 エコ対応  俺がいなけりゃ  コスト減

4779 ダイエット  明日(あした)からする  今日休み

4778 間違いやミスを失敗と思わず、教訓とするとまた一つ利口になれる

クサルな、メゲルな、悔やむな、投げ出すな!その先にあなたの欲しいものがある

4777 木の枝に  カエルの卵  ブーラブラ

4776 ウミガメの  仕事終わりは  目に涙

4775 完璧化粧の化粧美人は、遠目が良くても男に好かれないモノです
しっとり爽やかな自然肌は、健康的で触りたいが、ベッタリの厚化粧は逃げたくなる

4774 幸せや  悲しみ一片  顔の皺

4773 冷キュウリ  猛暑日がぶり  丸かじり

4772 知識は心の外から入る物、知恵は心の中から出てくるもの。それは知識は骨や肉を作り、知恵は心を育てる物なんです

4771 静かなる  夜のしじまに  雨カエル

4770 箱釣りの  浴衣を餌に  釣った彼
      箱釣りとは縁日の金魚すくいの事

4769 年取ると、「夫婦は空気の様な存在」と言うが私は違う
いまだに「新しいカミさんを見つけらえる」これが、恋していられる事なのかも・・・

4768 IT社   パソコン壊れ  紙対応

4767 キミマロが  ヅラを直して  髪対応

4766 若いうちは時間が流れるのが早いが、年を取ると時の流れはゆっくりになる
子供はすぐに大きく変わるが、年寄りは見た目が余り変わらなくなります

4765 かちわりが  すぐ丸くなる  野球場  

4764 万緑を  背にし虹出る  通り雨

4763 失恋とは忘れることが治療であり、相手へのエチケットです
いつまでも思い悩むのは、どこかに失恋を、楽しむ心があるから・・・

4762 軒風鈴  音行き渡る  田舎かな

4761 闇迫る  遠くの囃子(はやし)  夏だより

4760 作家宇野千代さんの言葉に、「イイ事は直ぐ真似る」と、ありました
イイ事を感じれるアンテナを持ち、マネから入って学ぶ事で、自分のモノにする事!

4769 ズンズンと  雲立ち上がり  夏来たと

4758 夕立の  葉陰で休む  蝶一羽

4757 彼氏・彼女・部下・人をホメる時は、抽象的な大ざっぱな言葉は使わない
なるべく具体的な、小さな現実をホメる事でホメる数を増やし、貴方に関心がある事を示す

4756 一夜花   月下美人の   (はかな)くて

4755 暑き空   銀の糸引き  どこまでも

4754 女に好かれる立ち位置は、優等生より下、本物のバカより上!

4753 暗い中  涼しすぎるよ  寺通り  

4752 砂日傘   咲き乱れては   夏景色

4751 生きた投資とは物にお金を掛けず、経験にお金を投資する
ナイキのテニスウエアより、正しいフォームを身につける

4750 青芒(あおすすき)   月出で揺れて   涼し気に

4749 暑い日は  茄子とキュウリで  水御飯

4748 毒舌と言う辛口はバッサリ切る事と、気持ちの良い余韻に笑顔が自然にこぼれる。
これを使いこなせるセンスの人は息が長い咄家

最近のお笑いはダジャレばかりで、客をバカ扱いしたり、自分で笑うバカばかり!こんなお笑い芸人はすぐ消える

4747 ジョークとはユーモアと言う、エッセンスが効いている物。
これを使いこなす、センスの人は息が長い咄家

4746 空蝉の   爪たてすがる  揺れる葉に

4745 救急車   慌ただしげに  角曲がる

4744 仕事を人生にするな!
仕事が終わった時が、人生の終わりではないのだから・・

4743 音もなく  杉の香積もる  木下(こした)

4742 茄子の花  落ちて存在  示したる

4741 フランス耽美派の詩人、ボードレールが「セックスは痩せた女がイイ」と説いた
「性感は痩せた女の方が敏感である、しかし落とすのが大変!」とも記されている
耽美派は19世紀後半、フランス・イギリスで、生活を芸術化して官能の享楽を求めた

4740 若さと言う美しい花は短く儚いけれど、成熟と言う実は残る
本当の美しさとは、成熟と言う実が語る歴史にある

4739 山桜桃(ゆすらうめ) 出来立て夢見  実を集め

4736 風鈴の  乾いた音の  熱帯夜

4735 怒ってもいい、でも恨んじゃいけない
正義の為だったり、人の為だったりの理由もあるだろう。しかし恨むまでの心は自分に大きな負の力が、返ってくる事になる

4734 でで虫が  朝露拾い  目を伸ばす

4733 てんと虫  登りて頂花  飛び立ちぬ

4732 お金は、価値基準のバランス感覚を持つと、生活センスが変わります
お金を稼ぐ⇒お金を使う、お金をおろす⇒お金を貯金する、お金を借りる⇒お金を貸す、
節約する⇒浪費する

4731 日に雨に  母は畑の  炎天下

4730 蚊帳(かや)海の  泳ぎ懐かし  里帰り

4729 相手のペースの合わせない、自分のペースと言う土俵をシッカリ持つ
相手はペースを乱そうとしているのか、押し付けようとしているのか見極める

4728 座布団に  扇子一つの  咄家が

4727 政(まつりごと)   揺らぐ協調  多数決

4726 「どうせ・・」と言う、現実否定の決めつけをやめる事は、マイナスからプラスへの変換です
安全な範囲で少しづつ試しながら、現実に合わせて修正する、これが立て直しです

4725 布袋(ほていそう)  金魚の泳ぎ   揺らめいて

4724 天の川  (うみ)に浮かべて  母思う

4723 年を取るほど、夫婦間で使わなくなる言葉「ありがとう」と「ごめんね」
これを普通に口にできるように、年を取りたいですね・・

4722 蝦蛄(しゃこ)食らう  唇に着く  タレ旨し

4721 夏の雲   霧わく所に  舞い降りて

4720 男は癇単に夢を語らない、まして努力すれば可能な事を、夢と言うのは二流だ
手に入れるのが、難しくない物は目標と言う、これが一流の(おとこ)

4719 潮焼けの  振る手の白さ  眩しくて  
手のひらだけが白いんだよね・・

4718 井守棲む   古井戸生きる   災害の

4717 即決は早ければいいものではなく、間違いない判断を早く下す事
秤に載せて揺れが収まる時の、正しい判断の事を言う

4716 老け顔が  母に似て来た  嫁が言う

4715 おう爺(じ)   目覚めのキスは  願い下げ(昔白雪姫)

4714 青春の大きな挫折の経験は、後の人生に影響を与える
恋でも仕事でも、挫折が多きければ大きいほど、キャパの大きな人になれる

4713 (くわ)()の  咳がか細く  肩震え

4712 黄泉路(よみじ)より  迎えはまだか  一人()

4711 人を感激させる、魔法の言葉なんてありません。言葉にどれくらいの、心を乗せられるかだ

4710 間に合いて   バスに委ねて  身を任す

4709 陽ざし燃ゆ   受ける黄色の  向日葵の

4708 用心するのは良い事だし、慎重過ぎるのも悪い事ではない。しかし恐れるあまり逃げ出し、投げ出すのは最悪だ

4707 (いかづち)の  空を裂きたる  恐ろしの

4706 茶髪合う  親より受けし  黒髪も

4705 嫌だよね  ババアの悪口  爺放談

4704 シルバーは安全安心共に持ち、経験生かす笑み舞台

4703 シルバーは心豊かに技生かす、友達造りの集合体

4702 出来る事をしないと決めたらしない人、したいと思ったらやり遂げる人!これを強い人と言う
自分の意思でやったり、やらなかったりした事に、言い訳をするのは弱い人

