登記簿

登記簿は法務局に保管されている公簿で、不動産の登記簿、会社、お寺など法人の登記簿、船舶の登記簿などいろいろあります。このうち不動産の登記簿には、土地登記簿と建物登記簿の2種類があります。
 登記簿の最初のページに「表題部」の用紙、次に甲区、乙区の用紙の順序につづられています。表題部には、その土地、建物の地番や地目・地積、建物の家屋番号、種類や構造、又、床面積などが記載されています。

登記簿とは登記記録が記録される帳簿のことです。
最近では殆どの登記所が電子化されオンライン化により各登記所は繋がってバックアップ体制も備えられ登記簿の閲覧に変えて「登記要約書」謄本に変えて「登記事項証明書」が申請に対し交付されます。
登記記録は、一筆の土地又は一個の建物ごとに、一つの登記記録が作成され、さらにその内容は、表題部と権利部(甲区、乙区)に区分して作成されています。

表題部には、土地や建物の物理的現況が表示され、土地は『所在・地番・地目・地積』、建物は『所在地番・家屋番号・種類・構造・床面積』が記録されます。また、権利部甲区に登記がされていない場合は末尾に『所有者の住所・氏名・共有の時は持分』も記録されます。
この表題部の登記は
〔表題に関する登記〕と言われ、土地家屋調査士が申請手続きを代理人として業務を行えるのです。

権利部は、甲区及び乙区に区分され、甲区は所有権に関する登記が記録されます。上記の、自分が所有している事を第三者に対して主張するためには、この甲区に登記される事が必要となるのです。

権利部乙区は所有権以外の権利たとえば、抵当権・根抵当権・賃借権・地上権などが記録されます。金融機関から融資を受け土地や建物を買った場合にはこの乙区に抵当権などが設定される事になります。
この権利部甲区・乙区の登記は
〔権利に関する登記〕と言われ、司法書士が申請手続きを代理人として業務を行えるのです。

また、登記記録は表題部・権利部甲区・乙区の順序で作成されていきます。したがって、表題部のみ・表題部と権利部の甲区のみの登記簿は存在しますが、権利部の甲区のみのもの・権利部の乙区のみのもの・表題部がない権利部甲区と乙区のみの登記簿は存在しません。