農薬と神経系

 
   ホームへ  農薬へ   メール
 
 
神経系の異常
 
幼い動物での実験では、生まれる直前あるいは直後の神経系が発達している時期に、農薬被曝が起こると、農薬は神経機能を変化させ微妙な神経行動学的障害をおこすことが証明されています。
 
学習能力や活動レベル・記憶・情動・視力・聴覚などが影響を受けます。有機塩素や有機リン・カーバメート・クロロフェノキシ系除草剤・ピレスロイドのような大部分の農薬は実験動物の発達中の神経系に悪影響を与えることが知られています。
 
クロルデン被曝
 
1995年に発表された南カリフォルニア大学のキルバーンとソーントンの論文によると、シロアリ駆除剤クロルデンに被曝した住民の調査では、神経系への影響の他に気分状態の変化が見られ、緊張や抑うつ・怒り・疲労感などが強まり、逆に活気が失われるなどの様々な神経や精神への影響が報告されています。
 
日本ではクロルデンの使用は現在禁じられていますが、クロルデンの影響は数十年残るといわれています。EPAの基準と比較した場合、散布数年後でも日本の家屋内のクロルデン濃度は数倍も高く、住宅地の野外でも基準より高いことが知られています。かって散布したクロルデンが現在でも影響を及ぼしている可能性があります。
 
 
幼年期被曝による過敏性
 
1997年、スェーデンのウプサラ大学環境毒物学講座のエリックソンは、生まれたばかりのマウスに対する環境中の毒物による影響を報告しています。
 
エリックソンによると、動物の発達には正常な成熟をするために決定的に重要な時期があります、そのような時期は出生前の脳が発達する時期にもあり、この時期には多くの生化学的変化が起こって、 胎児の脳を成熟した脳に変化させます。
 
エリックソンのグループは、微量の環境汚染物質を脳の急速に発育する時期にマウスに投与すると、成熟した脳で不可逆的な変化が起こることを発見しました。投与した環境汚染物質は、DDTやピレスロイド・有機燐・ ニコチン・パラコート・PCBなどでした。
 
成熟しても見られる行動異常やアセチルコリンを神経伝達物質として使う系の障害は、生まれて10日目頃に投与した場合に限られ、その後に投与しても成熟しても見られる影響は生じないことを発見しています。
 
微量の神経毒に生まれたばかりで被曝すると、成熟してから同じような神経毒作用を持つ物質に対する過敏性が増加し、行動異常や学習障害を引き起こすと、エリックソンは述べています。
 
 
農薬と攻撃性・行動異常
 
ウイスコンシン大学の生物研究者と医学研究者のグループは、低レベルの農薬や人工肥料などの農業用化学物質を実験動物の飲料水に混ぜ、その結果を調べました。合衆国の農業地帯の地下水で検出されるレベルで、これらの化学物質は単独では影響を及ぼしませんでしたが、農薬や肥料を組み合わせて投与すると、神経系や免疫系・内分泌(ホルモン)系に有害な影響を及ぼすことを報告しています。
 
この研究グループのポーター博士らによると、神経系や免疫系・内分泌(ホルモン)系は互いに非常に密接に関連しています。この3つの系の1つが障害を受けたり、機能が低下したりすると、他の2つも悪影響を受けます。このため、ウイスコンシンの研究者は農業用化学物質の影響を3つの系のそれぞれについて調べました。
 
低レベルのアルジカーブと硝酸、アトラジンと硝酸、アトラジンとアルジカーブと硝酸の組み合わせが、内分泌系(甲状腺ホルモン)や免疫系に影響を及ぼすことが分かりました。また、アトラジンと硝酸、あるいはアトラジンとアルジカーブ・硝酸の組み合わせに被曝すると攻撃性が増加しました。
 
5年間の実験中に、甲状腺ホルモンレベルは飲料水中に入れた農業用化学物質の混合物によって上昇あるいは下降しました。ポーターらは、多数の農業用化学物質が野生生物と人間の甲状腺ホルモンレベルに影響していることを示しています。PCB類やダイオキシン類も同じ作用を持つと考えられています。
 
適切な甲状腺ホルモンレベルは出生前の人間の脳の発達に必須なものです。一部の研究では、子どもの注意欠陥・多動生障害は血中の甲状腺ホルモンレベルの変化に関連があると報告しています。また、化学物質過敏症の子どもの甲状腺ホルモンには異常が起こっているとされています。興奮しやすさや攻撃行動は甲状腺ホルモンのレベルに関係しているといわれています。
 
「私たちは甲状腺の変化が興奮しやすさのレベルを変化させると考えている。子どもがさらに多動となり、学習能力が低下しているため、このことは心配である」とポーター博士は話しています。
 