4701 友達に  言われて嬉しい  熱い奴

4700 箱釣りの  浴衣縁日  カーバイト
箱釣りは金魚すくいの事、カーバイトは昔縁日で使われた、青白く光るライトで臭い奴

4799 若いうちは夢と希望の足し算人生だが、いつの頃か引き算人生に変わるのだ

4698 水風呂は  孫の天国   三十度

4697 癒し系  いいえアンタは   威圧系

4696 社会とは競争の世界を言う
横一線から抜け出る為には、特別な努力や運、きっかけが必要だ

4695 ハトの喉   ククと啼いては  膨らみぬ

4694 青時雨   甍の波の   光雨

4693 クワ語録作成のコツ教えます
本を読んで流さずに言葉の裏を、自分の言葉に置き替える事

4692 薫風や   田の面の波の   一陣の 

4691 我が孫は   ポッケの中に   アマガエル

4690 人を好きになる事は、相手と分かりあいたいと思い、多くを求める物
そして分かり合えない部分が増え、別れるか妥協するかからスタートする

4689 古希過ぎて  息切れ早く  (よわい)知る

4688 長くなり   今部下旦那  歳下婚

4687 どんな道筋をたどっても行きつく所があり、出会ってしまう人がいる物です。

それは死ぬ時に分かる物で、運命と言う言葉に変わる

4686 ブドウの実   色気付いたら  服を着せ 

4685 栗の花   匂いハッキリ   好き嫌い

4684 結婚は素顔でやる物で、メーキャップをしてするものではない
女は薄幸に見える憂いある顔は武器になるが、感情を表情に現すと薄幸はタダの白痴です

4683 大西日   煮立った海へ  ゆっくりと

4682 イネの茎   伝いて空へ   源五郎

4681 結婚とは地味で時間がゆっくり流れる物、刹那的官能的時間の繰り返しではない
手を伸ばせば自然に触れられる場所に、その人がいる安心感。それが結婚だ!

4680 ヤット雨  柏葉紫陽花   逆立ちす

4679 岩魚棲む   秘境にひそと   ひめさゆり

4678 しょうびんの  着物きれいな  赤い口  
しょうびんとはカワセミの事

4677 あまり知らない人に言われた「息子さん家建てたんだって?」で答えた
「イエ、家建てたのは大工さん」大笑いから、友達になった・・・

4676 夏めきて  洗濯物の   白多し

4675 扇風機   カタカタカタと  夏語る

4674 真剣さと、夢中は軽薄の存在感が違う
でも本人はそんな事考えてないんだよね

4673 理由なし  友と一献  暑気払い

4672 玄関の  花が一斉   衣替え

4671 三尺寝  まどろむ汗が   玉雫
三尺寝とは、外仕事の男が短い昼寝をする事

4670 夜濯ぎは  熟睡前に  気持ちよく
よすすぎは昼間の暑さを避け、夜洗い物をする事

4669 結婚が長いと、仕草も好みも一緒になるのは、女性が男性に合わせる為
女性が知らぬ間に、男性の好みに同調する事。心理学で「同調のダンス」と言う

4668 驟雨後の  渇きが早し  アスファルト

4667 打ち水の  カゲロウ揺れる  水たまり

4666 一日の時間が足りないと思う事はよくあったが、最近生きる時間が少ないと思うようになった。

やりたい事、したい事がまだまだあるのに、体や金がついて行かない、日にちが足りないと思う!何処で折り合いをつけるかが難しい・・(欲張り人生ですね)

4665 寝つかれず   日焼けに火照る   肌ナダメ

4664 かわほりが   夕闇かけっこ  音もなし
かわほりとは蝙蝠の事、夕闇とのかけっこ・・・

4663 初めての彼氏とのデート!チョッと駆けて先に行き振り返る、ポケットに両手を入れて首をかしげて微笑んでみよう
チョッとポケットティッシュ、いえコケティッシュに、可愛さアップです

4662 花よりも  団子より好き   梅酒かな

4661 伸し梅の  山形便り   頬弛み

4660 梅一輪   道案内の   暖かさ

4659 一片の   花を浮かべて   粋な酒

4658 初めてのデートで、自然に彼女の手を握る方法
①横断歩道で黄色になった時、さりげなく手を握りゆっくり走る
②水たまりがあれば、そっと手を出し誘導する。
この後はシュチェーションに合わせての行動、貴方ならどうします?

4657 夏掛けを  出して空梅雨   思いいる

4656 助けてと  言葉知らぬ子  許してと 涙が出ます・・

4655 私は最近思うのです、不安や怖さを口に出来る相手がいる幸せを!
それが夫婦!貴方は大丈夫ですか?自分を相手を思いやれますか?

4654 29は  毎日感じる  運命を(♀)

4653 洗髪(あらいがみ)(7月季語) 素顔の君に  月の笑み

4652 ストレスの多い愛の枯れたこの時代、自分に正直に生きる強さが求めらる
他者を許し聞く耳を持てる信念が、ゆるぎない一本道であるなら、人としての確かな道です

4651 地震来て  入れ歯とカツラ  持って出る

4650 田水張り  月を浮かべて  明日を待つ

4649 メールとか電話の気の利いた千の言葉より、会って話す事の大切さを知ろう
逢ってそばにいて目と目で話し合い、慰めたり励ましたり言葉に心を添える大事さを、忘れてはならない

4648 三十度  終わりが近い   さくらんぼ

4647 猫探し  年齢(とし)を書き入れ  出来上がり

4646 テレビを見ていて・・・田中角栄は最高の人たらしだ!
女性問題解決の為田中角栄に、100万円の借金を申しこんだ議員。田中角栄は「300万円のうち100万円を解決に使い、次の100万円は迷惑をかけた関係者に旨い物でも食わしてやれ!後の100万円は何かの為に残して置け」と言ったそうです。「人たらし」私もカルビーで言われていたようですが、カミさんは「女たらしだけ」ときつい!

4645 カフンヒョウ  笑った人も  なった春

4644 年取って  派手を粋だと  勘違い

4643 子供への言葉の薬、貴方は良薬を持っていますか?
子供は親の言葉で元気になったり、勇気づけられたり、慰められて来た。例えイライラしても「嫌い」と言う毒薬は、使っちゃいけません!

4642 作らねど  コンニャク消費  日本一

4641 眼鏡どこ  頭の上と  連れが言う

4640 夫婦は、空気のような存在とか二人で一人とか、そう言う言い方をしますね
年取るとよくわかりますが、そう感じない夫婦もいる様で悲しくなります。私は力一杯、「世界で一番大事な人」と叫べますよ!

