ヴォロネーゼ製法

ヴォロネーゼ製法

靴の前半分を袋状に縫い合わせ、クッション素材と共に通常の
中底よりも短い物を入れて柔らかさを表現した製法です。
それによってソールの返りが良くなって曲がりやすくなり、カカトが
ついてきて脱げにくくなります。


戻る
戻る