ヒラメ釣りのコツ

私が以前気仙沼からヒラメ狙いで、釣り船に乗ったことがある
40センチ位のアイナメや、ソイと一緒にヒラメが3枚釣った時は鼻が高かった。
ヒラメは最大49センチで、あんまり大きくはないが、船上で最大、釣果も1番でした!

今日はヒラメ釣りのコツを書いてみましょう
イワシの生き餌を使いますが、鱗を落さないようにで来るだけ素早く上唇にかける
水で手を冷たくすることが生きを下げないコツです

仕掛けは上唇に本命ハリを打ち、背中に孫バリを打つ仕掛けが、良いと思います
次に誘いであるが、ヒラメは通常の場合底に張り付いて、餌を待っている事が多い
活性が高い時は、3メートルも浮いてきて食う場合もあるが、これは例外とします

オモリが底に着いたら、底をトントンと叩くようにするが、根掛かりを考えいつも叩かず底を切って、少し浮かせ気味にしながら底を聞く状態にする
底トントンで来ない場合は、たまに2~3メートル巻きあげ、ユックリ落として「イワシが弱って、ワナワナと落ちていく」場面を作るのである
ヒラメは落ちていくイワシを見ると、襲い掛かる習性がある

所でヒラメ30とよく言われるが、「ヒラメは一発で食い込むことはあまりない」と、昔から言われています
海底に抑え込んでしばらくしてから、一口づつ何回も食い治す習性があり、初めての当たりで聞き合わせをせず、前あたりや数回のあたりの後、大きな本当たりの時初めてロッドを煽るのである。
この時の待ちを「ヒラメ30」と言うのだ

もう一つ竿は、堅めの当たりの取りやすい物より、柔らかめの胴調子が良いです!