4639年金は  俺の値段を  国決める

4638 苗代寒  山降り風に  かじかんで

4637 別れ方のうまい男は女にモテる
女を傷つけずに上手に別れられる男は、いい思い出を残すよう、日頃から気を使うことが出来る男   

4636 白竜湖  干上がる姿に  竜が啼く

4635 物まねの  顔そっくりな  俺の顔

4634 自分を大切に出来る人は、人に優しくできる
自分の器量の良さと大きさを知る人は、人に対し寛容な気持ちで聞く耳を持つ

4633 情けない  勝負パンツが  スリーエル

4632 雨休み   クワの泣きべそ  横目見て

4631 仕事で失望や苛立ちを、繰り返すストレス蓄積人生は、姿勢を猫背にする
成功者は自信に満ち、楽天的に明るくどっしり構え、胸を張り笑顔になるもの

4630 会議中  チャルメラ着信  大慌て

4629 クレソンの  根元を洗う  水清く

4628 聖書には「聞く耳を持つ事は幸いである」と言う言葉があります
聞いてくれるだけで人は安心し、わかって貰えると親近感が増します。神様は、一つの口に二つの耳を付けたのは、良く聞きなさいと言う理由があるのです

4627 縁側で  ビール片手に   心太(ところてん)

4626 田引き水  そよと風吹き  夕陽溶け

4625 年取って喧嘩ばかりの夫婦は、ストレスが溜まりイライラになりがちです
   
「本音が言いあえる夫婦」と考え、大部分はうまく行っていると思うといい方向に・・・

4624 梅花藻の  せせらぎの中  踊り居る

4623 人住まぬ  家の前咲く  バラ一輪

4622 営業はしゃべりゃいいわけではない、客が何を聞きたいか?を知る能力がいる
   
三つしゃべって七つ聞くと言うが、聞く事は楽だからだ・・違う!

4621 遠見良し  月山染めて  山桜

4620 風の声   聴いて頷く  紅牡丹

4619 誰にでも好かれようと、相手の顔色ばかり見る男は二流!
   
凛として自分を語り、人の意見を聞ける男が一流なんです

4618 選挙後   もろ手振り上げ  涙して

4617 父の日に  息子盃  ソットだし

4615 フレグランスを楽しむ時代ですが、快・不快の諸刃の剣です
   
車・食事・部屋など、自分のグレードを持ち楽しみながらも、エチケット優先です

4614 目の前に  カエルが飛んで  孫が泣く

4613 闇の中   蚊の音聞こえ  眠られず

4612 入浴時間をいつも同じにしない
   たまには本を読んだり、かかと擦りに時間を掛けたりと、内容を変える事で心の入浴を楽しむ  

4611 田水張る  青空映し  山が住む

4610 初雲雀(はつひばり)   姿は見えず  声高く

4609 日常の中で誰かに話し、笑える話題を見つける
    
打ち解けるコツは笑い、新聞やテレビに注意し、無駄話を作る心がけをしよう

4608 風呂入る  前のトイレは  素っ裸

4607 夜来雨   青葉しっとり    日本晴

4606 ありのままの自分を認め、受け入れる事が始まり
  
 自分の短所、立ち位置を自覚すると、どうすべきかがシッカリ見えてきます

4605 麦秋の   波の隣の   芽立かな   

4604 代替わり  隣付き合い  遠くなり

4603 頭を下げてペコペコする男に、手を貸し満足する二流男になるな
   一流の男は目を見て人を見、真直ぐに凛とした男を、同胞にしたいものだ

4602 囀るや   木々の梢の  幼鳥

4601 滔々と   流る最上に   鯉のぼり

4600 株式売買のコツは、勇気と忍耐。後は臆病かな!(藤原伊織 シリウスの道より)
   いい言葉だと思います!なんにでもあてはめらますよね恋・仕事・人の道等

4599 朝刊は  辞めた会社の   株価から

4598 リラ冷えの  空に届けと   紫の

4597 強い男が、自分にだけ見せる弱さ・もろさに女はぐっとくる
   こんな弱さを知っているのは私だけ!私が付いていなければ・・になる。
   これを母性愛と言います

4596 夕焼けを   背負いて歩く   土筆道

4595 膝病みて  老いを知りたる  岩魚釣り


4594 闇桜   恐ろし迄に   浮かびつつ

4593 空覆う  葉桜大樹   甍波

4592 じじむさい  感じた俺より  若かった

4591 首落とし  春は過ぎたと  チューリップ

4590 梅雨近し  紫陽花色付き  時を待つ

4589 まだ早い  一部が赤い   さくらんぼ

4588 会社の言う通りと傾倒しても、未来・将来に自分の生き場所は作れない
   
己を期待し、自分の行動力と才能を信じる事で、実りある人生を楽しめる

4587 たくさんの  勝負パンツは  出番なし

4586 咲きそろう クジャクサボテン  玄関で

4585 リーダーとは、みんなが認める「強い個性」を持つ事だ
   隣と同じ平均点的生き方では、リーダーにはなれない

4584 走り梅雨  ミミズのフラが  草間から

4583 春大根  水暖かき  土洗う

4582 葬式ってのは、故人の生き方には関係がない。残された人間の本性を暴く場なんだ
(宮部みゆき 小暮写真館より)

4581 今日診療  ご飯ダメだと  餅食った  

4580 山笑い   色を濃くして  雨上がる

4579 才能とは他人にホメられ、認められることで育っていくものです
   
自分で自分をいくらホメても、才能を伸ばすことにはならない

4578 客が来て  抱えた土産に  頭下げ

4577 花ウグイ  川底見えぬ  祭り床

4576 天才とはトコトン一つの事に集中し、極めてこそ人から言われるものです
   
なんでもかんでも、好奇心の塊みたいな人は、天才には程遠いものです

4575 エレベーター  クサっと言えず  皆黙る

4574 夕闇を   しまい込みたる  田引き水

4573 人の話を聞けない奴に、人生を語る価値も重さもない
   人間は、他人の喜怒哀楽に耳を傾けて、心を作り成長するものだ

4572 ニョキニョキと  天を目指して  松葉
(まつば)独活(うど)(アスパラガスの事)  

4571 山笑う  葉に白粉の   服を着て
    芽だし頃の葉の色は、薄い白いカスミがかかったような、山の色になる

4570 大人の賢さはズルサでもなく、世渡り上手の顔色見でもない
   
いかに自分を知ったうえで、自分をわきまえられるか、他人に厳しく決断できるが大人の賢さである

4569 カエル啼く  川岸絨毯   芝桜

4568 ざわめいて  百花繚乱   百千鳥

4567 自然エネルギー発電は、自然を破壊する
風力発電と太陽光発電は、水力発電の5倍の開発面積が必要なんです

4566 古希迎え  歩幅を広く  胸張りて

4565 ネギ坊主  天ぷら旨し  宵の酒 ホントにこれうまいです

4564 女が女を捨て、醜くなる・・それは羞恥心を失くした時
女は恥ずかしさを持ち、しゃしゃり出ず、楚々とした風情を醸し出せるのが本物

4563 貯金ナシ  100年時代に  未来ナシ  

4562 苦しそう  半人前の   鶯が

4561 年を取っても青春を楽しむ!青春とは好奇心と探求心が、色褪せない事である
若く居られる秘訣ですが、カミさんから怒られることが多いので注意が必要!

