トップイメージ1

どうしてガソリン価格は高騰するのか

2011年またもや石油ショック到来!

今年に入ってから以前のようにまたもやガソリンの値段が高騰しています。
その原因はリビアにおける騒乱が原因と考えられるものですが、原油価格の高騰は世界中の景気すらも左右するほどの影響力を持つものですから、非常に気になるニュースです。

一庶民としては、この事態を一刻も早く脱するように、経済が上向き、ガソリン価格が落ち着くような事態を熱望しています。

下記のガソリン最新ニュースにて、今年のガソリンニュースの詳しい原因について書かれているページを紹介しています。

(以下、以前までのトップ記事)
ついにガソリンも1リットル150円代に突入しました。 
庶民の財布を直撃しているガソリンの高騰は一体どこまで続くのでしょうか。
 
最近はニュースで原油価格高騰によりガソリンも高騰し、や石油製品の値段が上がったり、 その余波で物価が上がったりしている話がよく取り上げられています。
今のところ影響はまだ少ないものの、確実に物価が上がってきていると言えるでしょう。
石油を使った製品、食品に関しても価格上昇の話はよく報道されています。
電気やガスに関しても、来年から料金アップされるようです。
 
身近な問題ですが原油価格高騰の理由、原因をちゃんと知っていますか? 

第三次石油危機

そんなことを最近言われるようになってきたことをご存知でしょうか。
 
もっとも原油高騰による被害を受けているのは日本だけではありません。
世界中にその影響は広がっています。
ガソリンに関しても日本人の感覚からすると150円代に突入することは物凄いことだと思うかもしれませんが、 世界的に見ればガソリンが日本よりも高い国だってあります。
 
第一次、第二次石油危機(オイルショック)から約30年あまりの月日が経った今、 石油製品の価格上昇、ひいては社会の物価上昇につながっている原油高騰
近年においてこのような状態は実に湾岸戦争以来ということですが、 ではどうして原油が高騰するようになってしまったのでしょうか
さまざまな原因によって引き起こるガソリンなどの石油価格がアップした背景、現状などを調べました。
 
また、石油依存時代を脱却するための新しい希望とも言うべき新エネルギーである 『バイオエタノール』についても触れていきたいと思います。

ガソリン最新ニュース

石油と経済:2011年石油ショック  
英エコノミスト誌 2011年3月5日号より  
油価格は、世界経済を吹き飛ばすような恐ろしい力を持っていた。そして中東はしばしばその起爆剤となってきた。
1973年の石油ショック、1978〜79年のイラン革命、1990年のサダム・フセインよるクウェート侵攻はいずれも、中東が地政学的、地質学的に発火しやすく、大混乱をもたらし得ることを痛烈に思い出させる出来事だ。
アラブ世界で支配者に対する抗議行動の連鎖が起きている今、世界は新たな石油ショックに直面せざるを得ないのだろうか?
 
ガソリンニュースに対する一言 
数年ぶりにまたもやガソリン高騰の危機に直面しています。今年に入ってから一気に上がっている。苦しいですね。
 
トップイメージ2

サイトMENU

Copyright (C) 2007 ガソリンニュース原油高騰の理由と背景. All Rights Reserved.