メキシコの4才〜6才児を調べた最近の研究では、農薬に被曝した子どもで知的能力の低下と攻撃行動の増加が知られています。エリザベス A ギレットらは、メキシコの北部ソノラにあるヤクイ峡谷に住む、ヤクイインデアンの子ども2グループを調べました。
 
1グループの子どもは農薬を多用する農業(年間45回以上散布)が行われている低地に住んでおり、もう一つのグループは、親が農薬を使わず牧場で生活している、山裾の高地に住むグループです。
 
農薬に被曝した子どもたちは、どのくらい長い間飛び上がったり降りたりし続けるかを調べる試験で、肉体的持久力がはるかに低く、手・眼の運動の統合が劣っており、高地に住む子どもが容易にできるのに人間の簡単な絵を書けませんでした。
 特に、ギレットの研究で注目すべきことは、農薬に被曝した子どもの行動の次の記述です。「一部の峡谷の子どもたちは、通り過ぎる時仲間を殴ったり、親の細かな注意に不愉快になったり、怒り出したりすることが見られた。この攻撃行動は[農薬のない]山裾の[子ども]では見られていない」。
 
鉛と暴力犯罪との関連やエリックソンの「幼いマウスに汚染物質・神経毒物を投与すると、大きくなってから同じような毒物に過敏になり、異常行動や学習障害を起こす」という報告、この章で述べた動物実験とメキシコの疫学研究で見られた農薬被曝と攻撃行動の関連は現在の子どもや親の状態を説明しているように思えます。現在の社会でしばしば見られる子どもたちの「切れ」やすさ、多くの学習や作業をしたとも見えないのに「疲れた」を連発する子どもたち、国内外での少年の暴力犯罪を考えたとき、化学物質被曝と行動異常や学習障害の関連も考えるべき時に来ていることを示しているのではないかと思います。
 
最近は行動障害が問題になっているが、2010年にBouchard et al. (2010)は尿中の有機リン代謝物濃度が高い場合、注意欠陥多動性障害である可能性が高くなるという疫学研究結果を報告した。これに対してEPAは、米国では有機リン再登録過程を通じて有機リンを禁止や制限をしており、この問題はクリアできるという内容の声明を出している。
 
今までは、テレビやビデオ・映画の悪質な描写や商品の氾濫・テレビゲーム・親や学校のしつけの問題として少年非行がとらえられてきました。それは全く無関係ではないでしょうが、子どもの切れやすさや学習障害を起こしやすくしている物質的基盤があるのかも知れません。それを親や社会の対応あるいは責任としてすましてよいのでしょうか。
 
農業用化学物質や人工肥料・溶剤、そして別に述べる重金属、残留性汚染物質などが肉体のみではなく、精神まで荒廃させてきている可能性があります。
 
 
 
 
その他
 
パーキンソン病 パーキンソン病と農薬を参照)
 
パーキンソン病は運動の減少や筋肉の緊張の亢進・ふるえが特徴とされる病気で、黒質と呼ばれる脳の一部の神経細胞が変成し、神経伝達物質のレベルが低下していることがわかっています。
 
パーキンソン病の原因としては脳炎やマンガンなどの重金属・一酸化炭素中毒・外傷など様々なものが考えられています。
 
アメリカの学生が自分で覚醒剤を作って使用していたところ、パーキンソン病が発症しました。これは覚醒剤合成中に誤ってできた不純物MTPTが原因と分かりました。MTPTは除草剤のパラコートと構造が似ています。このため、パラコートなどの除草剤使用とパーキンソン病の関係が調べられました。
 
いくつかの疫学研究では、パラコートのような除草剤に被曝した人でパーキンソン病の発病が増加していることが報告されています。
 
パーキンソン病の特徴は、ドーパミンを神経伝達物質として使っている脳の黒質の細胞の変性です。最近(1999年)、米国のロチェスター医科歯科大学のブルークらのグループは、パラコートが黒質の細胞に影響を与えるか否かを調べました。
 
パラコートをマウスに投与すると、マウスの歩行運動が減少することが分かりました。脳を調べたところ、黒質のドーパミンを使っている神経細胞が減少し、黒質の神経細胞が神経線維を送っている線条体で、ドーパンミンを神経伝達物質として使っている神経の末端(終末)の密度も減少したことが分かりました。影響はパーキンソン病を起こすことで知られているMTPTと同じものでした。この結果は除草剤パラコートとパーキンソン病との関連を示しています。
 
 
1. Brooks AI, Chadwick C, Gelbard HA, Cory-Slechta DA, Federoff HJ Paraquat elicited neurobehavioral syndrome caused by dopami-nergic neuron loss. Brain Res 27:1?10 (1999).
 

渡部和男
更新 2010年7月14日