4560 蒲公英(たんぽぽ)の  綿毛飛び出す  朝の風

4559 茎立ちや  黄色の海に  ざわめいて

4558 短歌1
たらちねの  母を看取りて  枕元  苦労掛けたと  我謝りぬ

4557 短歌2
三兄弟   親族集う  見送り会   母の想いに   感謝と涙

4556 痩せた肩   (つい)いの人生   誇らしく

4555 男への殺し文句は「貴方のお母さんの話をして・・」
   自分だけじゃなく、母の事を知りたいと言う女性に、男は感激し愛おしくなる

4554 幸せな  (つい)棲家(すみか)は  子の元へ

4553 二人から  一人引いたる   我が家かな

4552 記録に残る物より、記憶に残る物を!
   記録は数字でしかないが、記憶はタイミング、状況、人格までをデータ化する

4551 怖い嫁  さっきのメール  誰なのと

4550 何思う  主なくとも   咲く花に

4549 テレビで耳に残った言葉二つ
    ①あった事はなかったことにはできない
    ②音楽は時により言葉より雄弁だ

4548 一輪草  片恋だけど  たくましく

4547 年寄りは  増える不安と  減る年金

4546 家庭の中で妻や子供の顔を見る男は、男の強さと優しさを持っていない。
    
強い父性を持ち凛とした人格の男は、会社でもセクハラと言われることはない
    娘や妻から、男をバカにする言葉が出たら、怜悧に聞く「それはどういう意味だ」と・・


4545 風いなし  堂と咲きたる  紅牡丹

4544 男女間での話題は共通性の効果!趣味、スポーツ、映画、車等の一致が心を高めあう
   一番は食べ物です。好きな食べ物や味の共通性は、一段と親しみを持つものです

4543 あの頃は  優しかったと  妻が言う

4542 サザエの身  肝を残して  舌打ちが

4541 女性と親しくなるきっかけ作りは、占いや手相・血液型の話がベター
女を口説くには、この手の話が一番心の鎧を外します

4540 虎杖(いたどり)が  ツンと顔出し  紅化粧  

4539 年取ると  お互い自分が  耐えてたと

4538 この世で一番美しい物は、年老いても純粋さと無垢を残した女性です
この世で一番醜いものは、フエニズム(男女同権とか、男女雇用均等法)を口走る女

4537 ワカメ採り   冷たい海に   笑顔咲く  

4536 100歳で  ステキと言われる  人生を

4535 グノシーに不倫のルール3か条があった
①家族にばれない事

②家計を圧迫しない事

③家庭をないがしろにしない事
でもやっぱり私は許せないし、裏切りは良くないと思う

4534 子供の日  母の日ありて  五月病

4533 草蘇鉄(コゴミの事)   斜面一面   そこらじゅう

4532 「貴方の前向き人生に、振り回された私の人生!私が死んだら一人人生スタートだね」
「なんて・・」と思ったけど、何も言い返せない自分がいました・・・m(__)m ゴメン

4531 皺ババア  笑う顔見て   ホッコリと

4530 ブランコの  足届きそう  鯉のぼり

4529 プロとは人から認めて貰って、お金を稼げるもの
給料をもらうと言う事は、仕事がプロであると認められた事。貴方は?

4528 天吠える  雪崩の後の  すさまじき

4527 花人の   宴泡沫(うたげうたかた)   店じまい

4626 金を溜める為に、爪に火を点す生活をするのはナンセンス
金は使いながら貯める物、有意義な使い方が出来る人に金は貯まる    

4625 残花雨  濡れて厳しい  山採りの

4624 日陰雪  新芽動いて   コシアブラ

4623 食事とは、心と体を育てる物です
若い育ちざかりの人が食事をとらないのは、心と体が蝕む事なんです

4622 初蕨   晴天高く  腰伸ばし

4621 味噌分葱(わけぎ)  根白き玉は  酒のつま

4620 今を真剣に生きる、その時は未来への夢も期待も考えていない。
登美丘高校ダンス部が、ヒューマン・ジャックウエル主演の、グレイテスト・ショウマンで出演する。キャップテン林沙耶は、女優の道へ!

4619 ストーブが   三日ぶりの  お仕事です

4618 チューリップ   頭が落ちて   水ぬるむ

4617 会社に定年はあるが、人生に定年はない
だから一生を通した趣味、生きがいをいかに持てるかが、生きるコツだ

4616 リラ冷えの  花の梢に  鯉のぼり

4615 斑(はだれ)雪   背にし畑の  天地替え

4614 親切の安売り&押し売りが出来るのは、壁の範囲が分かっている時なのだ
人間が他人に親切が出来るのは、自分に害がなく安全な場所で、優越感に浸れるから?

4613 発雷に   土中(つちなか)目覚め  動き出す

4612 春の蠅   部屋に居座り  出て行かぬ

4611 自分ばかり、相手に話をしていると感じる時は、相手に話させよう
「どう思われます?」と話を相手に振り、聞き役に回ると相手が話し始め、コミニュケが取れます

4610 山吹や   コボレてカエル  飛び上がる                                                  
4609 本文より   追伸長く    年寄りは

4607 ワラビ野の   野火の焼け跡  芽吹き立つ

4605 今の時代、善人の沈黙がはびこり、悪のキャパが広がる
「我関せず、唯我独尊」の世風が情報交換も出来ず、殺伐とした社会になる

4602 「60代夫婦気まま生活」の、新聞見出しを見てカミさんが叫んだ「うちと同じだ!」柄や色を、部分的に合わせる    リンクコーデ!の事らしい
私は声に出さず呟いた「俺、お前の出した物着るだけ、着たきり雀だもん・・」

最近のうちの前より
4601 飼い猫の 可愛さ自慢 近所衆

4600 漬け物を 軒先分ける 近所衆
こんな町内いいよね・・

4599 美酒県山形「美味しい酒と売れる酒」のはざまで年齢、性別、地域を考えた価格と品質の探求
県内53蔵が、日本各種コンテスト入賞数はダントツ!酒米、優れた酵母、杜氏の技術、水と自然がバック!

4598 消しゴムは  自分のミスを  消せぬもの

4596 帝京大9連覇の影に、意思の疎通を図る縦軸と思いやりの横軸と言う、ラグビー魂がある
先輩後輩の垣根をなくし大学不慣れな新入生が、4年生の掃除している横を、練習場に行く姿はアッパレ。縦社会のスポーツ界で珍しい!!👏

4595 足の下   桜見物   犬フグリ

4594 北開く   遠くの山の  朝ぼらけ

4593 忖度を   する人のみが  自殺する

4592 人が背を  ソッと押たる  我が人生

4591 人を助けられる人生は楽しいと思うが、助けられる人の好さを持ちたいものです

4590 垣根中   鳥の巣作り   若夫婦

4589 連休は  都会ナンバー  子供声

4588 美味しい野菜を、作るコツは「まず土を作れ」
人間、知識とか経験を語る前に、凛としてブレない背骨と謙虚な品格を作ろう

4587 飛花落花  櫻の舞の   雅らか

4586 剪定の   梢膨らみ   ごめんなと

4585 本に書いてあったが、カミさんが先に逝って、一人になった時に「たくさんの自由な時間をありがとう」と言えるようにと・・
悔いと嘆きの一人ぼっちの辛い時間に、いたたまれなくなりそうな・・私にはどう考ても無理です

4584 初音聞く  山の懐   学舎後

4583 遅桜    堂の裏にて   何語る

4582 今の我  DNAの  記憶持つ

4581 目の高さ  相手と同じ  レベル迄

4580 「唯我独尊」は他人に心を開けない人で、他人を立て感謝の気持ちを持てない人の事
自分が自分がと思う人ほど、周りに誰もいなくなる。謙虚さは心の美しさ

4579 砂利道の  一つの石は  地球(君)の物

4578 気持ちよい  風呂のまどろみ  滑り落ち

4577 人にホメられたいと、願い求める者は愚者である
人をホメていると、周りに自分を認め賢者が集まり、自分を賢者の極みに押し挙げる

4576 救急車   慌ただし気に  角曲がる

4575 一日の  汗を流すは  風呂と酒

4574 休息とは何もしない事で、得られる物ではない
肉体のメンテナンスだけでは不十分、別な物に集中する事で、心のリフレッシュを計る

4573 呼ばずとも  春を告げるは  カフンヒョウ

4572 老い病   妻の瞳は  心撫で

4571 最近は失敗を恐れ回り道して、時間がかかっても失敗しない道を、探す人が増えている
失敗したマイナス経験から、プラスを学習し心を太く対応力を、磨く方が楽しい人生です

