今日は連休最後の日、初めから予定していた釣りに行く

毎年いつも釣っている左沢(あてらざわ)の、月布川を目指し5時出発
昨年、一昨年とまるでダメな初釣りでしたが、今年はどうだろう。

先週川を見に来たのだが、雪代が出て真っ白水で水温もかなり低め、
釣り人は一人いたが、水温が低いせいか「当たりが一切ない」との事だ
4月1日解禁になってから人は、ほとんど入っていないらしい

6時神通渓の車止めに着き支度をして、水温を計ってみると7度、チョッと低めだが喰わない温度ではない
先日の新聞釣り情報に神通渓付近、ミミズで5~10匹の釣果と掲載されていた

早速釣り始めるが当たりがない?
40分位立った時、白泡の消えた大きなたまりで、ク・クンという当たり!
この当たりは小物だと思い、竿をそのまま上げるとブルッと震えたチビ山女魚がスッと手元に・・
あ~あ・・今年初めての月布の一匹がこれ・・と悲しい気持ちなった

しばらく行くと良い淵がある、ここは去年大物の岩魚を釣りあげた場所だ
ふと見ると大きな木が朽ちて倒れ、場所はかなり模様替わりしている
まして誰かが釣ったらしく、1本は上の木の枝にハリスが絡み、目印が垂れ下がっている
もう1本は張り出ている竹の葉に、仕掛けが絡んでやはり垂れ下がっている
仕掛けを入れるポイントが、50センチ四方しかないから、やはり釣り辛いのだろう・・

竿を振り込んでから上流に竿を寝かせ、たるみを取ったらすぐ手前に引く、そんな方法でしか
釣れそうもない

早速挑戦!
餌が入る!竿を寝かす!手前に引く!ここで即合わせ!!

よし来た!
ゴグンと一発でかかったが結構大物の気配道糸0.8号、ハリス0.6号大丈夫必ず上がる
言い聞かせてタモを取ろうとして驚いた、タモがない!
そうかベルトを今日着けるの忘れた・・失敗!

そっと水面に頭を出して、一息で抜きあげる
ヨシ完勝!
これは後で測ると24.5センチだった

この後当たり無し、結局2時間釣って当たりは2回!完璧な釣りだったが2匹のみ!
仕方がないので山菜取りに方向転換
コゴミ、シドケ、タラの芽、ハリギリの木の芽、コシアブラ、それと庄内で「春ナメコ」と
言われるえのきだけを採取

スーパーで売っているエノキとはエライ違い、この時期は乾燥している為、水にいれて
元の大きさに戻す
9日友達が夜飲みに来るので、そのオカズししようと決める

月布川5~10匹は間違い!全然放流されていませんよ!

楽しい一日でした!