8月23日今日は朝4時に起きて、21日の道東観光編と、昨日の函館イベントのホームページを作成する

今日は10時から千歳川の支流に、長靴で釣りに入る

朝の雨の後なので蒸し暑く、虫よけシュッコロをしても余り効き目がない・・・

竿はいつもの8メートルの長竿を縮めて、提灯仕掛け2.5mを作る

餌はブドウ虫を、尻から刺して頭から針先を抜く

こうすると、ハリス迄餌が上がっても下げるだけで、傷まない限り何度も使えるのだ

山中の杣道の、陽の当たらない所に車を止め、早速釣り開始

入れた途端すぐに当たりがあり、竿先をアオルと頭上の枝に絡まる

どうも最近提灯釣りをしていないのと、久しぶりの期待感で大合わせになってしまったようだ

道糸1.5号ハリス1号の仕掛けですが、これは無情にもハリス切れ

すぐに針を付け替えて、投入するが当たりは出ない

ポイントを変えて上流に移動すると、真ん中に大きな木の枝が沈んで、格好の隠れ場所を作っている

裏の下流側には枝がたくさん沈んで、そこへ落とすことは無理のよう。

木の陰から身を隠し、枝の前のエグレから引き出す方法を、取るしかないようだ

少し上流から流れに乗せ、エグレにさし掛かった時、一段落とすように送り込むと、グ・グンと言う小気味よいあたり!

走られないように、すぐ水面から持ち上げる

1号のハリスは、31センチのブラウントラウトを難なく釣りあげた

黒い魚体は腹を黄色に染め、赤い主点がとても鮮やかな見事なブラウンでした。

他に4匹の計5匹をクーラー魚籠から出し、腹を裂いているとすぐ横に山形で沢もだし、
北海道でボリボリがあるではないか・・そういえば去年も取ったんだっけと、思い出しました

他にブナカノカがあったが、これは少し溶け掛けで遅かった

持って帰ったキノコは、味噌汁で頂きました。

それにしても北海道は、わたしにとって天国みたいです!