4570 おしゃべりと  人は言うけど  自覚ナシ

4569 醤油漬け  冬越し大根   孫の為

4568 二センチ厚のトンカツは、日本人でないと揚がらない
火加減に微妙な感覚と調整が必要で、集中することが必須条件
それ位日本人の、仕事に関する心使いは、他の国の人には出来ないらしい

4567 人の世の  ロマン集めし  岳山荘

4566 ジジ土産  愛するカミさん  春ショール

4565 とんでもなく忙しい人に暇がある
段取りの悪い人は後から忙しくなるし、先に遊んでしまう人も後から忙しくなる。よーするに暇を作っているのである 

4564 時間掛け   手抜きできない   ババ化粧

4563 根気よく   いつまで待つか   婚期かな

4562 無駄な話を、無駄で終わらせるのが普通人
無駄な話を、防具にするか武器に出来るか、そのセンスの大きい人が成功をつかむ

4561 親戚は  古希喜寿傘寿  集まりて

4560 給湯室    お局来ると  さっと消え

4559 他人との対話術とは、聞き上手だけじゃいけない
対話とは無駄話でも、面白く話せる(聞かせる)感性を持つ事

4558 セクハラは  アイツいいけど  俺はダメ

4557 焼き岩魚  寒干し旨味  身にまとい

4556 営業マンの会話力は、広く浅く聞き役ではいけない
広くはその通りですが、ある程度踏み込める所まで知る事、そして何より質問と言う聞き上手方法で、相手が真剣に話を聞く姿勢にさせることです

4554 玄関に  一つ転がる  ランドセル

4553 冴え返る   遠き春待つ   三日月の

4552 土動く  日差し見上げる  カエルの目

4551 まったりと  日差しに揺らぐ  春岩魚

4550 ホメ方極意!初めて行った家に観葉植物があったら・・「緑がキレイですね」
緑は目に優しい色とされ、誰でも心が和むもの「目が休まりますね」でも!

4549花がある場合は「何という花ですか?」
個人宅は花が好きな人だ、活けていたり飾っている物。そこに興味を示すと喜ばれる

4548 春めきて  木の芽が笑う  根開きの

4547 猫柳   服自慢気に   新調す

4546 黄水仙  眩しき春の  陽をまとい

4545 春猫が  彼氏を探し  咆哮の

4544 他人へのアドバイスは、時・場合・人をわきまえて!
   アドバイスは時として、誹謗中傷と取られかねません。よっぽどの信頼がなければ、
   止めた方が無難です

4543 縄文の   女神微笑む  春便り

4542 原発の  桜はジッと  人を待つ

4541 目覚ましに、起こされる人生はやめよう
 
  目覚まし時計より早く起きる事は、自分の気持ちを自分用に、セッテングする余裕が
   出来る

4540 終焉は  せめて自分で  作りたい

4539 近頃は  葬列見ない   世は変わる

4538 待ち合わせ場所には、10分前に着く
   自分には心のゆとりを持つ事が出来、相手からは信頼・信用と言う心が付いてくる

4537 苦も楽も  クワに願いを  込める春
    クワを手に、収穫を願いながら・・

4536 格好つけ  見栄え気にする  優男

4535 私は朝に強い男である!この爽快感は一日を、果ては人生を楽しくする
   朝の目覚めは美味しい朝食と、ひらめき活性を高め自尊心を刺激する

4534 爺ちゃんと  孫が注ぐ酒  特級酒

4533 桜見て  コゴミののの字  腰伸ばす

4532 ゴミ拾い  散歩の途中  欲捨てる

4531 人の付き合い方はgive&takeではないgive&giveです
   それは与えれば、与えるだけ帰ってくるもの!小さなければ小さいなりの・・

4530 同類に人は付いてくる
   文句ばかりの人には文句ばかりの人が、笑う人には笑う人が付いてきます

4529 日差し背に  春の草取り  花笑う

4528 逝きし母  勿忘草(わすれなぐさ)は  何語る

4527 見られる緊張がマナーになり、それが気品に変わる
   背筋を伸ばした凛とした姿勢は、言葉以上に貴方を語ります

4526 好きな彼女を振り向かすには、まず癖を見付ける事
   そしてその癖を言ってあげると「私の事見てるんだ、嬉しい・・・」になる

4525 筍は   きのふの雨を  喜びつ

4524 老い二人   優しく語る   二輪草

4523 足の指でタオルをつまめる事を、女の前で自慢するイケメンがいた(自分の器用さ自慢)
   言ってやった「サルと同じで、進化してないんだね」と・・・(口惜しさあり)

4522 ミミズ見て  黄色の春菜  何語る

4521 シャボン玉  虹色光  風に舞う

4520 肉とけて  口がとろけて  肉増えて

4519 貴方は自分が好きですか?「ハイ」と言える自分でありたいですね
    私は間違いなく・・です。自分を見つめなおし、自分を「アバタもエクボ」に思いなおす事にしています

4518 風強く  桜の蕾  くさめかな
    くさめはくしゃみの事

4517 春遠く  長靴居座る  三和土(たたき)かな
    三和土は土間に使う土の事(赤土や砂利と一緒に、消石灰やにがりを混ぜて固めた物)

4516 人は人の下に人を作らず!人は人の上で人を作る・・・

4515 男は心の中の赤い炎を、むやみに人に見せてはいけない
    男は心の奥に静かに、人に見せず青い炎を燃やすのだ、青い炎は赤い炎より温度は高い!

4514 足吊って  年じゃないよと  突っ張って

4513 春の陽の  カレーうどんの  暖かさ

4512 カミさんは「貴方は自分大好き、ナルシスト!」と言います
     でもずっと一生、付き合わなければいけないんだから、嫌いじゃ付き合えないと思いませんか?

4511 我に似て  どこにも行けぬ  沈丁花
    沈丁花は移植を嫌う花で、大きくなって移すと枯れてしまう(春の香りを連れてくる花ですね)

4510 頭のいい人は、どうすれば失敗しないかを、先の先まで考える頭を持っている人です
    私は頭が悪いので、問題やミスが起きたら最善の方法を、瞬時に判断できる対応力に磨きをかける

4509 大谷は  侍根性   大リーグ

4508 燦燦と    陽降り注ぐ   桜花

4507 新社員   昔の嫁を   思い出す

4506 しぼりたて 桜花びら   ソット飲み

4505 さあ転機  四月スタート 我が人生

4504 新玉の   爽やかサラダ  春食らう

4503 初産は   でかめのウンチ 気張るコツ

4502 男に嫌われるエチケットレス(口は禍の元)
①歯に挟まった食べ物
②グラスに着いた口紅跡
③口臭

4501春暁の  色合い僅か  桜花
春暁とはまだ明けやらぬ春の朝で、何処となく艶めいている風情を言う

4500 春夕(しゅんせき)の  仮うたた寝に  イヌ添いて
春の夕方うっとりと、かすむような情緒のまどろみに、犬も一緒に寝転んでいる

4499 人と比べて「出来る事を増やす」より、「今自分が楽しめる事を増やす」
花を愛するのに「植物学」は必要ないように、人の目を気にする生き方はつまらない物です

4498 麗日に   トンビの声が   天高く
のんびり過ぎていくうららかな春の日です、遠く空の上でトンビが一声啼いた様だ

4497 龍天に   母の御霊が  煙立つ
春の盛んな気に乗じて、龍が昇天するような陽気に、母が煙となってユックリ、昇って逝くのを見送る

4496 企業も人も目標を掲げて、いつまでも追う立場にいたい(日本生命保険社長伊藤助成)
追われる立場に、満足する受け身の発想は、人も企業もダメにする

4495 春めくや  桜の堅芽   動き出す

4494 雨水後の  濁り嬉しや  どじょっ子が
雨水(うすい)とは二十四節気の一つで立春後十五日目。降っても雪でなく雨になる頃

4493 何を誤るかを考える人は間違いだし、例えうまく話せても相手の胸に響かない
どう謝るかを考えると、心が付いてきて相手の心に訴えるものだ

4492 健康とは病気の回復をもって知る、心を含めたものだ
目先の飲酒・喫煙・美食・運動の至福感に、普段のセーブは無理です。病気になり健康を取り戻した時に分かる物が健康です

