久しぶりの魚釣りですニジマス35センチ

昨日は近所の娘さんの結婚式に出席、夜もう一度自宅に呼ばれ、カミさんと行って来ました

カミさんは「手ぶらも何だし」と言って、ホルモン焼きを作り、芋焼酎と一緒に持参です

私のお袋が食堂を昔やっていて、其のころカミさんも一時期、手伝っていたのでホルモ

ン焼きは旨いのです

ビデオを見ながら歓談ですが、私は朝早い事もあり先にお休みです

朝は二時起床、ホームページ作成後、誉田哲也の「インビジブルレイン」を読みました

カミさんと今日は朝のうち、ウインドショッピングにお付き合い

これまた久しぶりに回転寿司で外食!カミさんから言われましたが、占いによると

今日はカミさんも私もラッキーな1日だそうです

回転寿司でお皿センサーが、壊れ4皿しかカウントできません。

係の人が13皿くらい食べたと言うと10皿にしてくれました

二時半から今度は、私の2ヶ月ぶりの魚釣りに、お付き合い願いました

5年ほど前にカミさんとサンダル履きで、初めて入って山女魚15匹ほど

釣り、いい思いをした小さな川です。

幅は狭い所で2メートルほど、3回程釣りましたが行くたびに引数は少なくなり、9月には

28センチと27センチ2匹で終了でしたが、翌年は1匹も釣れなかった川です

5年ほど竿を出さなかったので、ひょっとしたらと思いカミさんと来て竿出しです

今日は28度過ごしやすい!川は降り続いた雨で、水多過ぎだが何とかなりそう・・・

初め堰堤の深みで10分ほど、釣りましたが当たりはない

次の堰堤に行って長靴を履いて竿出すとすぐに当たり、難なく合わせて手元に

寄せると、13センチほどのヤマメ!しかしなんか変?パーマークを見ると、不規則に小

さ目に付いている

これは・・・ニジマスだ!しかしなんでニジマスがいるのだろう?

この川は上流に岩魚、この辺は山女魚のはずなのに・・

なんだかガッカリしてしまいふと見ると、堰堤から落ちる水を一か所に集める大きな筋

が出来ている。

深さもかなりあり居そうな予感!

竿を出すとすぐに大きな当たり「ヨシ!」と思ったが、抑え込んだだけで動きがあまり

ない、そう思った途端対岸まで一気に走り出した

まさかの展開に竿を伸されない様、上流側に立ててこらえる

動きが止まった所で、少しこちら側に誘導するが、敵はまた走り出す

何なんだニジマスならこの辺でジャンプするはずだが、ただグングン対岸に走るだけ。

3分もたっただろうか?これは山女魚の大物みたいだと思ったら目の前に寄ってきた。

これはでかい0.6号の道糸だと無理は出来ない、しかしタモは持っていない

仕方なくそれから何回か寄せて、左手の手のひらに載せた瞬間、後ろに放り投げた

ウマく行った!!

よく見るとニジマスだ!ネイテブレインボウだ!!

この大きな奴がいるのじゃあ、自然産卵した物だろう

その後3匹上げるが、小さい物は5センチ程、バラツキがあるのは自然産卵したもの

ここで定着出来るかどうか?今年は小さい物は釣らないように、するのは勿論だが、

ほかの釣り人が入らないよう祈るだけ・・・

その場でカミさんに写真を撮ってもらい「スゴイ・凄い」のカミさんの声に、鼻の下を伸ば

した私でした

帰って計ってみると、35センチありました。冷凍保存した後、燻製にします!