ドライマウスとは

ドライマウス(口腔乾燥症) > ドライマウスとは 症状と原因

ドライマウスとは 医療法人社団俊風会

お口の乾燥、気になりませんか?

ドライマウスとは、だ液の分泌量の減少や質が変化することにより、口の中が乾く状態を言います。

ドライマウスの症状

だ液は、潤滑・保湿・抗菌・消化・味覚などお口の健康を守る上で、重要な役割を担っています。そのため、不足すると様々な症状が現れます。

● 口やのどが乾く
● 舌や口の中が痛い
● 舌が絡んで会話がしにくい
● 食べ物が飲み込みにくい
● 味が分からない
● 入れ歯が合わない
● 口臭が気になる
● 虫歯や歯周病になりやすい

ドライマウスの原因

ドライマウスの原因は、全身性、代謝性、薬の副作用などがあり、『口の中が乾く』という共通した症状があるものの、その成り立ちは様々です。

● 全身疾患(関節リウマチ、糖尿病、腎疾患、脳血管障害、貧血など)
● 唾液腺の病気(シェーグレン症候群(膠原病の一種)、腫瘍、炎症、放射線治療、加齢など)
● 精神的ストレス
● 過度のアルコール摂取
● 口呼吸
● 喫煙


ドライマウス/口腔乾燥症