4491 鷹鳩に   平和温もり  誘(いざな)いつ
鷹鳩とは七十二候の一つで、三月十六日から五日間。鷹も穏やかな鳩と、化すような春日和

4490 まどろみつ  春社(しゅんしゃ)の宴(うたげ)  犬の声
春社とは春分の日に最も近い戌の日で、土地の神を祀り五穀豊穣を祈る種まきの日。この日酒を飲むと耳の悪いのが治るとされる

4489 アセルな、クサルな、メゲルな!(プロゴルファー岡本綾子)
   ゆっくりマイペースで、続ける努力が結果に結びつく

4488 子を育てる事を覚えてから、嫁に行くか?(朝鮮のことわざ)
   何でも心配して取越し苦労をするよりは、やってみたら意外になんとかなる物だ

4487 プライバシーとかコンプライエンスと騒ぐことが、データの高価格売買を可能にする
   昔はそんな物、売れる時代ではなかったなー・・・

4486 怒って育てる子は、ビクビクして人の顔色ばかりを見る子になる
怒らず育てる子は、いじめたり自分勝手な、短気な人になると言う。何事もほどほどに!

4485 年取ると   座って立って   どっこいしょ

4484 お世辞ナシ  同情いらぬ   男義は

4483 「全てはうまく行くと信じる」と、運は付いてくる
ただし「人事を尽くして天命を待つ」事で、何もせずにではない

4482 体重計   ソット乗ったら   ドンと降り

4481 年取ると  お祝い会は  前倒し

4480 いざという時、「自分から謝れる男と謝れない男」を、周りはしっかり見ている物です
ミスを犯したら潔く誤る「謝りっぷりにいい男」の株は上がります(男の価値は潔さ!

4479 雪溶けて   巣作り開始   スズメ達

4478 インテリは  一流らしくの  インテリア

4477 天知る、地知る、我知る、人知る(中国のことわざ)
ウソは、いつかはバレるものだ。いずれはすべての人が知る事になる

4476 話し方のコツは起承転結ではない、これは文章の骨組みである
話し方は結論、理由、経過の順に話すと分かり易い。ホウ(報告)レン(連絡)ソウ(相談)や営業トークも同じです

4475 ケツでかく  血圧高く   我がババア

4474 春だねに  そだねじゃなくて  んだべした

4473 現代の豊かな生活とは裏腹に、心の闇の中でもがき苦しむ人が多い
心の劣等感や生きる意味に、自分として納得できず人を羨み、人や世間のせいにする楽な逃げ道を考えるから

4472 営業は物を売る為のテクニックよりも、人を売る心が必須です
物を売る前に、「この人の話を聞いて見たい」と思われる事、つまり仕事に対する情熱と人柄がフアクター!

4471 孫が来て  まな板リズム  早くして

4470 年を取り  丸くなったと  子に言われ

4469 年を取る事は、恐ろしい事ではない
    体は年を取るけど、心は年を取らないから!

4468 話のコミニュケーションは、相手のコンプレックスにつながる話はしない
    「背が高いですけど、何かスポーツは?」等プラス面を、話題に質問をすることで糸口をつかむ

4467 犬逃げる  強烈パンチ   加齢臭

4466 鬼やらい  笑顔と歓声  福は内

4465 「春」とかけて・・・・「犬の糞」と説く
    その心は・・・・春になると出てきます

4464 「クワさんギャグ」とかけて・・・「白い犬」と説く
    その心は・・・・オモシロイ(尾も白い)

4463 陽だまりを  猫が追いかけ  丸くなる  

4462 軒先の  しずくが笑う  氷柱(つらら)かな

4461 意識年齢と実際年齢の差とは、いかに純粋さを失わないかである
それは自分の心の持ちようではあるが、若さとはバカさとイコールかもしれない

4460 人と会い   人と別れて   一人逝く

4459 着ぶくれの  満員電車の   我慢会

4458 パンジーが  日差しを語り  色競う

4457 第一印象造りを大切にする
人は初対面の3秒間でその人を判断する、爽やかさと明るさを笑顔一杯にして会いましょう

4456 待ちきれず  畳の上の  一年生

4455 堅雪を  踏んで枝抜く  リンゴの木

4454 「でも女」は嫌われる
煮え切らない女程、男にとってイライラする物はない。だから「おとこ女」の女が、好かれる事もある。いつもではないが・・・

4453 日が差せど  風が冷たき  如月は

4452 わらべ歌  赤白黄色の  春歌う

4451 「どうせ・・」とか「仕方ない・・」と言う、マイナス思考を変えよう
「もしかしたら・・」とか「ひょっとしたら・・」と希望的言い方に変えると、人生180度変わります

4500 歳変えず  5年経っても  定期券

4499 肩張らず  飄々として  古希迎え

4498 自分の失敗に、向き合わなければ人は成長できない
そして発見とは自分の見たくない物を、つぶさに観察する事から生まれる

4497 自分に自信がない人は、どんなに素晴らしい服や高価な服を着ても似合わない物
肩が落ちていたり、視線がキョトキョトしていれば、心の貧そうを表す。自信が姿勢を良くするのか、逆かはわからないが・・

4496 柔らかに  心包まる  母の声

4495 俺残り  長生き約束  友は逝く

4493 「・・・してあげる」じゃなく「・・・してもいい?」は賢い女性
「掃除してあげる」より「掃除していい?」押しつけや顔色見の言葉じゃなく、一歩譲った自分で行動する言い方がGOOD!!

4492 春遠く  復興遅々の  堅芽かな

4491シワ多く 私に似ている 冬リンゴ

4490 言葉の感性は「母を見て育ち、母としての演技を実践する」事に加え、崇高な生き方に感動さえ覚えるのは私だけだろうか・・

4489 私の考え方の基本は正しいか正しくないかである。これを貫く覚悟で生きて来たからブレず、プライドを満足させる人生なのだ!
金の為、出世の為、まして組織の為と言いながら正しくない選択、忖度をしてはいけない。先はむなしい人生になる・・・

4480 パパ平で  ママが部長の   別会社

4479 孫守り   幸せ思う  スネかじり

4478 今何がないかを考え、何が欲しいかを求めない
ある物の中から何が出来るか、出来る範囲を広げよう!それが知るを足る事である

4477 民宿で   フクロウの声  ほうほうと

4476 免許卒  返すジジイに  あっぱれと

4475 2001年9・11テロは恐ろしいと人は全世界に訴えた!
10年と半年後2011年3・11の地震と津波は、神が人間のおごりを諫めたのだろうか?

4474 天命に寄り添いながら、何も持たず今を生きる事の幸せを、噛みしめたい人生でありたい

4473 かわかわと  電信柱に  寒烏

4472 年取ると   弛んでくるの  赤い糸

4471 大雪に   動く物なし  街眠る

4470 猫の声   恋の季節は  けたたまし

4469 財務省の言葉8億円の値引きは「適正」で、価格交渉はないが「金額のやり取り」はあった
なんじゃこりゃー!意味わからん・・政治家・官僚は、言葉遊びで金貰えるんか?

