ガソリン高騰017

原油関連用語集

関連する用語集です。

原油

油田から採掘したままの状態で、精製されていない石油をいう。
採掘後、ガス、水分、異物などを除去したものが原油である。
黒くて粘り気のある液体であり、さまざまな分子量の炭化水素の混合物が主成分である。

OPEC

石油輸出国機構(せきゆゆしゅつこくきこう、英:Organization of the Petroleum Exporting Countries)は、 石油産出国の利益を守るため、イラン、イラク、クウェート、サウジアラビア、 ベネズエラの5カ国の原加盟で1960年9月14日に設立された産油国の組織。
本部はオーストリアのウィーン。
略称はOPEC(オペック)。

バレル

バレル(バーレル、barrel)は、ヤード・ポンド法における体積を表す単位である。
語源は「樽」であり、樽の容積に由来するものである。
国際的に、原油や各種の石油製品の計量はバレルで行われる。
その他にも、用途により、また国により、多数の「バレル」の定義がある。

WTI

ウェスト・テキサス・インターミディエイト(英語:West Texas Intermediate)、 略してWTIは、アメリカ合衆国南部のテキサス州を中心に産出される原油。
アメリカ国内で産出される原油の6%・世界で産出される原油の1〜2%ほどを占める。
硫黄分が少ないため、ガソリンや石油製品の製造に適した軽質油である。

LNG

LNGとは液化天然ガスのこと。
液化天然ガス(LNG, Liquefied Natural Gas)とは、天然ガスを-162℃に冷却し液体にしたもの。
LPGと異なり常圧で液体である。
体積は気体の1/600しかない。輸送・貯蔵を目的として液化される。

LPG

LPGとは液化石油ガスのこと。
液化石油ガス(えきかせきゆがす)LPガス、LPG(Liquefied petroleum gas)とは、 ブタン・プロパンなどを主成分とする圧縮することにより常温で容易に液化できる気体燃料のことである。
一般にはプロパンガス(propane gas・和製英語)ともよばれる。
液化石油ガスの名前から「完全な石油生成物」と誤解されやすいが 天然ガス随伴など石油由来以外のものも世界的に約半分を占める。
多様なエネルギーソースを持つガス体燃料である。

ガソリン高騰018

サイトMENU

Copyright (C) 2007 ガソリンニュース原油高騰の理由と背景. All Rights Reserved.