ガソリン高騰021

バイオエタノール

ガソリンが高騰したことによってバイオエタノールの需要もアップしました。
ガソリンの代替としてバイオガソリンなどが開発されていますが、 その元となるバイオエタノールはトウモロコシやサトウキビから作られています。
 
石油に代わる新エネルギーとして今注目を浴びているバイオエネルギーですが、 その原料となる資源は世界中どこにでもあり、 またその資源が豊富にあるということが特徴として挙げられるでしょう。
 
バイオエネルギーが石油に代わるものとして使われるようになれば、 原油の心配も減りますが、世の中そう簡単ではありません。
 
まず、バイオエネルギーは先進的な技術でありますが、 それを利用するにあたっての技術がまだ確立されていないということ。
さらに原料となるトウモロコシなどですが、 それらを作る農業には大量の石油が使われているということ。
新しいエネルギーのために、 古いエネルギーを使い倒すようでは本末転倒になってしまいます。
 
農業に大量の石油が使われることからも、 地球温暖化に貢献しているとは言いがたく、 つまりバイオエネルギーが地球に優しいエコという風に直結するわけではないんですね。

ガソリン高騰022

サイトMENU

Copyright (C) 2007 ガソリンニュース原油高騰の理由と背景. All Rights Reserved.