4468 「男は強くあらねば」と思う物、女に「大丈夫?」と言われたら傷つきます
男のプライドは認める事で自信につながる、だから「大丈夫!」でサポートする

4465 男っちゅうもんは「好きになるほど、好きと言わない動物である」
口に出さない事は、男が安定した関係との証、嘆かずに貴方から甘えていこう

4464 雪の量(かさ)  隣の垣根  高くして

4463 吹雪戸が   ホワイトアウト  景色消し

4462 血液型を聞いて「やっぱり!」は、男に言うのはタブーです
「へー意外!」が、喜びます。血液型の性格パターンとは逆の、好感ポイントを指摘するとイイのです
私はO型なので、飽きっぽいと言わずに「何でも前向きに、取り組む好奇心が素敵!」と言うように・・

4461 星冴ゆる  タオル立ちたる  風呂帰り

4460 大相撲  外人だらけの  国技かな

4459 シルバーに「若い人を育てる気持ちで」の、仕事は要らない
「無理せずに、邪魔にならずに、おとなしく!」の存在感でいいらしい

4458 白髪は栄光の冠(聖書)
アンチエイジング(抗老化)は女性が必要以上に感じる物!いいじゃないか見た目より、心が年取らない方がどんなけ魅力的か!

4457 冬柏   皆で集い   雪まとい

4456 ちゃんちゃんこ ちょこんと座る  ばあちゃんが

4455 自分を大事に出来る人は、人に優しくできる素地を持っている

4454 謙虚な女で自信がない、いつも躊躇している言い訳女に魅力はない
男は頑張る事が美徳と思う動物です!いいエネルギーを貰える、一緒にいて輝ける女性が好き!

4453 夜話の  囲炉裏の前に  ハゼる音

4452 一人居て  咳(しわぶき)一つ   響きけり

4451 毎日がお祭りの人生はない、しかし毎日が葬式の人生もない

4450 愚鈍なまでに実直に、男を生きろ!
女の顔色を見るような男になるな!それが女にモテる、男に好かれる男の姿だ!

4449 ネンネコの  首に優しい  孫いびき

4448 古暦  少しの風で  寒そうに

4447 成功する為に、必死で努力する生き方はつまらん
夢をかなえようと、目の前の小さな幸せ実現をする、そんな生き方は笑顔を連れてくる

4446 最近の本のベストセラー、ナンバー1は料理本、ナンバー2はダイエット本
なんか納得できる自分が、情けなくなる・・(年頃過ぎ女)

4445 家事名人  パパおまかせで  ママ接待

4444 ママ御飯  パパよりヘタと  子に言われ

4443 「言葉は生きているとか、心ある言葉」と言う言い方をする
それは言葉に何を吹き込めるか、何を足すかの知恵を、プラスする事である

4442 私は今迄「前向きにとか、男は挑戦!」的生き方をしてきたが、最近景色が違ってきた
出来る事を増やす生き方より、あるがままを受け入れ、楽しむ人生にしたいと思い始めた

4441 熟年は  ケアバス待って  早く起き

4440 老春の  出会い楽しい  デイサービス

4439 ストレスを、マイナスイメージにしてはいけない
人生のスパイスと考えれば、それさえも楽しめる物となり、達観人生が近づく

4438 生き締めの  美味いしめさば 舌を撃つ 

4437 離婚され  サバサバしたと  負け惜しみ

4436 女が返す言葉に、最悪な言葉は使わない「わかんなーい」
話術の好印象は①聞く姿勢②知ろうとする姿勢③考える姿勢!
これが出来ると他の女と一緒のランクから一歩先を行きます

4435 老旬は   いつまで経っても  俺の春

4433 薄墨の  夕暮れ早き   雪景色

4432 雪便り  降る空見上げ  母を待つ

4431 古希過ぎて  退化の自分は  老化かな

4430 運動神経に恵まれ、フィジカル的に恵まれた人でも、ボクシングだけは一流になれない
男対男の原始的な闘争心と、持久力がないと無理、強打を貰っても耐え抜く肉体と精神力!

4429 達人は  心のつぶやき  川柳で    

4428 知恵足りぬ  予算を多く  分捕って

4427 利息ナシ 元本保証は タンスでも

4326 中締めで 客ガラガラと 居なくなり  

4425 音なしの  忍者のように 匂い来る

4424 露店風呂  雪が届かず  音もなく

4423 月見風呂  かすかに歌う  虫の声

4422 世界の料理人は、素材の味に自分の感性を加えて、独自の味により自分が人に感激を引き出す料理をする
日本人は素材が持っているスバラシイ味を、どう生かすか引き出すか、自分がコンダクターとなる

4421 「男は強くなければ生きて行けない、しかし優しくなければ生きる資格はない(フイリップ・マーロウ)
男は守るべきものを守る力と、大きな優しさを持っている事が、生きるべき条件だ

4420 元旦の   暦重たし   壁風景

4419 友情は  発表後で  様変わり

4418 イバラの道を、歩んできた人は威張らなくなる
トゲの痛さを分かる人は、自分のトゲを人に見せなくできる

4417 上に立つ人間は自分の部下が、個性のある(癖のある)奴程、まとめる事に喜びを感じる物です
個性が分からない上司は、黙っていう事を聞く、金太郎飴的部下に育てようとするバカが多い

4416 初デート  まつ毛に載せる   牡丹雪

4415 面倒と  食後のコーヒー  箸で混ぜ

4414 (独り言)僕は君に魔法をかけられた「片思い」と言う魔法を・・・
でもこの魔法は解かなくていい、今度は僕が魔法使いになるから・・・

4413 女性の「ここだけの話・・」は、品性を欠き信用を無くす
言わぬが花ですよ!「気高く・噂せず、品性が高く懐の深い女性」に、なりましょう

4412 点滴を  しながら見ゆる   溶け氷柱(つらら)                                                                     
4411 給料前  底が見えたる  米櫃の

4410 「安心する、ホッとする」と言われる男は、モテないのです
男はハラハラ、ドキドキする方が男としての魅力がある!だから男への褒め言葉ではない

4409 男は過去を語りその流れで、今の自分があると説明する
女は過去を話さず、未来の夢の為に、今の自分を語る生き物。だから占いなど未来に夢を、見い出す話しに夢中になる

4408 恋種火  心燻(くすぶ)る   老の春

4407 ハゲ頭  席譲られて  怒りだす

4406 オリンピックの魔物はいるが、女神もいるよ(織田信成)
4405 オリンピックの魔物は自分の中にいる、でも食べちゃいます(宮原知子)

4404 約束を守る人は、信頼され、安心して仕事を任せられます
そしてこんな人ほど、小さな約束をたがえず、マナーとルールをわきまえています

4403 仕事が出来ると言う事は、質と効率の高さをクリアする事である
それには「経験・工夫・集中力」が必要です

4402 先逝かれ  言葉に出来ず   頭(こうべ)垂れ

4401 古希過ぎて   無事の報告  年賀状

4400 女扱いの天才である為に!
①軽妙なウソをつきとおす名手であれ
   
バレても相手が笑ってしまう、瀟洒なウソをつきとおす事

②裏切られても、笑っていられる寛容さと忍耐を持て
   
相手が「ああこの人を傷つけた自分は、なんて罪深いんだろう」と思うくらいに!

③男らしい優しさと、細かい気使いが出来る男であれ
   
包容力がありすべてを、呑み込める大きな優しさと、心の機微を理解する男であれ

④マメであれ
   
痒い所が分かり先読みが出来る事で、尽くす事が出来る男であれ

⑤イヤらしくないサラリとした、ジョークが言える男であれ
   
たとえ下ネタでも、楽しく笑わさせる話テクを持て

4399 傘の雪 落として見ゆる 冬の月

4398 ワイパーに  張り付く雪の  意地悪さ

4398 カーリング女子の試合中良く聞かれる、吉田美弥子の北海道弁「そだね!」
相手の言う事を否定せず、必ず笑顔が出るコミニュケ造りの魔法の言葉なんです

4397 子供は、親の目を見ている
見られる目であったり、目をそらせたり、目を伏せたりの姿で、物事を理解することを知る

4396 年取って  賀状の人の  変わりよう

4395 廃校の   広きグランド  ウサギ跡

4394 聞くと言う字は門に囲まれている為、話を聞くには心の門を開く事から始める
聞くは一時の恥と言うが、あれは間違い!聞くは一生の宝になる事もある

4393 明日死ぬと思って生きなさい、永遠に生きると思って学びなさい(マハトマ・ガンジー)
明日死ぬなら今日はカミさんと一緒に眠りたい、永遠に生きるなら・・・・さて何して遊ぼ?

4392 金メダル   金正日に  声上がる

4391 恋破れ   私の心に   アイシング

4390 親切心と余計なお世話
個人への提案とか意見は、自尊心を傷つけられ歓迎されない物は、余計なお世話です
「相手の事を考えて」は、こちらに事情です。プライベートに、踏み込むときは熟慮して!

4389 煩悩は  食いたし寝たし   モテたしと

4388 百八つ  そんなにあるかと   数え見る

4387 結婚しないから、寂しい人生だとは思わない事!
寂しくなんかないさ、全ての人がたった一人の道を歩いているんだ

4386 建て替えた  スーパー銭湯(数%)   利益薄

4385 池ポチャの  音に驚く   カエルかな

4384 長野金メダリストのメダル本音!!
金は嬉しい!銀は悔しい!銅はホッとする!!(清水宏保)

4383 人をホメるコツ教えます
①人前でホメたり、誰もいない時にホメる
②ホメ言葉にどこが良かったのか、どう感じたかを具体的に話す
③普段からホメるべきいい所を探す

4382 冬ゴルフ   グリーンを跳ねて  OBに

4381 雪変化  季節変わり目  移ろいて

4380 仕事がデキる人は、自分の仕事を完璧にこなし、人に感動を与えられる人
こんな人は仕事に愛情をもって、見返りを持たない人である

4379 出てるのに  でんでんでんわと  聞こえ来る

4378 編む糸に   心を込めて   初彼氏

4377 本当に素敵な人って、こんな人かな?
大きな心幅を持ち、人々を懐に包み込み安心させ、それでいてあっけらかんとした、無邪気さを持っている

4376 春隣     重たい雪も   暖かき

4375 田舎の子   都会の子より  子供らし

4374 男の沽券とか男のメンツとか言ってる小さな奴、大体女性蔑視の奴で意外に、女に頭が上がらない
女は太陽だとか神様だと言える男は、心のキャパが広く女に愛される人です

4373 今私大で借りる奨学金が800万円ほど、年収300万以下のサラリーマンは、月4万円が払えず自己破産し、連帯保証人の親まで連鎖を招く事例が増え続けている

4372 奨学金  父さんゴメンと  共倒れ

4371 笑い取り  ヤッタと騒ぐ  親父ギャグ

4371 美人じゃない人ほど、いつも笑顔を絶やさずに!
「笑う門には福来たる」のことわざにあるように、笑顔でいると人やツキが集まり、さらなる幸せを呼びます

4370 世界で一番危険な毒薬は“愛”です。そして一番強い薬も“愛”です

4369 穏やかに  月山遠く   初景色

4368 波の華   フワフワフワと   風遊び

4367 チームでいい仕事をするには、お互いの気持ちを思いやる事
個性や能力を生かし、結束はより強くなる結果、目標も高くなり達成感を味わえる

4366 夢中になれる遊びを、一つは持つ事
会社と家の往復、趣味は仕事こんな人は、退職後の早死にが待って入る。
人生の幅、人間幅が広がり柔軟性に富んだ、幸せ人生になり長生きします

4365 除雪車の  音に置き出す   町内会

4364 色のない   山を背にする   木守柿

4363 うまく行かない事、心配な事を考えない事、考えるとそうなってしまいがち!
まく行くことを考えすべて信じる事、そうすれば何をするかが見えてくる

4362 ヘリ落ちて   平和は遠く   ある物と

4361 元朝は   金粉入りの   逆さ酒

4360 自分から人にお願いをして、卑屈になる事はやめましょう
状況や気持ちの説明だけにして、周りからの声に耳を傾けましょう

4359 人の行為を素直に喜びましょう
勘ぐったり、援助の遠慮をせずに、素直に受けられますか

4358 カラオケで   親子三代  声カラス

4357 老夫婦 齟齬(そご)の会話は 独り言

4356 誰とでも平等に接する
打算、損得で忖度し人を判断しない

4355 人が集まる人を、台湾では「貴人」と言う、自分を輝かせてくれる、「貴い人」の意味
天然で憎めないどこか抜けている為、周りが助けてくれる人の事

4354 一日中   除雪を笑う  湿布薬

4353 初市で   目無し達磨が   人を待つ

4352 人生にボリュームはいらない(ジュディオング)
必要以上のボリュームはゼイ肉と言う事か、確かに肉と言う欲は人を壊す

4351 カロリーを気にして、旨い物を食べない人生はつまらん
美味しい物を食べる幸せは、運動と言う別な幸せを楽しむことで、人生は輝きステップアップする

4350 うたた寝の  ババアに掛ける  羽根布団

4349 犬を呼ぶ   ケンカした日は  お互いが

4348 知恵やアイデアを、隠しておくのはダメ!
自分だけの引き出しに、隠して置かずすべて出すと、又引き出しは別なもので一杯になる

4347 「世の中で私だけは、最後まであなたの味方!」こういう女性は危ない
「いい人になって、みんなから好かれないでね」と、言っているのだ

4346 お父さん  言われて彼氏に   腹が立ち

4345 ビンの蓋  開けて男と  言う亭主

4344 あくせく働いて出世するなんざ、品がない。自分の枠をぶち破って、幸せをつかめ(立川談志)

4343  50年   たってもコダマは  新幹線

4342 幸せが  そこまで来たら  Uターン

カミさん独り言「私羽鳥さん好きだな」「じゃ貴乃花は?」「ダッキライ」「じゃ俺は?」「普通」俺「・・・・」

4341 一生の仕事が見つからない、自分の天分を早く見つけ、意義ある人生を送りたいという人
こんな人は死ぬほどの気持ちで、取り組んでいないから!全力での努力が前提です

4340 やかましい  ヤカンが呼んでる  台所

4339 高プライドは 苦労ばかりで  薬なし

4338 安全な恋愛は一つもないし、50%OFFの安物も危険なんだ
「安い」は買ってしまう危険だし、甘美な幸せの恋は裏返すと・・になる

4335 人の最後は、人生の頂上で死ぬと思って生きる
1日余計に生きればその分賢くなる、そう思って毎日を前向きに、その時が最高であると思って生きる

4334 ときめきが  少なくなって 墓近し  

4333 冬の空  絵の具にない色  美しき

4332 女の子の口説きテク
小さな声で耳元でそっと「好きかもしれない」と呟いてみよう

4331 人を使うのに知識を持って、人の前に立ち旗を振るだけでは、人は付いて来ない
後ろにいて羊飼いのごとく全体を、目標に向かうよう導く事が、必要で人徳が必須である